2013 2 23 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
新興国における中古車流通 の 健全化 にむけて アジア中古車流通研究会 2013 年 2 月 23 日 京都大学 塩地洋 PowerPoint Presentation
Download Presentation
新興国における中古車流通 の 健全化 にむけて アジア中古車流通研究会 2013 年 2 月 23 日 京都大学 塩地洋

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 53

新興国における中古車流通 の 健全化 にむけて アジア中古車流通研究会 2013 年 2 月 23 日 京都大学 塩地洋 - PowerPoint PPT Presentation


  • 101 Views
  • Uploaded on

新興国における中古車流通 の 健全化 にむけて アジア中古車流通研究会 2013 年 2 月 23 日 京都大学 塩地洋. 報告の構成 Ⅰ  第1回~3回研究会の議論のポイント整理 Ⅱ  今後の研究会の課題. 報告の構成 Ⅰ  第1回~3回研究会の議論のポイント整理 Ⅱ  今後の研究会の課題. 研究会のミッション ①リーマンショック・震災・洪水からの再興と反転 ②自動車産業が最後の砦 ③アジア市場の拡大 世界販売台数の 50 %以上 ④バリューチェーンの今後の柱としての中古車. 目的

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

新興国における中古車流通 の 健全化 にむけて アジア中古車流通研究会 2013 年 2 月 23 日 京都大学 塩地洋


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
2013 2 23

新興国における中古車流通の健全化にむけてアジア中古車流通研究会2013年2月23日京都大学塩地洋新興国における中古車流通の健全化にむけてアジア中古車流通研究会2013年2月23日京都大学塩地洋

slide2
報告の構成

Ⅰ 第1回~3回研究会の議論のポイント整理

Ⅱ 今後の研究会の課題

slide3
報告の構成

Ⅰ 第1回~3回研究会の議論のポイント整理

Ⅱ 今後の研究会の課題

slide4
研究会のミッション

①リーマンショック・震災・洪水からの再興と反転

②自動車産業が最後の砦

③アジア市場の拡大 世界販売台数の50%以上

④バリューチェーンの今後の柱としての中古車

slide5
目的

近年,日本国内の自動車流通にかかわる新車ディーラーや総合商社,オークション会社,中古車販売会社などが,アジアに進出するケースが増大している。昨年もインドネシア・ジャカルタや中国・蘇州にオークション会社が進出するなど,アジアのほとんどに国に日本国内の自動車流通関連企業が現地法人を設立している。こうした状況の中で,京都大学東アジア経済研究センターは「アジア中古車流通研究会」を立ち上げ, 支援することをめざした。

slide7
今年度の重点検討課題

①アジアの新興国中古車取引における不正情報,詐欺,メーター巻き戻し,脱税,盗難車販売などを正常化,近代化していく道を探る

②日本のオークションシステムの新興国での活用の道を探る

③海外の新車ディーラーにおける新車購入顧客保有車の下取とバリューチェーンの拡大

slide8
今後の検討課題

①中古車流通に関わる政策,制度

 ・経済産業省などにも提案

②マーケティング戦略,ビジネスモデル

 ・ケース研究

③セースル手法,実務・管理手法

 ・成功事例のヨコテン

slide9
この研究会のコアコンピタンス

①業界横断 複数業種の交流

②当該分野で競争優位を有する企業の集まり

③現地現物に基づく本音の議論

 ・政府の各種審議会との違い

④大学研究者による一般化,理論化

slide10
議論のルール八カ条

①機密情報は出せなくとも,それ以外の情報は惜しげもなく提供する――情報収拾は従,情報提供が主でのぞもう――会社のためでなく,日本の将来のために

②フィージビリティ・スタディよりも数歩手前の感覚で――「実現は到底無理だな」でも議論だけは活発に

③サクセスストーリーのみでなく,失敗談やどうしてもできなかったこと,その原因を詳しく説明しよう

④自社事業ドメインに含まれない領域にも口をはさもう――専門外からの素朴な質問は大歓迎

slide11
⑤対立意見を積極的に言おう――研究会では対立を収束させない。後の懇親会で仲直り――コンペティターとは仲良くつきあうふりを,グループ会社や提携会社どうしはグルにならない⑤対立意見を積極的に言おう――研究会では対立を収束させない。後の懇親会で仲直り――コンペティターとは仲良くつきあうふりを,グループ会社や提携会社どうしはグルにならない

⑥発言はすべてパーソナルオピニオン――会社の公式立場ではない――議事録は残さない――ここで学んだことを研究者が論文に書く時は情報提供者の許諾を得る

⑦「〇〇社長」「〇〇先生」は禁句――「さん」で呼び合う

⑧ドレスコードなし・飲食物持込自由・ただし禁酒禁煙

slide12
東アジア経済研究センター

・京都大学大学院経済学研究科の公的組織

・研究,教育,人材育成,ネットワークの形成

・運営委員会(10名, 月1回)が運営

・センター長 塩地洋

東アジア経済研究センター協力会

・東アジア経済研究センターの活動全般を支援する任意団体で個人会員と法人会員で構成

・会長 森瀬正博(京都銀行専務)

・理事会(13名, 年2回)と総会(年1回)が運営

slide13
東アジア経済研究センター

・ニュースレター発行(年40回程度)

・中国経済研究会(年8回)

・アジア中古車流通研究会

・国際シンポジウム

  中国自動車シンポジウム等

・セミナーと講演会  「討論・アジア経済」セミナー

・人材育成プログラム アジアからの人材研修

・東アジア人材のための会社説明会(法人会員)

・東アジア経済研究センター叢書の出版

・人民大学,ソウル大学等との交流

・FS前調査代行

slide14
東アジア経済研究センター協力会会員

・ニュースレター

・各種シンポジウムへの参加

・シンポジウム後の懇親会費免除

・東アジア人材のための会社説明会参加(法人)

・協力会員限定の研究会への参加

・FS前調査の依頼(法人)

slide16
2012年度に実施した海外現地調査

8月  インドネシア

8月 韓国

8月 中国

9月 インドネシア

12月 タイ

(2013年)

2月 ニュージーランド

3月 マレーシア (予定)

3月 韓国 (予定)

slide17
今年度の研究で明らかになった

新興国の中古車市場の特徴

①情報の非対称性の存在

②需要と供給のギャップ→高価格化

→利幅分け合い

③小売と卸売の未分離 (次回)

④BtoC を CtoC へ見せかけ (次回)

slide18
今年度の研究で明らかになった

新興国の中古車市場の特徴

①情報の非対称性の存在

②需要と供給のギャップ→高価格化

→利幅分け合い

③小売と卸売の未分離 (次回)

④BtoC を CtoC へ見せかけ (次回)

slide19
「新興国の様々な問題は,

1980年以前の日本でも見られた」

では日本ではどのようなプロセスを通じて

情報非対称化問題は解決してきたのか

slide20

情報の非対称性の縮小プロセス

新車ディーラー 中古車販売本気化

下取率の増大 小売価格の明示

競争激化による公正性の増大

オークションの発達

多数の商品展示と卸売価格の明示

大規模中古車販売店舗

多数の商品展示と小売価格の明示

中販連

自主規制

商品情報誌(小売価格)

オークション落札価格情報

ネットでの検索が可能に

買取専門店の登場

下取/買取価格の明示

行政

自動車公正

取引協議会

表示義務

価格

走行距離

修復歴

保証

情報の非対称性の縮小

欲しい商品がどこにあるか

相場価格も見える

ユーザーの利益

短時間で欲しい車を適切な価格で

slide21
(1) 新車ディーラーが中古車に本気で取り組み始める

・下取に注力→仕入れ市場の競争激化

・価格を明示した小売

・行政/自動車公正取引協議会との連携

・プライスシートの表示項目の統一化

slide22
(2)大規模中古車店舗の登場

・多数の商品展示と小売価格の明示

・新車ディーラーとの競争激化

 →公正性を示すことによる差別化

・チラシなどによる価格相場情報の普及

slide23
(3) オークションの発達

・三つの経路

中販連系オークション 専業店の玉の交換

メーカー系オークション 新車ディーラー

企業系オークション 利益を得るビジネス

・全国百数十カ所

・オークション会場の増大と大規模化

・オークション経由比率の増大 相対取引の縮小

・オークション落札価格の公表

→相場価格の「見える化」

・地域間価格差の縮小   百物百価

slide24
(4)中古自動車販売協会連合会

・業界健全化

・自主規制

slide25
1966年 富洋モータース事件

タクシー使用10万㎞過走行車をメーター巻戻

「自家用車6千㎞」と表示

景表法違反 公取が排除命令

マスコミなどで社会的問題化

→業界全体の危機

一方で,業界団体結成→健全化

他方で,行政の監督強化→公正取引規約

slide26

ただし業界の中は,

二つのグループに分かれる

業界健全化派 VS アウトサイダー

非対称性縮小 非対称性から利益

中古車販売業者 2万数千社の内,

中販連に1万2千社加盟

アウトサイダーの中の悪徳業者排除のためには,

①市場競争 + ②行政等による監督強化

slide27
(5) 行政指導と自動車公正取引協議会の設立

・ルールづくり  自主規制の一つ

・自動車公正取引規約

・プライスシートにおける表示義務

  価格 走行距離  修復歴  保証

・「車両本体価格」など価格表示の用語定義

・査定協会など様々な業界団体

・ シルバーブック/イエローブックの発行

・オークション価格のトレーサビリティ

slide28

中立機関の査定協による

6年前までの

全メーカー全車種全型式

小売価格と卸売価格

slide29
(6) 買取専門店の登場

・下取/買取市場の競争激化

・下取/買取価格の相場の見える化

・オークションへの買取車の大量供給

slide30
(7) 商品情報雑誌(小売価格)

・安価でコンビニですぐに買える

・ネット上でも掲載

・ユーザーが価格相場情報を得るのに便利

・短い時間で欲しい商品を見つけることが可能に

(新興国で導入が可能となる条件)

・情報雑誌の販売で利益があがる

・商品情報掲載を望む中古車販売店が増大

・しかし価格情報を明示しない店がなおも多数派

slide31

『Goo』1冊で約2万台 400~600社の中古車販売業者

1頁掲載料24万円

slide32

【表示項目】

車種・型式

価格

ナンバー

販売会社名

塗色

【非表示項目】

距離数 「巻直し当然 意味ない」

オプション

修復歴 (修復定義なし)

slide33
(8) オークション落札情報の公表

・プロト『週刊オークション情報』

・以前の業者間の相対取引(一対一の取引)では,その取引価格は外部の者,とくに一般ユーザーには見えなかった

・落札価格が公表,出版されると「見える化」

・新興国でこのビジネスが成り立つ条件

 オークション会場が多い

 落札台数が多い オークション経由比率が高い

slide34

プロとプロの取引価格=オークション価格=情報の非対称性がないプロとプロの取引価格=オークション価格=情報の非対称性がない

オークション運営会社による評価点

オークション運営会社はクレーム対応に責任持つ

『週刊 オークション情報 5月第3週西日本版』PROTO

slide35
以上の(1)~(8)のプロセスを通じて,

情報の非対称性が縮小していくプロセス

・しかし(1)~(8)には日本固有のプロセスがある

・例えば欧米ではオークションが未発達である

・フリート比率が高いために,メーカーがのバイバック比率が高く,メーカーが大量の高年式の中古車をディーラーに供給している

・オークション経由比率が小さい

・アジアの新興国でどのように推移するかは,それぞれの国の条件に応じて異なる

slide36

情報の非対称性の縮小過程

新車ディーラー 中古車販売本気化

下取率の増大 小売価格の明示

競争激化による公正性の増大

オークションの発達

多数の商品展示と卸売価格の明示

大規模中古車販売店舗

多数の商品展示と小売価格の明示

中販連

自主規制

商品情報誌(小売価格)

オークション落札価格情報

ネットでの検索が可能に

買取専門店の登場

下取/買取価格の明示

行政

自動車公正

取引協議会

表示義務

価格

走行距離

修復歴

保証

情報の非対称性の縮小

欲しい商品がどこにあるか

相場価格も見える

ユーザーの利益

短時間で欲しい車を適切な価格で

slide37
どれを先行させるか どこから始めるか

どのような組み合わせが有効か

(例) 買取とオークション ローンとオークション

オークションと情報誌

日本の複数の業態のペア

商社とオークション会社 新車ディーラーと商社

slide38
今年度の研究で明らかになった

新興国の中古車市場の特徴

①情報の非対称性の存在

②需要と供給のギャップ→高価格化

→利幅分け合い

③小売と卸売の未分離 (次回)

④BtoC を CtoC へ見せかけ (次回)

slide39
新興国で中古車流通の健全化が進まない

最大の理由は供給が需要に追いつかず

需給バランスが崩れていること

RQ1: 何故需給バランスが崩れるのか

RQ2: 需給バランスが崩れると何が起こるのか

(1)価格が高くなる

(2)売り手市場化 買手無視 不正の温床

(3)流通多段階化 利幅の分け合い

slide40
RQ1: 何故需給バランスが崩れるのか

経済成長と所得の増大によって需要は急拡大

中古車供給量は,数年前の新車販売台数に制約される

需要 › 供給

slide41

JBA 塩山氏資料

小売価格とリセールバリューの特徴

現在

供給

需要

高値安定

・古い車(安い車)の供給が圧倒的に少ない

・90年代の乗用車自体がそもそも少ない

・90年代の中古車は50万円以下、しかしステータス性は低く故障も心配

・中古車の供給が需要に追いついていない ←供給を上回る需要が発生

・中古車として供給される車も現行型がほとんど

・まともな中古車は軒並み100万円以上になってしまう

まだ少ない

slide42
日本では逆に

需要の停滞・縮小

中古車供給量は,数年前の新車販売台数

需要 ‹ 供給

中古車価格の下落が早い

中古車輸出の増大

slide43
需給バランスが崩れると何が起こるのか

(1)価格が高くなる

・インドネシアで3年落ち中古車価格が新車の70~80%

slide44

①新車製造コスト割高

②輸入新車価格割高

(物流費+高関税)

③中古車市場 供給 ˂ 需要

slide45
需給バランスが崩れると何が起こるのか

(2) 売手市場となる

・買手無視 不正取引

slide46
需給バランスが崩れると何が起こるのか

(3) 流通多段階化 利幅の分け合い

・多数のブローカーが流通に介在

slide47

 ブローカーの役割とその実態

ブローカー介在型流通の典型例

都会から地方への流通

情報

カムリを欲しい地方の小金持ち

来店するも

希望車なし

300万円

近所の中古車販売店

条件を伝え探せと指示

270万円

地元のお抱えブローカー

信頼できる仲間に連絡

250万円

都会のブローカー

在庫車を見つけて交渉

230万円

在庫を持つ中古車販売店

在庫仕入

200万円

カムリ

店頭表示価格300万円

1990年頃までの日本の高級中古車市場と全く同じ構造。

店頭価格が表示されていないケースも多い。その方がブローカーにとっても販売店にとっても何かと都合が良い場合があるからだ。

slide48

新下(新車販売時の下取車)の場合

ブローカー介在型流通の典型例

情報

カムリ

今の車が高値で売れたら乗り換える

旧型から新型への代替検討客

180万円

新車ディーラー営業マン

条件を伝え買手を探せと指示

190万円

仲の良いブローカー

複数の中古車屋と条件交渉

200万円

一番高値をつけた中古車販売店

店頭表示価格300万円

これも、1990年頃までの日本と全く同じ構造。

中古車販売店に「仕入れはどうしてるの?」とたずねると、「ウチにはブローカーが7人もいる」などと返ってくる。つまり、ブローカーネットワークの大きさと質=一番の強み、と言える。

逆に、「オークションはネットワークが脆弱な新参者が行くところ」というイメージもある。

新車ディーラーは中古車に興味も無く、営業マンの「溶かし」は容認されている。

slide49
広州で生産されたプジョー505倉庫に置かれたまま書類の上で広州で生産されたプジョー505倉庫に置かれたまま書類の上で

吉林省交通開発公司(11万5千元)

山東省威海市物資服務公司(12万8千元)

吉林省長春市生産服務公司(13万5千元)

広東省台山研物資貿易中心(15万2千元)

河北省泰皇島市生産資料服務公司

slide50
報告の構成

Ⅰ 第1回~3回研究会の議論のポイント整理

Ⅱ 今後の研究会の課題

slide52
幹事9名 (案)

日程調整,報告者選定などをメール会議で決める

slide53
お知らせ

ジェルピザ GERPISA の京都開催

自動車産業をテーマとする国際学会

2014年6月4・5・6日

京都大学時計台記念館