2002 年 9月 NEC ソリューションズ クライアント・サーバ販売推進本部 - PowerPoint PPT Presentation

slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
2002 年 9月 NEC ソリューションズ クライアント・サーバ販売推進本部 PowerPoint Presentation
Download Presentation
2002 年 9月 NEC ソリューションズ クライアント・サーバ販売推進本部

play fullscreen
1 / 25
2002 年 9月 NEC ソリューションズ クライアント・サーバ販売推進本部
182 Views
Download Presentation
nellis
Download Presentation

2002 年 9月 NEC ソリューションズ クライアント・サーバ販売推進本部

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. Express5800/InternetStreamingServer 【製品紹介編】 2002年 9月 NECソリューションズ クライアント・サーバ販売推進本部

  2. 市場動向

  3. 出典:NRI ブロードバンド加入世帯数予測(出典:NRI) コンテンツ配信ビジネス伸び率予測 市場動向 映像配信・デジタルコンテンツ市場は、ブロードバンド加入世帯数の増加に伴って、大きく拡大。 ■ブロードバンドの急拡大と、2003年地上波TVデジタル 開始でコンテンツ配信ビジネスが急速浸透すると予測 ADSL加入者(日本) : 2002年4月末 : 260万人を突破 FTTH普及(NTT東西) : 2002年度末 :62万人を予定 ■UFJ総合研究所の調査では、ストリーミングサービスを 利用したい消費者はインターネットユーザーの60% ■地方CATV局へISS導入立ち上がり ■イントラネット向けライブ配信システム(役員講演、 株主総会中継等)の引き合い増加

  4. VOD Live配信 今、なぜストリーミングなのか?         監視カメラ 実況中継 社内教育 • ストリーミングのメリット ブロードバンド(FTTH,xDSL,CATV,FWA等)の出現により、ようやくストリーミングが実用段階に。 - 高品位で安定した画像提供が可能に - ライブなどのリアルタイム性が要求されるイベントにも対応可能 <参考:ダウンロード> <ストリーミング> 画像データ 画像データ 画像データ ネットワーク ネットワーク • 画像データを全て受け取ってから再生 • メリット • 常に安定した画質の提供が可能(ダウンロード後) • 何度でも再生可能(ダウンロード後、例外あり) •  ⇔画像データを不正に利用される可能性がある •   (画像提供者にとってはデメリット) • デメリット • 再生待ち時間が非常に長い • ハードディスクに大きな空き容量が必要であり、 •  ダウンロード後、大きなファイルが残る • 画像データを受け取りながら順次再生 • メリット • 再生待ち時間が短い • ハードディスク容量の意識不要 • データが残らず著作権管理が容易 • デメリット • ネットワークの負荷状況や接続速度により •  画質が左右される • 再生の度にネットワークへの接続が必要 •   ⇔画像データを不正に利用されない •    (画像提供者にとってはメリット) ブロードバンド化・常時接続化で解消

  5. ラインナップ

  6. Express5800/InternetStreamingServer GS (ジェネラルサーバ/汎用) • システム規模に合わせて、必要最小限のミニマム構成から最高性能を  目指すマキシム構成まで 、選べるOSのプラットフォーム として提供可能な汎用サーバ- HDDレス(18GB~73.2GB、10,000rpm~15,000rpm選択可能)- OSレス(Windows 2000 Server、Windows 2000 Advanced Server、Linux 対応)※インストールの際にはご相談下さい • Express5800/InternetStreamingServer ES (エンコードサーバ) • ストリーミングコンテンツ作成専用モデル- Windows2000 Server をプリインストール- Intel Xeon2.20GHz搭載による高速エンコード。2CPU搭載にて更なるスピードアップも可能 - DV(IEEE1394)端子、Line-in端子標準装備- 専用ツールによりWindowsMedia/RealMedia同時エンコード可能- 純正ビデオキャプチャボード2枚挿しにより、LIVE&VOD可能 InternetStreamingServer モデルラインナップ • Express5800/InternetStreamingServer DS (デリバリーサーバ/配信) • 導入直後に配信可能なオールインワンモデル- WindowsMediaサービスをプレインストール- ストリーミング配信に最適化したRAID設定- WidnowsMediaサービスを更に強化する視聴ログ収集・編集ツールStreamPro/WMT Plus添付- StreamingScheduler/StreamingShield(アスキーNT製;評価版)添付

  7. 製品の特長

  8. ストリーミング配信性能 • 高い配信性能を実現 【注意】 下記性能測定は1ストリーム毎に異なるコンテンツを準備し、CPU 使用率の平均を50%上限として測定しています。       下記性能は理想的な環境下での最大配信性能値であり、性能を保証する値ではありません。構成を組む際には余裕を見た      システム構成をお勧めします。 1.WindowsMediaTecnology性能(実測値) ※ISS DS : 標準構成 ※ISS GS最大構成 : 2.20GHz追加(2CPU構成),256MB追加(総768MB)18.1GBx7構成(SCSI RAID-5構成) 2.MPEG2性能(実測値) ※ISS DS : 標準構成 ※ISS GS最大構成 : 2.20GHz追加(2CPU構成),メモリ1GB追加(総1.5GB) 18.1GBx7構成(SCSI RAID-5構成)

  9. ストリーミングシステムに最適なI/Oトポロジーを実装ストリーミングシステムに最適なI/Oトポロジーを実装 • HDD最大7台搭載可能(DS、GS) 装置前面(フロントベゼルを外した状態) • デュアル・ギガビットEtherをオンボードで搭載 ハードウェア概要 • Intel Xeon Prosessor搭載

  10. ハードウェア詳細 • ISSのハードウェア概要 • スペック一覧本サーバは、ストリーミングシステムに最適化されたプラットフォームです。 • ISSのH/Wポイント Xeon(1.80/2.20GHz) Dual対応 チップセットにI/O-Cache搭載で、高速DMA実現 オンボードにGigaBit-Ether x2搭載 DDR-SDRAM搭載(最大6GB) 内部IOバスをディスク系,ネットワーク系完全分離 次世代I/OバスPCI-X(64bit/100MHz)搭載 フレキシブルライザカード方式による拡張性 オンボードにUltra160SCSI搭載 Windows2000サーバだけでなく、Linuxもサポート(RealVideo配信やCacheServerとしても使用可能)

  11. Express5800/ISS DSにバンドルのStreamPro/WMT Plus機能 ■WMTサーバに標準搭載されている管理機能に加え、ログ収集、ログ編集、アクセス制限 機能を強化し、管理の簡易化等の付加価値を追加します。 1視聴単位でログを出力 • 視聴ログ収集 • - 1視聴単位でのログ出力 • - 視聴コンテンツ、視聴開始/終了時刻など視聴   サービスに特化した分かりやすいログ 一時停止、再開、早送り、終了 視聴ログ 視聴サービスに特化した内容 CSV形式ファイル • 視聴ログの管理、編集/出力 • - ログファイルは1ファイル/日で生成、保存日数の設定が可能 • - 任意指定の範囲(日付・時間)でのログを抜き出し、CSV形式のファイルとして出力するコマンドを提供 •     「sslogput 取得開始日時 [取得終了日時] 」 (*各日時はyyyy/mm/dd-hh:mm:ss形式) 課金管理 システム 既存課金管理システム と容易に連携 MS Excel等の表計算ソフト を用いてデータ活用 • アクセス制限 • - コンテンツ1本当たりの帯域上限を設定可能 • - サーバ状態を取得する管理APIを提供(COM形式の簡単なI/F) •     ・ストリーム配信数の取得 •     「SsGetStatus.GetStreamNUM サーバIPアドレス」 •     ・使用帯域幅の取得 •     「SsGetStatus.GetBandWidth サーバIPアドレス」 ①コンテンツ選択 ③エラーページを表示 ②管理APIでサーバ状態 をチェック 配信数/帯域オーバーによる配信制限か サーバーダウンによるエラーかの判断が可能

  12. エンコードツールキット(オプション)の機能エンコードツールキット(オプション)の機能 • ストリーミング自動エンコードツールと純正ビデオキャプチャボードの提供 エンコードサーバとの組み合わせで、WindowsMedia、RealMediaの同時エンコードをサポート。また、従来のエンコード自動化実行を極めて容易なシステムを提供 • 高性能・便利機能搭載のストリーミング自動エンコードツール- タイムスケジュールエンコード機能     エンコードをスケジュール化することで、ミニ放送局を実現。- マルチビットレート・マルチファイルエンコーディング機能      タイムスケジュール機能との組み合わせで、各帯域(モデム~ADSL、FTTHまで)に      合わせたコンテンツ自動生成が可能。- サムネイル・インデックス自動生成機能     サムネイルを自動生成することで、Webにリンクしたコンテンツを何処からでも- ライブ&VOD同時エンコード機能(キャプチャボード2枚実装時)      ライブ配信しながらVODコンテンツを同時生成することが可能。 • 高品質なストリーミングコンテンツ生成する純正ビデオキャプチャボード- 高画質30fpsフルエンコード- VGA(640x480)の画像サイズに対応- 各種アナログ入力端子に対応(RCAコンポジット、BNCコンポジット、S端子) モデム/56kbps ライブ中継 ビデオコンテンツ ADSL/300kbps ■WMTでのマルチビットレートキャプチャ - 設定された複数ビットレートを同時キャプチャ - 同時キャプチャ数はCPU性能の許す限り可能 LIVE VOD LIVE VOD ■世界初の Live & VOD実行

  13. DOS UTL UTL 高度な信頼性を継続サポート(ESMPRO,MWA編) 標準BIOS -アラート通報 -OSシャットダウン Express5800拡張機能 ESMPRO オンボード・サーバ 管理チップ BMC* *Baseboard Management Controller ISS (InternetStreamingServer) H/W稼動監視 / 情報収集(注1) ‐SEL(システムイベントログ) ‐SDR(センサ-装置情報) ‐FRU(保守交換部品情報) -OSシャットダウン -電源断 / 投入 LAN, Modem, Serial -IPMI情報収集 拡張BIOS (RomPilot) アラート通報 (イベントの発生時にPCへ通報) -BIOS画面確認 (Error確認) -BIOS設定変更 リモート情報収集 (PCからIPMI情報採取) MWA DAC960PTL Farmware Ver4.0-0-49 …. AdaptecBIOS Versionn 1 sysてm dりヴぇ いんsた 1 System Drive Installed リモート電源制御 (PCからサーバ電源ON/OFF/リセット) -リモートドライブ起動 PC上のFD/ファイルから DOSベースでサーバ起動 -各種メンテナンスUTL操作 Array設定UTL, T&D, BIOS Update (注2), etc リモートコンソール機能 (PCから BIOS / DOS画面をモニタリング) リモートドライブ機能 (PC上のFD/ファイルでサーバをBoot) (注2) Update中にエラーが発生するとサーバが破損する 場合があります。ネットワーク環境も含め、事前に 充分評価のうえ実施ください。 (注1) 業界標準インタフェースIPMI((Intelligent Platform Management Interface)準拠 = Intel,HP,Dell,NECで定義したサーバマネージメント・インタフェース仕様

  14. 高度な信頼性を継続サポート(Express通報サービス編)高度な信頼性を継続サポート(Express通報サービス編) 日本電気フィールディング へExpress通報サービスで通報 本社 ISS 営業所 遠隔保守 リモート パワーオン ユーザ Tel    異常内容 xx商事 xxxx#1DISK 縮退 oo電気 oooo  筐体温度40℃   : : 障害兆候, 障害発生 ISS • ISSとExpressシリーズでシステムを構築。システム全体を容易に管理。 • ESMPROでシステムの運用管理。 - 性能管理 CPU負荷率、メモリ使用率、ディスク使用率、LANのトラフィック - 障害管理 温度監視、電源監視、ファン監視、HW障害のエラーログ採取 - 「統合ビューワ」による監視(システム管理者はシステム障害の詳細情報を確認)。 • Express通報サービスで予防保守。 - ESMPROで障害兆候を自動検知 - Express通報サービスで「保守会社」および「システム管理者」に予防通知。 • リモートパワーオン(RemoteWakeUp機能) - 遠隔地のマシンに電源投入。 • その他(データ集配信、プログラム配信 等)

  15. ストリーミングの取り組み

  16. 各種ストリーミング形式に対応 • 各種ストリーミング形式に対応し、あらゆるストリーミングシステムに適用可能 • 各社ビデオキャプチャボードとISSで、高画質/デファクトストリーミング形式をサポートします。 Windows Media Technology Real Video MPEG 1/2 形式 配信 StreamPro/WMT Plus バンドル RealSystem iQ StreamPro/ Streaming-MPEG MEDIAEDGE Server カノープス製 Windows Media Server (OS標準添付) Real Server Windows 2000 Server OS Express5800/InternetStreamingServer DS,GS H/W キャプチャボード 専用キャプチャボード(N8006-05,06) Movie Maker200S イノマイクロ(株) (稼働確認) MVR-D2000 カノープス(株) (稼働確認) Ospreyボード(株)理経 (稼働確認) H/W ISS ES(InternetStreamingServer/EncodeServer)、Express5800/50シリーズ

  17. Osprey210 Osprey220 MVR-D2000 Osprey500DV ISS2/DSにバンドルのStreamingサポートソフト と 協業各社 • ストリーミング業界の有力各社との協業 ストリーミングに関連したハードウェア/ソフトウェアを提供する有力各社との協業にて、 バリエーション豊富なストリーミングシステムを提供します。 • ASCII-NTのStreamingサポートソフト(ISS2/DSにバンドル)  「http://www.ant.co.jp/」- StreamingScheduler(30日間評価版)     オンデマンドおよびライブコンテンツを容易にスケジューリング・配信が可能で、     簡単にミニ放送局を構築可能。- StreamingShield(30日間評価版)     簡単にFirewallを設定し、ISSを不正な外部アクセスから保護する。 • 理経との協業  「http://viewcast.rikei.co.jp/」- Osprey210,220,500DV の稼働確認を実施済み。RealVideoエンコード、DVソースからのエンコードをサポート • カノープスとの協業  「http://www.canopus.co.jp/catalog/system.htm」- MPEGエンコード/デコードボード「MVR-D2000」稼働確認実施済み。    カノープス社が提供するMPEGストリーミングシステム構築可能

  18. Internet ストリーミング・プラットフォームへの取り組み • ストリーミングコンテンツ配信システムをトータルサポート • ISSを中心に、コンテンツクリエーションWSからアプライアンスサーバ、管理サーバ、インターネット 環境までをExpressシリーズで品揃えし、コンテンツ生成から管理・配信・負荷分散まで提供可能な トータルストリーミングシステムを実現。 ・CGコンテンツクリエーション  -世界最高速3Dグラフィックスボード(TEシリーズ)  -NHK殿向けSDI出力TE5(参議院選で使用) ・自動エンコードツール(キャプチャボード)  -リアルタイムマルチビットレートキャプチャ  -自動化実行、自動サムネイル生成機能  -Live&VOD同時実行(2枚使用時) ISS/EncodeServer Express5800/50シリーズ コンテンツ クリエーション Express5800/100シリーズ ・StreamPro連携 Express5800/ アプライアンスサーバ Express5800/ISS DS,GS コンテンツ管理 ユーザ管理 Load Balancer Cache Server Firewall Server コンテンツ 配信負荷分散 コンテンツ配信

  19. Internet StreamProとの連携によるスケーラビリティ • ユーザニーズに合わせたシステム規模構築 iStorage • システム要件によってスケーラブルな構成が可能  →ISSのビルディングシステムからExpressをセンタサーバとした    大規模かつ高性能/高信頼/高コストパフォーマンスな   システムまで、 ユーザニーズに応じて柔軟なシステムが構築可能 PC STB ライブ中継 センタサーバ(Express5800) ビデオコンテンツ PC Mobile 従来インターネット (ISDN/電話回線) 高速インターネット (FTTH) 高速インターネット (ADSL/CATV) ISS/EncodeServer モバイルネットワーク (IMT-2000) モバイル 統合管理サーバ Express,NX,Solaris WMT Real MPEG1/2 StreamPro ISS/DeliveryServer Express5800/ISS Express5800/ISS StreamPro 大規模構成 管理サーバ モバイル Express5800/ISS DS 小規模構成 WMT 管理サーバ Real 規模に応じて ビルディングブロック 構成可能 ストリーミング データ MPEG1/2 エッジサーバ

  20. 補足

  21. 他社動向 富士通 : PRIMERGY StreamingCache192万円 Format:WMT,Real,QuikTime Inktomi社製キャッシュソフトを搭載 ギガビットイーサネットカードサポート 200Mbps以上 Trilligent LANserver Trilligent Combination Server Trilligent Cluster Pump Server Avid :Trilligentシリーズ 670万円~ Format:WMT,Real,QuikTime, MPEG1,2 帯域:500Mbps、300Mbps、300Mbps(左から) 英語版のみ Cache Server Streaming Pump Serverとして 直接競合する機種は現状無し Pump Server SONY : MAGNACASTストリーミングサーバ 2000万円~ Format:WMT,Real,QuikTime, 556Kbpsのコンテンツで2,400クライアント 1000BASE-SX ×2、10/100BASE-T×2 CTC : n4ストリーミングメディアアプライアンス600万円 Format:WMT,Real, MPEG1,2 1台のn4で約400Mbpsの配信能力 4Mbpsコンテンツを100ストリーム同時配信可能 Pump Server

  22. 一般Expressサーバとの違い • 一般Expressサーバとの相違点 • ストリーミング配信性能においてハイコストパフォーマンス  ストリーミングに特化したH/W設計と、S/Wのチュンナップにて、2Uでの最高配信性能を実現。  システムのストリーム単価が最安値となっています。  以下の構成例比較からも、ストリーミング配信に関して、ハイコストパフォーマンスといえます。WMT 500Kbps 10000ストリームシステム比較一覧 何故専用サーバ? • ISSならではのストリーミングサポート ■配信性能、エンコード性能指数を実測ベースで参考提示 ■ストリーミング配信性能を向上するシステム設定標準搭載(SCSI RAID StripeSize512KB) ■お客様別の個別対応(CTO)をサポート(NECにご相談ください) ■他社Encodeボード搭載可能(Osprey ,Canopus ,MovieMaker200s稼働確認)

  23. 補足1) 仕様一覧 ※1:3.5“内蔵DAT搭載の際は、N8006-08ブラケットが別途必要です。 ※2:ビデオ入力用映像キャプチャボード、サウンドボードを実装します。 ※3:Linuxをご希望の方は、NECにお問い合わせください。

  24. 補足2) 価格表 ※:ラック装置は、Express5800/100シリーズと共通です。

  25. 最後に Expressで培ってきた最先端テクノロジを投入し お客様のニーズに最適な製品をご提供していきます。 是非ご検討をお願い申し上げます。 ◆ InternetStreamingServer製品紹介ホームページ ┗ http://nec8.com/ISS/ ●InternetStreamingServer、StreamProは、日本電気株式会社の登録商標です。 ●Windows は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。 ●RealServer, RealVideoは、米国RealNetworks、Inc.社の商標です。 ●その他各社の社名、商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です