alcian blue pas n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
Alcian Blue & PAS PowerPoint Presentation
Download Presentation
Alcian Blue & PAS

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 10

Alcian Blue & PAS - PowerPoint PPT Presentation


  • 306 Views
  • Uploaded on

Alcian Blue & PAS. Alcian Blue. 目的. アルシアンブルーは、 粘液 を染める組織染色法として Steedman (1950 年 ) が導入した色素。 シアル化されたムコ物質( シアロムチン )、硫酸基を有するムコ物質( スルホムチン )、軟骨や線維性結合組織に含まれるコンドロイチン硫酸、ヘパラン硫酸、デルマタン硫酸、ヒアルロン酸のような 酸性ムコ多糖類 を特異的に染色するために用いられる。 色素が結合した部位は 青藍色 に鮮やかに染色される。. □ アルシアンブルー液 Alcian blue 8GX 1g   酢酸           3ml

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'Alcian Blue & PAS' - caraf


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
alcian blue
AlcianBlue

目的

アルシアンブルーは、粘液を染める組織染色法としてSteedman (1950年)が導入した色素。

シアル化されたムコ物質(シアロムチン)、硫酸基を有するムコ物質(スルホムチン)、軟骨や線維性結合組織に含まれるコンドロイチン硫酸、ヘパラン硫酸、デルマタン硫酸、ヒアルロン酸のような酸性ムコ多糖類を特異的に染色するために用いられる。

色素が結合した部位は青藍色に鮮やかに染色される。

□アルシアンブルー液

Alcian blue 8GX1g

  酢酸          3ml

  蒸留水        97ml

試薬

□3%酢酸水

□ケルンエヒトロート

slide3

原理

塩基性色素であるアルシアン青と、酸性ムコ物質のカルボキシル基あるいは硫酸基のイオン結合に結びついている。

特異性はアルシアン青の溶液中の水素イオン濃度や電解質濃度によって変化する。

pH2.5の溶液ではカルボキシル基と硫酸基の両者に、pH1.0の溶液では硫酸基のみに結合する。

カルボキシル基

例)アラニン CH3CH(COOH)NH2

筋肉中に含まれるアミノ酸。

硫酸基

 例) 粘膜など

軟骨やヒアルロン酸など。

O

-

O =

S

= O

O

-

O

=

R -

C

- OH

-

R

slide4
Al 染色法

脱パラ・流水水洗

3%酢酸水

アルシアン青溶液

流水水洗

ケルンエヒトロート

流水水洗

脱水・透徹・封入

3分

20分

5分

slide5
Al 染色結果

結腸の粘膜

杯細胞と気管支軟骨内

http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/user/health/pathology/e-learning/pages02/g/g3p.html

slide6
PAS

目的

PAS反応は、多糖類の組織化学的証明法として発展し、現在では肝臓のグリコゲン、消化管の粘液物質の証明、色素顆粒や細胞顆粒、真菌、アメーバの識別および腎糸球体病変の識別等、広く糖質の一般染色として知られている。

試薬

■0.5%過ヨウ素酸水溶液

■シッフ試薬

■ヘマトキシリン

■亜硫酸水

10%重亜硫酸ナトリウム 6ml

1N塩酸 5ml

    精製水 100ml

slide7
PAS 染色法

脱パラ・水洗

過ヨウ素酸水溶液

精製水水洗

シッフ試薬

亜硫酸水×3回

流水水洗

ヘマトキシリン

流水水洗

脱水・透徹・封入

20分

20秒

各3分

5分

slide8
PAS 染色結果

糸球体

slide9
重染色

pH2.5アルシアンブルーとPASの重染色法を使用すると、中性ムコ多糖類はシッフ試薬で赤く染まり、酸性ムコ多糖類はアルシアンブルーで青く染まる。

特異性の異なる2種類の染色法を単一切片上で行い、より多くの情報を同時に得ようとするもの。

最初に行なわれる染色法はそのまま特異性が再現されるが、後続の染色は特異性がすでに制約されていることを考慮しなくてはならない。

そのため、さらに個々の単染色を同時に行なうことが必要である。

グリコーゲン  

中性粘液 

酸性粘液

  酸性粘液

 多糖類

両方

PAS

AL

slide10

脾臓

腎臓

心臓

肝臓