2008 3 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
2008 年度後期 異文化コミュニケーションのための 英語学概論(第 3 回) PowerPoint Presentation
Download Presentation
2008 年度後期 異文化コミュニケーションのための 英語学概論(第 3 回)

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 22

2008 年度後期 異文化コミュニケーションのための 英語学概論(第 3 回) - PowerPoint PPT Presentation


  • 121 Views
  • Uploaded on

2008 年度後期 異文化コミュニケーションのための 英語学概論(第 3 回). 立教大学 異文化コミュニケーション学部 平賀 正子. はじめに. 前回のリアクション・ペーパー 今日の講義: 「色々な英語」(第 2 回のつづき) 「母語英語のバラエティー」. シンガポールの英語. 建国以来、英語は公用語の一つだったが、国内統一のための言語 (language for national unification) とされ、多民族間を繋ぐことばとされた。 1980 年代には、英語が家庭、学校、職場などあらゆるところで話されるようになった。

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '2008 年度後期 異文化コミュニケーションのための 英語学概論(第 3 回)' - ginger


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
2008 3

2008年度後期異文化コミュニケーションのための英語学概論(第3回)2008年度後期異文化コミュニケーションのための英語学概論(第3回)

立教大学

異文化コミュニケーション学部

平賀 正子

slide2
はじめに
  • 前回のリアクション・ペーパー
  • 今日の講義:
    • 「色々な英語」(第2回のつづき)
    • 「母語英語のバラエティー」

英語学概論第3回

slide4
シンガポールの英語
  • 建国以来、英語は公用語の一つだったが、国内統一のための言語(language for national unification)とされ、多民族間を繋ぐことばとされた。
  • 1980年代には、英語が家庭、学校、職場などあらゆるところで話されるようになった。
  • イギリス英語・中国語(北京語)・マレー語・タミル語に加え出身者が多い広東語・福建語、さらにアメリカ英語、オーストラリア英語の単語・文法構成に影響されているところが多い。

英語学概論第3回

slide5
シンガポール英語の特徴 1

文尾につけられる“lah” (日本語の終助詞「ね、よ、さ、ぞ」のようなニュアンス)

“Hurry up lah!”(いそいでよ!)

“This way can lah.”(こっちにいけるんじゃない)

本名信行『世界の英語を歩く』(2005, pp. 58-59)

英語学概論第3回

slide6
シンガポール英語の特徴 2

“Th”の発音が “T”と同じになる

(ThreeとTreeは同じ発音)

強調のために単語を繰り返す

“Can, can!”(できますよ!)

“Ting, Ting and Ting.”(考えに考えに、考え抜いた)

英語学概論第3回

slide7
シンガポール英語の特徴 3

福建語・広東語・マレー語など他言語からの借用語

例:「散歩する」=Jalang-Jalang

「おばさん」=Tai-Tai

「かわいい女性」=Chio Bu

「バカ」=Siao

「食べる」=Makan

http://jp.youtube.com/watch?v=ess4LnyrhQU

英語学概論第3回

slide8
日本の英語
  • 特徴はどんなものがあるだろう。
    • 発音
      • “th”は “s”または “z”になる。
      • “r”と “l”の区別をしない。
    • 語彙
      • 和製英語
    • 文法
      • 冠詞の不使用
      • 複数形の不使用

英語学概論第3回

slide9
国際派日本人の英語
  • 緒方貞子さんのスピーチ
  • 最近の新聞の切り抜き
    • 緒方さんの仕事

英語学概論第3回

world englishes
World Englishesという考え方
  • 世界で話されている様々な英語は、平等である。つまり同じ価値がある。
  • 英語は英米文化から切り離して運用できる。
  • 多様な文化を多様な形式で表現できる。
  • 多国間・多文化間の交流を可能にする。

V.S.

  • Native Speakerの英語が正しい英語。だから手本にすべき。
  • アメリカ英語がイギリス英語よりいい(またはイギリス英語がアメリカ英語よりいい)。

英語学概論第3回

world englishes1
World Englishesで国際交流するとは

柔軟性

  • 一つの基準で物事を捉えたり判断したりしない。複眼を持つ。
  • 予期せぬ出来事に対しても、あわてない。

応用力

  • 分かっていることから始めて、分からないことを解決する。
  • 出来る限りのアンテナを張り巡らし、最善の道を模索する。

許容性

  • 相手を許す気持ちを忘れない。
  • 優しさと厳しさが大切。優しさも厳しさも愛があってこそ活きる。

英語学概論第3回

native english
母語英語 (Native English)
  • イギリス英語 (British English)
  • アメリカ英語 (American English)
  • カナダ英語 (Canadian English)
  • オーストラリア英語 (Australian English)
  • ニュージーランド英語 (New Zealand English)
  • 南アフリカ英語 (South Afrian English)

英語学概論第3回

slide14
イギリス英語使用地域
  • 連合王国(イングランド、ウエールズ、スコットランド、北アイルランド)。
  • 英語を公用語としている英連邦諸国で使用されている英語は、「語彙」・「スペリング」ともに「イギリス英語」を基本としている。
  • ただし、カナダで使われる英語は語彙やスペリングは「イギリス英語」と「アメリカ英語」の混合で、発音は「アメリカ英語」との共通点が多い。

英語学概論第3回

slide15
イギリス英語の標準語
  • 方言には大別して、「地域方言」(regional dialectsー地域によるバラエティ)と「社会方言」(social dialectsー社会階層によるバラエティ) がある。もちろんイギリス英語にも両方ある。
  • イギリス英語では、「社会方言」のうち上流階層の方言が「標準語」(RP=received pronunciation)として認識されているという特徴がある。
    • 例:”The Queen”という映画の中のエリザベス2世
    • 例:”My Fair Lady”という映画の中の大学教授(RP)と花売り娘(Cockney*というロンドンの労働者階級の英語)

英語学概論第3回

cockney
Cockney*の特徴
  • /ei/という発音が/ai/となる
    • Rain in Spain stays mainly in a plain.
  • 語頭の/h/の発音が欠落する。
    • In Hertford, Hereford, and Hampshire, harricanes hardly ever happen.
  • 二重否定
    • I ain’t done nothing wrong.(何も悪いことしちゃいない)
  • オーストラリア英語の特徴として現在残っている。特に/ei/という発音が/ai/となる点。

英語学概論第3回

slide17
イギリス英語の特徴(発音1)
  • 「イギリス英語の標準発音」と国際的に認知されている発音は、容認発音(Received Pronunciation, RP) 、King’s English (Queen’s English)、BBC英語 (BBC English)と呼ばれている。
  • BBC放送の標準となっている英語。
  • 上流階級、パブリック・スクール(英国の私立中等学校)やケンブリッジ大学、オックスフォード大学出身者が話す英語。

映画で参考になる作品(“My Fair Lady,” “If …,” “The Queen”など)

  • 1960年代以降その使用が失われる傾向にある。現在、容認発音(RP)の話者はイギリス人口の約3%と言われている。

英語学概論第3回

slide18
イギリス英語の特徴(発音2)

・音節末の”r”を発音しない。

"car" [kɑː], "hard" [hɑːd], "born" [bɔːn], "water" [wɔːtə]

・”o”の発音が[ɒ]になる。

”stop”の発音は「スタップ」(米)でなく「ストップ」(英)。”not,”“”hot”なども同じ。

英語学概論第3回

slide19
イギリス英語の特徴(発音3)

・母音にはさまれた”t”の発音。

“better”など母音間・強勢後の /t/ は “t”(ベター)とはっきり発音。アメリカ英語では/d/に近い発音となる。”water,” “bitter” なども同じ。

・ [j]の挿入。

"new" を[njuː](ニュー)、tune を[tjuːn](チューン)と発音する。アメリカ英語では[nuː](ヌー)、[tuːn](トゥーン)と発音する人が多い。

英語学概論第3回

slide20
イギリス英語の特徴(語彙)

・(イギリス)英語の成立

- 11世紀後半以降フランス語の語彙が流入する。日本語の「漢語vs和語」と英語における「ラテン語・ロマンス語vsゲルマン語」語源のことばは一種同じような関係

  • commence (開始する)vs begin (始める)
  • ascend (上昇する) vs climb up (登る)

・ ヨーロッパ大陸との地理的関係

- aubergine, courgette, serviette, curriculum vitae

・ イギリスの暮らしに関連

  • lollipop woman, off-licence

・ 別紙の表を参照

英語学概論第3回

http queen movie jp
http://queen-movie.jp/

英語学概論第3回

slide22
第4回予告
  • イギリス英語と社会階層(補足・My Fair Ladyの一場面)
  • アメリカ英語について
  • その他の母語英語について
    • 永井さんのNZ留学体験談
    • 受講学生さんの体験談
  • 英語とジェンダー

英語学概論第3回