an authoring tool for intelligent educational game l.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
???? “ An Authoring Tool for Intelligent Educational Game ” PowerPoint Presentation
Download Presentation
???? “ An Authoring Tool for Intelligent Educational Game ”

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 16

???? “ An Authoring Tool for Intelligent Educational Game ” - PowerPoint PPT Presentation


  • 217 Views
  • Uploaded on

論文紹介 “ An Authoring Tool for Intelligent Educational Game ”. 人工知能を用いたゲームを 作成するための支援ツール. 徐研究室 M2 森本茂樹. 論文の紹介. International Conference on Virtual Storytelling(ICVS)2001 (9 月開催) 著者 Massimo Zancanaro, Alessandro Cappelletti, Claudio Signorini,Carlo Strapparava ITC-irst の研究成果

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '???? “ An Authoring Tool for Intelligent Educational Game ”' - benjamin


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
an authoring tool for intelligent educational game

論文紹介“An Authoring Tool for Intelligent Educational Game”

人工知能を用いたゲームを

作成するための支援ツール

徐研究室 M2 森本茂樹

slide2
論文の紹介
  • International Conference on Virtual Storytelling(ICVS)2001 (9月開催)
  • 著者

Massimo Zancanaro, Alessandro Cappelletti,

Claudio Signorini,Carlo Strapparava

    • ITC-irstの研究成果
  • The RENAISSANCE Projectの一環
itc irst
ITC-irst
  • 1976年に設立
  • トレント州立の科学技術研究センター
  • 国際的に有力な研究センター
  • 研究内容
      • 自動推論システム(SRA)
      • 対話感覚システム(SSI)
      • 認識とコミュニケーションテクノロジー(TCC)
      • 表面と物理化学およびインターフェース(FCS)
      • マイクロセンサおよびその関連技術の開発(MIS)
slide4
TCC
  • 人対人,人対コンピュータの対話研究
  • エンドユーザのための,柔軟な情報表現
  • テキストの自動解析,および情報抽出
slide5
研究の背景

The RENAISSANCE Project

“AIを設計する手法”

一般向けな手法ではない

容易に使用可能なものを作ろう!

しかし

そこで

the renaissance project

ルネサンス時代を再現した3Dオンラインゲームを作ろうルネサンス時代を再現した3Dオンラインゲームを作ろう

The RENAISSANCE Project
  • 舞台 14世紀前半のイギリス中部(Urbino)
    • ルネサンス時代のその中心地
  • プレイヤーはCourtierとして社会的地位と,公爵の好意を得るために競い合う
    • Courtier=廷臣(長に仕えて官に任ぜられている)
the renaissance project7

学術的にも高水準なものを

The RENAISSANCE Project
  • 目的
    • ゲームを通して歴史上の環境,特色
    • Courtierとしての生活環境,役割

                    を,知ってもらう

  • 対象
    • ゲームとして⇒一般ユーザ
    • 教材として ⇒図書館,学校
the renaissance project8
The RENAISSANCE Project
  • シナリオの元
    • “The Book of the Courtier”
      • 当時で最も信頼のおける話
the renaissance project9
The RENAISSANCE Project
  • 2000年1月1日~2001年6月30日
  • The European Communityからの資金提供
    • “科学的・文化的遺産へのアクセス”
slide10

構造

ルール

アプローチ

どのように知能を設計するか

知能

ルールで使用する用語を

      階層構造を用いて作成する

slide11
対話型ツールの作成

対話型  階層構造を視覚的に表す

  • The Knowledge Base Editor (KBE)
    • 知識設計のためのエディタ
  • The Knowledge Base Shell (KBS)
    • 設計された(人工)知能をチェックするため
the knowledge base editor
The Knowledge Base Editor
  • 左:オブジェクト等
  • 右:左で選んだものの定義

スロットを定義,編集

  • 子は親のスロットを継承する
  • 親を削除した場合子は自動的に削除
    • 広範囲の削除の場合警告
the knowledge base editor13
The Knowledge Base Editor
  • 右:ルール一覧
  • 左:ルール編集,定義
  • ルール定義で使用する概念はあらかじめ定義
  • あらかじめ定義されたものが削除された場合ルールも自動削除
the knowledge base shell
The Knowledge Base Shell
  • 出来上がったルール(知能)をチェックするもの
slide15
論文の結び
  • 教育的なゲームのためのAIを作成する環境を導入した初めての試み
  • 私たちはこれ以上のものを作り,

         開発を支援していきます

slide16
おわりに
  • プロジェクトは終了している
    • 有効といえる
  • 今後の展望
    • KBEとKBSの統合に有意性があるのでは?
    • テキスト解析の視点からの開発支援