Introduction to japanese linguistics
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 38

日本語を考える Introduction to Japanese Linguistics PowerPoint PPT Presentation


  • 45 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

日本語を考える Introduction to Japanese Linguistics. 意味・談話 (3). 敬語. 敬語の下位分類 ( 主要なもの ) 素材敬語 ( 話題の敬語 ) 尊敬語 謙譲語 対者敬語 ( 対話の敬語 ) 丁寧語. 素材敬語. 素材敬語 : 発話の中で言及される人物に対する敬意を表す。 尊敬語 : 主語にあたる人物に対する敬意を表す。 ex. お読みになる、合格される、いらっしゃる 謙譲語 : 主語以外の補語にあたる人物に対する敬意を表す。 ex. お貸しする、さしあげる

Download Presentation

日本語を考える Introduction to Japanese Linguistics

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


Introduction to japanese linguistics

日本語を考えるIntroduction to Japanese Linguistics

意味・談話 (3)


Introduction to japanese linguistics

敬語

  • 敬語の下位分類 (主要なもの)

    • 素材敬語 (話題の敬語)

      • 尊敬語

      • 謙譲語

    • 対者敬語 (対話の敬語)

      • 丁寧語


Introduction to japanese linguistics

素材敬語

  • 素材敬語:発話の中で言及される人物に対する敬意を表す。

    • 尊敬語: 主語にあたる人物に対する敬意を表す。

      • ex. お読みになる、合格される、いらっしゃる

    • 謙譲語: 主語以外の補語にあたる人物に対する敬意を表す。

      • ex. お貸しする、さしあげる

    • 「ご就職」、「ご両親」、「お手紙」、「ご返事」 のような名詞表現も、素材敬語と見なすことができる。(「ご就職」・「ご両親」は尊敬語。「お手紙」・「ご返事」は尊敬語、謙譲語どちらにも使える。)


Introduction to japanese linguistics

尊敬語

(動詞)

  • ナル敬語: お/ご ~ になる (~ は 中止形またはサ変動詞の基部)

    • お書きになる、お調べになる

    • ご利用になる、ご出席になる

  • レル敬語:~ (ら)れる (~ は語幹)

    • 書かれる (kak-are-ru)、 調べられる (sirabe-rare-ru),

    • (ご)利用される (go-riyo:-s-are-ru)、(ご)出席される (go-sjusekki-s-are-ru)


Introduction to japanese linguistics

  • 特殊形 (主要なもの):

    • ~なさる (~する)

    • 召しあがる (食べる、飲む)

    • いらっしゃる (行く、来る、いる)

    • おいでになる (行く、来る)

    • お休みになる (寝る)

    • お召しになる (着る)

    • ご覧になる (見る)

    • くださる (くれる)

    • お住まいだ (住んでいる)

    • お~だ (~ている) (お持ちだ、など)


Introduction to japanese linguistics

  • 尊敬語は、「主語性」 の基準にも用いられる。

    • 私には答えがわかった。

    • 先生には答えがおわかりになりましたか?

  • 一般に、ナル敬語・特殊形敬語はレル敬語より敬意を示す度合いが高いと言われる。


Introduction to japanese linguistics

(形容詞) (イ形容詞およびナ形容詞)

  • お/ご ~

    • お若い、おきれいだ、ご立派だ

  • (お/ご) ~ {くて/で} いらっしゃる

    • お忙しくていらっしゃる、ご多忙でいらっしゃる

    • 知的でいらっしゃる、ハンサムでいらっしゃる

  • 特殊形:「ご存じだ」 は、 動詞 「知る (知っている)」 に対応する

    (名詞文)

  • ~でいらっしゃる

    • ご出身は京都でいらっしゃいますか


Introduction to japanese linguistics

(名詞)

  • お/ご ~

    • お手紙、ご著書

  • その他:貴社、玉稿、御尊父、など


Introduction to japanese linguistics

  • 尊敬語 (特に動詞) に関する制約:

  • 語幹が一拍の母音語幹動詞は、ナル敬語にできない。

    • 煮る > *お煮になる

    • 得る > *お得になる

    • 出る > ?お出になる (例外的)

  • 一般的に、特殊形がある場合、通常形 (ナル敬語・レル敬語) は好まれない。

    • くれる > *おくれになる, *くれられる (くださる)

    • 着る > *お着になる, ??着られる (お召しになる)

    • 食べる > ?お食べになる, ?食べられる (召し上がる)

    • 行く > ?お行きになる, ?行かれる (いらっしゃる)

    • 利用する > ご利用になる, 利用される (利用なさる)(例外的)


Introduction to japanese linguistics

  • 尊敬語 (特に動詞) に関する制約 (続き):

  • 「お/ご」 がつけられない表現を基部とするサ変動詞は、ナル敬語にできない。(洋語や擬音語・擬態語など)

    • ハラハラする > *おハラハラになる, ハラハラ {される/なさる}

    • メモする > *おメモになる, メモ {される/なさる}

  • 漢語を基部とするサ変動詞には、ナル敬語にできるものとできないものがある。(できないものの方が多い。)

    • 利用する > ご利用になる, (ご)利用 {される/なさる}

    • 運転する > *ご運転になる, (ご)運転 {される/なさる}

      「利用」型: 出席, 執筆, 卒業 など

      「運転」型: 実験, 送信, 優勝 など 


Introduction to japanese linguistics

  • ナル敬語とレル敬語を重ねて使うのは誤用とされる。 (「二重敬語」)

    • 万年筆をお使いになりますか?

    • 万年筆を使われますか?

    • ??万年筆をお使いになられますか?

    • ??万年筆をお使われになりますか?

      ただし、二重敬語が全て認められないわけではない。

    • お召し上がりになりますか?


Introduction to japanese linguistics

  • 尊敬語の使用に関する実用的な指針:

    • 特殊形がある場合、それを使う。

      • いらっしゃる、ご存知だ、など

    • サ変動詞の場合、 「する」 を 「される」 に変える。

      • 利用する > 利用される

      • 散歩する > 散歩される

      • 運転する > 運転される

    • それ以外の場合、 「お~になる」 を使う

      • お読みになる、お調べになる

    • 「~ている」 は、「お~だ (です)」 の形にすると、すっきりすることが多い

      • 「何をお読みですか?」

      • 「もうお聞きかもしれませんが …」


Introduction to japanese linguistics

謙譲語

(動詞)

  • お/ご ~ する (~ は 中止形またはサ変動詞の基部)

    • お書きする、お調べする

    • ご招待する、ご案内する

  • お/ご ~ 申しあげる (~ は 中止形またはサ変動詞の基部)

    • お祈り申しあげる、お願い申しあげる

    • ご挨拶申しあげる、ご連絡申しあげる


Introduction to japanese linguistics

  • 特殊形 (主要なもの):

    • 申しあげる (言う)

    • 存じあげる (知る)

    • 伺う (聞く、尋ねる、訪ねる)

    • いただく (もらう)

    • さしあげる (やる/あげる)

    • お目にかかる (会う)

    • お目にかける (見せる)

    • ご覧にいれる (見せる)


Introduction to japanese linguistics

(形容詞)

  • お/ご ~

    • お懐かしい、?ご心配だ

      (名詞)

  • お/ご ~

    • お手紙、ご返事

  • その他:拝見、愚考、弊社、小社、拙著など


Introduction to japanese linguistics

  • 謙譲語は 「主語に当たる人物/話し手を低める」と説明されることもあるが、「主語以外の特定の補部にあたる人物を高める」 と考えた方がよい。

  • 敬意を示す相手がいない場合には、謙譲語は使えない。

    • *昨日帰りにコンビニで雑誌をお買いしました。

  • 二方面敬語

    • 先輩が田中先生をご案内してくださるんですか? (「ご案内して」 は田中先生への敬意を表し、「くださる」 は先輩への敬意を表す)


Introduction to japanese linguistics

  • 「先生に弟をご紹介した」 はおかしいか?

  • 謙譲語は、どの補部 (にあたる人物) を高めるかによって分類できる。

    • ヲ格: お誘いする、お招きする、ご案内する、…

    • ニ格: お届けする、お任せする、ご紹介する、…

    • カラ格: お預かりする、お借りする

    • ト格: ご一緒する、ご契約する

    • ノタメニ格: お調べする、お持ちする、ご用意する、…

    • ニツイテ格: お噂する、お聞きする


Introduction to japanese linguistics

  • 謙譲語に関する制約:

  • 全ての動詞が 「お/ご~する」 の形にできるわけではない。また、 「お/ご~申しあげる」 の形にできるものはさらに限られている。

    • 誘う > お誘いする, お誘い申しあげる

    • 貸す > お貸しする, *お貸し申しあげる

    • 憧れる > *お憧れする, *お憧れ申しあげる

  • 特殊形がある授受動詞は 「お/ご~する」および「お/ご~申しあげる」の形にできない。

    • もらう > *おもらいする (いただく)

    • やる/あげる > *おやりする/おあげする (さしあげる)

      (比較)

    • 会う > お会いする (お目にかかる)

    • 見せる > お見せする (お目にかける, ご覧にいれる)


Introduction to japanese linguistics

  • 素材敬語全般に関わる制約:身内を、外部の人間に対して高めてはいけない。

    • お父様は9時ごろお帰りになります。

    • (社内の人間に) 田中部長は今いらっしゃいません。

    • (社外の人間に) 田中は今おりません。

  • 素材敬語を用いるかどうかは、(i) 話者と話題の人物との関係、 (ii)話者、話題の人物、および聞き手が「身内」の関係にあるかどうか、二つの要因によって決まる。

  • このような敬語のシステムを、相対敬語と呼ぶ場合がある。対して、 話者と話題の人物との関係だけで敬語の使用が決定するシステム (韓国語など) を絶対敬語と呼ぶ。


Introduction to japanese linguistics

  • A: X 社の社長, B: Y 社の社長, C: X 社の若手社員。

  • ゴルフ場で、CがBに伝える:

    「(A) 社長はちょっと遅れて参ります」

    「(A) 社長はちょっと遅れていらっしゃるそうです」

  • Bが 「Aさんはゴルフがお上手だね」 といったのに対して、Cが答える:

    「(A) 社長は学生時代からゴルフをなさっていますから …」

    「(A) 社長は学生時代からゴルフをしておりますから … 」


Introduction to japanese linguistics

対者敬語

  • 対者敬語 = 聞き手への敬意を表わす敬語

  • 対者敬語の代表: 丁寧語

    • ~です・ ます

    • ~でございます


Introduction to japanese linguistics

尊敬語・謙譲語・丁寧語以外の敬語

  • 謙譲語B

  • 丁重語

  • 美化語, 改まり語 (準敬語)

  • 伝統的に謙譲語と呼ばれてきたものを 「謙譲語A」, 「謙譲語B」 に分類。(大石初太郎による用語)

  • 上で「謙譲語」と呼んでいたものは 「謙譲語 A」 にあたる。

  • 「謙譲語B」・「丁重語」は丁寧語に近いが、素材敬語としての性質も持つ


Introduction to japanese linguistics

謙譲語 B

  • 謙譲語

    • A: お/ご~する、申しあげる、存じあげる、伺う、…

    • B: (~)いたす、申す、存じる、まいる、おる

  • 謙譲語Bには、謙譲語Aと異なり、話題となる人物を高める働きはない

    • *私は六時の特急にご乗車しました vs. 私は六時の特急に乗車いたしました

    • *私は父にそう申しあげました vs. 私は父にそう申しました

    • (大統領選挙の結果、ご存じですか?) *いいえ、存じあげません vs. いいえ、存じません

    • *今から父のところに伺います vs. 今から父のところにまいります

    • 明日は一日中会社におりますので、何かありましたらお電話を …

  • 謙譲語Bは、基本的にデス・マス体で用いられる

    • 私は先生にそのように申しあげた vs. ??私はそのように申した


Introduction to japanese linguistics

  • 謙譲語Bは聞き手への敬意を示すという点で丁寧語に近いが、「主語にあたる人物を低める」 という点で素材敬語としての性質も持つ。また、主語となるのは話者またはその身内に限られる。

    • *山田先生も出席いたしました。(比較:山田先生も出席しました)

    • *山田先生もまいりました。(比較:山田先生も来ました)


Introduction to japanese linguistics

丁重語

  • 次のような表現は、謙譲語Bとしての用法以外に「丁重語」としての用法も持つ:

    • (~)いたす、申す、存じる、まいる、おる

    • 三百人の選手が参加いたします。

    • その店員が申しますには、このバッグは …

    • 電車がまいります。

    • 私の家の近所に風変わりな人が住んでおりまして…

  • 丁重語は丁寧語に近いが、主語が 「高める必要がない人物や事物」限られる、という点で異なる。

    • ??山田先生も出席いたしました。(比較:山田先生も出席しました)

    • ??山田先生もまいりました。(比較:山田先生も来ました)


Introduction to japanese linguistics

  • 謙譲語Bと丁重語を区別する必要はあるか?

    • 共通点:

      • 聞き手に対する敬意を表す

      • 主語は高める必要のない人物・事物に限られる

    • 違い:

      • 謙譲語Bは、「主語 (話者またはその身内) を低める」という性質を持つ

  • 「存じる」 は謙譲語Bとして使われるが、丁重語としては使われない

  • 「申す」 などを丁重語として用いない話者もいる


Introduction to japanese linguistics

美化語

  • 接頭辞:お, ご (ex. お菓子, ご飯)

  • 丁寧語に分類されることもあるが、敬語の一種とはみなさない研究者が多い。

    • お菓子買ってやるから、泣くんじゃない!

    • 先生、もう少しお酒の方どうですか? ― (店員に) おい、酒をあと二本持ってきてくれ。


Introduction to japanese linguistics

「お/ご」の様々な用法

(1) 尊敬語接周辞の一部

  • お書きになる

  • ご利用になる

    (2) 謙譲語接周辞の一部

  • お招きする

  • ご招待する


Introduction to japanese linguistics

(3) 尊敬語接頭辞

  • お帰り, お手紙; ご結婚, ご挨拶

  • おからだ, お車; ご家族, ご自宅

    (4) 謙譲語接頭辞

  • お手紙, お役(に立つ); ご挨拶, ご迷惑(をかける)


Introduction to japanese linguistics

(5) 美化語接頭辞

  • 「お/ご」をつけないとぞんざいになるもの

    • お祝い, お釣り, お茶, ご祝儀

  • 女性はたいてい「お/ご」をつけ、男性はつける場合とつけない場合があるもの

    • お金, お米, お刺身, おすし, おそば, お風呂, おしり


Introduction to japanese linguistics

  • 女性は「お/ご」をつけることがあるが、男性はあまりつけない

    • お花, お水, おしょうゆ, お箸, お財布, おなべ

      男: 「先生、お財布を落とされましたよ」 (尊敬語)

      男: ??「あっ、お財布が落ちてる」 (美化語)

      女: 「先生、お財布を落とされましたよ」 (尊敬語)

      女: 「あっ、お財布が落ちてる」 (美化語)


Introduction to japanese linguistics

  • 男性も女性もあまり「お/ご」をつけない

    • おソース, お受験, おざる

  • 男性も女性もけして「お/ご」をつけない

    • *おラーメン, *おパン, *お道 (みち)


Introduction to japanese linguistics

(5) 化石化した接頭辞

  • 「お/ご」がつかないと、語として認められない:

    • お辞儀, おしゃま, おやつ, おむつ, ご飯

  • 「お/ご」がつかないと、意味が大きく変わる

    • おしゃれ, おかわり, おなか, お目玉, おたま, ご機嫌


Introduction to japanese linguistics

改まり語

  • 改まった場面でのみ使うことばを、改まり語と呼ぶ。

    • 昨日 (さくじつ)、本日 (ほんじつ)、明日 (あす・みょうにち) (きのう、きょう、あした)

    • 昨年、本年 (去年、ことし)

    • ただ今、先ほど、後ほど、早速 (今、さっき、後で、すぐ)

    • どちら、どのような、いかが (どっち、こんな、どう)

    • 少々、大変  (少し、すごく)

    • しかし、では (でも、じゃあ)

    • 本日休講


Introduction to japanese linguistics

敬語の下位分類

敬語

  • 尊敬語 (素材)

  • 謙譲語 A (素材)

  • 丁寧語 (対者)

  • 謙譲語 B (素材, 対者)

  • 丁重語 (素材, 対者)

    準敬語

  • 美化語

  • 改まり語


  • Login