x maxi gsc n.
Download
Skip this Video
Download Presentation
国際宇宙ステーション搭載 全天 X 線監視装置 MAXI/GSC フライトモデルの性能評価

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 10

国際宇宙ステーション搭載 全天 X 線監視装置 MAXI/GSC フライトモデルの性能評価 - PowerPoint PPT Presentation


  • 228 Views
  • Uploaded on

国際宇宙ステーション搭載 全天 X 線監視装置 MAXI/GSC フライトモデルの性能評価. 内容 1. MAXI の紹介 2. GSC 3. 実験目的 4. 測定方法 5.性能評価及び考察 6.まとめ・今後の予定. 藤井 佑一(日大 / 理研)、三原 建弘、小浜 光洋、  磯部 直樹、中島 基樹、宮本 将雄 ( 理研 ) 、  松岡 勝 冨田洋 森井 幹雄 ( JAXA ) 、 吉田 篤正、山岡 和貴、土屋 雄一郎、宮川 雄大 ( 青学大 ). 1. MAXI ( Monitor of All-sky X-ray Image ). ISS/JEM.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '国際宇宙ステーション搭載 全天 X 線監視装置 MAXI/GSC フライトモデルの性能評価' - velvet


Download Now An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
x maxi gsc

国際宇宙ステーション搭載全天X線監視装置MAXI/GSCフライトモデルの性能評価国際宇宙ステーション搭載全天X線監視装置MAXI/GSCフライトモデルの性能評価

内容

1. MAXIの紹介

2. GSC

3. 実験目的

4. 測定方法

5.性能評価及び考察

6.まとめ・今後の予定

藤井 佑一(日大/理研)、三原 建弘、小浜 光洋、 

磯部 直樹、中島 基樹、宮本 将雄(理研)、

 松岡 勝 冨田洋 森井 幹雄(JAXA)、

吉田 篤正、山岡 和貴、土屋 雄一郎、宮川 雄大(青学大)

maxi monitor of all sky x ray image
1.MAXI(Monitor of All-sky X-ray Image)

ISS/JEM

2008年に国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験モジュール(JEM)に搭載予定

2種類のX線検出器を用いた全天X線モニター

GSC (比例計数管)計6台

MAXI

特徴

1m

視野 1.5°×160°

SSC(X線CCDカメラ) 計2台

エネルギー帯域0.5~30keV

0.8m

1.8m

490kg

gsc gas slit camera

240mm

358mm

目標値

2.GSC(Gas Slit Camera)の構成と原理

スリット

コリメータ

GSC比例計数管×2

・陽極芯線:10μm炭素芯線計6本

一次元位置検出型 ガス比例計数管

  • エネルギー分解能 17% (@ 8.0keV)
    • 位置分解能 1.5mm (@8.0keV)

GSC 6台

GSC比例計数管 12台

(+4台スペア)

・エネルギー帯域 : 2~30keV

・有効面積 : 449cm2

slide4
3.GSC比例計数管の性能評価 実験目的
  • 現在、スペアを含む全16台の内、11台のGSC比例計数管の較正試験が完了
  • GSC比例計数管の性能均一性
    • エネルギー分解能、位置分解能を芯線ごとに調べる
    • 全面PH分布の位置依存性

1台終了させるのに3週間かかる

slide5
4.測定方法

188cm

30cm

X線発生装置

単色化フィルタ

e-

真空パイプ

GSC

比例

計数管

X線

X

ターゲット

コリメータ0.15mmφ

Ti 4.5 keV

Fe 6.4 keV

X-Yステージ

Cu 8.0 keV

Mo 17.4 keV

・それぞれの芯線上の、ある一点に入射した

・Scanにより全面を調査した

slide6

5.1 エネルギー分解能の度数分布

Cu 8.0keV 1650V

11台(66芯線分)

ガウシアンでフィット

目標値17%

FWHM

13 14 15 16 17 18

PH

[%]

エネルギー分解能 度数分布

エネルギー分解能 :

slide7

5.2 位置分解能の度数分布

Cu 8.0keV 1650V

11台(66芯線分)

ガウシアンでフィット

目標値

1.5mm

FWHM

0.8 1 1.2 1.4 1.6

PM

[mm]

位置指標値 :

位置分解能 度数分布

エネルギーと位置の要求はほぼ満たされている

5 3 ph

Cu 8.0keV 1650V

ガウシアンでフィット

PH

5.3 PH全面分布の位置依存性

37.3kΩ

33.4kΩ

芯線内で29%以内

芯線ごとのPHのバラつきは芯線抵抗に依るものでは…

5 4 ph
5.4 芯線抵抗とPHの関係

model

(Diethorn)

R=芯線抵抗

slide10
まとめ
  • 現在、スペアを含めたGSC比例計数管16台の内、11台の較正試験が完了
  • 11台のGSC比例計数管の性能は、目標値をほぼ満たしていることが確認できた

エネルギー分解能 17% 以内(@ 8.0keV1650V)

位置分解能 1.5mm 以内(@ 8.0keV1650V)

  • PH全面分布の位置依存性は±29%程度であり、その原因は、芯線の抵抗値のバラつきであることを確認した

今後の予定

  • 引き続き残り5台の較正試験を行い、2006年3月までに全16台を終了させる