性別と親の性役割観が
Download
1 / 24

-- - PowerPoint PPT Presentation


  • 115 Views
  • Uploaded on

性別と親の性役割観が 犯罪類似行動に及ぼす影響 -セルフコントロール理論を中心に-. 大阪大学人間科学部人間科学科 行動生態学講座行動計量学研究分野 B4  植村菜穂子. 自己紹介. B4 ですが進学します。あと 2 年。 好きなもの紹介 好きな科目:日本史 特技:家の間取りをかく 新築マンションとかの広告が好き 好きな女子:木村カエラ. 卒論概要. 付録を含めて 110 ページほど 内容 犯罪率の性差について セルフコントロール理論 セルフコントロールに性差はあるのか? 親の養育態度が、セルフコントロールや犯罪類似行動に影響を与えるのか?.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' --' - nuri


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
Slide1 l.jpg

性別と親の性役割観が犯罪類似行動に及ぼす影響-セルフコントロール理論を中心に-

大阪大学人間科学部人間科学科

行動生態学講座行動計量学研究分野

B4 植村菜穂子


Slide2 l.jpg
自己紹介

  • B4ですが進学します。あと2年。

    好きなもの紹介

  • 好きな科目:日本史

  • 特技:家の間取りをかく

    • 新築マンションとかの広告が好き

  • 好きな女子:木村カエラ


Slide3 l.jpg
卒論概要

  • 付録を含めて110ページほど

  • 内容

    • 犯罪率の性差について

    • セルフコントロール理論

      • セルフコントロールに性差はあるのか?

      • 親の養育態度が、セルフコントロールや犯罪類似行動に影響を与えるのか?


Slide4 l.jpg
セルフコントロール理論

  • 過去の犯罪研究

    • 研究の対象、研究者などは男性中心

    • 批判:女性には適用できないのではないか

  • セルフコントロール理論

    • 男女に共通の「低セルフコントロール」という犯罪原因を仮定

    • 犯罪率の男女差もセルフコントロールの差で説明可能


Slide5 l.jpg
セルフコントロールの男女差

  • セルフコントロールの発達

    • 幼少期の親の養育が影響

  • 男女で異なる養育が存在

    • パワーコントロール理論の観点を導入

    • 両親の仕事上の地位→むしろ、両親のもつ性役割観の違い

    • 性役割観→セルフコントロール発達→犯罪類似行動


Slide6 l.jpg
検討する仮説

  • セルフコントロールには男女で差があり、男性のセルフコントロールの方が女性のセルフコントロールよりも低い

  • 男性は女性よりもセルフコントロールが低いので、犯罪を犯しやすい

  • 親のもつ性役割観が、子どものセルフコントロール発達と、子どもに対する監督の厳しさに影響を与える


Slide7 l.jpg
調査対象者

  • 主に大学生対象

    • 212人(男性66人、女性146人)

  • 質問項目

    • 親の性役割観尺度(15項目)

    • 親の監督尺度(17項目)

    • セルフコントロール尺度(24項目)

    • 犯罪類似行動(14項目)

    • 属性


Slide8 l.jpg
分析結果1.各尺度の分析

  • 親の性役割観

    • 伝統的、平等的で群分け

  • 親の監督

    • 2項目除く→15項目

  • セルフコントロール

    • 4項目除く→20項目で1因子

  • 犯罪類似行動

    • 1項目除く→13項目

    • 罪種で3分類は、今回は行わなかった


Slide9 l.jpg
分析結果2.尺度間の分析

  • 2元配置分散分析

    • 回答者の性別、親の性役割観の交互作用あるいは主効果が見られるかどうか

    • 親の監督

      • 性別の主効果あり

      • 男<女

    • セルフコントロール

      • 交互作用、主効果ともになし

    • 犯罪類似行動

      • 性別の主効果あり

      • 男>女

各変数の性別ごとの平均


Slide10 l.jpg
t検定

  • 親の性役割観ごとに2群に分ける

    • 伝統的、平等的

  • 各群内で性差があるかどうか

    • 親の監督、セルフコントロール、犯罪類似行動

      伝統的な群

    • 監督 男(53.17)<女(60.66)

    • 犯罪類似行動 男(24.66)>女(21.67)

      平等的な群

    • どの変数にも性差なし


Slide11 l.jpg
重回帰分析

  • 全体で分析

  • 女0、男1、伝統的0、平等的1

・親の監督は性別の影響を 受ける

・セルフコントロールに性差 は見られない


Slide12 l.jpg
性役割観ごとに重回帰

  • 群によって、犯罪類似行動に有意な効果を与える変数が異なる


Slide13 l.jpg

伝統的な群

平等的な群

パス解析

  • 群別に分析


Slide14 l.jpg
考察

  • 親の監督について

    • 男性より女性の方が厳しい

    • 親の性役割観には関係ない

      • 仮説を支持しない結果

    • 平等的な群

      • 「男女は平等であるべき」と考えていても、息子より娘を厳しく監督


Slide15 l.jpg
セルフコントロールについて

  • 親の性役割観の影響なし

    • 仮説を支持しない結果

    • 性別、性役割観以外の変数が影響している

      • 「親が子どもに求める性質」とか

  • 性差なし

    • 仮説を支持しない結果

    • 属性の問題

      • 大学生は全体的にセルフコントロールが高い

    • 尺度の問題

      • セルフコントロール尺度の妥当性


Slide16 l.jpg
犯罪類似行動について

  • 性差あり

    • 男性の方が女性よりも犯罪類似行動を行いやすい

  • 犯罪類似行動に有意な効果のある変数

    • 性別、親の監督、低セルフコントロール

    • 性別の効果

      • 性別→他の変数→犯罪類似行動

      • 犯罪類似行動の罪種ごとに、犯罪機会に性差


Slide17 l.jpg
パス解析について

  • 2群の共通点

    • 低セルフコントロールが犯罪類似行動に影響

      • セルフコントロール理論の主張を支持

    • 性別が親の監督に影響

      • 伝統的な群→仮説どおり

      • 平等的な群→仮説を支持しない結果

    • 性別から低セルフコントロールへの効果が非有意

      • 属性、尺度の問題


Slide18 l.jpg

  • 相違点

    • 監督→犯罪類似行動

    • 伝統的な群

      • 監督の厳しさは、犯罪類似行動に影響しない

    • 平等的な群

      • 犯罪類似行動は、低セルフコントロールと親の監督の影響を受ける

      • 伝統的な群より親の影響を受けやすい


Slide19 l.jpg
まとめ

  • セルフコントロールに性差は見られない

    • 先行研究では見られたものもある

    • 尺度などに注意してさらに検討が必要

  • 低SC、親の監督が、犯罪類似行動に影響を与える

    • 高セルフコントロールを発達させる養育

    • 監督の強化→犯罪類似行動の抑止

  • SC発達に影響を与える親の養育態度

    • 「親の性役割観」以外の要因→高SC発達


Slide20 l.jpg
反省点・問題点

  • 「SCは男女で異なる」を支持できる結果が出ると思っていたので残念

    • SC尺度の問題が難しい

  • 調査・分析

    • 時間があればもう少し詰めるべきだった

    • やはり事前調査は必要


Slide21 l.jpg
諮問から

  • 親の監督の性差

    • 親が何を心配しているか

      • 「非行を行う」危険性と「被害に遭う」危険性

    • 質問内容

  • 犯罪類似行動

    • 匿名性の問題

    • 「薬物使用」などは答えない

  • やはり他の要因をもっと考えるべき

    • 生物的要因も無視できない


Slide22 l.jpg
今後の課題

  • セルフコントロール尺度

    • 1次元なのかどうか

    • 妥当性はあるのか

  • 犯罪類似行動

    • 罪種による3分類

  • 質問紙

    • 回答者に負担をかけないもの

    • かつ、自分の調べたいものを含める


Slide23 l.jpg
今後の課題(個人的)

  • SEMをもっと勉強すべき/したい

    • 多母集団同時分析

  • セルフコントロール尺度

  • And more…



ad