Download
jabber bot n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
Jabber Bot PowerPoint Presentation

Jabber Bot

124 Views Download Presentation
Download Presentation

Jabber Bot

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. Jabber Bot B3 tani

  2. 目的 • 実空間上の情報を元にネットワーク上でコミュニケーションの場を提供する

  3. 今までだと… • ミーティングや発表会などにおいて • 事前にカンファレンス名をアナウンスしないといけない • ネットワーク上では実空間の情報が管理されていないから カンファレンス #○○ カンファレンスに 入っている人 部屋 入っていない人たち

  4. TINI RFIDリーダ RFID • 無線を利用して個体を識別するシステム • RFIDリーダ • RF CODE SPIDER • RGでも使われているアクティブタグのリーダ • TINI • 小型ネットワーク端末 • 読み取ったタグIDに場所の情報を付加して送信する • リーダの読み取り範囲で部屋を定義する タグ

  5. Jabberサーバ • オープンソースで開発されているインスタントメッセージ サービス • xml形式のデータで通信する • カンファレンス機能を利用すると複数人でメッセージのやりとりができる • プロトコルが公開されている • IDはアカウントによって管理されている

  6. join to conference. これからは… • 部屋に入ると • その部屋のカンファレンスへ招待される 部屋 カンファレンス

  7. タグ タグ RFIDリーダ 既存のシステム TINI タグID ID+場所情報 AreaD 誰がどの部屋に いるのかわかる RGの出席システムなど

  8. AreaD • SPEARS-WGで開発したエリア管理サーバ • 部屋にいる人のタグIDを管理 • 人のいる場所を検索することができる • 各部屋で行われるミーティングのスケジュールの管理

  9. タグ タグ RFIDリーダ Jabber Bot 今回のシステム TINI タグID ID+場所情報 Jabber サーバ AreaD 2つの機能を利用して 新しいサービスを提供

  10. 開発環境 • FreeBSD4.8 release • C言語 • Jabberサーバ • Jabberd-1.4.2-ipv6 • Mu-conference-0.5.2 • Jabberクライアント • Exodus • Rhymbox • jajc

  11. conference タグ タグ タグID RFIDリーダ ID+場所情報 invite カンファレンス名 部屋別ID list ID→JID 動作概要 TINI Jabber Bot AreaD Jabber サーバ DB

  12. Jabber Botの動き(1/3) • AreaDとの通信 • ミーティングスケジュールから現在行われているカンファレンス名を取得 • カンファレンス名から各部屋にいる人のIDを取得 AreaD カンファレンス名 Meeting schedule Jabber Bot 部屋別ID list タグID

  13. Jabber Botの動き(2/3) • データベースとの通信 • タグIDをキーとしてDBからJabber IDを引き出す • SPEARS-WGではPersonal Serverが自動的にjabberIDを集める Jabber Bot タグID DB タグIDリスト ID→JID カンファレンスリスト Jabber ID

  14. Jabber Botの動き(3/3) • Jabberサーバとの通信 • 取得したカンファレンス名のリストから作成要求を送信 • 取得したjabberIDへ招待メッセージの送信 カンファレンス作成要求 Jabber Bot Jabber サーバ カンファレンスリスト jabberIDリスト 招待メッセージ

  15. まとめ • RFIDを利用して部屋ごとのコミュニケーションの場を提供 • ログやドキュメントの場所といった情報を共有できる • 今後の予定 • 夏のWIDE合宿で実験予定