slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
インドにおける BOP ビジネス の可能性 PowerPoint Presentation
Download Presentation
インドにおける BOP ビジネス の可能性

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 36

インドにおける BOP ビジネス の可能性 - PowerPoint PPT Presentation


  • 313 Views
  • Uploaded on

インドにおける BOP ビジネス の可能性. 10951275  畑 克典. BOP ビジネスとは. BOP: Base of the Economic Pyramid. 年間所得 20,000 ドル. 年間所得 3,000 ドル. 1人当たり年間所得が 3,000 ドル 未満の世帯を対象としたビジネス. なぜ BOP ビジネスか. ①将来の市場開拓 ・ BOP 層の所得向上による 将来市場の形成 ・レピュテーション(評判)の向上. ①将来の市場開拓 ・ BOP 層の所得向上による 将来市場の形成 ・レピュテーション(評判)の向上. ②人材のイノベーション.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'インドにおける BOP ビジネス の可能性' - alec-workman


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide2
BOPビジネスとは

BOP:Base of the Economic Pyramid

年間所得20,000ドル

年間所得3,000ドル

1人当たり年間所得が3,000ドル

未満の世帯を対象としたビジネス

slide3
なぜBOPビジネスか

①将来の市場開拓

・BOP層の所得向上による

将来市場の形成

・レピュテーション(評判)の向上

①将来の市場開拓

・BOP層の所得向上による

将来市場の形成

・レピュテーション(評判)の向上

②人材のイノベーション

④原材料の安定調達と

コストイノベーション

BOPビジネスに

取り組む意義

③製品サービスの

イノベーション

⑤流通チャネルの強化

slide5
各地域のBOP層人口

BOP層の7割が

アジアに集中

東ヨーロッパ

BOP層:2億5400万人

総人口比:63.8%

アジア

BOP層:28億5800万人

総人口比:83.4%

アフリカ

BOP層:4億8600万人

総人口比:95.1%

ラテンアメリカ・カリブ海諸国

BOP層:3億6000万人

総人口比:69.9%

「The Next 4 Billion](2007)を元に作成

slide6
アジア内BOP人口の割合

インドと中国で

7割を占める

「The Next 4 Billion](2007)を元に作成

slide7

インドと中国ではどちらが

より魅力的な市場か?

slide8
マクロ的な視点から比較
  • 人口の推移
  • 人口構造の特徴
  • GDPの推移
  • 将来の中間層予測
slide9

①人口

インド

12億1019万人

中国

13億3972万人

出所:JETRO 中国概況 インド概況

2000 2012
インドと中国の人口の推移(2000-2012)

中国は6.8%増

2025年には中国を上回り、14.5億人に

(国連統計の予測)

インドは19.4%増

slide11
人口ピラミッドの比較

平均年齢が若い国は

経済発展がスムーズ

中国の平均年齢

34.5歳

インドの平均年齢

25.1歳

出所:World Population Prospects, the 2010 Revision

slide12

②経済

中国

7兆3184億ドル

(2011年名目GDP)

インド

1兆7179億ドル

(2011年名目GDP)

出所:JETRO 中国概況 インド概況

gdp 1980 2012
インドの名目GDPの推移(1980-2012)

10億USドル

2002年頃から急速に成長

10年で3.8倍に

gdp 1980 20121
インドと中国の名目GDPの推移(1980-2012)

10億USドル

6年で2.1倍

2012年

1946

2006年

908

6年で1.9倍

2004年

1931

仮説:インドは2012年から2020年にかけて

大きく成長していくのではないか

1998年  1019

slide15

③所得

インド

1514ドル

2011年1人当たりGDP

(名目)

中国

5417ドル

2011年人当たりGDP(名目)

slide16
アジアの中間層予想(百万人)

中間層の定義:1日当たり世帯支出額が10~100USドル

1人当たりGDP

47,800ドル

2030年予測

2050年予測

1人当たりGDP

21,100ドル

1人当たりGDP

41,700ドル

1人当たりGDP

13,200ドル

2050年には中国とインドに

巨大な消費市場が存在する

GDPはPPP換算

出所:アジア開発銀行

slide17
2030年世界の中間層比率

世界の中間層の

約4分の1がインド人

2030年にはインドの中間層は中国を超える

出所:アジア開発銀行

slide18
結論
  • 中国と比較してインドは人口伸び率が高く、平均年齢も若い

インドの市場としての潜在的な魅力は高く、

将来的に大きなマーケットが形成される

  • 現時点では中国に劣るが、今後の経済成長への期待が大きい
  • 将来的に中間層が爆発的に増えるので大きな市場が形成される
slide20
日系企業の進出状況

図は2011年10月時点

計812社 1422拠点

現在926社 1804拠点

(2012年10月時点)

出所:在インド日本国大使館

1年間で・・・

進出企業数 14.0%の増加

拠点数    26.8%の増加

インドに進出している企業は増加しているが

海外企業に比べると参入が遅く苦戦している

b to c
苦戦しているB to C日系企業の特徴

小さく始めて大きく育てる戦略スタンス

slide22
インドの所得階層別世帯数分布

富裕層は全人口の3.4%

4000万人の大きな市場

一見すると魅力的だが競争が激しい

出所:NCAREのデータを元に推計

b to c1
B to C日系企業の現在の戦略

チャレンジャー

ニッチャー

リーダー

フォロワー

  • 独自性高い
  • ニッチ製品

価格維持

市場でのポジショニングが曖昧

必要最小限

媒体絞込み

コトラーの競争地位分類

b to c2
B to C日系企業の悪循環

富裕層の市場は競争が激しい

自社のポジショニングが曖昧なまま

中間層・BOP層へ

明確な戦略が必要

slide25
なぜBOPビジネスか

企業イメージ

ブランドの認知

①将来の市場開拓

・BOP層の所得向上による

将来市場の形成

・レピュテーション(評判)の向上

①将来の市場開拓

・BOP層の所得向上による

将来市場の形成

・レピュテーション(評判)の向上

②人材のイノベーション

④原材料の安定調達と

コストイノベーション

BOPビジネスに

取り組む意義

③製品サービスの

イノベーション

⑤流通チャネルの強化

slide26
なぜBOPビジネスか

①将来の市場開拓

・BOP層の所得向上による

将来市場の形成

・レピュテーション(評判)の向上

①将来の市場開拓

・BOP層の所得向上による

将来市場の形成

・レピュテーション(評判)の向上

②人材のイノベーション

②人材のイノベーション

④原材料の安定調達と

コストイノベーション

④原材料の安定調達と

コストイノベーション

BOPビジネスに

取り組む意義

企業の認知度だけでなく、BOPビジネスで得た経験が現地での競争優位の獲得につながる

③製品サービスの

イノベーション

③製品サービスの

イノベーション

⑤流通チャネルの強化

⑤流通チャネルの強化

slide27
インドの消費市場をビジネスとして捉えるにはインドの消費市場をビジネスとして捉えるには

ターゲットとする消費者層を明確にし、その行動特性、意識を把握したうえでマーケティング戦略を構築することが重要

マーケティングミックスにより

ポジショニングを明確化

slide28
インドの都市・農村部人口

インドの都市・農村部人口比

(2011年推計)

中国や南アフリカなど他の

新興国に比べて

都市人口比率が低い

農村部マーケットには大きな機会がある

出所:インド統計局資料

slide29
農村部マーケットの難しさ

課題:流通・プロモーションをどうやって行うべきか

slide30
海外企業のケースユニリーバのシャクティレディ海外企業のケースユニリーバのシャクティレディ
slide31
シャクティレディのビジネスモデル

NGO

指導

HUL

SHG(自助団体)

2回目以降は在庫を購入

在庫を供給

購入資金を援助

インド15万村をカバーする

5万人の販売ネットワークを構築

女性起業家

(シャクティレディ)

販売

販売

農村部のBOP層

農村部のBOP層

農村部のBOP層

農村部のBOP層

slide32
HULのマネジメント体制

HUL社員

エリアマネージャー6人

(インド4エリア)

ビジネスモデルを工夫し少人数で

販売効率の悪い農村部をカバー

協力パートナー

b to c3
B to C日系企業がとるべき戦略~マーケティングミックスの視点から~
slide35
まとめ

短期の利益でなく長期的な視点で取り組む必要があり

本社や各ステークホルダーの理解が求められる

slide36
参考文献
  • 平本督太郎、松尾未亜、木原裕子、小林慎和著/BOPビジネス戦略(2010年)東洋経済新聞社
  • 野村総合研究所インドタスクフォース中島久雄・岩垂好彦編/転換期を迎えるインド(2012年)東洋経済
  • テッド・ロンドン、スチュアート・L・ハート/BOPビジネス市場共創の戦略(2011年)英治出版
  • 小林慎和、高田広太郎、山下達朗、伊部和晃著/BOP超巨大市場をどう攻略するか(2011年)日本経済新聞出版社
  • 藤澤武史編著/グローバル・マーケティング・イノベーション(2012年)同文館出版