liverpool care pathway lcp n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
看取りのクリニカルパス: Liverpool Care Pathway ( LCP )日本語版の開発経過とパイロット試用の結果 PowerPoint Presentation
Download Presentation
看取りのクリニカルパス: Liverpool Care Pathway ( LCP )日本語版の開発経過とパイロット試用の結果

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 14

看取りのクリニカルパス: Liverpool Care Pathway ( LCP )日本語版の開発経過とパイロット試用の結果 - PowerPoint PPT Presentation


  • 824 Views
  • Uploaded on

看取りのクリニカルパス: Liverpool Care Pathway ( LCP )日本語版の開発経過とパイロット試用の結果. 東芝病院 緩和ケア科 茅根義和. Liverpool Care Pathway とは. Liverpool Care Pathway ( LCP ). Dr. John Ellershaw ( Marie Curie Center Liverpool) により 2003 年に提唱された看取りのクリティカル・パスである

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '看取りのクリニカルパス: Liverpool Care Pathway ( LCP )日本語版の開発経過とパイロット試用の結果' - zephr-fry


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
liverpool care pathway lcp

看取りのクリニカルパス:Liverpool Care Pathway(LCP)日本語版の開発経過とパイロット試用の結果

東芝病院 緩和ケア科

茅根義和

liverpool care pathway lcp1
Liverpool Care Pathway(LCP)
  • Dr. John Ellershaw(Marie Curie Center Liverpool)により2003年に提唱された看取りのクリティカル・パスである
  • チェック・リスト形式のパスで、患者を看取るまで、そして看取り後の治療とケアの手引きとなり、経過記録を支援することを目的として作られている
  • LCPを導入することによって看取りのケアの標準化が図られ、必要なケアがもれなく行われることができるようになる
slide4
LCPの概要
  • 看取りへのケアにおける治療の手引きを示し、経過記録を支援することを目的としている。
  • チェックすべき項目は「目標」としてきさいされており、それぞれの目標を達成するために必要な介入も記載されている。
  • 症状緩和のアルゴリズムと屯用指示が別に用意されており、具体的な症状緩和について使用できるようになっている。
  • LCPはクリティカルパスであるため、治療者は専門職としての判断に基づきパスが指示する以外の診療を自由に行うことができるが、パスと異なった診療行為についてはバリアンスとして記載する。
slide5
バリアンス分析シート

症状緩和のアルゴリズムと屯用指示

痛み

悪心・嘔吐

喘鳴

呼吸困難

鎮静

LCPの構成
  • パスの適応基準
  • Section 1
    • 初期アセスメント
  • Section 2
    • 継続アセスメント
    • 死別後のケア
slide7
開発の過程1
  • 2004年6月

  研究チーム(LCP Working Group Japan)の立ち上げ

  • 2004年12月

  著作者の非英語圏へのLCP普及プログラムへの登録

  • 2004年12月〜2008年10月

EORTC guidelinesに沿った翻訳作業

slide8

オリジナル版LCP(英語)

順翻訳1 

医師1名 (英語→日本語)

順翻訳2 

医師1名 (英語→日本語)

順翻訳1,2の相違点を元に、オリジナルから翻訳作業を行う(2005年7月2日、9日 約270時間)

(医師8名、看護師3名)

邦訳第1案の確定

逆翻訳1

翻訳専門家1名(日本語→英語)

逆翻訳2

翻訳専門家1名(日本語→英語)

逆翻訳者は2名の独立したLCPを知らないネイティブスピーカー

逆翻訳のチェック

邦訳第2案の確定

邦訳第2案のチェック

LCP日本語版(暫定版)

翻訳過程
slide9
翻訳過程での具体的作業
  • LCPver.11の各項目を逐次日本語に翻訳
  • 翻訳した各項目について、項目毎にその内容を日本で使用可能なものに修正・変更
  • 専門家(緩和ケア領域、サイコオンコロジー領域、在宅領域の医師および看護師合計40名)による内容の修正
    • 各目標項目の内容を日本の医療に見合う内容に修正する
    • 日本で使用するにあたっての目標項目の取捨選択
  • 日本語版用アルゴリズムの作成
    • 日本で使用可能なアルゴリズムの作成
slide10
       開発の過程2パイロット試用とLCP日本語版の確定       開発の過程2パイロット試用とLCP日本語版の確定
  • パイロット試用(2009年1月〜3月)

  淀川キリスト教病院ホスピスおよび聖隷三方原病院ホスピスにおいて各20例ずつのパイロット試用を行った

  • 2009年7月

  パイロット試用の結果をふまえて、研究チームによりLCP日本語版の修正を行い、LCP日本語版を確定した

slide11

暫定版と日本語版のちがい

パイロット試用の結果を受けての修正点

slide12

  パイロット試用前(暫定版)

基本的にはオリジナルのLCP(英語版ver.11)と項目は同じである

一部日本の実情に併せて内容を変更している部分はある

slide13

 パイロット試用後(日本語版)

主な変更のポイント

日本語の表記についての見直し

記載(特にバリアンスの記載)がしやすいように全体の構成を変更

パイロット試用にて全例バリアンスになった項目の削除