slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
新型インフルエンザA (H1N1) PowerPoint Presentation
Download Presentation
新型インフルエンザA (H1N1)

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 22

新型インフルエンザA (H1N1) - PowerPoint PPT Presentation


  • 104 Views
  • Uploaded on

新型インフルエンザA (H1N1). 2009年10月19日、20日 在ストラスブール総領事館. インフルエンザ (感染経路). ① 飛沫感染 :咳やクシャミによる飛沫 → 1mで落下 ②飛沫核感染: 5um 以下の小さな粒子(飛沫核)    → 数時間は空中に浮遊   ※ 特殊な環境でのみ ③接触感染:手や物体の表面に着いたウイルスが口や    目に入ることによる ※ ウイルス粒子の安定化には、低温、低湿度が最適 ※ 発症後、3~4日がウイルス排泄のピーク ※ 1個のウイルスが呼吸器粘膜に感染     → 24時間後には100万~数千万個に増殖.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '新型インフルエンザA (H1N1)' - tasmine


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

新型インフルエンザA(H1N1)

2009年10月19日、20日

在ストラスブール総領事館

slide2
インフルエンザ(感染経路)

①飛沫感染:咳やクシャミによる飛沫 → 1mで落下

②飛沫核感染:5um以下の小さな粒子(飛沫核)

   → 数時間は空中に浮遊  ※特殊な環境でのみ

③接触感染:手や物体の表面に着いたウイルスが口や

   目に入ることによる

※ウイルス粒子の安定化には、低温、低湿度が最適

※発症後、3~4日がウイルス排泄のピーク

※1個のウイルスが呼吸器粘膜に感染

    → 24時間後には100万~数千万個に増殖

slide3
インフルエンザ(症状)

①潜伏期(1~3日)の後、38℃以上の高熱、

  頭痛、関節痛、全身倦怠感、消化器症状

②インフルエンザ肺炎、インフルエンザ脳症など

  の合併症にて死亡のことあり

------------------------------------------------------

③通常の風邪(感冒)とは全く異なる疾患

slide4
インフルエンザ(治療薬)

<タミフル>

①ウイルス表面の酵素阻害 → ウイルスの増殖を抑制

②発病から48時間以内に服用

<リレンザ>

①タミフルと同様の効果

②口から気道に吸入するタイプ(ドライパウダー) 

slide5
新型インフルエンザA(H1N1)2009年4月からの経緯新型インフルエンザA(H1N1)2009年4月からの経緯

① 4月下旬、豚インフルエンザ発生(メキシコ)し、

   米国、カナダにも波及

② 南半球、アジア、欧州にも感染が拡大

  → WHOは6月11日に「フェーズ6」を宣言

③ 北半球の冬季に感染拡大が危惧されている

※ 南半球の感染は下火になっている

slide6
新型インフルエンザ名称:「豚インフルエンザ」から新型インフルエンザ名称:「豚インフルエンザ」から

① WHOは、「2009 H1N1 influenza」

        「Pandemic (H1N1) 2009」

② 日本は、一般に「新型インフルエンザ」

        「新型インフルエンザA(H1N1)」

③ 米国、英国、インドは、「Swine flu」 、「H1N1 flu」

④ フランスは、一般に「Grippe A」

※ 季節性のAソ連型インフルエンザ: A(H1N1)

※ スペイン風邪もA(H1N1) : 1918年、5000万人の死者

slide7
新型インフルエンザA(H1N1)の特徴ー①新型インフルエンザA(H1N1)の特徴ー①

① 北半球で夏季にもかかわらず流行

※インフルエンザウイルスは乾燥、寒冷を好む

② 感染者:10代を中心に若年者に多い

※日本では19歳以下で約80%を占める

③ 高齢者に感染者が比較的少ない

※ 90歳以上には免疫あり(スペイン風邪の抗体?)

※ 類似のウイルス流行時の免疫の保有か

slide8
新型インフルエンザA(H1N1)の特徴ー②新型インフルエンザA(H1N1)の特徴ー②

④ 重症者:妊婦(免疫力が低下)、既往症(糖尿病、腎不全、呼吸器や循環器疾患)のある患者に多い

※肺炎球菌等の二次感染も少なくない

⑤ 基礎疾患のない患者の重症化、死亡は少ないが皆無ではない  ※死亡率は季節性なみ(0.045%)との報告もある (9/30、米ハーバード大学・研究チーム)

→ 今後、ウイルス変異で毒性が高まる可能性もある

slide9
鳥インフルエンザ(H5N1)

① 強毒ウイルス(重症化、高死亡率)であり、ヒト型に変異した場合、「スペイン風邪の再来」かと危惧されている

② 世界的に、タミフルの備蓄等の対策に追われた

③ 現在も、エジプト等でヒトへの感染が報告されており、今後の推移が注目されている

slide10
新型インフルエンザ鳥インフルエンザ(H5N1)との相違点新型インフルエンザ鳥インフルエンザ(H5N1)との相違点

① H1N1は、重症化が少なく、死亡率は低い

② H1N1の感染性は、季節性よりは高い

A(H1N1)は、「新型のインフルエンザ」ではあるが、

① H5N1(鳥)との差異を理解する必要がある

② 感染拡大はほぼ確実であり、今後毒性が高まることも否定できないため、侮れない

slide11
新型インフルエンザ診断法

① 簡易キットでA型インフルエンザは診断できる

が新型、季節性の判定はできない

② 陽性率は決して高くない(早期には陰性 etc)

③ 診断キットは不足している

→ 検査せずに症状により診断することもある

slide12
新型インフルエンザ流行の拡大は?

① 日本:1週間に約33万人の患者(9/28~10/4)で前週(約24万人)の1.4倍

  → 1人の患者が1.4人に感染させた計算

② 患者は約1週間で治癒するので、流行の拡大傾向は1週間の患者数の推移で予測できる

③ 日本での死者は26名 (10/14 現在)

④ 全人口の約30%が感染するとの予測あり

slide13
小児の治療

① 体重37.5Kg以上は、成人と同じ量のタミフル

 1回1カプセル、1日2回、5日間、計10カプセル

② リレンザ(吸引するタイプ)

③ 5歳以下の小児でリレンザが使えない場合

  → タミフルドライシロップ or

    タミフルの脱カプセル

slide14
小児の異常行動

① 現時点では、インフルエンザ罹患後のタミフル服用と異常行動の因果関係は不明

② タミフルは異常行動の主因のひとつである可能性はある

③ 異常行動は稀で過剰な心配はいらないが、発熱の初日と、タミフルを飲んだ直後の数時間は子供を注意深くみる方がよい

slide15
タミフル耐性ウイルス

① タミフル耐性ウイルスが日本を始め、世界で28例が報告されている (WHO、9/25)

② 耐性ウイルスは自然に生まれるもの、タミフルの予防内服等によるものがある

③ タミフル耐性株による流行は今のところ少ない

→ ① ほとんど症例にタミフル、リレンザは有効

   ② タミフルの予防内服は控えるべき

slide16
フランスでの受診方法

① 症状があった場合、かかりつけ医に「電話」し、 指示に従う (受診時間 etc)

② 自己判断で病院を受診してはならない!

   (他の一般患者に感染させる可能性あり)

③ 受診しても、タミフルは処方されるとは限らない

※ 診断キットによる検査もしない可能性あり

④ 重症化した場合、SAMU(15)に連絡する

slide17
新型インフルエンザワクチン

① 日本:国産ワクチン(4社)と輸入ワクチン(2社)

② フランス:国産、輸入の4社

→ 副作用については、季節性ワクチンと同等かは不明

(日本での輸入ワクチンの治験は、 成人200人、

小児100人のみ)

④来年の季節性ワクチンに新型株が加わる可能性あり

slide18
豚インフルエンザ1976年の教訓

① 1976年、米国で豚インフルエンザの流行が

あり、スペイン風邪の再来と恐れられ、

② 4,000万人にワクチンを接種したが、

③ 流行は数ヶ月で収束した

→ 副作用(500人以上のギランバレー症候群、

30人の死者)、訴訟問題、膨大な経費だけが  残り、政治問題にまで発展した

slide19
新型インフルエンザワクチン(問題点)

① アジュバンド(免疫賦活剤)添加や組織培養による新しいタイプのワクチンもあるが、

② 副作用のチェック(治験)が殆どなされていない

③ ワクチン生産は予定の60%程度と遅れている

④ 接種の優先順位(医療関係、妊婦、基礎疾患、小児)となり、健康成人の優先順位は低い

    (日本もフランスも事情は同じ)  

slide20
季節性インフルエンザ

① 日本で、年間1500万人が感染し、1万人~

   1万5000人が死亡

② 死者の多くは、高齢者(肺炎の合併)で、小児の脳症もある

→ ①「季節性インフルエンザワクチン」接種の勧奨

  ②高齢者への「肺炎球菌ワクチン」接種

slide21
季節性インフルエンザワクチン

① 2つのA型(H1N1:ソ連型、H3N2:香港型)と

   B型インフルエンザウイルス株を使用

② フランスでは、処方箋なしで購入可(6.25€ /本)

     → 一般医に接種依頼する

③ パリでは、エールフランス・ワクチンセンター、  アメリカン病院でも接種可能

④ 新型インフルエンザA(H1N1)には効果なし

slide22
インフルエンザ予防法

① 飛沫感染:飛沫は2m以上は飛散しない

② 接触感染:重要視されている

→ ①手を洗う ②人ごみを避ける ③咳エチケット

  ④感染者はマスクを装着 

※季節性ワクチン接種を受ける