slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
2008 年ノーベル化学賞について PowerPoint Presentation
Download Presentation
2008 年ノーベル化学賞について

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 13

2008 年ノーベル化学賞について - PowerPoint PPT Presentation


  • 113 Views
  • Uploaded on

2008 年ノーベル化学賞について. 2008 年ノーベル化学賞受賞者.  下村脩(おさむ)( 80 )・米ボストン大学名誉教授 マーチン・シャルフィー( 61 )・米コロンビア大学教授 ロジャー・チェン( 56 )・米カリフォルニア大学教授. 受賞理由. クラゲの蛍光たんぱく質‘ GFP’ の発見と応用 細胞内でのたんぱく質の動きを直接観察できる「分子イメージング技術」を発展させた成果が評価された。 下村さんはオワンクラゲから発光たんぱく質の‘イクオリン’と‘ GFP’ を発見した。. GFP とは.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '2008 年ノーベル化学賞について' - nedra


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide2
2008年ノーベル化学賞受賞者
  •  下村脩(おさむ)(80)・米ボストン大学名誉教授
  • マーチン・シャルフィー(61)・米コロンビア大学教授
  • ロジャー・チェン(56)・米カリフォルニア大学教授
slide3
受賞理由
  • クラゲの蛍光たんぱく質‘GFP’の発見と応用
  • 細胞内でのたんぱく質の動きを直接観察できる「分子イメージング技術」を発展させた成果が評価された。
  • 下村さんはオワンクラゲから発光たんぱく質の‘イクオリン’と‘GFP’を発見した。
slide4

GFPとは

・GFP(Green Fluorescence Protein)は緑色の蛍光たんぱく質のことである。

・GFP          ・オワンクラゲ

slide5
GFPの発光の仕組み

①外部光のエネルギーを吸収し、電子が励起

②元の状態に戻る時にエネルギーを蛍光として放出

外部光

発光

エネルギーレベル

電子

slide6
イクオリンとは
  • イクオリンはカルシウムイオンと結びつき、蓄えたエネルギーを光に変える。
  • オワンクラゲの中では、 GFPはイクオリンの青色の光をうけ(エネルギーをもらい)、緑色の光を出す。
slide7
GFPの利用
  • 細胞内での‘光る目印’

 ①遺伝子工学の技術を使って、狙ったたんぱく質を作る遺伝子のそばに、GFP遺伝子を組み込む。

 ②作られたGFPは「狙った」たんぱく質に結合し、細胞内のどこにどれだけ存在するか計測できるようになる。

slide8
GPF利用の具体例(大腸菌)
  • GPF発現していない大腸菌と発現している大腸菌
slide9
利用例
  • iPS細胞の発見。
  • 細胞内での物質を運搬する装置「分子モーター」の動きや、遺伝子の制御を調べる。
slide10
iPS細胞って?
  • 様々な臓器や組織の細胞に成長できる

            ↓

  • パーキンソン病や糖尿病などに役立つ
slide11
iPS細胞の作り方
  • 皮膚細胞にいくつかの遺伝子を組み込む

            ↓

  • 一万個に一個の割合でiPS細胞ができる
slide12
iPS細胞の見つけ方
  • 昔の方法では・・・

 ・細胞や組織をすりつぶして測定

 ・細胞は死んでしまうため使えない

  • 今の方法
  •  ・GFP細胞を組み込む
  •  ・iPS細胞が光りだす
  •  ・生きたままiPS細胞をget
slide13
参考
  • YOMIURI ONLINE ノーベル賞特集
  • http://www.yomiuri.co.jp/feature/20081007-4686911/20081009_01.htm?from=yoltop
  • 読売新聞特集記事
  • ウィキペディア