ita 2011 09 2 fri l.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
ITA Forum 2011 - ITA ロボコン参加者説明会 PowerPoint Presentation
Download Presentation
ITA Forum 2011 - ITA ロボコン参加者説明会

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 16

ITA Forum 2011 - ITA ロボコン参加者説明会 - PowerPoint PPT Presentation


  • 132 Views
  • Uploaded on

ITAロボコンワーキンググループ  2011.09.2(FRI )  於: 株式会社アイネット. ITA Forum 2011 - ITA ロボコン参加者説明会. 説明会の流れ. 0. ITAロボコン概要. エントリーチーム紹介. 運営メンバー紹介. ロボット・モデリング紹介. 参加・競技規約. 組立て・設計・開発. コースレイアウト. 今後のスケジュール. Q&A、その他. ITAロボコン概要. ITAロボコンとは. 1. 正式名「ITA ソフトウェアデザイン ロボットコンテスト」 (通称:ITAロボコン)

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'ITA Forum 2011 - ITA ロボコン参加者説明会' - lala


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide2
説明会の流れ

0

ITAロボコン概要

エントリーチーム紹介

運営メンバー紹介

ロボット・モデリング紹介

参加・競技規約

組立て・設計・開発

コースレイアウト

今後のスケジュール

Q&A、その他

slide3
ITAロボコン概要

ITAロボコンとは

1

  • 正式名「ITA ソフトウェアデザイン ロボットコンテスト」 (通称:ITAロボコン)
  • ITA(インフォメーション・テクノロジー・アライアンス)が主催する「ITAフォーラム」内で開催される一つのイベントです。2006年度から開催されており、今年で6回目となります。
  • 「ETロボコン」をベースとして、ITA参加企業のみで行われるロボットコンテストです。
slide4
ITAロボコン概要

ロボットコンテストとは

1

  • Legoブロック(LegoMindstorms)で作る自立型走行ロボットによるコンテストです。
  • マインドストームはレゴブロックとコンピュータを使ってロボット工作とプログラミングを体験する学習教材で、マイコン・センサ・モーターなどを搭載しており、プログラミングして走らせます。
  • コンテスト内容

  ①ロボット実機の動作(レース形式)

    ②ソフトウエアのモデリング(ドキュメント)

slide5
ITAロボコン概要

ITA参加企業のソフトウェア開発技術者に対して、UML等を使用したオブジェクト指向設計に基づく開発技術の初歩的な学習のきっかけ作りとその支援を目的とします。

同じテーマに挑戦する機会を得た参加メンバーは『創る喜び』を感じることができるとともに、会員間の相互理解を深める場を得ることができます。

開催主旨

開催日時・場所

1

  • 2011年11月11日(金)

車検・試走・競技本戦・モデリングワークショップ・表彰

  • 場所:JJK会館7階
slide6
運営メンバー紹介

運営委員会

コミュニケーション手段

2

(ワーキンググループ)‏

  • 高橋 秀典(アイエックス・ナレッジ 株式会社)
  • 大塩 晃之、中山 和規(株式会社 アイネット)
  • 鈴木 小百合、田代 真広(株式会社 エヌアイデイ)‏
  • 山崎 奈央子 (情報技術開発 株式会社)‏
  • 原田 芳彦 (リンク情報システム 株式会社)‏

(サポーター)‏

  • ITA技術会議

  ※敬称略、50音順

  • 参加者メーリングリスト(メールアドレスが決まり次第連絡)
  • ITAロボコンWebサイト (URLが決まり次第連絡)

※各種規約・資料配布・QAフォーラム等を設置していきます!

slide7

3

エントリーチーム紹介

※ 順不同

(9月1日現在 参加検討中含む)

slide8

教育用レゴ マインドストームNXT

正規代理店

4

ロボット紹介
  • 商品例:「教育用レゴ マインドストームNXT 基本キット」

NXTの基本セットです。インテリジェントブロック、充電式バッテリー、サーボモーター、タッチセンサー、光センサー、レゴブロック等が含まれます。

  • 代理店により部品の構成内容、金額は多少異なりますが、1セット5~6万円程度で販売されています。
  • 株式会社アフレル 
  • 株式会社ラーニングシステム 
  • 株式会社ナリカ
slide9
モデリング紹介

UMLとは

5

  • UML(Unified Modeling Language)とは、オブジェクト指向設計で使用する

モデルの表記法を標準化した言語(図)のことです。

  • ソフトウェア開発の共通言語であり、オブジェクト指向を表記する手段です。
  • UMLを使用する目的は

   「見える化」→問題を明らかにしたり(分析)、その解決法を組み立てる(設計)‏

   「共有化」  →ユーザや設計者間の コミュニケーション促進やノウハウ情報の共有

  • 各種ダイヤグラム(図)をつかって表現される。
slide10
UMLのダイアグラム

構造図・・・モデルの静的な構造を表現します

振る舞い図・・・動的な振る舞いを表現します

6

★詳しくは、後日配付の教育用資料で!!

slide11
ITAロボコン参加規約 概要

7

参加規約

参加資格

ITA参加企業の社員の方(会社横断プロジェクトも可)

参加費

無料

開発機材の提供

ロボット・各種機材(PC) 参加チームが準備乾電池 運営側から大会当日分を配布

メーリングリスト(メールアドレスが決まり次第連絡)

ITAロボコンWebサイト(URLが決まり次第連絡)

連絡手段

モデリング審査の提出物

コンセプトシート(A3にて1枚)‏

モデル図(A3にて5枚以内)

試走会の実施

本番相当コースを利用した試走会 [任意参加]

10月12日(水)、10月29日(土) (株)アイネット 東京事業所(蒲田)

slide12

8

ITAロボコン競技規約 概要

競技規約

審査項目

走行部門:大会当日のタイムレース

モデリング部門:事前に提出された、モデルを審査

順位決定

走行部門   : 走行タイム + 難所クリアボーナス

モデリング部門 :モデリング適正、 UML表現

対戦方法

予選ブロックで成績上位チームが決勝トーナメントに進出

当日の流れ

車検→試走・調整

     ・        → レース → モデリングワークショップ → 表彰

 モデリング審査

車検

ETロボコン2010の車検規定に準拠予定

遮光スカートなどの改造可

コース

ETロボコン2010のコースがベース

走行部門:2チーム

モデリング部門:2チーム

審査委員特別賞: 1チーム

表彰

slide13
組立て・設計・開発について

組立て

モデリング設計

ソフトウエア開発

9

  • nxtOSEK/JSPのWebサイトにて入手可能

(http://lejos-osek.sourceforge.net/jp/nxtway_gs.htm)

narrow tread

wide tread

NG

OK

  • 後日配付の教育用資料を基に、各社にて教育研修を行ってください。
  • UMLのダイアグラムの記述には、任意のツールをご利用下さい。

   どんなツールが良いか分からない方には、株式会社チェンジビジョンが提供する  「astah*(アスター)」 (http://astah.change-vision.com/ja/)をお勧めします。

  (コミュニティ版は無償)

  • 開発環境の設定は、以下Webサイト等をご参考下さい。

NXT用C/C++開発環境(http://lejos-osek.sourceforge.net/)

NXT用Java開発環境(http://lejos.sourceforge.net/)

  • プログラミング環境には、任意の統合開発環境(IDE)を適宜ご利用下さい。
slide14
コースレイアウト

10

ETロボコン2010のコースがベースとなっています

slide15

試走会Ⅰ

11

今後のスケジュール

イベント

9月

10月

11月

説明会(本日)

2(金)‏

12日(水)‏

試走会Ⅱ

29日(土)‏

11日(金)‏

ITA Forum 2011

slide16

N

D

E

次回(2011.10.12)試走会にてお会いしましょう!!