Download
d star n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
D-STAR の楽しみと最近の情報 PowerPoint Presentation
Download Presentation
D-STAR の楽しみと最近の情報

D-STAR の楽しみと最近の情報

511 Views Download Presentation
Download Presentation

D-STAR の楽しみと最近の情報

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. D-STARの楽しみと最近の情報 安田 聖 7M3TJZ

  2. レピータ網の現状 • 海外の事情(米国) • 海外の事情(ヨーロッパ) • ハードウエアー • 会議システムのデモ • 最後に

  3. レピータ網の現状

  4. D-STARレピータを使用するためには • 山掛け運用  登録は必要ありません • ゲート超えの運用 管理サーバーへの登録が必要 位置情報を管理サーバーに教える必要がある

  5. 管理サーバーへの登録が必要? • 現在のD-STARのレピータシステムは、携帯電話と同じで、位置情報が必要 • 携帯電話の場合は、定期的に基地局と交信を行いう事で、位置情報を掌握 • D-STARのレピータは、レピータにアクセスされることで位置情報を把握(管理サーバーへの「管理書き換え要求」がこれに相当) • この管理の為に登録が必要   (来月から自動登録システムを試験的に稼働させる予定)

  6. 現在のレピータ等の現状 • レピータシステム G1、G2の他に自作のシステムが稼働 (自作システムが多いのはヨーロッパ、 特にドイツと英国) • 会議システム  リフレクター、Xリフレクター、DCS等が稼働

  7. 現在の海外接続 • USトラスト(JARLの管理サーバーに相当)と定期的に位置情報を交換 USトラストに接続されていないレピータに関しては、管理に対象外(ヨーロッパの多くのレピータがこれに相当)

  8. 海外へ(USトラストへ) 毎時1分にJARLの管理サーバーから転送すべき局を抽出(下記注参照) 毎時15分にUSトラストに日本から日本国内の局の位置情報を転送  過去3カ月以内にゲート超えを行った局ののみ転送(3ヶ月間ゲート超えが無ければUSトラストから削除されます)

  9. 海外から(USトラストへ) 毎時45分にUSトラストから日本以外の最新の位置情報を入手 毎時1分に上記情報をJARLの管理サーバーに反映

  10. 会議システム(リフレクター) D-STAR開発当初の郵政省(現総務省)との打ち合わせの結果、複数のレピータ(送信元と転送先以外)を繋ぐことは認められていません  会議システムについて、複数のレピータを繋がなければ、レピータを繋ぐことも可能です

  11. G2 ≠ リフレクター リフレクターは、G2システムではなく 別のシステムです DPlusもしくはDrefdと呼ばれるソフトで 動いているシステムです このシステムはAA4RCのロビンが 作成したもので、彼が管理しています

  12.  現在リフレクターとしては59ヶ所、それ以外にリピータのゲートウエイシステムにDPlusがインストールされているサイトが多数存在します 現在リフレクターとしては59ヶ所、それ以外にリピータのゲートウエイシステムにDPlusがインストールされているサイトが多数存在します  これは、USトラストの管理団体がレピータの稼働状況を把握するためにUSトラストに接続する場合は、このDPlusのインストールを条件としている為です これが、G2=リフレクターと誤解されている 理由です。

  13. 国内の例

  14. 位置情報の管理方式 • G1システム  集中管理方式(JARLの管理サーバー) • G2システム  分散方式(テキサスのUSトラストが他のレピータとの間で相互に情報を交換) • CCSシステム  集中管理方式(各レピータには、最新の情報のみ保持)

  15. D-STARの現状

  16. 国内 レピータシステム • G1と呼ばれるレピータシステムで運用 会議システム • リフレクターが2か所 • DCS,CCSが1か所

  17. 海外 レピータシステム • G2と呼ばれるシステムで運用  互換システムが2種類動いています  (このうち、一方はUSトラストに接続されていません) 会議システム • リフレクター(主に米国) • XREFと呼ばれるリフレクター • DCS、CCSが稼働(主にヨーロッパ)

  18. ハードウエアーについて JARLが策定したD-STARの仕様書を満足したDVモードの電波を受信・送信が出来る設備が必要  現在の市販されているDVモード機は4800bpsのGMSK(BTが0.5)変調ですので、9600bpsのパケット端子がある無線機があれば代用が可能。但しDVモードのビット列を解読・作成出来る設備が必要

  19. DVモードは、無線部ヘッダーの解読・作成が必要DVモードは、無線部ヘッダーの解読・作成が必要  これ以外に音声部分のコーデックが必要ですが、これはAMBEの2020を使用しています  レピータの様なアクセスポイントだけであれば、コーデックは必要ありません

  20. RF部分を持ったハードウエアー コードレス電話用のICが使用可能(AD7021等) ISM用のICも利用可能(AD7023等) • RF部分は既存の無線機を使用する方法

  21. DVAP RF部分とAMBEを持ている • DVDongle AMBEを持っている • Node Adapter GMSKの変・復調ができる

  22. Raspberry PI • ケンブリッジ大学で開発された青少年向けの コンピュータ • Linuxが動きます • 35ドル  このコンピュータを使用したシステムの開発が始まっています

  23. 関連Webサイト

  24. 今後の課題

  25. 皆さんでソフトの開発しませんか • レピータシステム USトラストが接続を認めたICOM社互換のシステムは、Davidが作成したシステムだけです? • 会議システム 現在世界で通用するプロトコルはDPlusとDCSです

  26. 今後の改修の予定 • 来月から管理サーバーへの自動登録を試験的に運用(DVモードに限る) • 海外、特にヨーロッパとの接続を確保するため、CCSとの相互接続が可能な方法の確立(プロトコルの制定等)