slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
野生生物を救う科学的思考 絶滅リスク評価の考え方 PowerPoint Presentation
Download Presentation
野生生物を救う科学的思考 絶滅リスク評価の考え方

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 57

野生生物を救う科学的思考 絶滅リスク評価の考え方 - PowerPoint PPT Presentation


  • 109 Views
  • Uploaded on

野生生物を救う科学的思考 絶滅リスク評価の考え方. 松田裕之. 環境省植物 Redlist 1998. 博覧会協会作成の CD-ROM . 日本植物分類学会専門委員会による アンケート調査. 25000 分の1地図= 1 区域 2000 種以上の植物を約 400 人の調査員にアンケート調査(植物物知り博士がたくさんいた=絶滅寸前) 10 年前との比較も尋ねる. 種の平均余命 = f ( 現存個体数、減少率). >1000. <0.01. <0.1. <0.5. <1. >1. ?. total. >1000. 2. 1. 1. 4. 8.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '野生生物を救う科学的思考 絶滅リスク評価の考え方' - dewei


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

野生生物を救う科学的思考絶滅リスク評価の考え方野生生物を救う科学的思考絶滅リスク評価の考え方

松田裕之

redlist 1998
環境省植物Redlist 1998

博覧会協会作成のCD-ROM

slide3
日本植物分類学会専門委員会によるアンケート調査日本植物分類学会専門委員会によるアンケート調査
  • 25000分の1地図=1 区域
  • 2000種以上の植物を約400人の調査員にアンケート調査(植物物知り博士がたくさんいた=絶滅寸前)
  • 10年前との比較も尋ねる
slide5

>1000

<0.01

<0.1

<0.5

<1

>1

?

total

>1000

2

1

1

4

8

>100

2

2

1

3

2

5

15

>10

5

16

19

6

2

12

60

>1

1

3

3

2

1

2

12

?

1

22

23

total

8

23

24

12

6

45

118

分布・減少率動向松田裕之『環境生態学序説』共立出版分布・減少率動向松田裕之『環境生態学序説』共立出版

サクラソウの場合

extinction

13

Np=f1N1+ f2N2+ f3N3+ f4N5=31977

slide6
キキョウはVUである
  • 全国的に広域分布
  • 約2万株
  • 約350区域
  • 減少率70%/10年
  • 現状維持は6区域

博覧会協会作成のCD-ROM

slide7
未実証の保守的な前提
  • 過去の減少傾向が今後も続く
    • 密度効果を無視
    • 地域較差を無視
    • 減少率にも時代の波(バブル経済)
    • 将来は管理され、調査精度向上
  • 一部を除き生情報公開
slide9
モンテカルロ実験による絶滅リスク
  • 区域内個体数: ni → (1-li) ni
  • %decrease li: size-invariant, position-independent
  • If ni <1, we regard patch i as local extinction (ni=0).
  • If N=Σni<1, we regard this taxon as extinction.
slide11
絶滅リスク評価松田裕之『環境生態学序説』共立出版絶滅リスク評価松田裕之『環境生態学序説』共立出版
slide13
IUCN判定基準と環境省判定
  • フジバカマ (EN,VU)
    • Np=6000, L=50, R=63%/10yrs
  • キキョウ (EN, VU)
    • Np=17000, L=258, R=69%/10yrs
  • ミナミマグロ(CR,VU?)
    • Np=423000, R=53%/ 10yrs

Population Ecology 97 13

prior distribution

>1000

<0.01

<0.1

<0.5

<1

>1

Ex.

total

total

.06

.10

.18

.36

.36

.16

1

無情報先験分布(ベイズ統計学)Prior Distribution
  • 全種の減少率分布を先験分布とする
  • 減少率情報のない種は、この減少率にしたがって減少すると仮定する。(Beyes法)
sloss single large or several small
SLOSS問題Single large or several small
  • 現状維持50%、地域絶滅50%
  • L=1, Np=31の種は平均余命17年
  • L=10,Np =31の種は平均余命44年
  • 分布面積の差が絶滅リスクに反映
slide16
植物RDBホットスポット

中西準子ら編『環境リスクハンドブック』朝倉書店

slide17
環境省植物RDBの今後
  • 植物分類学会専門委員会
    • 重点種の再調査(10年後)
    • 絶滅リスク評価手法の改善
    • 一部を除く分布情報公開
    • 環境影響評価への活用
slide18
野生生物を救う科学的思考
  • システムの科学
  • リスクの科学
  • 合意形成の科学
slide19
自然保護の論理
  • 持続可能性
slide20
多様性≠安定性の逆理
  • 1950年代:多様な群集ほど安定
  • 無作為に作った群集模型では、種数が多いほど共存しにくい
  • 種間関係が複雑なほど不安定
  • 希少種を守ると何がよいか?
  • 友だちを大切に
slide21
1990年代の答え
  • 定常群集は幻想である!
  • 群集内の個体群は変動
  • 全体として生物体量は安定
  • 変動しながら多種が存続
precautionary principle
予防原則precautionary principle
  • 環境に対して深刻あるいは不可逆的な打撃を与えるとき,科学的に不確実だからという理由で環境悪化を防ぐ措置を先延ばしにしてはいけない

1992年リオデジャネイロ宣言第15原理

http://www.unep.org/

slide23
生物多様性条約1992
  • “Noting also that where there is a threat of significant reduction or loss of biological diversity, lack of full scientific certainty should not be used as a reason for postponing measures to avoid or minimize such a threat,
slide24
国連気候変動枠組み条約 1992

“Where there are threats of serious or ir-reversible damage, lack of full scientific certainty should not be used as a reason for postponing such measures, taking into account that policies and measures to deal with climate change should be cost-effective so as to ensure global benefits at the lowest possible cost.

slide25

Galileo’s Inquisition

科学者のとるべき態度

  • 1992年地球サミット前
    • 科学的証拠なしに社会にものを言わない;
    • 世論に係らず、自らの見解を変えない

を言うことが歓迎される

科学論争を多数決で決める。世論を味方につける

科学者の社会的提言についての学界基準が未確立.

slide26

Galileo’s Inquisition

科学者のとるべき態度

  • 1992年地球サミット前
    • 科学的証拠なしに社会にものを言わない;
    • 世論に係らず、自らの見解を変えない

を言うことが歓迎される

科学論争を多数決で決める。世論を味方につける

科学者の社会的提言についての学界基準が未確立.

slide27
エゾシカ問題

樹皮を剥がされた樹木

北海道の捕獲統計

uncertainty
不確実性uncertainty
  • 生態系の仕組みが不明
  • 今の状態が不明
    • 環境監視(monitoring)
  • 将来が予測できない
    • 説明責任(accountability)
    • 為すことによって学ぶLearning by doing
slide29

http://www.for.gov.bc.ca/hfp/amhome/AMDEFS.HTM

北海道「道東地域エゾシカ保護管理計画」のホーム頁より

http://www.hokkaido-ies.go.jp/HIESintro/Natural/ShizenHP2/SIKA/DTdeerHP.htm

順応的管理とは?

問題設定

管理計画作成

調停

計画実行

評価

継続監視

ecosystem management
生態系管理の指針ecosystem management
  • 目的を明記(科学的任意性)
  • 反証可能な目標
  • 無知の知と諸行無常
  • 説明責任と順応性
  • 管理自身を実験とみなす
  • 情報開示と合意形成 リスク周知
slide31

http://www.hokkaido-ies.go.jp/HIESintro/Natural/ShizenHP2/SIKA/DTdeerHP.htmhttp://www.hokkaido-ies.go.jp/HIESintro/Natural/ShizenHP2/SIKA/DTdeerHP.htm

エゾシカのフィードバック管理

大発生水準以上(>50%)

緊急減少措置(2年を限度)

目標水準以上(>25%)

漸減措置(雌中心の捕獲)

目標水準以下

(>5%)

漸増措置(雄中心の捕獲)

許容下限水準(5%)以下

または豪雪の翌年

禁猟措置

slide32

=阪神タイガース問題

=サザエさん症候群

生態保全の指針(理想)
  • 周囲を調べよ(生態系の連続性)
  • 長期調査(非定常性)
  • 遷移と撹乱のつりあいで維持される多様性
  • 無常の生物を守る
slide33
自然保護は人間の問題

建設的な生態学の必見の教科書!

鷲谷いづみ・矢原徹一『保全生態学入門』(文一総合出版)

社会の繋がり=生態系の繋がり

鬼頭秀一『自然保護を問い直す』(筑摩書房)

環境問題に絶対安全はない

中西準子『環境リスク論』(岩波書店)

slide34
平均寿命、平均カロリー摂取量、穀物依存度の関係平均寿命、平均カロリー摂取量、穀物依存度の関係

(Source: Britannica 国際年鑑 1997)

1999 http www riskworld com abstract 1999 sraam99 ab9ab073 htm
魚食の功罪米リスク学会1999http://www.riskworld.com/Abstract/1999/SRAam99/ab9ab073.htm魚食の功罪米リスク学会1999http://www.riskworld.com/Abstract/1999/SRAam99/ab9ab073.htm
  • 便益=不飽和脂肪酸ω-3が多く、心疾患による死亡を減らす
  • 毎日35gの魚食で統計的に有意
    • 40歳男性の心疾患死亡を38%低下
  • ダイオキシンによる害を凌ぐ(注:米国では心疾患が死因第1位)
slide36
危険性riskの考え方
  • リスクは確率である
    • 絶対安全なものはない=「杞憂」
  • リスク評価の前提は未実証
    • シナリオ、悔いのない政策、予防原理、説明責任accountability
slide37
リスクを巡る二つの尺度
  • 危険度(risk)
    • 避けたい事件が起きる確率
  • 確度(evidence)
    • リスク試算の確実さ

携帯電話・家電製品の白血病リスク、

飛行機などへの影響

slide38
リスクはゼロにできない(ロドリックス「危険は予測できるか」化学同人より)リスクはゼロにできない(ロドリックス「危険は予測できるか」化学同人より)

杞憂

鬼憂

落ち葉焚き      ?

slide40

岸本充生博士論文(京大経済研)より改変(松田「環境生態学序説」共立)岸本充生博士論文(京大経済研)より改変(松田「環境生態学序説」共立)

リスク回避のコスト
slide41
危険性の評価、管理、周知
  • Risk assessment=異論の少ない前提で未来を予測。予防原理
  • Risk management=不確実性と説明責任を考慮する
  • Risk communication=相対的な安全を市民自身に選んで貰う
slide42
損失余命によるリスク評価
  • 日常的に食べて、10万人に1人がそのために死ぬ=平均余命にして約1時間(10年÷10万=0.9時間)の損失
  • 発癌リスクも非癌リスクも同じ尺度で評価する
  • Quality of Lifeで評価する?
  • 右利きと左利きでも寿命が違う?
slide43
TBT規制は成功だったか?
  • Imposex: 雌に擬似ペニスができ、不妊化
  • 極端に高い絶滅リスク
  • 全巻貝などに影響
slide45
岩波「科学」10月号特集『リスク-その課題と問題』岩波「科学」10月号特集『リスク-その課題と問題』
  • 中西準子 「リスク」は何をめざしてるのか
  • 松田裕之 リスクマネジメントの実際:野生動物を例にして
  • 鬼頭秀一 社会的リンクとリスク
  • 金森修+科学編集相談委員「リスクは社会においてどのように使われているのか」
  • ・・・・
slide46
ゼロリスク論 対 低リスク容認論(リスク便益論)
  • リスクも予防原則も、科学的定義が不明確
  • 予防原則を広く適用し、きわめて低いリスクまでも避けるべきと主張する者
  • リスクをゼロにすることは不可能とし、予防原則を限定的にとらえる者
  • 予防原則とリスク評価を統合的にとらえなければ、妥当な環境政策は成り立たない
slide47
リスクは自然状態の方が高い
  • リスクをゼロにすることは不可能
  • リスクをどうとらえるかに、人間の価値観、自然観そのものが問われている
  • ダイオキシンが危険だということで、落ち葉を掃くのが問題ならば、その原因となる屋敷林や雑木林も全部伐ってしまった方がすっきりしていいということになりかねない
slide48
リスクは比較できるか?
  • そもそも、その「リスク」の内容は、評価し、比較衡量できるほどに、明確に規定できるものなのだろうか。
  • リスク評価を客観的に比較衡量するためには、異なる種類のリスクを比較可能な形で定義できなくてはならない。
  • 交通事故と原子力発電所のリスクの比較衡量の問題
slide49
リスクは代替事業で比較すべき
  • 人はいつか死ぬ。有限だからこそ尊い

×原発リスク<交通事故?<殺人犯??

○原発リスク<>代替発電事業リスク

 代替が可能か?そのコストは?

 不可能なら、発電量を下げてもよいか?

△携帯電話・家電製品(白血病リスク)

slide50
分配の不平等は未解決
  • 周辺住民N人に広く薄くリスクrがかかる
  • 労働者n人に狭く高いリスクRがかかる
  • Nr<nRとして、広くばら撒けるか?
  • 途上国の開発を諦めよ?
slide51
リスクとリンクの兼ね合い
  • 従来、リスクも便益を経済的に語らる。普遍的で交換可能な価値を客観的に算定することがその主眼にある
  • リスクや便益の評価に、地域構成員の価値を反映させることができるか
  • 社会的リンク論「自然保護を問い直す」筑摩書房
    • 経済的な側面(経済的・社会的リンク)と精神的な側面(文化的・宗教的リンク)が不可分な形で存在することの必要性
1999 2 21
中西準子

所沢農家は被害者

基準値でなく、他所と比べるべき

他所より早く調査して結果を出せというのはいじめ

魚介類の汚染の方が問題

広井脩

「情報隠蔽」が疑心暗鬼を招いた

扇情的報道は問題

農家被害は予想外

報道は予防原則

政府の責任大

所沢ダイオキシン論争読売新聞1999・2・21

報道方法が不適切+野菜だけ取り上げるのは問題

slide53
1992年所沢ダイオキシン問題
  • 所沢の問題は単にリスクではない
  • (所沢農家の一部が)持続型の農業にあえてこだわってさまざまな実践を行っている農家の地域に対する思い、・・・地域づくりの実践、市民による雑木林の清掃、自然観察、落ち葉掃き、援農、農業トラスト等々のさまざまな試みといった、精神的な側面も存在していることを留意すべきである。
slide54
リスク評価は必要である
  • 環境を考えた農家でも、リスクを出す可能性がある
  • 本当に早急に対策を立てるべき高いリスクなら、気づいたときからリンクを断つべき
  • リスク評価は、社会的リンク論に不可欠
slide55
原住民生存捕鯨問題
  • 反捕鯨原理主義「一切の捕鯨反対」
  • 日本「原住民捕鯨は資源状態が太地よりはるかに悪い。両方認めよ」
  • 米国「原住民捕鯨は別格」
  • 日本「太地を認めないなら、生存捕鯨も反対」
  • IWC下関総会:両方否決
slide56
その後の動き
  • 5月:鬼頭氏朝日新聞に投書(6月半ばに却下)
  • 6月18日:松田のサイトに掲載http://cod.ori.u-tokyo.ac.jp/~matsuda/2002/whale2.html
  • 6月下旬:日本政府が見直しの動き(報道)
slide57
結論
  • 危険性は相対的に評価すべき
  • 未確立の評価法である
  • 新たな知見を考慮(accountability)
  • 危険性と社会的便益を比べて総合的に判断すべき(戦略評価)
  • 悔いのない政策を合意形成で