slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
2010 年 先端融合科学特論 II-1 1日目: 現代の高エネルギー物理と衝突実験

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 55

2010 年 先端融合科学特論 II-1 1日目: 現代の高エネルギー物理と衝突実験 - PowerPoint PPT Presentation


  • 70 Views
  • Uploaded on

山崎祐司 ( 理学 研究科・物理学専攻 ). 2010 年 先端融合科学特論 II-1 1日目: 現代の高エネルギー物理と衝突実験. 3回 の 講義の予定. 第1講:現代の素粒子物理概観 (1) 第2講:現代の素粒子物理概観 (2) , ハドロン衝突の基礎 第3講: LHC 実験の現況. 素粒子物理 概観:内容. 素粒子の種類 物質:クォークとレプトン その間に働く力 :4つの相互作用 高エネルギー実験で理解したい未知の問題 力の統一 粒子の質量の起源と Higgs 粒子 宇宙の成分としての素粒子 暗黒物質と超対称性,ダークエネルギー

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 2010 年 先端融合科学特論 II-1 1日目: 現代の高エネルギー物理と衝突実験' - lolita


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1
山崎祐司(理学研究科・物理学専攻)

2010年 先端融合科学特論 II-11日目:現代の高エネルギー物理と衝突実験

slide2
3回の講義の予定
  • 第1講:現代の素粒子物理概観(1)
  • 第2講:現代の素粒子物理概観(2) ,ハドロン衝突の基礎
  • 第3講: LHC 実験の現況
slide3
素粒子物理概観:内容
  • 素粒子の種類
    • 物質:クォークとレプトン
    • その間に働く力:4つの相互作用
  • 高エネルギー実験で理解したい未知の問題
    • 力の統一
    • 粒子の質量の起源と Higgs 粒子
    • 宇宙の成分としての素粒子
      • 暗黒物質と超対称性,ダークエネルギー
    • Extra-dimension (この世は何次元?)
slide4
この世はどんな物質でできている?
  • 顕微鏡でのぞいてみよう

結晶

← ミドリムシ(光学顕微鏡)

分子

鳥インフルエンザウィルス

(電子顕微鏡)→

原子

インフルエンザウィルスは,なぜ(ふつうの)顕微鏡で見えない?

原子核(陽子,中性子)

slide5
分子の構造:X線(放射光)
  • たとえば,Spring8 で

←放射光で見た生体物質の結晶

結晶

分子

原子

原子核(陽子,中性子)

slide6
高速ビームで物質の中身を見る

ラザフォード(イギリス)1911 年

アルファ線(ヘリウム原子核)を金にぶつけ

原子の中心に原子核があることを発見

原子

原子核(陽子,中性子)

陽子

SLAC-MIT 1967 年

可視光の1000万倍のエネルギーの電子ビーム

→ 陽子の中身(クォーク)がみえる

クォーク

電子

slide7
「もの」は電子とクォークでできている
  • 電子とクォークは「素粒子」
    • これ以上分解できない
    • 大きさがゼロ
  • ただし,今のところの話
    • 実験事実は
      • 電子,クォークとも壊れない
      • 大きさ:10−18 m 以下
  • 陽子(中性子)の質量は電子の約 2000 倍
    • 重さは原子の中心に集まる

原子

原子核(陽子,中性子)

陽子

クォーク

電子

slide8
クォークとレプトン
  • 電子の仲間,クォークの仲間とも「3世代」ある
    • だんだん重たくなる
  • 電子の仲間(電子とニュートリノ)を「レプトン(軽粒子)」とよぶ
  • すべてスピン 1/2 のフェルミ粒子
slide9
電子とニュートリノは「仲間」?
  • ニュートリノは,電子に化ける
    • 他の物質と相互作用(弱い相互作用)して,電荷を奪い取り電子になる
  • でも性質は似ていない
    • 電荷がない
    • 質量がほとんどない
slide10
力を伝える「場」は,波であり粒子
  • アインシュタインの光量子仮説
    • 光は,振動数に比例したエネルギーを持つ粒子(光子)
  • 量子場の理論として発展
    • 湯川:中間子説(陽子,中性子間の相互作用)
    • 朝永,Feynman, Schwinger:電磁量子力学の完成

プランク定数 振動数

e(電子)

静電気力,磁気力は光子を交換して伝わる

e

光子が飛ぶ!

はねかえる

e

e

時間

力も粒子が伝達

slide11

e+

e

e

e

e+

e

e

e

粒子と反粒子

先ほどのグラフを横倒しにした反応も存在する。ところが,時間を逆に走る粒子が出てくる。それは変

  • 「反粒子」として解釈
    • 電荷が反対(電子 → 陽電子)
    • 粒子とぶつかると,消滅
  • 粒子・反粒子の対を,高エネルギー状態から生成
slide12
他の力(1): 強い力
  • クォークを陽子・中性子内に閉じこめる力
    • グルーオン(糊粒子)が伝達

グルーオン

クォーク

  • クォークは3種類の電荷を持つ
    • 赤,緑,青(光の3原色)に例える
  • 陽子は3色混ざって白色
    • 色電荷を持たないので強い力を受けない

陽子

slide13
他の力(2): 弱い力
  • 力が弱いので,反応がめったに起きない
  • アップクォーク,ダウンクォークの入れ替えもする
slide14
クォーク・レプトンの3世代構造
  • 質量が全然違う
  • 第4世代は(たぶん)ない
  • なぜ3世代か?? 全くわからない
    • ただし,3世代あることが,小林・益川理論の鍵
slide15
素粒子の世代と質量

top quark

anti-top quark

ne nm nt e-mt u d s c b

. . . .

- - - - - - - -

ne nm nt e+mt u d s c b

Z

W+, W-

 gluons(質量なし)

ニュートリノとtop quark の質量差

> 1011以上(たぶん > 1014以上)

(陽子の質量 = )

15

slide17
第4の力,重力
  • 重力は,とても変な力
    • エネルギーに比例する
    • むちゃくちゃ弱い
      • 陽子に働く重力は,静電気力の 1037 分の1
    • なのに感じるのは,符号がなくて,いつでも引力だから
      • 電気の力は,引力,斥力ともあって,キャンセルしている
  • 重力も粒子で媒介されているはず
    • 古典物理学:アインシュタインの一般相対論 (1915-16)
    • でも,だれも重力場の理論を立てるのに成功していない
slide18
ここまでのまとめ
  • 物質は,点状の素粒子(クォーク,レプトン)でできている。
  • 4種の相互作用(重力,電磁気,弱い力,強い力)も素粒子が担っている。
    • ただし,「重力子」は,理論もわからず,発見されてもいない
  • この世を構成する(我々のまわりで見つかる)材料が出揃った
    • 説明に困っていない(=理論がわかっている)のか?
    • 他にないのか?
slide19
力の統一
  • 電磁相互作用と「弱い力」はすでに統一
    • その先は?
slide20
質量とは?
  • 高校で習うこと
    • 慣性 F外力 = mia(慣性質量)
    • 重力 F重力 = mgg(重力質量)
  • この2つは等しい
    • そうでないと,どうなるか?
  • 今日のお話し:おもに慣性質量のほう

慣性=重力

慣性≠重力

slide21
質量と物体の速度
  • エネルギーと質量は等価運動している物体では
    • 静止エネルギーを持つ
  • 質量のある物質は光速に届かない質量のない物質は光速でしか走れない

質量は,止まる「能力」

slide22
重力と質量
  • 相対論では,エネルギーと質量は等価
    • 光(質量ゼロの粒子)もエネルギーに比例して重力を受ける
    • 慣性もエネルギーに比例
      • 重力レンズ,など
  • 例:束縛状態の質量のない2粒子
    • 遠くから見ると,質量があるように見える= 静止エネルギーを持つ

強く束縛されている粒子は,重くなる

slide23
質量の別の解釈
  • 質量を「追い越しやすさ」として再定義
    • 質量のない粒子(光)は,決して追い越せない
    • 同じエネルギーなら,質量が重いほうがゆっくり 簡単に追い越せる
  • スピンの進行方向成分は追い越すと反転
    • 速度は追い越すと逆向きスピンは追い越しても同じ向き

追い抜いて後ろへ去っていく

自分より早く進んでいる粒子

質量は,スピン反転しやすさの度合い

slide24
カイラル対称性
  • 質量がない粒子は
    • 右巻き/左巻き(カイラリティー)のどちらかの基底状態だけを持つ
    • つまり,粒子によって右・左が一意に決まる
      • カイラル対称性と呼ぶ
  • 質量があると
    • 右巻き/左巻きの基底状態の混合状態係数は,見ている人の相対速度で変わる
      • カイラル対称性が「破れている」という
slide25
超伝導体内の電子
  • 超伝導体内では電子が引き合う(クーパー対)
    • スピン逆向きでくっつくスピン0のボーズ粒子状態(スカラー粒子)
      • すいすい泳げる
    • そこに対でない電子が入り込むと…
      • クーパー対のポテンシャルに落ちたりはい上がったりして,なかなか進まない
      • スピンの向きも逆転可能

電子は超伝導体内で重くなる

slide26
南部先生の大胆なアイディア
  • クォークも,宇宙が超伝導体なら重くなれる
    • クォークにとって一番エネルギーの低い状態(束縛状態)はクォーク・反クォーク対  と考える
      • 宇宙は  対(スカラー束縛状態)の海
      • クォークはトラップされて動きにくくなる ハドロン(クォークの束縛状態)の質量を生む

qq対(スカラー状態)が質量を生む正体

slide27
それって,本当?
  • 実験的検証,理論的検証が行われてきた
  • 決定打:クォーク物質のコンピュータシミュレーション
    • 日本第2のスパコンで検証
    • 「生のクォーク」を相互作用させると質量が生まれた
    • カイラル対称性の破れによる理論と一致
slide28
光に質量を与える方法
  • ここまで:スピン½の粒子(フェルミ粒子)に質量を生み出すしくみを見た
  • スピン1の力を媒介する粒子(ゲージボゾン)にも重いものはある
    • 弱い相互作用を媒介する W±, Z0粒子
  • どうやって質量を与えるか?

これだけ質量なし

あとはみんな質量あり

slide29
また,超伝導の例
  • 磁場は,超伝導体内に侵入できない(マイスナー効果)
    • 磁場は,電磁相互作用光によって伝えられている
    • 光が侵入できない = 光子が抵抗力を受けて止まる         = 質量がある
  • 巨視的には
    • 磁場を打ち消す方向に電流が流れる(レンツの法則)
    • 普通は電流が止まるが,超伝導なので流れ続ける

ミクロのレベルでは,何が起きているか?

slide30
その前に,自発的対称性の破れ
  • 強磁性体の例
    • 隣り合った原子のスピンの向きが揃ったほうがエネルギーが低くなる物質
    • 高温では,分子運動によりスピンの向きはバラバラ
      • どちらから見ても同じ(対称)
    • 冷やすと,ある方向を向く磁石になる
      • 対称性が破れた

高温

低温

高温

低温

2次元平面上で,向きが揃っている度合いを表す量

slide31
南部-ゴールドストンボゾン
  • 例:強磁性体を伝わるスピン波(マグノン)
    • スピンが揃った(対称性が破れた)物質でのみおこる
  • 対称性が破れた場合にのみできる「粒子」
slide32
NGボゾンは力を吸収
  • もしマグノンの波の伝わる速さが早い(遠くまで届く)と,スピンはほぼ同時に協同して揺れる
    • 遠くまで届く力を「いなす」ことができる= 力が遠くに伝わらなくなる
    • その結果,力の伝達粒子は重くなる
slide33
素粒子の世界では
  • 「スカラー粒子」を使う  ヒッグスです
    • 先ほどクーパー対,qq対のところで出てきた
    • 真空と同じ量子数を持ち,気づかれずに存在
  • 2つのスカラー粒子について
    • そのうち1つだけが大きな「値」を持つとき,エネルギーが最小だとする
      • 対称性が破れた状態
    • 「いなす」粒子(NG ボゾン)底をぐるぐる回る

低温

高温

slide34
まとめると
  • Higgs スカラー粒子が
    • 真空中で(内部空間に)一定の値を持ち対称性を破り
    • 光に質量を与え(マイスナー効果)
    • 「もの」=フェルミ粒子にも質量を与える(Higgs によるカイラル対称性の破れ)
  • クォークはさらに質量を獲得
    • クォーク対によるカイラル対称性の破れ
higgs higgs
Higgs 場と Higgs 粒子
  • Higgs 粒子が見つかって,初めて標準模型の完成

Higgs 場からの「抵抗」が慣性を生む

Higgs 場に付随して

Higgs 粒子が存在

質量:114 GeV以上 (LEP実験からの下限値)

slide36
宇宙をみると,なにがわかるか
  • 宇宙は膨張している
    • 宇宙の始まり:爆発
    • 自らの重み(重力)で収縮する?
    • 遠くのことは,昔に起こったこと(光の伝わるスピードは,有限)→ 遠くの星を見ると, 宇宙初期がわかる
  • 遠くの星の運動を調べると,宇宙の運動がわかる→ 宇宙の「総重量」がわかる
slide37
現代の観測の限界:宇宙背景輻射
  • 宇宙背景輻射:38万年前の「晴れ上がり」
    • それより前は,宇宙はプラズマ(荷電粒子のガス)
    • このとき初めて原子ができた

ココ

宇宙の大きさ: 今の1100分の一,温度: 3000 K

それが膨張して現在の背景輻射(2.7K) になった

WMAP衛星 (アメリカ) 2003年の結果

slide38
ダークマターとダークエネルギー
  • 宇宙全体の振動の「ばね定数」から宇宙の質量がわかる
    • 光らない物質の量もわかる
  • 宇宙の膨張が加速している
    • おかしい… 重力で拡張はだんだん遅くなるはずなのに。
    • 「反重力」を及ぼす何かがある

暗黒物質(ダークマター)

宇宙定数項

暗黒エネルギー(ダークエネルギー)

宇宙の物質の質量

slide39
光らない物質の量をはかる
  • 回転速度と重力から
  • 銀河団の温度や衝突から

銀河団が衝突し,暗黒物質(青)が先に進み,普通の物質(赤)が取り残される様子

slide40
ダークマターとダークエネルギー
  • 宇宙は未知のもので満ちている
    • われわれの知っている物質(クォークとレプトン)4 %(そのうち星として光っているものは,わずか 0.4%)
    • 引力を及ぼすダークマター:23%
      • 普通の暗い星ではない(重力レンズで見えるはず)
      • ニュートリノでもない(温度高すぎ)
      • 未知の素粒子?
    • 斥力のもとダークエネルギー:のこり全部
      • まともな仮説すらない
slide41
宇宙を「見て」も,わからないこと

背景輻射

背景輻射の向こうは,

人工的に作るか

ニュートリノで見るか

暗黒物質「で」見るか

ニュートリノ

LHC

slide42
見えない宇宙,どうやって調べる?
  • 降ってくる暗黒物質をとらえる
    • もうすぐ
  • 宇宙背景ニュートリノをとらえる
    • 宇宙始まりの1秒後まで見えるが…検出器開発中
  • 地上で作ってみよう!
    • 暗黒物質,暗黒反物質の対生成なら,高エネルギー衝突で作れる

新粒子

陽子

クォーク

陽子

新(反)粒子

slide43
家康流:鳴くまで待とう
  • 暗黒物質は地球の重力にもとらえられている
    • 1リットルに1個くらい
  • 100kg の物体にぶつかるのを待つ

XMASS実験@神岡間もなく開始

slide44
秀吉流:鳴かせてみよう

クォークと反クォークが衝突

対消滅

高エネルギー状態から重い超対称粒子が対生成

超対称粒子が崩壊

暗黒物質

クォーク

超対称粒子

相互作用粒子

宇宙初期を再現し,作ってしまおう!

反超対称粒子

反クォーク

slide45
超対称粒子とは
  • この世の粒子と性質がそっくりな「ペア粒子」がある
    • 反粒子とは,また違う粒子
  • ふだんは存在に気づかない
slide46
超対称性とは
  • 超対称粒子:同じ性質を持つ,違うスピンの粒子
    • スピン0の「もの」(ボーズ粒子)
    • スピン ½ の「ちから」(フェルミ粒子)

スピン½

フェルミ粒子

スピン1

ボーズ粒子

スピン0ボーズ粒子

スピン½フェルミ粒子

~

~

e-

e-

γ

0

電子

スカラー電子

光子

ゲージーノ

slide47
超対称性粒子たち

重い電荷のない粒子

重い

~

~

~

0

1

2

軽い

一番軽い粒子はこれ以上崩壊できず,安定

暗黒物質

もし超対称性が見つかれば,

素粒子・宇宙のみかたが全く変わる

slide48
なぜ超対称性が人気の理論?
  • 重力は変な力
    • むちゃ弱
    • エネルギーに比例(連続量!)
      • 普通の力:電荷(とびとびの値)に比例
  • 一般相対論:時空の曲がりとして説明
    • 一般座標変換 = 時空の座標系の再定義に関する対称性から導かれる
slide49
重力だって量子力学で説明できるはず
  • 重力も,超短距離で破綻
    • プランクスケール:重力が,重力源の質量のもつエネルギーと等しくなる距離 or エネルギー
    • 素粒子がブラックホールになったりする
  • おなじ問題は原子核と電子にもあった
  • 古典物理では,電子がまわっていると放射光を出して原子核に落ちてしまう。
    • 量子力学が,それがないことを保証

放射光

超短距離の重力理論は「量子重力」

slide50
超対称性変換と量子重力
  • 超対称性ペアは,お互いに化けられる
    • スピンと質量以外の性質は同じ
    • 例:スカラー電子 ⇄ 電子 + 中性ゲージーノ
  • 「超対称性変換」を起こすたび,一般座標変換が起きる
    • 量子重力を説明できる?

e-

~

~

e-

e-

e-

e-

~

0

??

slide51
力の統一と超対称性

3つの力が同じ強さに(強い力,電磁気,弱い力)

e-

e-

~

e-

??

  • 時空のゆがみを引き起こす?(一般相対論=重力)
large extra dimension
余剰次元 (Large Extra Dimension)
  • 我々の生活では見えない次元が丸まっている
    • プランクスケールが TeVの可能性もあり
      • 例:ADD model, 余剰次元 d4+d次元でのプランクスケールをMFとして
      • 2次元, 0.1mm ならMF = 1 TeV
  • 余剰次元での「励起順位」からたくさんの重い粒子が出る

松本重貴,瀬波大土日本物理学会誌2008年4月号解説記事「高次元理論と暗黒物質」より

slide53
ミニブラックホール
  • 4+n 次元のプランクスケールよりはるかに高いエネルギーでの衝突では,ブラックホールができる可能性がある
    • インパクトパラメータが Schwarzschild 半径以下の時
  • ブラックホールが地球を吸い込む?
    • ホーキング輻射によりすぐ崩壊するので安全です安定なミニブラックホールが存在しない証拠もあります
  • http://www.kek.jp/ja/news/topics/2008/LHCsafety.html(日本語)
slide54

究極の理論「超ひも理論」を完成させる 川合 光 (理研ニュース)より

http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/news/2006/may/index.html

slide55
まとめ
  • 素粒子:クォーク,レプトン,力の媒介粒子
  • だけど,わかっていないことだらけ
    • 力の統一
    • 質量起源 (Higgs ?)
    • ダークマター
    • ダークエネルギー (つまり,重力関係)
    • 時空の構造(超対称性,ExtraDimension)
    • フレーバーの3世代構造
    • 今の理論体系,そもそも正しい??
  • ブレークスルーと期待:LHC実験これまでのほぼ一桁上の衝突エネルギー
ad