< 14 > 試験実施関連ガイド 授業内( 期間外 ) 試験 実施 予定日 - PowerPoint PPT Presentation

zohar
slide1 n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
< 14 > 試験実施関連ガイド 授業内( 期間外 ) 試験 実施 予定日 PowerPoint Presentation
Download Presentation
< 14 > 試験実施関連ガイド 授業内( 期間外 ) 試験 実施 予定日

play fullscreen
1 / 9
Download Presentation
< 14 > 試験実施関連ガイド 授業内( 期間外 ) 試験 実施 予定日
122 Views
Download Presentation

< 14 > 試験実施関連ガイド 授業内( 期間外 ) 試験 実施 予定日

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 世界の水 日本の水 <14> 試験実施関連ガイド授業内(期間外)試験実施予定日 補論14A 試験⇐ これまでの授業(テキストY & スライド Q) 1授業内(期間外)試験に関する主な注意事項 2授業内(期間外)試験を実施・受験できない例外時について 3 例外時のレポート提出について >>

  2. 1「期間外試験」に関する主な注意事項 • 授業内(期間外)試験の実施予定日です • 平均80点目標の基礎的事実中心の短時間の選択問題を予定 • 過去の「問題・得点分布・成績評価」は,<1>&<15>を参照 • 必須事項: 時間厳守・学生証・黒(マークシート用HB)鉛筆&ボールペン • 遅刻者や学生証・黒鉛筆不携帯者等は,受験できないことがあります • 詳細・変更点等は,必ず最新の授業で確認して下さい • 公欠・病欠の認定には,教務課の公式証明書等が必要です •  試験実施日の前後1週間以内の提出が原則です

  3. 2期間外試験を実施・受験できない例外時 • 想定される例外的なケースと対応の原則 • 授業内(期間外)試験の公認欠席(前頁)  レポート • 期間外試験を期間内試験に変更  ほぼ同様の試験 • 上記の期間内試験の公認欠席 論述中心の追試 • 災害等により試験不可能な非常事態発生時  レポート • 論述中心の追試・レポートの課題例と評価のポイント • 課題: <6>のリストのような判断力に関する課題中心 • 評価: 「事実・対立する事実&価値判断」の理解・説得力

  4. 3 例外時のレポート提出について • 課題・期限の発表 • 必要になった時点で,授業ないしネット(@yaneclass)で説明 • レポートの具体的な要件と評価のポイント • 「レポート内容」の具体的なイメージ • 「レポート書式」の要件 • 「参照マナー」の厳守 • 「評価」の主要なポイント

  5. R1 「レポート内容」の具体的なイメージ • 主題発表された課題 • 例: 「日本は仮想水の輸入を削減すべきか?」 • 副題自分の主張・結論が分かるよう自由に設定 • 例:「基本的人権を侵害する日本の大量輸入」 • 本文の必要な構成要素の例: !&2は通常は必須要素 • 課題に関連する学習した基礎的な事実 • 市民派・政府派・エコノミスト派等との事実&価値判断の異同 • ★自分の判断・結論を支える論拠の展開

  6. R2 「レポート書式」の要件 • ワープロ: A4用紙,最大でも2枚程度以内で十分です • 本文前: 「日付・主題・副題・学番・氏名」を明記 • 本文: 内容として不可欠な3要素 • 最初の段落で「①自分の結論,②その理由」を簡潔に記述 • 「③予想される反対意見とその問題点」を明記 • 本文後: 引用・参照した「参考文献・URL」を明記  R3 • 参照した書物(Yを含む)・記事・ネット文書等はすべて明記が原則 • 以上の要件を欠くと,評価対象になりえないこともあります

  7. R3 「参照マナー」の厳守 他人の見解の無断引用・コピペは「剽窃・犯罪」ですから,必ず参照材料はすべて明記して下さい 逆に自分オリジナルな意見や事実発見でなくても,本文や脚注にその旨を引用・明記(文献名と頁数等)すれば,先人の知恵の借用はOKです その場合,「自分の文章のどの部分が,どの文献の何頁を参照しているのか」を読み手に分かるように示すのが重要です 以上は,レポートや論文の「最低限のマナー」です

  8. R4 「評価」の主要なポイント • 特に「R2」の厳守が,評価獲得の必要条件です • 逆に「R3」に反する場合には,大幅な減点対象になります • さらに評価を高める主要なポイント • R2: 結論①の根拠となる理由,②の説得力 • R2: 予想される反論③の網羅性と問題の明確度

  9. 本日の要点&次回の準備 • 期間外試験は,学習した「基本的事実」中心 • ただし追試やレポートの場合には,より重要な課題である「各自の価値判断・考え方」自体を問う論述も重視します • ゆえに期間外試験では,教科書・講義内容を十分に問題練習できていれば,Reviewと同様に容易なはずです • ただし成績評価の基準は下記の大学基準を適用しますので,希望評価に見合う学習を心がけましょう • D < 60点, S≧90点, A≧80点, B≧70点, C≧60点 • 次回: 各自の得点・成績の自己確認