slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
????????? ????? PowerPoint Presentation
Download Presentation
????????? ?????

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 15

????????? ????? - PowerPoint PPT Presentation


  • 349 Views
  • Uploaded on

甲南大学 理工学部 岩本ちひろ. 甲南大理工 : 秋宗秀俊 , 宇都宮弘章 , 海堀岳史 , 近藤壮雄 , 鎌田正輝 , 山県 民穂 , 岡本 明之 産総研 : 豊川弘之 , 松本哲郎 Texas A&M : Y.-W.Lui 北海道大学 : 後神進史 , 牧永あや乃 阪大 RCNP : 民井 淳 , 鈴木 智和 , 藤田 浩彦 , 嶋 達志 , 畑中 吉治 阪大理 : 藤田 佳孝 京大理 : 川畑 貴裕 新潟大自然 : 新原 佳弘 , 長島 正幸 岡山大理 : 作田 誠 , 森 俊彰 , 泉 卓宏

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '????????? ?????' - ziva


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

甲南大学 理工学部

岩本ちひろ

甲南大理工 : 秋宗秀俊, 宇都宮弘章,海堀岳史, 近藤壮雄, 鎌田正輝, 山県 民穂, 岡本 明之

産総研 : 豊川弘之, 松本哲郎

Texas A&M : Y.-W.Lui

北海道大学 : 後神進史, 牧永あや乃

阪大RCNP : 民井 淳, 鈴木 智和, 藤田 浩彦, 嶋 達志, 畑中 吉治

阪大理 : 藤田 佳孝

京大理 : 川畑 貴裕

新潟大自然 : 新原 佳弘, 長島 正幸

岡山大理 : 作田 誠, 森 俊彰, 泉 卓宏

Istanbul University : Bengu Bilgire, Hatice Candan Kozer

slide2

目次

  • 背景 -これまでの D(g, n) 反応断面積測定-
  • 導入 - D(, n) 反応を用いた励起モードの分離方法-
  • 実験 - (, n) 反応の放出中性子角分布測定-
      • 中性子検出器
      • 直線偏光g線 -LCSg線-
  • 結果 -D(g, n) 反応のM1遷移及びE1遷移反応断面積-
  • 今後 -(p, p’) 実験による励起モード分離実験-
  • まとめ
slide3

1. 背景

1.1.ビッグバン初期宇宙における元素合成の温度領域

slide4

1. 背景

K.Y. Hara et al. 2003

Phys. Rev. D68, 072001

1.2. これまでの反応断面積

K. Y. Hara et al. (2003)

K. Y. Hara et al. (2003)

K. Y. Hara et al. (2003)

En(MeV)

slide5

1. 背景

1.3. D (g ,n) 反応によるM1遷移強度分布の測定

M1遷移強度分布と中間子交換電流の効果

p (n ,g) d

D (g ,n) p

H. Arenhovel and H. Sanzone, Few-Body Syst., Suppl.3 (1991)

Y. Nagai et al. Phys. Rev. C56, 6

slide6

0+

1-

ln = 0

ln = 1

1/2+

n+p

M11+

E11-

2.224 MeV

1+

2H

2. 導入

1.1. (g ,n) 反応による励起モード分離方法

0+

1-

ℓn = 1

ℓn = 0

1/2+

n+p

Neutron Yields

M11+

E11-

2.224 MeV

1+

3S1 , ℓ = 0

2H

Analyzing Power Ã=0.77 (50~900KeV)

angler distribution of neutrons Zℓn(q ,f)

E1 distribution

M1 distribution

x

x

x

q=0

q=0

y

y

y

slide7

3. 実験

3.1. 実験装置 -中性子検出器-

  • 3He 比例計数管
    • (CH2)n減速材
    • バックグラウンド中性子遮蔽材
        • Cd sheet
        • Bdoped (CH2)n
  • 検出効率
    • e = 15 % each
  • 検出効率評価 6 %以内で一致
    • Calibrated 252Cf n source
    • Simulation with MCNP
  • 検出効率の平坦性
    • From a few keV to 5 MeV
slide8

3. 実験

3.2. 実験装置 - 直線偏光g線 @ AIST -

PL

PC

PE

Electron Beam電子蓄積リング TERAS (AIST)

Laser

1/2 l板

Pg=PL×PE×PC

PL : レーザーの偏光度

PE : 電子ビームとレーザーとの衝突時における偏光度の変化

PC : LCSg線のエネルギー拡がりの偏光度への影響

偏光度 Pg=92 ±2 %(Preliminary)

slide9

x

中性子検出器

直線偏光g線偏光度P~92.9 % (Preliminary)

NaI シンチレータ光子数 Ng~2×104/s

z

液体 D2Oターゲット- thickness : 7 cm- Al target holder closed Kapton film

高純度 Ge 測定器g線 エネルギー分布測定

3. 実験

3.3 実験セットアップ

電子蓄積リング TERAS (AIST)

Laser

1/2 l板

Eth : 2.224 MeV

slide10

4. 結果

4.1. D(g, n)反応 M1遷移E1遷移反応断面積

slide11

5. 今後 -(p, p’) 実験による励起モード分離実験-

5.1. 方法

DL=1

qL=2.75°

90Zr(p, p’)

DL=0

S. K. Nanda et al. Phys. Rev. Lett 51, 1526(1983)

高分解能測定

微細構造を決定したより精密な励起モードの分離

0deg を含む最前方散乱の角分布を測定

slide12

5. 今後 -(p, p’) 実験による励起モード分離実験-

5.3.実験 -最前方散乱角分布測定-

  • Beam : Ep=295 MeV

高分解能磁気分析器Grand RAIDEN at RCNP

  • 測定Ex範囲:5 MeV ~ 25 MeV
  • Target : Foil Target88Sr (99.84 %) 4.1 mg/cm290Zr (97.65 %) 4.125 mg/cm292Mo (97.37 %) 4.0 mg/cm2

測定角度範囲(Inel, el)

  • 高分解能測定(20 keV~40keV)
  • 測定角度qGR Inelastic : 0 deg, 2.5 deg, 4.5deg
  • 角度分解能 (FWHM)q :0.15 degf:0.63 deg

Proton Beam at 300MeV

slide13

5. 今後 -(p, p’) 実験による励起モード分離実験-

5.4. 0°非弾性散乱測定結果

90Zr

88Sr

92Mo

0 deg |0.70 deg

0.70 deg |1.0 deg

Ex (MeV)

Ex (MeV)

Ex (MeV)

slide14

5. 今後 -(p, p’) 実験による励起モード分離実験-

5.4. 0°非弾性散乱測定結果

90Zr

88Sr

92Mo

Ex (MeV)

Ex (MeV)

Ex (MeV)

今後は、測定した全統計・全散乱角範囲の解析により角分布を決定しPigmy E1とGiant M1励起を分離して決定することが課題

slide15

6. まとめ

D(g, n)反応閾値近傍のM1遷移とE1遷移の反応断面積測定

D( , n) 反応測定実験@AIST

  • 放出中性子の角分布測定
  • 直線偏光 g線:LCS g線
  • 閾値エネルギー(2.224 MeV) 近傍の2.26 MeV, 2.39 MeV, 2.80 MeV, 3.70 MeV の4点

結果:M1遷移反応断面積が理論値よりも測定値のほうが大きい

系統誤差: 6 % (中性子検出器の配置の非対称性による)統計誤差: 6 %

今後-中重核の励起モード分離への応用-

  • (, n) 反応実験
  • (p, p’ )反応実験