授業 FD 海外研修報告 期間: 平成 19 年 10 月 1 日~ 14 日 場所: University of North Carolina at Charlotte, NC, U.S.A - PowerPoint PPT Presentation

yorick
fd 19 10 1 14 university of north carolina at charlotte nc u s a l.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
授業 FD 海外研修報告 期間: 平成 19 年 10 月 1 日~ 14 日 場所: University of North Carolina at Charlotte, NC, U.S.A PowerPoint Presentation
Download Presentation
授業 FD 海外研修報告 期間: 平成 19 年 10 月 1 日~ 14 日 場所: University of North Carolina at Charlotte, NC, U.S.A

play fullscreen
1 / 30
Download Presentation
授業 FD 海外研修報告 期間: 平成 19 年 10 月 1 日~ 14 日 場所: University of North Carolina at Charlotte, NC, U.S.A
126 Views
Download Presentation

授業 FD 海外研修報告 期間: 平成 19 年 10 月 1 日~ 14 日 場所: University of North Carolina at Charlotte, NC, U.S.A

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 授業 FD 海外研修報告期間: 平成19年10月1日~14日場所: University of North Carolina at Charlotte, NC, U.S.A 情報コミュニケーション講座 教授: 岡田 実 ソフトウェア基礎学講座 助教: 木谷 友哉 平成20年 4月 4日 情報科学研究科 FD 研修会

  2. 参加者 • 情報科学研究科 • 岡田 実   教授    情報コミュニケーション講座 • 木谷 友哉 助教    ソフトウェア基礎学講座 • バイオサイエンス研究科 • 中島 欽一 教授    分子神経分化制御学講座 • 宍戸 知行 准教授  細胞増殖学講座 • 物質創成科学研究科 • 廣田 俊   教授    超分子集合体科学講座 • 内山 潔   准教授  演算・記憶素子科学講座 • 事務局 • 松下 康洋 係長   教育研究支援部 企画総務課 国際連携係 別カリキュラムにて1週間の研修 授業 FD 海外研修報告

  3. 発表目次 • ノースカロライナ州立大学シャーロット校 (UNCC) • 研修: 大学の運営について(岡田) • 大学の評価 • 教員の評価(テニュアについて) • TA, RA • 研修: 授業方法について(木谷) • 学生の評価 • 授業の方法 • UNCC 授業見学 • 教室の設備 • UNCC、および、本学他研究科の教員との交流を通じて 授業 FD 海外研修報告

  4. シャーロット市 • ノースカロライナ州(人口800万)最大の市 • 人口60万、都市圏150万人 • 州都はローリー市(人口35万、都市圏120万) • 現在全米で最も先進的な都市と呼ばれ急成長中 • 全米屈指の金融中心地 • Bank of America (資産規模全米2位)、Wachovia Corp. (同4位)の本社が所在 • New York と並ぶ金融都市 • 銀行が大学の共同研究や教育表彰のスポンサー 授業 FD 海外研修報告

  5. ノースカロライナ州立大学シャーロット校 • 1946年創立 • 17校から形成されるノースカロライナ州立大学の中で4番目に大きい大学 • シャーロット地域では最大の高等教育機関 • 教員880人、学生数22,000人(昨年度21,000人) • うち、工学部2,500人 • 学部1,900人、修士課程学生450人、Ph.D.学生150人 • 学部生の大多数は地元ノースカロライナ出身 • 大学院生の半数は留学生 授業 FD 海外研修報告

  6. UNCC の教育と研究 • 7学部 • 建築学部、文理学部、教育学部、経営学部、工学部、情報技術学部、保健看護学部 • 2研究所 • Center of Optoelectronics and Optical Communications • Charlotte Research Institute • グラントと共同研究費は年間 25 億円以上 • UCLA などの第一線級の大学の10 分の 1 程度 • 大学の規模は、都市の成長に伴って現在拡大中 授業 FD 海外研修報告

  7. 発表目次 • ノースカロライナ州立大学シャーロット校 (UNCC) • 研修: 大学の運営について • 大学の評価 • 教員の評価(テニュアについて) • TA, RA • 研修: 授業方法について • 学生の評価 • 授業の方法 • UNCC 授業見学 • 教室の設備 • UNCC、および、本学他研究科の教員との交流を通じて 授業 FD 海外研修報告

  8. アメリカの大学評価システム • 全米を6地域に分けて、各地域毎に評価機関を設置 • 全ての機関共通の評価基準 + 各機関独立の評価基準 • 10年に一度評価 • 1年かけて各大学が自己点検 • 様々な所属大学・地位の評価者で構成されるチーム(12名)が3~4日かけて審査 • 改善点を指摘 • 5ヶ月後に再審査、合格・不合格を通知 • 年間、数大学が不合格になる → 廃校 授業 FD 海外研修報告

  9. テニュアシステムについて • Assist. Prof. として採用され5年間の任期 • 4年目終了時に適性の審査 → 更に3年の猶予が与えられる or 審査で悪ければ1年後に去る • 6年以内に Assoc. Prof. に (tenured) • その後、5年目以降に full Prof. 審査 • 55歳で退職しても良い(保障あり) • 本人が望む限り、何歳まで続けても良い(ex. 70歳以降も可) • おおよその年齢 • 20代後半 Assistant Prof. として採用 • 30代半ば~後半 Assoc. Prof. (tenured) • 40代前半~ Professor (tenured) 授業 FD 海外研修報告

  10. テニュアの評価方法 • 3つの評価項目 • Teaching • 有効な講義を行えること(学生、評価委員会が評価) • Research • 研究プログラムを立ち上げ、資金を獲得すること • 大学が40%の間接経費を得られるため • Service • 対大学、対外(学会、雑誌等)、同僚間の関係、リーダシップ • 点数ではなく、Quality judgment • 6つの推薦書 • 3つは自分の選んだ評価者、3つは委員会が選んだ評価者 • 委員は選挙で選出 • 5段階中3以上で委員会の推薦 → Dean → Provost (学長が最終承認) • 参考: http://www.legal.uncc.edu/tenurepol.html 授業 FD 海外研修報告

  11. テニュアの問題点 • テニュア取得後のアクティビティの低下 • テニュア取得 → 定年なし、解雇なし • 授業を行っている限り、身分保障 → 研究活動が低い、外部資金の獲得がなくても解雇できない(学長でも不可) • 対応策 • インセンティブの導入 • 例: 9ヶ月分の給与を支給し、外部資金獲得状況で残り3ヶ月分の給与を支給 • テニュア取得後の評価の開示 授業 FD 海外研修報告

  12. 日本におけるテニュア導入について • 社会背景が違うため難しい • アメリカ • 講座制を取っていない 個々の教員が自由に動ける • 民間企業では任期制が当たり前だから、テニュア(長期在職権)がメリットになる • テニュアとは、給与は(民間 > 教員)だが、職の安定を保障して、優秀な人に教員として残ってもらう為の方策 • ちなみに、アメリカの Assist. Prof. の初任給は年 7 ~ 8 万ドル • 日本 • 民間企業は一般的に終身雇用 • 苦労してテニュアを取得するメリットがない • しかも、学位を持つ人にとっては、給与も民間企業の方がよいことが多い 授業 FD 海外研修報告

  13. UNCC での TA、RA 制度 教員が万が一グラントを取れないと、学生が RA を続けられない可能性がある • 年 18,000 ドル(TA、RA 同額) • TA は、主に政府・大学が資金補助 • TA には始めに説明会が開かれる • RA は、主に研究部門が資金補助 • 院生は、どちらかの資金を得られる そのような場合のため、グラントの一部を研究科でシェアする仕組みがある大学もある(UNCCではない) 図: 学生数、TA 数、RA 数(左から「情報分野」「バイオ分野」「ナノテク分野」) 授業 FD 海外研修報告

  14. まとめ(1) • 大学の評価 • 教員の評価(テニュアについて) • 教育 • 研究 • 運営 • TA, RA 授業 FD 海外研修報告

  15. 発表目次 • ノースカロライナ州立大学シャーロット校 (UNCC) • 研修: 大学の運営について • 大学の評価 • 教員の評価(テニュアについて) • TA, RA • 研修: 授業方法について • 学生の評価 • 授業の方法 • UNCC 授業見学 • 教室の設備 • UNCC、および、本学他研究科の教員との交流を通じて 授業 FD 海外研修報告

  16. 学生の評価方法 • Summative assessment:(Dinner guest tastes the soup) • 通常のテスト → 点数化する • テストが多すぎると学生のストレスがたまる • コースの最後に実施し、あらかじめ学生に渡しておいた評価基準 (Rubric) に基づき採点する • A が 何%、B が 何%と決まっているのではない • Formative assessment: (Cook tastes the soup) • 点数化しない(最終評価には入れない) • コースの途中に実施し、次回の授業の改善に役立てる • 質問例 • 本日の授業で学んだ一番大切な点は? • 本日の授業で分からなかったことは? 授業 FD 海外研修報告

  17. 学生の勉学意欲を高めるための注意 • 少し高めにコースの目標点を設定し、それがどのようなものかよく説明する • 最も重要な概念を繰り返し言う • 論理的に説明する • 学生が既に学んでいることとできるだけ結びつけて講義する • 10分間隔程度で質問を促したり、関係ない話でもいいので間をおく • 小グループでの議論などを用いて、聞いたことが身につくようにする • 学生に敬意を払う 授業 FD 海外研修報告

  18. プレゼンテーションの技術 • Nervousness • 発表前、発表中に余計なエネルギーを使う(とにかく練習) • 発表前: 歩く、運動する • 発表中: 身振りをする、歩く、大きい声で話す • イントロ • 講演と関係あることで聴衆の興味を引く (attention getter) • 内容と関係のある冗談、引用、統計、質問など • 内容 • 話題が変わるとき、つなぎの言葉を入れる • 繰り返しが大事(途中までで適宜結論を入れる) • Nonverbal Delivery • アイコンタクト(信頼関係)、身振り、動き 授業 FD 海外研修報告

  19. The Formula (for presentation) • Introduction • attention getter • thesis statement • preview statement • transition to body • Body - Main point #1 • Subpoint #1 with transition • Subpoint #2 • Transition to main point #2 • Body - Main point #2 • Subpoint #1 with transition • Subpoint #2 • Conclution • Transition from body • Summary statement • Thesis statement • Note of finality 授業 FD 海外研修報告

  20. パワーポイントを使うときの注意 • 配布資料 • 詳しく記載する • 配りながら話さない、話し終わってから配る • スライド • 簡潔に書く • 目安は 1 枚 7 行以内 • フォント、色に注意 • 寒色は negative なイメージがあるので使用時に注意する 授業 FD 海外研修報告

  21. Critique Form • NAIST 教員による研究紹介発表のあと、講師による発表スキルの評価を得た • The formula に従っているかどうかの判断 • The formula, Critique form は学生の発表原稿作成指導のための参考資料として有用 図:木谷の発表分の Critique form 授業 FD 海外研修報告

  22. 授業内で学生に議論をさせる • 職場で求められているのはコミュニケーションスキル • 大学・大学院はそれを学ぶ最後のチャンス • 教員の役割は Facilitator (世話役、まとめ役) • 方法 • スタイル (small group, lecture, discussion) にあった席の形も大事、大きなグループは最初小さなグループに分けるのも手 • 始まりからゴールまでうまく導くような質問 • 失敗しても大丈夫な雰囲気作り • たくさんの質問を一度にしない • Closing も大切(欠けているものを最後に補うなど) 授業 FD 海外研修報告

  23. 教育用の最新技術の導入 • Podcasting • Centra • ネットワークを介した授業支援 • Second life • 仮想空間での公開講義 • SurveShare • Web授業アンケートシステム • 授業後時間が経つと学生が回答しない • UNCC で、このシステムを利用してる教員は 2 割以下 授業 FD 海外研修報告

  24. UNCC 授業見学 • システム解析、化学基礎、環境工学基礎、数学などを見学 • 講義スタイル • 演習を中心にした講義が多い • 演習問題を解く中で理論に導入 • 宿題を課していることが多い • 多くの場合、講義中に学生に回答を要求 • 学生が積極的に授業に参加 • 寝ている学生は少なく、席は前から自然に埋まる • プロジェクタを使っている授業は少ない • 多くは黒板(ホワイトボードは見にくい)を仕様 • 演習問題を説明しながら解くのを見せるのに効果的 • 図などはOHP等で補足説明あり タブレットを活用 !! (BSやMSの先生からも情報科のシステムを見せて欲しいとの依頼あり) 反面、MS、BSには匿名投票用のスイッチが教室にあるらしい 授業 FD 海外研修報告

  25. UNCC の教室の設備 • 全ての教室で共通のシステム • 学内で検討・考案、150万円/教室 • 共通であるから、操作指導、故障時の対応が楽 • コントロールセンタから遠隔でも操作できるようになっている 学内の全教室で共通の インタフェイス Polycomでのビデオ会議、DVD、 ビデオ、書画カメラ、タブレットが利用可 授業 FD 海外研修報告

  26. 発表目次 • ノースカロライナ州立大学シャーロット校 (UNCC) • 研修: 大学の運営について • 大学の評価 • 教員の評価(テニュアについて) • TA, RA • 研修: 授業方法について • 学生の評価 • 授業の方法 • UNCC 授業見学 • 教室の設備 • UNCC、および、本学他研究科の教員との交流を通じて 授業 FD 海外研修報告

  27. 研究者訪問 • Assoc. Prof. Jim Conrad (岡田、木谷) • 元 SONY/Ericsson の研究者 • 無線通信、組込みシステム • Assoc. Prof. Ivan Howitt (岡田、木谷) • 無線通信 • Assist. Prof. Mohamed Shehab (木谷) • 情報セキュリティ • Assist. Prof. Jamie Payton (木谷) • ミドルウェア 授業 FD 海外研修報告

  28. NAIST-UNCC 共同研究 • UNCC としては本学の研究者との共同研究を望んでいる • 教授間では難しいのではというのが感想 • 研究内容の相違や、時間的な問題 • 助教間では適切かもしれない • 助教は研究分野の拡張に比較的余裕がある (?) • 外国人研究者と継続的に交流する良い機会 • 帰国後、木谷は Dr. Shehab とメールや IM を通じて何度かミーティングをしてみました (現在停滞中) • MS や BS は学生を UNCC に留学させることを検討 • UNCC 側も受け入れに積極的 現在、発展中の大学であり、教員のレベルは高くなってきている 授業 FD 海外研修報告

  29. まとめと今後の課題 • 大学運営 • 評価、Tenure, TA, RA • 授業方法 • 評価、授業法、 • kan • 研究科の枠を越えた交流が持てて有意義であった • 研究科間での授業についてのノウハウの共有が必要 授業 FD 海外研修報告

  30. FD2007 まとめサイト • http://ito-lab.naist.jp/~t-kitani/fd2007 • ID: fd2007 • pass: uncc • ここで説明できなかった内容や、講義の資料、ボイスメモなどが置いてあります • 写真もたくさんあります 授業 FD 海外研修報告