slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
刑事手続き と 司法面接 PowerPoint Presentation
Download Presentation
刑事手続き と 司法面接

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 14

刑事手続き と 司法面接 - PowerPoint PPT Presentation


  • 61 Views
  • Uploaded on

刑事手続き と 司法面接. 脇中 洋. 2010 年新規受刑者の IQ (男 24873 人・女 2206 人). 日本 の取調べの現状. 長期にわたる被疑者勾留( 72 時間+1事案 ×20 日) 組織的な見込み捜査(証拠なき確信) 糾問的な取り調べ+反省悔悟を求める   「自白するまで取調べ室から出るな」 取調べ場面が全面可視化されていない 独白文で書かれた供述調書(「はい」→「私がやりました」に変換) 捏造すらある「秘密の暴露」供述 起訴後有罪率 99.9 % 受刑者の 30 %が、 IQ70 未満ないし測定不能          ↓

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '刑事手続き と 司法面接' - winifred-whitley


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide3
日本の取調べの現状
  • 長期にわたる被疑者勾留(72時間+1事案×20日)
  • 組織的な見込み捜査(証拠なき確信)
  • 糾問的な取り調べ+反省悔悟を求める

  「自白するまで取調べ室から出るな」

  • 取調べ場面が全面可視化されていない
  • 独白文で書かれた供述調書(「はい」→「私がやりました」に変換)
  • 捏造すらある「秘密の暴露」供述
  • 起訴後有罪率99.9%
  • 受刑者の30%が、IQ70未満ないし測定不能

         ↓

 容易に虚偽の自白が生じ、

 公判で虚偽であることを示すのが難しい。

slide4
自白を偏重する裁判官の認識

◆捜査段階で自白、公判段階で否認のケース…

  • 「自ら不利益になる供述は信用できる。」

       ←「悲しい嘘」(浜田)

  • 「公判では空しい弁解に終始している」

       (被告人はうまく説明できない)

◆最近の判決文にあらわれた供述分析への認識の変化…

  • 「供述分析は科学として確立しておらず、

  独自の見解に過ぎない。」

  • 「なるほど虚偽自白は起こりうるが、殊本件に限ってはそのようなことはない。」

◆何によって心証を抱いたのか不明だが、結論を先行させて、レトリカルに理由を後付けしているとしか思われない。

slide5
虚偽自白の要因
  • 個体内要因

 ・被暗示性「そうなのかもしれない」

 ・迎合性「ここは合わせておこう」

 ・黙従「疲労と無力感のあまり…」

 ・未理解同調性(脇中)

     「実は内容を理解していない」

  • 状況要因(浜田寿美男「自白の研究」)

 ・情報から遮断され孤立無援 

 ・犯人扱いされる屈辱感

 ・聞き入れてもらえない無力感 

 ・時間的展望の欠如 ・健康への配慮の無さ 

 ・捜査官への両義的感情(対立しきれない)

slide7
    問題行動と偽解決    (悪循環の構図)    問題行動と偽解決    (悪循環の構図)

問題行動 

偽解決

(Weakland,J.1984による)

slide8
関係論から見た自白の転落過程

(偽解決1)    

疑惑を深め

被疑者=犯人と

見込んで尋問する 

焦りの気持から

無理に想起する

slide9
関係論から見た自白の展開過程

(偽解決2)

犯人としての自白供述の

展開を期待し、疑問点を質し、

ヒントを与え、励ます

犯人に扮して犯行

ストーリーを構成

slide12
司法面接法の可能性と限界
  • 司法面接法(認知面接法)

 ・すべてのやりとりを記録する。

 ・極力誘導を避ける。

(OQ→CQ、質問の反復や復唱を避ける等)

*被害者に対しても、被疑者に対しても、

 目撃証人に対しても有効。

*一旦「汚染された」供述に対して、

 汚染を除去するすべを持たない。

slide13
被害者支援の多様な方向性~公判まで・公判後~被害者支援の多様な方向性~公判まで・公判後~