slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
企業の環境戦略とCSR PowerPoint Presentation
Download Presentation
企業の環境戦略とCSR

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 72

企業の環境戦略とCSR - PowerPoint PPT Presentation


  • 150 Views
  • Uploaded on

企業の環境戦略とCSR. 国際連合大学 安井 至. http://www.yasuienv.net. 訪問者400万人の環境サイト. デジタル資料のダウンロード可能!. 環境問題の変質. 概要:環境問題は、人類の意図しないところに 急に出現するように見えるが、非常に大きな流れ の中で見れば、必然的に現れ、そして解決される。. 実例として取り上げるべき問題(1). (1)水俣型公害問題 (2)交通公害型問題 (3)POPs型問題 (4)日の出町型最終処分地問題 (5)豊島型不法投棄問題 (6)ダイオキシン問題・環境ホルモン問題.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '企業の環境戦略とCSR' - viola


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

企業の環境戦略とCSR

国際連合大学

安井 至

http://www.yasuienv.net

訪問者400万人の環境サイト

デジタル資料のダウンロード可能!

slide2
環境問題の変質

概要:環境問題は、人類の意図しないところに

急に出現するように見えるが、非常に大きな流れ

の中で見れば、必然的に現れ、そして解決される。

slide3
実例として取り上げるべき問題(1)
  • (1)水俣型公害問題
  • (2)交通公害型問題
  • (3)POPs型問題
  • (4)日の出町型最終処分地問題
  • (5)豊島型不法投棄問題
  • (6)ダイオキシン問題・環境ホルモン問題
slide4
実例として取り上げるべき問題(2)
  • (7)リサイクル問題
  • (8)温暖化問題
  • (9)持続可能先進国型問題
  • (10)持続可能途上国型問題
  • (11)RoHS型問題
  • (12)CSR・EPR問題
  • (13)BSE型問題
  • (14)自然保護などの問題
slide5

ダイオキシンとPOPS

日本における環境問題の推移。ただし、ごみの最終処分問題を除く。

大気汚染

環境ホルモン

オゾン層破壊

水質&海洋汚染

土壌&底質汚染

資源・エネルギーの消費

地球温暖化

197020002050

slide6
環境省発表水質基準未達成地点の割合

真実:データの示すところによれば、昭和46年当時に比較して、格段に改善されていて、水道水の品質についても同様。

slide8

右肩下がりが幸せ

GDP 一人あたり vs. SOx 濃度

環境クズネッツ曲線after Prof. SIMON KUZNETS

slide9
発展段階とデカップリング

4

物質/エネルギー

問題領域

二酸化炭素排出

量的因子

3

廃棄物や

破壊型生態系利用

その2

2

破壊的生態系

利用:その1

自然災害による被害

環境汚染による被害

1

発展段階

slide10
2005年 京都議定書の発効
  • 日本の状況は極めて悪い
  • カナダと日本は達成不能だろう
  • 2013年以降の枠組みをどうするのか
  • 排出量取引による売買は、日本経済になんら良い結果をもたらさない
slide11
温暖化問題

以下、各種問題について、カーブの傾向を見ながら、

未来への外挿を試みる。

slide13

Scenario by IPCC. B1 is the Target?

Emission

二酸化炭素放出シナリオ

B1

slide14

Total CO2 Emission(Global)

Now

JAPAN

1980 1990 2000 2010 2020 2030 2040 2050 2060 2070 2080

slide16
日本はどのように対応すべきか?
  • 個人的案
  • 2012年までの削減不足を借金として背負う
  • 世界最高の省エネルギー・省資源技術を開発し、2013年以降に借金返済
  • 同時に、世界へCDMで貢献
  • 排出量取引に期待すべきでない。無駄金。
slide17
世界全体としての対応経済発展と二酸化炭素排出量世界全体としての対応経済発展と二酸化炭素排出量
slide21

Little Ice Age

Temperature Variations in the Past

Younger Dryas

ヤンガードリアス期

10,000 years from Now

oil production and resources found
Oil Production and Resources Found

1980

Found

産出量

発見量

Production

slide23

バレル$100

エネルギー価格推移予測

バレル $50

2050

slide25
CSRとは何か 様々な考え
  • ISO14001認証獲得がCSR
  • コンプライアンスがCSR
  • 雇用機会均等がCSR
  • 幼年労働へ関与しないことがCSR
  • SRIがCSRそのものである
  • 環境報告書を出すことがCSR
  • サステイナビリティ報告書を出すことがCSR
slide26
持続可能性 トリプルボトムライン

Social

Aspects

Economic

Aspects

Environmental Aspects

slide27
公害型から持続型へ
  • 公害を出さなければ、法律違反をしなければ、何をやってもよい。
  • これが、1990年までの企業。
  • 21世紀は、持続可能性Sustainabilityの実現が、地球上のすべての個人・行政・NPO・企業の責任になった。
  • いわば、個人の責任≒企業の責任。
millennium development goals
Millennium Development Goals
  • ミレニアムサミット(2000年9月)において、世界的な合意を得た開発達成目標。
  • 貧困の撲滅、生活の改善。
  • 2015年を達成時点として、1990年比で各種目標数値が設定されている。
  • 国連流のSustainability Development
8 in mdg
8種のゴール in MDG
  • 1.貧困と飢餓の克服
  • 2.初等教育の世界的実現
  • 3.性の平等、女性の活力増大
  • 4.幼児乳児死亡率の改善
  • 5.妊婦の健康
  • 6.HIV/エイズ、マラリアの克服
  • 7.環境面での持続可能性の確保
  • 8.開発のためのパートナーシップ
slide33
持続可能先進国型問題
  • ヨハネスブルグサミットWSSDでの指摘
  • 持続可能でない生産・消費形態の変更
    • 先進国が主導し、すべての国が持続可能な生産・消費形態を促進しなければならない。
    • そのための10 年事業計画の策定を促進する。
    • 途上国の持続可能な生産・消費を阻み、環境に有害で貿易をゆがめる補助金の改革を促進する。
    • 環境コストの内部化や経済的手法を促進する。
slide34
続き
  • 環境管理システム等を通じた企業の社会的・環境パフォーマンスの向上促進。公共調達のグリーン化促進。
  • 環境上健全で社会的に受け入れられやすい自動車技術の開発。
  • 予防的アプローチに留意しつつ2020 年までに化学物質の使用・製造による健康や環境への重大な悪影響を最小限に抑える。
  • 再生可能なエネルギーを各国の自主性を確保しつつ、全世界に占める割合を十分に増大させる。
slide35
持続可能性 オリジナル
  • 1984~87年のブルントラント委員会の最終報告書で、「持続可能な開発(Sustainable Development)」という言葉が使用された。
  • 「われわれが必要なものを考えると同時に、将来世代が必要なものを考えて行動する=未来世代に地球を残す!」
  • 1992年の地球サミットでは、標語になり、アジェンダ21のなどの規範となった。
slide36
持続可能性 トリプルボトムライン

Social

Aspects

Economic

Aspects

Environmental Aspects

slide37
社会の構造が変わることが必要?

Social

Aspects

Economic

Aspects

Social

Aspects

Economic

Aspects

Environmental Aspects

Environmental Aspects

slide38
企業経営の価値観の転換
  • STOCK HOLDER
    • 株、切り株、丸太、茎、台木
    • 株式 
  • STAKE HOLDER
    • 杭、棒
    • 賭け金、賞金、利害関係

例:ステークホルダーミーティングは、CSRの一つの要素

slide39

地球全体と将来世代

地球全体と将来世代

                  生態系

                   資源

国際社会

地域社会

ヒト軸

資源・エネルギー

関連企業

商品

社員

3R

株主

原料

モノ軸

slide40
基本コンセプトが非持続可能な製造と消費からの離脱(WSSD2002)ステークホルダー対応の方向性は日本全体と整合*経済成長率1%台 *雇用の確保 *温暖化ガス排出大幅削減 *原油価格$100への対応基本コンセプトが非持続可能な製造と消費からの離脱(WSSD2002)ステークホルダー対応の方向性は日本全体と整合*経済成長率1%台 *雇用の確保 *温暖化ガス排出大幅削減 *原油価格$100への対応
slide41

2050年頃に実現する持続可能社会システムの具体的ビジョン(JSTワークショップ2004)日本           世界2050年頃に実現する持続可能社会システムの具体的ビジョン(JSTワークショップ2004)日本           世界

・総人口              1.3→1.0億人       63.4→90億人

・GDP33,000→60,000$/人年 5,100→17,000$/人年

・CO2排出量 9.4→3.4tCO2/人年  3.6→3.4tCO2/人年

・エネルギー消費量      3.7→1.8TOE/人年   1.6→1.8TOE/人年

・エネルギー生産性    8,900$→33,000$/TOE3,200$→9,400$/TOE

(3.7倍)(3倍)

slide42

結局のところは、50年間で

<エネルギー生産性の向上>

エネルギー生産性4倍=技術的効率(2倍)×需要変化(2倍)

<資源生産性の向上>

資源生産性 8倍= 2倍   ×   2倍  ×   2倍  機能長寿命化需要変化循環利用

slide43

価値軸

価値

日本の環境のトレンド

日本モデル

現在

エネルギー消費

環境負荷

目標

1991

1970

最終処分量

環境汚染, 一般的な負荷

GDPのような経済的な指標

slide44
   各種のプレミアム
  • ブランドプレミアム
    • 同じような製品でもメーカーが違うため価値が高い
  • 超小型プレミアム
    • 超小型にすることで価値が高い
  • 使いここちプレミアム・手作りプレミアム
    • 使い心地に気を配った手作り製品で価値が高い
  • 長寿命プレミアム
    • 寿命が長く、修理が利くために価値が高い
  • 信頼プレミアム・安全プレミアム
    • 信頼できる製品作り・安心できる製品作り
  • 地域プレミアム
    • 地域特性を活かした製品作り
  • エコプレミアム(3Rプレミアムを含む)
    • 製品の環境負荷が低いために価値が高い
slide45
製品のエコプレミアム化
  • 実績:個人的なエコプレミアム商品認定
  • No.000:太陽電池
  • No.001:エコキュート(ヒートポンプ型給湯器)
  • No.002:プリウス(ハイブリッド車)
  • No.003:リアプロジェクションテレビ
  • No.004:電球型蛍光灯
  • No.005:Ni-H型充電池
  • No.???:ガスエンジン型コジェネ
  • No.???:農業共生型ゴルフ場
  • No.???:電気自動車カーシェアリング
  • No.???:再生可能エネルギー型住宅
new prius
New PriusのLCA
  • TOYOTA製のハイブリッド車

Engine

Power Splitter

Generator

Ni-H Battery

Inverter

Motor

Transmission for Hybrid

slide47
二酸化炭素放出量の比較

tons

Assumptions: 100,000km Driven in Tokyo

Fuel Consumption: 18km/L for Prius, 8km/L for Others

slide49
水素は、一次エネルギーでない
  • 水素分子は、地球上にほとんど存在しない。
  • 水素は、エネルギーの貯蔵・輸送・使用のため手段にすぎない
  • 再生可能エネルギーの生産が非常に大きい島国(アイスランドや南極)からのエネルギー輸出用でしかない
slide50

風力発電

太陽光発電

合成燃料

不安定な

グリーン電力

高効率水電気分解

電力貯蔵付

直接使用

太陽熱

水分解

適切なコスト

グリーン水素

送電線建設

高効率水電気分解

バイオマス

分解装置

水素スタンド

パイプライン

建設あるいは

タンクローリ

原子力

水分解

改良プロセス

化石燃料起源水素

コスト低下・効率向上

改良プロセス

現在

化石燃料

供給

コスト低下・効率向上

水素供給に関わるバリアー

slide51
国が期待する温暖化ガス排出の改善法
  • (1)トップランナー方式による改善
  • (2)建物の断熱
  • (3)給湯装置
  • (4)照明の高効率化
  • (5)HEMS、BEMSHome & Building Energy Management System
  • (6)電気自動車、ハイブリッド車
  • (7)交通の円滑化

エコプレミアム思想へ

すでに限界 

新築なら

業務用?

多少可能性あり

システム次第

もっと行ける

上との組み合わせ

例えば、ロードプライシング・カーシェアリング

slide52
国が期待する今後の技術開発
  • 家庭部門だと、以下のような技術
    • ○光触媒利用高機能住宅用部材によるビル、住宅の省エネ化技術。
    • ○ディスプレイ関連技術
    • ○低消費電力型光ネットワーク用有機部材
  • 業務部門では
    • ○低損失電力素子を用いたエネルギーネットワーク化技術
    • ○新規媒体の潜熱を利用した空調システム
    • ○積層メモリチップ技術開発プロジェクト
    • ○ディスプレイ関連技術
slide56
長期ビジョン
  • ビジョン策定は本来、国・国際機関の責任
    • 過去のトレンドの理解
    • できるだけ広範な考察に基づくこと
    • 現在からの連続性
    • 地球全体の限界の認識
    • 人間社会というものに対する深い理解
  • しかし、企業にも想像力が必要
slide57
行政・NPOは長期ビジョンの理解
  • 長期ビジョンとの整合性をどのように
  • 長期ビジョンを分かりやすく普及啓発
  • 現状のシステムとの連続性
  • 軟着陸を目指した政策の策定
slide58
経営思想にも長期ビジョン
  • どのような社会を作るのか
  • その中で、どのような役割を果たすのか
  • 消費と製造をいかに持続型にするか
  • 雇用を確保し、かつ、競争力を確保するか
  • 株主のような短期的視野しか持たないステークホルダーをどう取り扱うか
8 in mdg1
8種のゴール in MDG

すべて出生率低下につながる

  • 1.貧困と飢餓の克服
  • 2.初等教育の世界的実現
  • 3.性の平等、女性の活力増大
  • 4.幼児乳児死亡率の改善
  • 5.妊婦の健康
  • 6.HIV/エイズ、マラリアの克服
  • 7.環境面での持続可能性の確保
  • 8.開発のためのパートナーシップ
slide63
地球共生型シナリオ

化石燃料・原子力

人間活動の総量・地球へのインパクト

化石燃料依存から核融合依存へ

分岐点

不測の事態が無いか

地球の持続能力

300年必要

100年間で人口の半減は厳しい

1800

2000

2300

slide64
経済行為と右肩下がり(デカップリング)

幸福度

21世紀型

環境経営

利益

量的因子

売り上げ

売り上げ

ライフサイクル資源・エネルギー

20世紀型

環境経営

投入資源・エネルギー

製品重量

環境排出・無駄な費用

発展段階

slide65
発展段階とデカップリング

幸福度

4

物質/エネルギー

問題領域

二酸化炭素排出

量的因子

3

廃棄物や

破壊型生態系利用

その2

2

破壊的生態系

利用:その1

自然災害による被害

環境汚染による被害

1

発展段階

slide66
21世紀とは
  • 20世紀は、なんでも右肩上がりの世紀だった。
  • 21世紀は、順調に行けば、以下のものはピークを向かえ、その後低減される。
    • 世界人口
    • 世界の石油、天然ガス使用量
    • 地球温暖化ガスの排出量
    • 金属資源利用量
slide67
21世紀型環境経営とは
  • 地球への負荷低減の実現と人口の減少を念頭に置きつつ、持続的に利益を得る。
  • そして、利益の配分については、株主以外への配分を重要視し、企業の社会的責任を果たす。
  • 究極的には、価値観の大幅な転換が必要であり、それには、第三の革命とでも呼ぶべきプロセスが必要。
slide68

中世小氷期

 人類はエネルギー転換と産業革命を行った。

ヤンガードリアス寒冷期 

  人類は農耕文明による革命を行い生存した。

第二の革命

第一の革命

slide69
第一、第二の革命
  • いずれも、地球の低温期に起きている
  • 低温期は、一般に、生活が厳しく、紛争が起きることが多かった
  • 高温期は、比較的平和
  • 第三革命は、地球温暖化の中
  • 困らないのに革命が可能か??
slide70
第三の革命実現のための必須事項
  • 第三の革命に向かうための人類の欲求は、
  • 「社会貢献を行うことによる満足感」
  • 「他人に感謝されることの満足感」
  • 「他人に自慢できることを持つ満足感」
  • 「未知の他人と交流する満足感」
  • そして、「次の世代に残す知識・情報を作り出す満足感」
slide71
「ほめること」の重要性最後のインセンティブ?「ほめること」の重要性最後のインセンティブ?
  • まだ有効活用されていない人間の本能を刺激することを行うべきである。
  • それは、恐らく「ほめられることによる意識の変革」
  • 新しい価値観に繋がるか
slide72
各主体のポジション

FINAL GOAL

個人の位置

企業はビジネスリスクで動き、迂回路を取る可能性が高い

NPOの位置

行政の位置

優れた環境対応企業

一般社会の動き

環境対応の遅れた企業