slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
企業の安全活動 PowerPoint Presentation
Download Presentation
企業の安全活動

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 27

企業の安全活動 - PowerPoint PPT Presentation


  • 220 Views
  • Uploaded on

企業の安全活動. ~ なぜ、安全が必要なのか ~ ~ 企業は今、何を行うべきか ~. ~ なぜ、安全が必要なのか ~. ある話し. ある大きな企業の総務部長が、労働災害で死亡した社員の家 にお悔やみに行き帰ろうとした時に、2人の幼い子供を膝に抱 えて悲しみに暮れていた奥さんが、 「今、会社には何人の方が働いていますか」 と問いかけてきました。 「グループ全体で約8千人です」 と答えると、 「主人が死んで会社は8千人のうちの1人を無くしたわけですね。 しかし、私どもは全てを失いました」 小さく、細い声で、そう言われたそうです。. 労働災害の推移①. 50万人.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '企業の安全活動' - tyrone-munoz


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

企業の安全活動

~ なぜ、安全が必要なのか ~

~ 企業は今、何を行うべきか ~

slide4
ある話し

ある大きな企業の総務部長が、労働災害で死亡した社員の家

にお悔やみに行き帰ろうとした時に、2人の幼い子供を膝に抱

えて悲しみに暮れていた奥さんが、

「今、会社には何人の方が働いていますか」

と問いかけてきました。

「グループ全体で約8千人です」

と答えると、

「主人が死んで会社は8千人のうちの1人を無くしたわけですね。

しかし、私どもは全てを失いました」

小さく、細い声で、そう言われたそうです。

slide5
労働災害の推移①

50万人

10万人

7千人

1千人

注)死傷者数は、昭和47年までは休業8日以上。48年以降は休業4日以上(資料出所:死亡者数は厚生労働省安全課調べ。死傷者数は、昭和47年までは労働者死傷病報告、48年以降は労災保険給付データ)

slide6
労働災害の推移②
  • 異常期(戦後~昭和40年代)
    • 経済優先(高度成長期)
    • 法規制の未発達
  • 減少期(昭和後期)
    • 法整備の効果
    • 企業の安全への投資(労災による損失の認識)
  • 停滞期(平成初期)
    • 事後対策中心
  • 現在
    • 事後対策⇒予知対策(マネジメントシステム化)
slide7
労働災害による企業の損失

企業の損失の前に生命の損失があることを忘れない。

  • 災害コスト
    • 法定内外補償、人的損失、物的損失、生産損失など
  • 刑事的責任
    • 労安法、刑法(業務上過失)
  • 民事賠償
  • 社会的責任(信頼)の失墜
    • 人材確保困難、取引継続困難など
slide8
労働災害コストの例

輸送用機械製造/300~999人/組立ロボットへの挟まれ/死亡

slide9
安全の費用対効果

1.0  :  2.7

(費用)    (効果)

安全対策として直接的に投じた「安全対策の費用」

発生した労災事故によって生じる「災害発生に係る諸費用」

(平成11年 中災防 「安全衛生対策の費用対効果に関する調査研究」)

(デルファイ法による分析)

slide10
安全費用の投資先

【これまで】

安全費用

(保険)

災害発生

手当

【これから】

安全費用

(保険)

災害発生

手当

安全費用

(投資)

手当

災害発生

slide11
法的な責務

【「危険」という用語で労働安全衛生法を検索すると】

  • 第10条(総括安全衛生管理者)の第1項第1号
    • (職務として)労働者の危険又は健康障害を防止するための措置に関すること
  • 第17条(安全委員会)の第1項第1号
    • 労働者の危険を防止するための基本となるべき対策に関すること
  • 第20条及び第21条(事業者の講ずべき措置)
    • 機械等、爆発性の物等、エネルギー等、作業方法、作業場所等による「危険を防止するため必要な措置を講じなければならない」

「災害の防止」ではなく 「危険の防止」

slide14
デュポン社の例①

【我々は安全と環境確保が確保できないならば、製品を製造したり、取り扱ったり、使用したり、販売したり、輸送したり、破棄したりしない。 】

  • すべてのけがと職業病は防止できる
  • けがと職業病を防止することは、ラインの各階層の管理の責任である
  • 安全は雇用の条件である
  • 雇用者が安全に働けるよう、訓練を行わなければならない
  • 安全と職業病予防のために監査を行わなければならない
  • 欠陥は速やかに修正しなければならない
  • けがそのもののみならず、その可能性のある事象についても対応すること
  • 仕事を離れたときの安全も、仕事中の安全と同様に重要である
  • けがと職業病を予防することはよい仕事である
  • 人こそが安全や職業病防止の計画における最も重要な要素である
slide15
デュポン社の例②

【「違反」には厳しく、「エラー」にはやさしく】

人は、当たり前に「エラー」をする生き物です。

会社は、その「エラー」を災害につなげない環境作りの責任があります。

その環境は、ルールによって成り立っています。

人は、容易にルールを守ることができます。

ルールに「違反」すると、その環境が損なわれ災害につながります。

だから、「違反」は絶対に許しません。

もしかしたら、

製造者(提供者)にも?

ルール違反は見て見ぬふり、

ミスをすると怒る。

slide17
目の向け所②

【事故とは、当面する事象の正常な進行を阻止または妨害する出来事である。】

フォークリフトの通行帯に時々パレットがはみ出している。

事故

フォークリフトのつめがそのパレットに引っ掛かり、積んでいた鋼材が崩れた。

崩れた鋼材が運転者に当り負傷した。

人為災害

slide18
目の向け所③

死亡、重症、

廃失

災害から学ぶ時代

10

軽傷

危険を

見つける時代

30

物損

600

ヒヤリハット

見つかった危険

「1+10」の対策ではなく

「30+600」を対策する。

バードの法則

slide21
予知の重要性③

ヒヤリハット

ニアミス

危険源

安全管理

の徹底

回避成功

危険な状態(リスク発生)

発生事象(危険な現象の発生)

安全管理の不足・不適切

・不徹底・故障

災害発生

(障害・

健康被害)

回避失敗

slide22
予知の重要性④

危険源

危険源そのものを無くすことは一般的に難しい

・フォークリフトを使用せざるを得ない

・高所へ上がらざるを得ない

接触を絶つ(接触しずらくする)ことは一般的に容易

・保護具(ヘルメット、安全帯など)

・立ち入り規制 ・保護カバー

接触

人・

対象物

危険源を認識させることも安全対策の一つ

・危険源(物、箇所、状況)の表示

・警報音  ・軽度な接触の誘発

slide26
マネジメントシステムの活用

職場の現状調査

~「危険(危険源)」を知る~

~「どれだけの危険」かを知る~

安全対策の計画

次の安全対策を

決める

安全対策の実施

安全対策の確認

slide27
世の中のマネジメントシステム

【OHSAS18001(準ISO)】

  • 環境ISOと80%類似のシステム
  • ISO同様の認証制度あり

【厚生労働省マネジメントシステム】

  • 労動者の安全衛生管理についての行政指針

【国内業界団体規格】

  • 業界団体が固有の安全衛生についてまとめたもの

【自社のマネジメントシステム】

  • 会社に合った(必要な)安全衛生活動のルール