3d cad cnc n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
3D-CAD と汎用 CNC 工作機械による 歯車のデザインと製造の技術研究 PowerPoint Presentation
Download Presentation
3D-CAD と汎用 CNC 工作機械による 歯車のデザインと製造の技術研究

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 38

3D-CAD と汎用 CNC 工作機械による 歯車のデザインと製造の技術研究 - PowerPoint PPT Presentation


  • 246 Views
  • Uploaded on

3D-CAD と汎用 CNC 工作機械による 歯車のデザインと製造の技術研究. いわき明星大学院  理工学研究科物理工学専攻 MK0401  嵯峨拓人. 研究の目的. 製造業・建築業において3次元 CAD/CAE/CAM (Computer Aided Design/Computer Aided Engineering/Computer Aided Manufacturing)  システムが急速に普及し始めている。 歯車は伝達部品として多く使用、またロボットやコンピュータとその周辺機械には、特殊な歯車または歯つき部品の応用が多くなっている。. 研究の目的.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '3D-CAD と汎用 CNC 工作機械による 歯車のデザインと製造の技術研究' - travis-hodges


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
3d cad cnc

3D-CADと汎用CNC工作機械による歯車のデザインと製造の技術研究3D-CADと汎用CNC工作機械による歯車のデザインと製造の技術研究

いわき明星大学院 

理工学研究科物理工学専攻

MK0401 嵯峨拓人

slide2
研究の目的
  • 製造業・建築業において3次元CAD/CAE/CAM (Computer Aided Design/Computer Aided Engineering/Computer Aided Manufacturing) システムが急速に普及し始めている。
  • 歯車は伝達部品として多く使用、またロボットやコンピュータとその周辺機械には、特殊な歯車または歯つき部品の応用が多くなっている。
slide3
研究の目的
  • ホブ盤などの専用歯切り盤により加工される。
  • 試作では3D-CADと汎用CNC工作機械使用のほうが時間的にもコスト的にも大きいメリットがある。
slide4
研究の目的
  • 2003年より著者所属の研究室と株式会社アラオカとで3D-CADと汎用CNC工作機械による歯車のデザインと製造の技術に関する共同研究を始めた。研究内容はその一部である。
slide5
研究の目的
  • 汎用CNC工作機械による歯車加工の技術、歯車開発への応用・試作(CAD/CAE/CAMの一貫化)
  • はすば歯車のねじれ加工の検証
  • 高減速比ベベルギアなどの特殊形状の設計計算
  • 非円形歯車の理論の改良
  • 非円形歯車の法線を出力するソフトの開発
slide6
作業工程の一貫化

歯形の基礎理論の確認

歯形曲線出力ソフトウェアの比較

歯車の3次元ソリッドモデリング方法 (CAD)

加工シミュレーション

(CAE)

CNC工作機械による加工

(CAM)

歯形曲線出力ソフトウェアで歯形出力

同一ソフト上で一連の操作

(CAD/CAE/CAM)

slide7
歯車の基礎理論
  • インボリュート曲線の創生

基礎円d=mz

slide8
歯形曲線出力ソフトウェアの比較

KHK歯車計算ソフトGCSW

Rhinoceros

InvJww

slide9
歯形曲線出力ソフトウェアの比較
  • KHK歯車計算ソフトGCSW

   全歯分割数が100で固定されている

  • Rhinoceros

   精度が指定できる

  • InvJww

   分割数が9までしか指定できないが

   内歯歯車の形状を出力できる

slide14
はすば歯車のねじれ加工検証

歯車の条件

モジュール1.0

歯数20

ねじれ角20°

圧力角20°

材料:樹脂

高さ方向

厚さ方向

slide15
はすば歯車のねじれ加工検証

 高さ方向

  誤差が増大しているため切削力・切削熱が原因

 厚さ方向

  送りの加速と減速による慣性が原因

 共通

  切削びびりが原因

slide16
高減速比ベベルギア
  • 現在、ベベルギア(かさ歯車)において高減速比を実現するためには数段の歯車を必要としている。その理由として1枚のギアで伝達をしようとすると片方の歯数を大きくしなければならない。 そこで一対による高減速ベベルギアを考えた。
  • そのとき10:1以上の減速比をもたせ、10の整数で割り切れない数にしないと既存の減速機で良いため素因数11、13、17、19のいずれかの速度比で減速を行いたい。 そこで調べたなかでは一対の最高速度比は14:1であったため、それより上の17:1のベベルギアを設計することとした。
slide17
高減速比ベベルギア
  • ベベルギアの小歯車は最低6歯とする(JIS)。
  • 17:1のため大歯車は102歯となる。
  • ベベルギアにおける耐久計算の条件 。
slide19
高減速比ベベルギア
  • 許容歯元曲げ応力=130.7553(MPa)
  • 許容ヘルツ応力=505.0425(MPa)

  これは臨界状態で回転を行っているため樹脂では破壊される恐れがある。

slide20
高減速比ベベルギア
  • 考察

 許容歯元曲げ応力=130.7553(MPa)

 許容ヘルツ応力=505.0425(MPa)

  材料S45C

   降伏応力290(Mpa)

   許容応力580(Mpa)

slide21
非円形歯車
  • 非円形歯車の特徴は任意の不等速回転伝達が得られることである。
slide22
非円形歯車

 現在の問題点

  • 角速比が一定でないためピッチ曲線の創生が難しい。
  • 歯数が正数で求まりにくいので、誤差が生じる。
  • 従来の方法では中心距離aかモジュールm を再計算する必要性がある。
slide26
非円形歯車

JIS依存の従来法

JISに依存しない方法

(加工具がJIS依存であるため)

(CNC加工であるため)

m=

1

1.25

1.5

2

2.5

3

4

5

6

slide27
非円形歯車

非円形歯車の法線を出力するソフトの開発

円形歯車であれば歯の法線はピッチ円中心になるが、非円形歯車では歯の法線方向がピッチ曲線中心に向かないため歯ごとに法線を導き出さなければならない。

slide28
ピッチ曲線接線方向を次式で計算する非円形歯車

駆動歯車

被動歯車

プログラム化しやすいように

直交座標に変換する

slide29
非円形歯車

VisualC++による開発

slide30
非円形歯車
  • 【楕円歯車データ】
  • 楕円歯車ピッチ周長=79.327191
  • 歯数 Z= 25 モジュール M=1.000
  • 長軸 A= 15 短軸 B= 10
  • [歯番号][絶対座標][極座標] [法線角度]
  • Z= 1 X= 15.0000 Y= 10.0000 L=15.0000 θ=0.0000 Hθ=0.0000
  • Z= 2 X= 14.2790 Y= 3.0631 L=14.6038 θ=12.1073 Hθ=25.7562
  • Z= 3 X= 12.4150 Y= 5.6122 L=13.6246 θ=24.3253 Hθ=45.4824
  • Z= 4 X= 9.8880 Y= 7.5197 L=12.4225 θ=37.2524 Hθ=59.6948
  • Z= 5 X= 7.0080 Y= 8.8415 L=11.2820 θ=51.5988 Hθ=70.5921
  • Z= 6 X= 3.9420 Y= 9.6485 L=10.4227 θ=67.7770 Hθ=79.7068
  • Z= 7 X= 0.7890 Y= 9.9862 L=10.0173 θ=85.4825 Hθ=87.9876
  • Z= 8 X= -2.3800 Y= 9.8733 L=10.1561 θ=103.5528 Hθ=96.1137
  • Z= 9 X= -5.4990 Y= 9.3038 L=10.8074 θ=120.5852 Hθ=104.7169
  • Z=10 X= -8.4870 Y= 8.2454 L=11.8328 θ=135.8272 Hθ=114.5806
slide31
非円形歯車

DXFデータ

slide35
非円形歯車

 今後の研究課題として評価方法を考える。

  • 角速比

   歯車の軸にロータリエンコーダ(回転角検出器)を取り付け、ピッチ曲線上に非接触の速度検知器を取り付ける。この二つを同期させ、そのデータで角速比曲線図を作成。

  • 伝達効率

   実際の歯車は98~99.5%とされているが、軸受け損失や潤滑油をかくはんする損失などが除外されている。そのため実際の効率を測定するのが難しい。そこで駆動歯車と被動歯車にモーター、電圧計と電流計をとりつけ総合的な仕事量を計測する。

slide36
結言
  • CAD/CAE/CAMの一貫化、特殊形状のはすば歯車のねじれ検証と測定を行った。
  • 一対による17:1の高減速比ベベルギアの設計・計算。
  • 汎用CNC工作機械による非円形歯車への応用・試作、ならびに法線出力ソフト開発