1.研究概要及び目的
Download
1 / 20

電子・陽電子リニアコライダー実験のための 物理及び測定器研究 - PowerPoint PPT Presentation


  • 108 Views
  • Uploaded on

1.研究概要及び目的 2.実施状況・成果 3.今後の展望 高エネルギー加速器研究機構        松井隆幸. 電子・陽電子リニアコライダー実験のための 物理及び測定器研究. 概要と目的. 電子・陽電子衝突実験のエネルギーフロンティア を目指す 中国、韓国、インド、台湾などのアジア地域では加速器科学に対する取り組みが飛躍的に進展 -> アジア地域のセンターを期待 1998 年には ACFA (Asian Committee for Future Accelerators) のもとにリニアコライダーの物理と測定器に関する ワーキンググループが発足

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '電子・陽電子リニアコライダー実験のための 物理及び測定器研究' - toshi


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

1.研究概要及び目的

2.実施状況・成果

3.今後の展望

高エネルギー加速器研究機構

       松井隆幸

電子・陽電子リニアコライダー実験のための物理及び測定器研究


概要と目的

  • 電子・陽電子衝突実験のエネルギーフロンティアを目指す

  • 中国、韓国、インド、台湾などのアジア地域では加速器科学に対する取り組みが飛躍的に進展

    ->アジア地域のセンターを期待

  • 1998年にはACFA (Asian Committee for Future Accelerators)のもとにリニアコライダーの物理と測定器に関するワーキンググループが発足

  • このワーキンググループの主要なメンバー国である日本と中国を中心とし、他の構成国とともに、物理の詳細と測定器の検討を進めて行く


Acfa joint linear collider physics and detector working group
ACFA Joint Linear ColliderPhysics and Detector Working Group


斜坑・アクセスホール(AH)

200m2 ( 20〜25mf )

アクセスホールと実験ホール

AT:15mf

実験ホール(EH)

40m x 40m x 84m


  • 本交流事業による学術交流は、ワークショップ等の開催を通してそれを進めていくのが最も有効本交流事業による学術交流は、ワークショップ等の開催を通してそれを進めていくのが最も有効

  • 実際の研究活動は各研究所・大学で進めることを前提として、その経過・成果を持ちより議論する場の提供を重視

  • 本事業ではACFAワークショップシリーズをより組織的に推進

  • 我が国では、1996年から冬季にAcceleratorandParticlePhysicsInstitute (APPI)を安比高原にて開催 本事業ではこのシリーズを国際化し、日本がホストする国際会議としてより組織的に推進


実施状況本交流事業による学術交流は、ワークショップ等の開催を通してそれを進めていくのが最も有効

  • 各年度ごとに数名を派遣

  • 各年度ごとにAPPI研究会の開催

  • ACFA Linear Collider Workshop

    2001年度 精華大学にて開催

    2002年度 東京大学にて開催

    2003年度 Tata研究所(インド)

    2004年度 台湾大学


200本交流事業による学術交流は、ワークショップ等の開催を通してそれを進めていくのが最も有効1年度 精華大学でのワークショップ


成果報告本交流事業による学術交流は、ワークショップ等の開催を通してそれを進めていくのが最も有効

  • PARTICLE PHYSICS EXPERIMENTS AT JLC.By ACFA Linear Collider Working Group (Koh Abe et al.). KEK-REPORT-2001-11, Sep 2001. 457pp. e-Print Archive: hep-ph/0109166

    • List of Authors TOPCITE = 100+

    • References | LaTeX(US) | LaTeX(EU) | Harvmac | BibTeX | Keywords | Cited 117 times


2002 appi2003
2002本交流事業による学術交流は、ワークショップ等の開催を通してそれを進めていくのが最も有効年度 APPI2003


2002 appi20031
2002本交流事業による学術交流は、ワークショップ等の開催を通してそれを進めていくのが最も有効年度 APPI2003


Distinguishing Technicolor models via ttbar productions at polarized photon colliders

Zhang Bin (Tsinghua university)

APPI2004 19 Feb


Distinguishing Technicolor models via ttbar productions at polarized photon colliders

Motivations

  • The color-singlet PGBs would be Resonances

    The color-singlet PGBs couple to initial photons through triangle fermion loops, so they can contribute s-channel resonances .

    The triangle fermion loops are enhanced by the anomaly.

    Recently LEP precision data arrowed the PGBs mass be around the

    effective energy region of 500 GeV LC .


conclusion polarized photon colliders

Considering only the statistical error ,the three improved

thechnicolor models can all be well tested and can be clearly

distinguished from each other at polarized photon collier from

500 GeV linear collider.

A one year integrated luminosity at the TESLA or the JLC

is already sufficient .


成果報告 polarized photon colliders

  • ACCELERATOR AND PARTICLE PHYSICS. PROCEEDINGS, WINTER INSTITUTE, APPI 2001, MORIOKA, APPI, IWATE, JAPAN, FEBRUARY 20-23, 2001.By Y. Fujii,(ed.) (KEK, Tsukuba),. KEK-PROCEEDINGS-2001-16, Jun 2001. 224pp.

    STATUS OF JLC-CDC SIMULATOR BASED ON GEANT4. By K. Hoshina (Tokyo U. of Agric. Tech.),. Feb 2001. Published in *Appi 2001, Accelerator and particle physics* 68-78

    AUTOMATIC CONSTRUCT LAGRANGIAN AND DEDUCE FEYNMAN

    RULES FOR SUPERSYMMETRY MODEL. By Jian-Xiong Wang (Beijing, Inst. High Energy Phys.),. Feb 2001. Published in *Appi 2001, Accelerator and particle physics* 108-121


今後の展望 polarized photon colliders

  • 近隣諸国との学術交流という点での意義は大きく、今後の5年間でも引き続き現行の研究会を継続し、リニアコライダー計画における学術的基礎を固めていく

  • 今後は、組織委員会等の充実を通して、さらに学術水準の高い研究会を目指し、ヨーロッパ地域におけるモリオン会議、ラトゥール会議、北米地域のレイクルウィーズ会議に対応するアジア地域がホストする学術的水準の高い冬の国際会議として定着させていく


ad