slide1 l.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
駅の安全とホーム柵について 考えるシンポジウム PowerPoint Presentation
Download Presentation
駅の安全とホーム柵について 考えるシンポジウム

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 14

駅の安全とホーム柵について 考えるシンポジウム - PowerPoint PPT Presentation


  • 117 Views
  • Uploaded on

駅の安全とホーム柵について 考えるシンポジウム. 2007 年 9 月 22 日 青木慎太朗 視覚障害者の歩行の自由と安全を考える ブルックの会 副代表 羽衣国際大学人間生活学部. 話すこと. ブルックの会で何をしてきたか/しているか 視覚障害者の駅利用について 桃谷駅事故について 「ひとりでできることの価値を問う」という話. ブルックの会のあゆみ. 発足は 1999 年 佐木訴訟の支援 → 1995 年 10 月、大阪市営地下鉄天王寺駅   視覚障害者が電車と接触・転落   安全対策の不備 裁判の論点? 大量高速輸送の円滑 vs 視覚障害者の安全な駅利用.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '駅の安全とホーム柵について 考えるシンポジウム' - thad


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

駅の安全とホーム柵について考えるシンポジウム駅の安全とホーム柵について考えるシンポジウム

2007年9月22日

青木慎太朗

視覚障害者の歩行の自由と安全を考えるブルックの会 副代表羽衣国際大学人間生活学部

slide2
話すこと
  • ブルックの会で何をしてきたか/しているか
  • 視覚障害者の駅利用について
  • 桃谷駅事故について
  • 「ひとりでできることの価値を問う」という話
slide3
ブルックの会のあゆみ
  • 発足は1999年
  • 佐木訴訟の支援→1995年10月、大阪市営地下鉄天王寺駅  視覚障害者が電車と接触・転落  安全対策の不備
  • 裁判の論点?大量高速輸送の円滑vs 視覚障害者の安全な駅利用
slide4
最近のブルックの会
  • 安全柵についての勉強会(昨年12月)
  • 大阪市営地下鉄今里筋線の見学
  • JR桃谷駅の実地調査
  • その他いろいろ例:JR杉本町駅調査→要望書提出
slide5
視覚障害者の駅利用
  • 駅ホームは「欄干のない橋」
  • 点字ブロックだけでは不十分
  • 駅利用の問題を考えるとき、どうしても都市部を念頭に置いて考えがちだが、地方のことも考える必要がある。(人がいないから聞けない・手を貸してもらえない)
slide6
桃谷駅事故
  • 視覚障害夫婦が転落・重傷を負う
  • 反対側に来た列車の音を誤認したものと思われる。
  • 桃谷駅は相対式(対面式)ホーム
  • 駅に停止する列車は一種類ではない!
  • この事故に関する論点は4つ
slide7
論点①――白杖携帯について――
  • 夫(全盲)、妻(弱視)ともに白杖を携帯していなかった。→「本人の自己責任」?
  • 全盲:手引き者がいる場合、杖を浮かせてもつ →したがって、通常の杖の役目をなさない
  • 弱視:杖をスライドさせたりタッチさせたりすることは稀
  • 結論:論点にならない
slide8
論点②――ロービジョン問題について――
  • これまで、視覚障害者の駅ホーム転落といえば、全盲の人のことが考えられていた。
  • しかし、弱視者も転落することがある。
  • 弱視者にとっても、駅ホームは危険である。
  • 明順応・暗順応、車体の色
  • 事故発生が14時25分であるとすれば、反対ホームの列車は膨張色
slide9
論点③――アナウンスについて――
  • 接近のアナウンス:あり
  • 到着(入線)のアナウンス:なし
  • 発車のアナウンス:あり
  • 到着時のアナウンスがあれば確認できた可能性がある
  • 反対側のホームのアナウンスの方がよく聞こえる
slide10
論点④――介助について――
  • 介助があればどうだったか?
  • 周りの乗客:「危ない」では間に合わない
  • ガイドヘルプ:供給が足りていない
  • 駅員:「2日前まで」に連絡しないと             介助してもらえない??
  • ポスターは撤去されてもHPはそのまま
slide11
できることについて
  • できること(上位)、できないこと(下位)
  • できるようになることを目指す → リハビリテーション
  • 視覚障害者がひとりで歩けるようになること
  • 駅を自分の力で利用できるようになること
  • この考え方自体を問う
slide12
社会的につくられた不便さ
  • 駅は大量高速輸送の円滑に資するようにつくられている(健常者が便利に利用できるように配慮)
  • 見える人が便利に利用できるような設備なら、見えない人が不便なのは自明では?
  • この不便さは、見えないことによって生ずるのではなく、社会的につくられたもの。
  • したがって、社会的に除去しうる。
slide13
(とりあえずの)結論
  • 見えない人に対して見える人に伍して「できるようになること」を求めるのではなく、見えない人が利用できるように環境を変えなくてはならない。
  • そのための費用負担は社会的に担われる。
  • 所得保障問題を混同すべきではない。
slide14
文献・URL
  • 青木慎太朗、2007、「ひとりでできることの価値を問う――という視覚障害者の戦略的生存学」(近刊予定)
  • ブルックの会 http://brook.soc.or.jp/
  • グローバルCOE:生存学総政拠点http://www.arsvi.com/