slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
新規O血清群 Aeromonas hydrophila 感染による腸炎の3歳幼児例

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 19

新規O血清群 Aeromonas hydrophila 感染による腸炎の3歳幼児例 - PowerPoint PPT Presentation


  • 217 Views
  • Uploaded on

第114回 日本小児科学会学術集会. 2011 年 8 月 12 日(金) 感染症 2 (細菌性腸炎) 15:00 ~ 15:40. 演題  O – 022. 新規O血清群 Aeromonas hydrophila 感染による腸炎の3歳幼児例. Enterocolitis caused by Aeromonas hydrophila unknown O serogroup : a case report. 国民健康保険智頭病院 小児科. 大谷恭一. はじめに. 裏急後重・粘血便を呈し、入院加療した3歳女児から エロモナス・ハイドロフィラが同定された。.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '新規O血清群 Aeromonas hydrophila 感染による腸炎の3歳幼児例' - teigra


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1
第114回 日本小児科学会学術集会

2011年8月12日(金) 感染症2(細菌性腸炎) 15:00~15:40

演題 O – 022

新規O血清群 Aeromonas hydrophila

感染による腸炎の3歳幼児例

Enterocolitis caused by Aeromonas hydrophila

unknown O serogroup : a case report

国民健康保険智頭病院 小児科

大谷恭一

slide2
はじめに

裏急後重・粘血便を呈し、入院加療した3歳女児からエロモナス・ハイドロフィラが同定された。

病状が重かったことで、国立感染症研究所に依頼し、血清型を調べた結果、未知のO血清群と判明した。

感染源 : 自宅で大型観葉植物を栽培していた瓶に、家族が金魚を入れた。ここで遊んでいた患児が瓶の水を口に入れた接触感染と考えられた。

(イメージ)

国立感染症研究所細菌第一部での検討結果を含め、臨床像について報告する。

slide3
現病歴

某日 夜に嘔吐し、腹痛・下痢を伴った。下痢は増強した。

翌日、下痢は再々で、第3病日起床後も下痢が持続し、粘血便を呈した。経過中発熱はなかった。

第3病日(月曜日)8:30に当科を初診した。

家族歴・生活歴

腹部症状を呈した家族は皆無であった。

保育園など町内の乳幼児に胃腸炎の流行はなし。

slide4
現症

診療方針

不機嫌で、顔色は蒼白気味であった。

発熱はなかった。

呼吸・循環動態に特記すべき異常なし。腹部は平坦で、腸雑音が亢進していた。

皮膚には、紫斑等の発疹なし。

頻回の下痢、全身状態からして、入院加療とした。

slide5
入院時検査

WBC

Neutro

Lymph

Mono

Eosino

Baso

RBC

Hb

Ht

Plt

14,850

77.4

19.1

3.0

0.4

0.1

459×10

13.0

37.9

44.5×10

/μl

%

%

%

%

%

/μl

g/dl

%

/μl

AST

ALT

LDH

CPK

BUN

Cr

Na

K

Cl

CRP

28

10

283

43

10.2

0.19

137

4.1

104

1.94

IU/l

IU/l

IU/l

IU/l

mg/dl

mg/dl

mEq/l

mEq/l

mEq/l

mg/dl

4

4

便培養:提出

画像検査:未実施

slide6
臨床経過

病日

体温

最高37.3℃

嘔吐

下痢

粘血便

持続点滴

抗生物質

注射薬・経口薬ともに使用せず

入院期間

3泊

slide7
便培養結果 : エロモナス・ハイドロフィラ

Aeromonas hydrophila

薬剤感受性

PCG

MPIPC

AMPC

PIPC

CXD

CPDX

CDTR

CFPN

CEZ

PCG

MPIPC

AMPC

PIPC

CXD

CPDX

CDTR

CFPN

CEZ

PCG

MPIPC

AMPC

PIPC

CXD

CPDX

CDTR

CFPN

CEZ

PCG

MPIPC

AMPC

PIPC

CXD

CPDX

CDTR

CFPN

CEZ

R

R

R

S

R

I

S

S

R

R

R

R

S

R

I

S

S

R

R

R

R

S

R

I

S

S

R

R

R

R

S

R

I

S

S

R

CTRX

CZOP

FMOX

MEPM

DRPM

SBT/ABPC

SBT/CPZ

ISP

EM

CTRX

CZOP

FMOX

MEPM

DRPM

SBT/ABPC

SBT/CPZ

ISP

EM

CTRX

CZOP

FMOX

MEPM

DRPM

SBT/ABPC

SBT/CPZ

ISP

EM

CTRX

CZOP

FMOX

MEPM

DRPM

SBT/ABPC

SBT/CPZ

ISP

EM

S

S

S

S

S

R

S

S

R

S

S

S

S

S

R

S

S

R

S

S

S

S

S

R

S

S

R

S

S

S

S

S

R

S

S

R

CAM

AZM

CLDM

MINO

TFLX

LVFX

PZFX

VCM

FOM

CAM

AZM

CLDM

MINO

TFLX

LVFX

PZFX

VCM

FOM

CAM

AZM

CLDM

MINO

TFLX

LVFX

PZFX

VCM

FOM

CAM

AZM

CLDM

MINO

TFLX

LVFX

PZFX

VCM

FOM

R

R

R

S

S

S

S

R

R

R

R

R

S

S

S

S

R

R

R

R

R

S

S

S

S

R

R

R

R

R

S

S

S

S

R

R

slide8
精査に至る経過

国立感染症情報センター 〔感染症の話〕 を参照 :

「本菌の血清型別は国立感染症研究所において実施できる」とあり、精査依頼を願った。

SRLから菌株を取り寄せ、国立感染症研究所に依頼電話をし、臨床経過、菌株を送付した。

SRLから菌株を取り寄せ、国立感染症研究所に依頼電話をし、臨床経過、菌株を送付した。

菌 種

O血清群

Aeromonas hydrophila

OUK

 :O unknown ( The serotype system of Aeromonas spp. Covers 100 antigens at present)

新規O血清群と判明

: 細菌第一部 荒川英二先生

結果

Aeromonas hydrophila O101

国立感染症研究所 細菌第一部  荒川英二先生

結果

slide9
act

act

ast

ast

alt

alt

1

A. hydrophila O101

1

2

3

4

M

1

2

3

4

M

1

2

3

4

1

1

2

2

3

3

4

4

M

M

1

1

2

2

3

3

4

4

M

M

1

1

2

2

3

3

4

4

2

V. cholerae O1

1

3

4

M

1

3

4

M

1

3

4

2

2

2

3

A. hydrophila O1

3

A. hydrophila O1

4

A. hydrophila O17

4

A. hydrophila O17

1

2

3

4

M

1

2

3

4

M

1

2

3

4

3・4:参照株

3・4:参照株

M

100 bp ladder marker

2:コレラ菌( V. cholerae O1)Aeromonas の病原因子 陰性

PCRによるAeromonas hydrophila病原因子の検出

1

A. hydrophila O101

1

A. hydrophila O101

Aeromonas は、

オキシダーゼ試験陽性で、

V. cholerae O1 (コレラ菌) と

同じVibrio属とされていた

水系細菌でもあって、

同定には留意が必要です。

荒川英二 先生 

2

V. cholerae O1

2

V. cholerae O1

3

A. hydrophila O1

4

A. hydrophila O17

2:コレラ菌( V. cholerae O1)Aeromonas の病原因子 陰性

参照 : Appl. Environ. Microb. 76, 425-433 (2010)

slide10
考察

エロモナス属菌のヒトへのかかわり

1800年代末期

カエルの赤肢病の病原菌

1950年代中頃

1970年代以降

1982年

ヒトでの報告例

ヒトの下痢症における関心

わが国:食中毒菌に指定

A.hydrophilaおよび A.sobria

引用: 感染症の話

http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k01_g1/k01_3.html

カエルの赤肢病の病原菌

考察

付) 赤肢病(レッドレッグ症候群) 細菌性皮膚敗血症

様々な細菌の感染によって引き起こされる。カエルのももが赤くなる症例が多いため、赤肢病と呼ばれる。カエルなど飼育中の両生類の病気としては一般的。

slide11
考察

引用:感染症の話

エロモナス : 病原体

グラム陰性の嫌気性桿菌で、  菌体の一端に単毛の鞭毛を持つ

http://microbewiki.kenyon.edu/images/a/a4/Aeromonas1.jpg

グラム陰性の嫌気性桿菌で、  菌体の一端に単毛の鞭毛を持つ

slide12
考察

エロモナス属の分類

◇ 16のハイブリダイゼーション群(HG)

14遺伝種、13表現種

◇ ヒトからの分離が多い遺伝種

ヒトからの分離

遺伝種

HG

++++

++++

++++

++

++

++

++++

A.hydrophila

A.caviae c

A.veronii

A.jandaei

A.schubertii

trota

A.hydrophila

1

4

8

9

12

14

1

2001年1月掲載

slide13
考察

引用:感染症の話

エロモナスの疫学

エロモナスは淡水域の常在菌で、河川、湖沼、その周辺の土壌および魚介類等に広く分布している。沿岸海水からもよく分離される。

分離率は、地域、年、季節や検査方法などで異なり、熱帯・亜熱帯地域の開発途上国で高い。該当地域への渡航者からも本菌が分離される。

わが国では、症例のほとんどは散発例で、小児や50歳以上の成人に多く発生するのが特徴的である。

腸管外感染症の原因ともなり、下痢症に次いで多いのは創傷感染症である。

エロモナスは淡水域の常在菌で、河川、湖沼、その周辺の土壌および魚介類等に広く分布している。沿岸海水からもよく分離される。

分離率は、地域、年、季節や検査方法などで異なり、熱帯・亜熱帯地域の開発途上国で高い。該当地域への渡航者からも本菌が分離される。

わが国では、症例のほとんどは散発例で、小児や50歳以上の成人に多く発生するのが特徴的である。

腸管外感染症の原因ともなり、下痢症に次いで多いのは創傷感染症である。

slide14
考察

引用:感染症の話

臨床症状

平均12時間の潜伏期多くは軽症の水様性下痢や腹痛を主訴として発症通常、発熱はあっても軽度1 ~3日で回復

時に、激しいコレラ様の水様性下痢を起こすことがあり、稀に血便、腹痛および発熱を伴う症例もみられる。

下痢が長期間(~ 数週間)持続する患者では潰瘍性大腸炎に類似する状態を起こすこともある。

時に、激しいコレラ様の水様性下痢を起こすことがあり、稀に血便、腹痛および発熱を伴う症例もみられる。

slide15
考察

引用:感染症の話

病原診断

軽度の急性胃腸炎であることが多く、確定診断には糞便からの菌の分離が必要である。

分離培養検査には、SS、DHL、マッコンキー寒天培地などを適用できる。

同定は生化学的性状によって行われるが、エロモナス・ハイドロフィラの性状に一致しない臨床由来の中温性エロモナスも無視できないので、注意が必要である。

本菌の血清型別は国立感染症研究所で実施できる。

本菌の血清型別は国立感染症研究所で実施できる。

slide16
考察

引用:感染症の話

治 療

軽症例では自然に治癒する。

赤痢様あるいはコレラ様の症状を呈した場合には、

経口または静脈内輸液等の対症療法と共に

抗菌薬の投与が必要である。

培養結果が出るまでに

病状軽快し、用いず

成人ではニューキノロン系、

小児にはノルフロキサシン、

5歳未満の小児にはフォスホマイシンを選択し、

常用量3~5日間の内服による治療が一般的である。

成人ではニューキノロン系、

小児にはノルフロキサシン、

5歳未満の小児にはフォスホマイシンを選択し、

常用量3~5日間の内服による治療が一般的である。

slide17
考察

引用:感染症の話

予 防

一般の細菌性食中毒の予防法と同様である。

特に注意すべきことは、給水施設の衛生管理が不十分な水を飲用しない。

本菌の汚染が考えられる水あるいは魚介類からの調理食品の二次汚染を防止する。

4~7℃でも増殖するので冷蔵保存を過信しない。

開発途上国への旅行者および滞在者は、生水を摂取しないように十分注意する。

一般の細菌性食中毒の予防法と同様である。

開発途上国への旅行者および滞在者は、生水を摂取しないように十分注意する。

slide18
考察

引用:感染症の話

食品衛生法での取り扱い

食中毒が疑われる場合は、24 時間以内に最寄りの保健所に届け出る。

要約

slide19
要 約

頻回の水様下痢、粘血便を呈した感染性腸炎の3歳幼児例において原因菌を検索した結果、新規O血清群 Aeromonas hydrophilaが同定されたので報告した。

 ⇒ 「Aeromonas hydrophila O101」

謝 辞

国立感染症研究所 細菌第一部  荒 川 英 二 先生 に深謝いたします。

以上です。

ありがとうございました。

ad