47070
Download
1 / 15

????????????? [1] - PowerPoint PPT Presentation


  • 125 Views
  • Uploaded on

47070. オブジェクト指向モデリング [1]. 2002 年 10 月 1 日. オブジェクト指向モデリング. 講師紹介. 児玉公信 技術士(情報工学部門) (株)エクサ 技術部 オブジェクト指向技術の社内・社外のコンサルテーション プロジェクト管理技法のコンサルテーション SPBOM (生産管理システム)の事業化 東京都立大学人文学部(認知心理学) 著書・訳書 「実践ファンクションポイント法」,日本能率協会マネジメントセンター, 1999 「 UML によるシステム分析設計」,日経 IT プロフェッショナル連載, 2002

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '????????????? [1]' - tariq


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
Slide1 l.jpg

47070

オブジェクト指向モデリング[1]

2002年10月1日


Slide2 l.jpg

オブジェクト指向モデリング

講師紹介

  • 児玉公信

    • 技術士(情報工学部門)

    • (株)エクサ 技術部

      • オブジェクト指向技術の社内・社外のコンサルテーション

      • プロジェクト管理技法のコンサルテーション

      • SPBOM(生産管理システム)の事業化

    • 東京都立大学人文学部(認知心理学)

    • 著書・訳書

      「実践ファンクションポイント法」,日本能率協会マネジメントセンター,1999

      「UMLによるシステム分析設計」,日経ITプロフェッショナル連載,2002

      Date著 「データベースシステム概論」,丸善,1997

      Fowler著 「アナリシスパターン」,アジソンウェスレイジャパン,1998

      Ricketts著 「ソフトウエア開発のプロジェクトマネジメント入門」,日刊工業,1999

      Fowler著 「リファクタリング」,ピアソンエデュケーション,2000

      Marshal著 「企業情報システムの一般モデル」,ピアソンエデュケーション,2001

      Erikkson & Penker著 「UMLによるビジネスモデリング」,ソフトバンク,2002

      Garmus & Herron著 「Function Point Analysis」,ピアソンエデュケーション,2002


Slide3 l.jpg

オブジェクト指向モデリング

テキスト

  • Perdita Stevens with Rob Pooley

    • Using UML: Software Engineering with Objects and Components

      児玉監訳,

    • 「オブジェクト指向とコンポーネントによるソフトウェア工学-UMLを使って-」,ピアソンエデュケーション,2000,

      ISBN4-89471-263-6


Slide4 l.jpg

オブジェクト指向モデリング

この科目の主題と目標

  • 概念レベルのモデリング

    • ビジネス要求の本質を理解し,当事者間で共有する活動

    • 効果的な情報システムの構築

    • 成長し続ける情報システム

  • 良いモデル

    • ビジネス構造やビジネスルールを的確に記述

  • モデルの書き方

    • 要求記述,対象領域の概念構造の記述,ビジネスルールの記述,業務フローの記述およびオブジェクトどうしの対話の記述

    • 事例を取り上げて実際にモデリングを行い,モデリングプロセスを体験しつつ,良いモデルを追及


Slide5 l.jpg

オブジェクト指向モデリング

シラバス

  • 授業計画

月日

内容

1

10月 1日

オリエンテーション:モデルとは何か。

2

10月 8日

良い情報システムとはどんなものか。結合度,凝集度。

3

10月15日

オブジェクト指向の概念とUMLの導入

4

10月22日

モデルの事例:図書館システムによるUMLのモデル

5

10月29日

静的モデル1:概念と集合,型と多重度

6

11月 5日

静的モデル2:関連,関連型,ロール,サブタイプ,知識レベル,インスタンス図

7

11月12日

静的モデル3:自然な正規形,知識レベル,抽象型

動的モデル1:ユースケース記述,シナリオ,システム境界

8

12月 3日

動的モデル2:協調図,シーケンス図,状態図,活動図

9

12月10日

モデルの理解:アナリシスパターン,事例

10

12月17日

モデリング1:CS4の事例,モデル図の作成,モデルの評価基準

11

1月 7日

12

1月14日

静的モデル4:再帰関連,モデルの深い理解

13

1月21日

モデリング2:例題によるユースケース記述とモデル図の作成

試験

1月28日

UMLの基礎知識,インスタンス図,ユースケース記述,モデル図の作成


Slide6 l.jpg
質問カード

  • 授業の途中で,ふと疑問に思ったことなどを質問カードに書いてください。もちろん,その場で質問していただくことも歓迎します。

  • 授業の終わりに回収します。特に質問がなければ次回以降のためにカードは持っていてください。

  • 次回の授業の始めに,回答します。

  • 匿名の質問でも結構です。

  • 1回目は,この授業に期待することなどを書いていただければうれしいです。


Slide7 l.jpg

オブジェクト指向モデリング

第1回 モデルとは何か

1.1 ソフトウェアと情報システム

1.2 情報システムとモデル

1.3 モデル

1.4 概念モデル

1.5 認識主体


Slide8 l.jpg

1.モデルとは何か

1.1 ソフトウェアと情報システム

  • 「ソフトウェア」とは何か

    • プログラムとデータ

  • 「システム」とは何か

    • 創発,通信,階層

  • ものの見方,解釈

自然システム

人工システム

人間活動システム

社会・文化システム

(Wilson, B., 根来監訳:「システム仕様の分析学」, 共立出版,1996)


Slide9 l.jpg

1.モデルとは何か

1.1 ソフトウェアと情報システム

  • ソフトウェア工学

    • ものづくり(良い品質,速く,安く,安全に)

  • 情報システム学

    • システムづくり(有用性,合目的性)

    • 人間活動システム

      人間が目的を持って行う活動

      相互連関しあう活動の集合

      複雑系

      付随する社会システム

      accommodation

    • 「ソフト」な問題状況を扱う

      • マネジメントの複雑性

      • 問題解決(のための変換)


Slide10 l.jpg

1.モデルとは何か

1.2 情報システムとモデル

  • 情報システムのモデル

    • 概念モデル

    • Universe of Discourse

      • 関心領域の認識

      • 認識の構成要素

        • 人間活動システムに「存在するものの見方」

        • システム定義に対応する活動の集まり

    • 理解の共有

  • 情報システムの構築

    • 概念モデル→仕様モデル→実装モデル

過不足なく


Slide11 l.jpg

1.モデルとは何か

1.3 モデル

  • モデルとは,

    ある人にとっての,ある状況あるいは状況の概念の明示的な解釈

  • モデルの分類

    • アイコン型モデル

      ミニチュア模型(or拡大模型)

    • 類比型モデル

      実物の代わり

    • 分析型モデル

      数式表現

    • 概念モデル

現実世界


Slide12 l.jpg

1.モデルとは何か

1.4 概念モデル

  • 概念モデル

    • 関心領域についての考察を助ける

    • 概念を図式化する

    • 構造と論理を定義する

    • 設計の前提とする

  • メンタルモデル

    • Johnson-Lairdなど

    • 思考操作のための概念構造の表現

      • 捨象,単純化

      • 構造の理解→シミュレーション,予測

    • ミシンの上糸と下糸

  • 認識の共有

    • モデリング言語


1 5 1 l.jpg

1.モデルとは何か

1.5 認識主体(1)

  • モデルで表現されるべきもの

    • 人間活動システムの…

      • 基本定義(Root Definition)

        • システムのインスタンスしか定義できない

        • 目的

          • 変換(Transformation)

        • 受益者(Customer)

        • 組織(Agent)

        • 世界観(Weltanschauung)

        • 環境(Environment)

        • システムの所有者/観測者(Owner)

      • プロセス

      • 概念

CATWOE


1 5 2 l.jpg

1.モデルとは何か

1.5 認識主体(2)

  • モデルの認識主体

    • システムのOwner/Observerの視点

      • 階層性

      • 要求

        • アクタと役割(Role)

      • 視点が異なるモデルは単純に接続できない

        • 意味/世界観のギャップ

      • 認識主体はモデルには現れない

  • モデリングする人(modeler)

    • 理解→設計→実装

  • 良いモデル

    • 本質性

    • 最小かつ完備

    • 文脈依存


Slide15 l.jpg

1.モデルとは何か

1.6 モデリングの歴史

1970年代

1980年代

1990年代

2000年代

前半

後半

前半

後半

前半

後半

前半

PASCAL

smalltalk

C(ANSI)

Ada

Eiffel

C++

JAVA

XML

エクストリームプログラミング

ラショナル統一プロセス

構造化プログラミング

構造化方法論

オブジェクト指向方法論

ウォータフォール

CASE

MDA

デザインパターン

NSチャート

HCP,

PADなど

アナリシスパターン

ワーニエ法

シーケンス図

ビジネスモデリング

JSP

JSD

モジュール図,

プロセス図

モジュール構造図

HIPO

構造化チャート

SADT図

(IDEF0)

DFD

1.0

1.4

さまざまな

クラス図,オブジェクト図

UML

バックマン線図

E-R図

Odell図

IDEF1

IDEF1X

ペトリネット

IDEF3

Harel図

状態遷移図

エッセンシャルユースケース

ユースケース


ad