japanese government funding ipv6 networks n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
Japanese Government Funding IPv6 Networks PowerPoint Presentation
Download Presentation
Japanese Government Funding IPv6 Networks

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 48

Japanese Government Funding IPv6 Networks - PowerPoint PPT Presentation


  • 86 Views
  • Uploaded on

Japanese Government Funding IPv6 Networks. 東京大学 大学院 情報理工学系研究科 助教授 通信・放送機構  IPv6 システム運用技術開発センター長 IPv6 普及高度化推進協議会 専務理事 WIDE プロジェクト ボードメンバー 江崎 浩 (Hiroshi ESAKI) <hiroshi-sec@hongo.wide.ad.jp>. Policy speech. Prime Minister, Yoshiro Mori Sep. 21, 2000

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'Japanese Government Funding IPv6 Networks' - tamika


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
japanese government funding ipv6 networks

Japanese Government Funding IPv6 Networks

東京大学 大学院 情報理工学系研究科 助教授

通信・放送機構 IPv6システム運用技術開発センター長

IPv6普及高度化推進協議会 専務理事

WIDEプロジェクト ボードメンバー

江崎 浩(Hiroshi ESAKI)

<hiroshi-sec@hongo.wide.ad.jp>

policy speech
Policy speech
  • Prime Minister, Yoshiro Mori
  • Sep. 21, 2000
    • I shall boldly address the diverse range of issues we face, including the early realization of e-government, the computerization of school education and the development of systems compatible with the integration of communications and broadcasting, on the basis of discussion in the IT Strategy Council. We shall also aim to provide a telling international contribution to the development of the Internet through research and development of state-of-the-art Internet technologies and active participation in resolving global Internet issues in such areas as IP version 6 (IPv6).
    • http://www.kantei.go.jp/foreign/souri/mori/2000/0921policy.html
slide3

IP version 6 Activities in Japan

- Federal Government-

  • Ministry of Public Management, Home Affairs, Post and
  • Telecommunications
    • $ 90 Million for IPv6 in 2000FY
    • JGN (Japan Gigabit Network) IPv6 Deployment
    • Internet forum
  • Ministry of Economy, Trade and Industry
    • wireless internet node and system with IPv6
    • security related work around IPv6
  • ITS (Intelligent Traffic System) with IPv6
    • few hundreds of billion dollars
  • Satellite internet with IPv6 (i.e., AIII with CRL)
slide4

IP version 6 Activities in Japan

- Federal Government-

  • Nation-wide R&D Network by MPHPT
    • JGN(Japan Gigabit Network)
  • Commercial ISPes with IPv6
    • Supporting deployment of IPv6
  • De-regulation to deploy the high-speed always connected
    • FTTH
    • Full IP mobile internet system
      • development funds
      • radio frequency
ipv6 testbeds
IPv6 Testbeds
  • JGNv6
    • Funded by MPHPT
  • IPv6 Promotion Council
    • Supported by MPHPT
  • APAN
    • Funded by MEXT
  • AI3
    • Supported by CRL
jgn japan gigabit network

JGN(Japan Gigabit Network)

・ ATM Backbone with OC-48(2.4Gbps)

・ Run by TAO (通信放送機構)

・ 5 years project, since 1999

・ POPs and Research Centers

・ Layer 2 and Layer 3 services

・ JGNv6 (for IPv6) in 2001

general service since April 2002

slide7

長野市フル

ネットセンター

松本ソフト

開発センター

新潟大学

ギガビットネットワーク通信回線構成図

北海道大学

岩見沢市自治体

ネットワークセンター

北海道-2

600M

150M

札幌

北海道-

ギガビット級通信回線

NS8000(ATM交換機/接続装置)

150M

札幌情報総合センター

北海道-1

GX550(ATM交換機)

北海道-3

北海道-1 アクセスポイント名

NS8000(中継回線交換機)

CISCO7513

ASX1000(接続装置)

八戸工業大学

東北-6

CISCO7507

150M

ATOMIS7(接続装置)

石川ハイテク

交流センター

150M

秋田県立大学

新規設置アクセスポイント(接続装置)

150M

岩手県立大学

仙台

東北-

信越-2

リサーチセンター(TAOの直轄研究関連施設)

600M

東北-3

北陸-3

150M

福井大学

注) ここにあげた構成は現状のものであり、今後変更される可能性があります。

慶應義塾大学

先端生命科学研究所

東北-1

150M

東北大学

東北-4

北陸-4

150M

(株)富山県

総合情報センター

50M

島根県庁

鳥取大学

150M

東北-

北九州情報通信

研究開発支援センター

中国-2

中国-

50M

150M

北陸-2

150M

東北-2

仙台市情報・

産業プラザネ!ットU

九州-2

会津大学

中国-

150M

50M

テレポート

岡山ビル

東北-5

ニューメディア

プラザ山口

広島大学

150M

150M

金沢

信越-1

NetComさが

推進協議会

150M

長野

兵庫県立粒子線医療センター

中国-4

中国-3

宇都宮大学

九州-4

高崎市役所

北陸-1

近畿-

関東-

150M

150M

150M

関東-

広島市立大学

岡山

信越-3

50M

中国-

近畿-4

150M

つくば情報通信

研究開発支援センター

150M

150M

150M

天神

大阪大学

150M

関東-2

九州-1

中国-1

600M

天神

600M

150M

信越-4

長崎大学

近畿-3

九州大学

早稲田大学

国際情報通信研究センター

九州-3

150M

150M

九州-5

600M

淡路

京都大学

150M

淡路

近畿-1

150M

大手町

関東-3

山梨県開放型

研究開発センター

150M

ソフトピア

ジャパンセンター

150M

600M

150M

関東-8

熊本ソフトウエア

東京大学

(財)ハイパーネット

ワーク社会研究所

九州-6

150M

ネクスト香川

高松

東海-2

関東-4

四国-2

150M

九州-

150M

150M

四国-1

150M

けいはんな情報通信

研究開発支援センター

150M

150M

電気通信大学

鹿児島大学

150M

名古屋

関東-6

大手町

近畿-2

50M

九州-

和歌山大学

NOC

近畿-

150M

600M

宮崎大学

東海-1

150M

150M

愛媛大学

滋賀医科大学

50M

(株)横須賀

テレコムリサーチパーク

九州-

50M

名古屋大学

四国-

150M

近畿-

東海-3

高知RC

関東-7

徳島大学

150M

静岡県立大学

幕張RC

奈良先端科学

技術大学院大学

150M

名護市マルチメディア館

三重県立

看護大学

沖縄情報通信

研究開発支援センター

東海-5

東海-4

沖縄-2

近畿-5

沖縄-1

jgn ipv6 network configuration
JGN IPv6 Network Configuration
  • Features
    • Native IPv6 network
    • ATM link as a backbone link for flexible network configuration
    • IPv4/v6 Dual Stack Operation
    • Powered by WIDE Project
  • IPv6 Sites
    • Four core sites
      • University of Tokyo, Tele-Port Okayama, NTT-Dojima, Kyushu University

(*) Core sites are connected via ATM OC-12 links

    • Router Site : 28
    • Bridge Site : 29
slide9

札幌

仙台

那覇

金沢

長野

つくば

幕張

京都

東京

岡山

大阪

名古屋

けいはんな

高松

北九州

福岡

高知

JGN (Japan Gigabit Network) IPv6 Service

IPv6 Routers; Cisco, Juniper, Hitachi, Fujitsu, NEC

(*) All routers yield more than

500 Mbps throughput 

(*) Agenda FY 2002

1. OSPFv3 & IS-IS

2. Multicast

3. Full scale dual stack operation

4. SMNP with IPv6

JGN IPv6 NOC ; 26 sites

- Otemachi(Tokyo), Dojima(Osaka), Research Center (Tohoku-U, Makuhari, U-Tokyo,

Kochi), Giga-Lab (Tsukubam Keihan-na, Okayamam Kokura), Tohoku-U, U-Tokyo,

Keio-U, Nagoya-U, Toyama, Ishikawa/JAIST, NAIST, Softpia, Kyoto-U, Osaka-U,

KUSA、Hiroshima-U, Hiroshima-CU, Kyushu-U, Saga-U, Okinawa

Interoperability, conformance and performance Evaluation Lab. ; 3 sites

Otemachi, Okayama, Makuhari

jgn ipv6

徳島大学

愛媛大学

鳥取大学

倉敷芸術

科学大学

まつもと情報創造館

岡山情報通信

研究開発

支援センター

石川ハイテク

交流センター

広島大学

高知通信

トラフィック

リサーチ

センター

広島市立

大学

ニューメディア

プラザ山口

長野市

フルネットセンター

富山県総合

情報センター

NTT天神

新潟大学

大分第2ソフィア

プラザビル

東京大学インテリジェント

モデリングラボラトリー

IPv6システム

検証評価センター(岡山)

岩見沢自治体

ネットワークセンター

鹿児島大学

東北大学

電気通信研究所

札幌総合

情報センター

北九州情報通信

研究開発支援センター

九州大学情報

基盤センター

東京大学情報

基盤センター

東北大学

情報シナジーセンター

八戸工業大学

佐賀新聞社

岩手県立大学

大手町IPv6システム

運用技術開発センター

名護

マルチ

メディア館

沖縄情報通信

研究開発支援センター

仙台市

プラザネ!ットU

幕張IPv6システム

検証評価センター分室

会津大学

大阪 NTT堂島

名古屋大学

つくば情報通信

研究開発支援センター

宮崎大学

電気通信大学

熊本県庁

慶應義塾大学

矢上キャンパス

長崎大学

大阪大学

京都大学

けいはんな情報通信

研究開発支援センター

奈良先端

科学技術

大学院大学

ソフトピアジャパン

センター

慶應義塾大学

湘南藤沢キャンパス

兵庫県粒子線

医療センター

滋賀医科大学

和歌山大学

三重県立

看護大学

東京大学

JGNのIPv6ネットワーク構成
  • 東京(東京大)、大阪(NTT堂島)、岡山(岡山検証評価センター)、九州(九州大学)の四拠点を中心にネットワークを展開
    • IPv6機能の実装状況に応じてトポロジは変更可能
slide11

Kochi

Kurashiki

Tohoku-U

Tsukba

Softpia

Otemachi

Makuhari

NAIST

Osaka

Kyoto

Tokushima

Sapporo

Iwamizawa

Iwate

Ehime

Hiroshima City

Matsumoto

Nagano

Niigarta

Okayama

Hachinohe

Tohoku

Tottori

Hiroshima

Okayama-Lab

Toyama

JAIST

Yamaguchi

Kokura

Tenjin

Aizu

Sendai

Kyushu U.

Nezu

Netcom Saga

Tsuruoka

Gunnma

Nagasaki

Keio Yagami

Kumamoto

Ooita

Nagoya

Miyazaki

Dojima

Kagoshima

Utsunomiya

Hongo

Keio SFC

IML-Hongo

Hyogo

Shiga

Okinawa

YRP

Mie

Wakayama

Sunnyvale

to Abeline

Nago MM

Chofu

Keihanna

External Connectivity;

APAN, APII, WIDE, v6PC

addressing and routing
Addressing and Routing
  • IPv6 Address Block
    • 3ffe:516::/32 (NLA address provided by WIDE pTLA space)
    • Hierarchical address allocation
    • BGP peering using own AS(Autonomous System) number
  • Routing
    • RIPng, BGP4+, Static and Default
    • OSPFv3, PIM-SM is an agenda for 2002FY
external connectivity
External Connectivity
  • IPv6 networks
    • Peering at the NSPIXP-6 in Tokyo
      • 8 Peers in 2001FY
    • Peering at the Sunnyvale POP with Abeline
  • IPv4 networks
    • Application gateway powered by KAME stack
    • 6to4 service by KDDI Lab.
servers in the jgn ipv6
Servers in the JGN IPv6
  • DNS, Web, MX servers, that are IPv6/v4 dual stack operation
  • DNS (Bind 9)
    • M-root DNS works with IPv4, at this moment
    • IPv6 record (AAAA record) ready DNS servers
    • Jointly working with M-Root DNS server operators
  • WWW (Apache), SMTP (sendmail)
    • Essentially the same operation as IPv4 does
service interface of jgn ipv6
Service Interface of JGN IPv6
  • 47 Access Points over nation-wide JGN IPv6 backbone
  • Ethernet(10/100Mbps) interface
  • IPv6 address allocation based on the application to the JGNv6 operator
configuration of router site
Configuration of Router Site
  • IPv6 router and Ethernet switch
  • Address block is maintained by individual router site administrator.
configuration of bridge site
Configuration of Bridge Site
  • ATM-Ethernet Bridge and Ethernet Switch
  • Upstream router site’s administrator allocate the IPv6 address to the user site
otemachi operation center ipv6
Otemachi Operation center大手町IPv6システム運用技術開発センター
  • JGN IPv6 network design
  • JGN IPv6 network operation
    • Management of IPv6 network information
    • Server (e.g.,DNS, WEB) operation
    • External peering (I.e., NSPIXP-6/2, 6bone, Abilene)
    • JGN IPv6 address management
  • Development and evaluation of operational tools
    • Network management system
    • Configuration manager
olayama evaluation lab ipv6
Olayama Evaluation Lab.岡山IPv6システム検証評価センター
  • Interoperability and performance evaluation of IPv6 equipments
    • Equipped with all routers and switches installed on JGNv6
    • Vendor can bring in their equipments to evaluate
    • Feedback to vendor and operator

バグ、不具合などの

フィードバック

計測ツール

トラフィック発生ツール

岡山IPv6システム

検証評価センター内

ネットワーク

ベンダー

IPv6ルータ

IPv6ルータ

IPv6機器

持ち込み

持ち込みIPv6ルータ、

Layer3スイッチ、など

相互接続性の検証

v6 promotion council
V6 Promotion Council
  • Four Working Groups
    • Application WG
      • Next generation Internet applications based on IPv6
    • Testbed WG
      • Design, establish and operation of IPv6 testned
      • IPv6 middleware
      • Router development
    • V6 core technology WG
      • Basic and platform technology development
    • Strategy WG
slide27

IPv6 Promotion Council Test-bed

- working with commercial players -

  • Carriers/ISP : NTT groups, Yusen, IP_Revolution, Tokyo Metallic,
  • JCN, Biglobe, Nifty, etc.,
  • Operating System : Microsoft, BSD, Mac, Sun, Linux
  • Data Center : NTT Communications, and others
  • DRM : KeelNetworks
  • CDN : Accelier
  • VoIP : SoftFront
  • Wireless : NOKIA, SHARP, NTT-DoCoMo, J-Phone
  • Cable Modem : Panasonic, Hitachi and etc.,
  • Sensor node : Yokogawa
  • Satellite : JCSAT/NTTSC
  • Game gear : SONY(Play Station 2)
  • Security (IPSec/IKE/PKI/IDS/DDoS) : INTEC and others
slide29
広帯域ネットワーク環境

広帯域アクセスが可能な実験環境を構築

(ブロードバンド+常時接続+IPv6の具体化)

都市網

光ファイバ

地方CATV

特定エリア

鉄道近辺(例)

データセンタ in 大手町

R

IX

マルチキャスト

マルチキャスト

xDSL

JGN IPv6

光ファイバ

マルチキャスト

大学

研究機関

特定エリア

商店街(例)

特定住宅

マンション(例)

特定場所

公共施設(例)

slide30

IPv6ネットワーキング技術研究、及びIPv6普及促進に向けた実証研究IPv6ネットワーキング技術研究、及びIPv6普及促進に向けた実証研究

既存インターネット接続網

既存ISP網

IPv6網

コンテンツ配信システム

ネットワーク監視システム

IPv6ヘルプデスクなど

IPv6実験網

NTT-C相互接続検証網

大手町

データ

センター

ISPを介した

ルーティング・接続

光ファイバー 

ASDL

CATV

移動体通信網

地上波デジタル

移動中

通信

地上波ディジタル

放送との融合

IP

電話

認証

セキュリティ

ホーム

ルータ

高速

ルーティング

無線

LAN

異環境接続確認

NWトラヒック状況

ストリーミング等

End‐to‐End

通信

リモート

アクセス

ストリーム

配信

双方向リアル

タイム画像通信

slide31

マルチメディアコンテンツ配信モデルの検証及び課金・認証機能の開発と実証実験マルチメディアコンテンツ配信モデルの検証及び課金・認証機能の開発と実証実験

・ 接続実証実験及び課金・認証サーバの開発

・ 課金・認証システムに伴うセキュリティ・プライバシー保護に関するモデルの策定及び実証実験

一般利用者のメリット

・ 利用者は一元的にコンテンツの利用に伴う履歴を確認し、決済の一元化が可能となる

コンテンツサーバ

認証等

コンテンツ配信

IPv6 NetWork

課金システム

認証システム

slide32

IPv6/v4共用キャッシュ技術の開発と実証実験

・ キャッシュを利用したコンテンツ配信サービスにおける、IPv6コンテンツ同期・配送機構技術の開発

・ IPv4からのIPv6への移行にも影響されない、プロトコル、IPアドレスに非依存なキャッシュ技術の開発

・ IPv6実証実験網及び動画像・音声を含んだコンテンツを利用した技術検証

一般利用者のメリット

・ 利用者はIPv6/v4を気にすることなく、コンテンツを閲覧することが可能となる。

コンテンツサーバ

コンテンツ提供

コンテンツ提供者

コンテンツ同期機構

キャッシュ

サーバ

IPv6NetWork

コンテンツ    配信

コンテンツ同期機構

コンテンツ提供

コンテンツサーバ

コンテンツ提供者

slide33

PHS/WCDMA

NetWork

IPv6 NetWork

MobileIPv6を用いたワイヤレス・インターネットサービスの開発研究と実証実験

・ コムサーバの開発研究

電車/列車内で無線LANを用いた高速、安価なワイヤレスサービスの提供

・MobileIPv6実装開発研究

 ショッピングモール、駅・空港・オフィス・家庭などインドア環境で無線LANを用いたNon-インターネットアクセス・システムの開発

一般利用者のメリット

・ロケーションに関わらず安全でシームレスなインターネットアクセスを提供・ホームやオフィスの環境を安価でセキュアな無線LAN公衆アクセスで実現

無線LANカード

(スマートカード付)

無線LANカード

(スマートカード付)

(Mobile IPv6 RT)

(Mobile IPv6 RT)

無線LAN AP

(コム・サーバ)

無線LAN AP

電車内

無線LANカード

(スマートカード付)

(Mobile IPv6 RT)

ショッピングモール・駅・空港

オフィス・家庭

slide34

移動体通信におけるIPv6ハンドオーバー、認証、セキュリティ技術の研究移動体通信におけるIPv6ハンドオーバー、認証、セキュリティ技術の研究

・ IPv6サービスで、移動体通信端末の移動によるハンドオーバー、認証、セキリュティを具備した

移動プロトコル開発及び無線端末の開発

・ 上記開発プロトコルを実装した無線システムによる広域実証実験の実施

(基地局設置:屋内・屋外)

電波強度の比較

IPv6 NetWork

認証サーバ

ホーム

エージェント

slide35

IPv6ネットワーク上におけるIP電話相互接続開発IPv6ネットワーク上におけるIP電話相互接続開発

・ VoIPストリーム゙エンジンとIP電話端末の開発及び分散型電子電話帳の開発

・ IPv6でのPCやIP電話機との通話接続

・ 一般電話とIP電話を使ったコミュニティ構築開発

一般利用者のメリット

・IP電話機の活用により、IP電話機どうし、またPCとの通話料金がフリーになる。

(既存のネットワーク料金を除く)

・一般電話との接続も地域にゲートウェイをおくことで、遠距離でも市内料金で通話できる。

分散電子電話帳システム

IPv6対応電話

電子電話帳の

参照

IPv6 NetWork

連携

Gateway

公衆網

一般電話

分散電子電話帳システム

slide36

地上波デジタル放送の受信

(MPEG4)

放送局

IPv6 NetWork

利用者属性の管理

システム

情報家電インターネット技術開発事業(NHK-ES・J-PHONE・シャープ・東芝・日本電気)

通信・放送融合サービスに向けた端末及びサービスの研究

・ 地上波デジタル放送が受信可能なIPv6対応携帯電話・モバイル情報端末の開発

・ I Pv6対応携帯電話・モバイル情報端末へ新たな通信・放送融合したコンテンツ配信の実施

一般利用者のメリット

・ この端末で、どこでも、通信や放送から、お気に入りのサービスを 楽しむことが可能

IPv6アドレスにより個別の端末を直接認識し、各個人の嗜好・端末の属性に応じて放送を選択受信する。

モバイル端末で地上デジタル放送を視聴

IPv6アドレス(機器情報)等を登録(セキュリティ通信)

slide37

ホームタウンモバイルネットワーク基盤技術の研究ホームタウンモバイルネットワーク基盤技術の研究

・ 携帯電話網・タウンデバイスとIPv6ネットワークの接続技術開発

・ タウンデバイスに接続した携帯端末を用いた位置情報を利用したコンテンツ提供技術開発

・ ホームデータセンタにおける 放送コンテンツの蓄積管理・コンテンツレート変換技術開発

・ 携帯端末からの情報家電機器制御の開発

・ 多彩な機能を持つことになる携帯情報端末の指紋認証技術の開発

一般利用者のメリット

・ 常に身に付けている携帯電話やPDAだけでインターネット、街角あるいは家庭内で 提供される各種の情報やサービスを場所を選ばずシームレスに連携利用できる

指紋による認証

タウンデバイス

携帯端末からの

遠隔操作

大容量データの蓄積

管理

IPv6 Network

位置情報を利用した

コンテンツ提供

タウンデバイス

放送局

nomadic ipv6 environment
Nomadic IPv6 Environment

Town(HotSpot, Station,

GasStation)

Travel

Digital TV

Sales info.

Guide

PDA

HMD

Congestion info.

Driving

(ITS)

Cellure Gear

Commuting

slide39

PHS/WCDMA

NetWork

IPv6 Network

Mobile IPv6 over wireless internet platform

 Real IP oriented “Wireless” network

IEEE 802.11b

IEEE 802.11b

(Mobile IPv6 RT)

(Mobile IPv6 RT)

Wireless LAN AP

Com-Server

TrainCar

IEEE 802.11b

(Mobile IPv6 RT)

Shopping Mall, Station, Airport

Resident

slide44

SOI-ASIA Partners Satellite Antenna

SOI-ASIA Partners Satellite Antenna

Brawijaya University,

Indonesia

Hasanuddin University,

Indonesia

Sam Ratulangi University,

Indonesia

Laos National University,

Laos

University of Computer

Studies, Yangon, Myanmar

Asian Youth Fellowship,

Malaysia

Asian Institute of

Technology, Thailand

Chulalonkorn University,

Thailand

soi asia site
SOI Asia site

Laos

Thailand

Myanmar

site setup status
Site Setup Status

Thailand

Myanmar

Laos

basic principle of internet why we need ipv6
Basic Principle of Internet = Why we need IPv6 =
  • End-to-end Architecture
  •  transparent connectivity
  • 2. Global System
  • 3. Open platform (across industries)
  • 4. testbed(R&D)  commercial
four functions of testbed
Four Functions of Testbed
  • Research
  • Development
  • Operation
  • Deployment
  • Network R&D and Application R&D
  • 2. Research and Professional