製品ライフサイクル 製品の規格・開発から市場への  投入、成熟を経て、最終的に市 - PowerPoint PPT Presentation

slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
製品ライフサイクル 製品の規格・開発から市場への  投入、成熟を経て、最終的に市 PowerPoint Presentation
Download Presentation
製品ライフサイクル 製品の規格・開発から市場への  投入、成熟を経て、最終的に市

play fullscreen
1 / 29
製品ライフサイクル 製品の規格・開発から市場への  投入、成熟を経て、最終的に市
74 Views
Download Presentation
susannah
Download Presentation

製品ライフサイクル 製品の規格・開発から市場への  投入、成熟を経て、最終的に市

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 製品ライフサイクル • 製品ライフサイクル 製品の規格・開発から市場への  投入、成熟を経て、最終的に市  場から撤退するまで、製品のたど る様々な段階 • 1つの製品・サービスや1つの製品グループには多くの経 営意思決定が関連しており、それらの生産を効果的に計画し、コントロールするには、会計担当者とマネージャー は、製品のライフサイクルを考慮する必要がある 1

  2. 典型的な製品ライフサイクル 売上ゼロ (企画・開発) 売上増加 (市場投入) 売上安定 (成熟期) 売上低下→売上ゼロ (市場からの撤退) • マネージャーは、計画プロセスにおいて、ライフサイクル全体の収益とコストを認識しなければならない(計画) • そして会計は、製品ライフサイクルを通じて、実際のコストと収益を跡付ける • 計画した費用・収益と、実際の費用・収益を定期的に比較することによって、現時点での製品の収益性を評価し、現時点での製品ライフサイクルの段階を決定し、必要に応じて戦略を変更する(コントロール) 2

  3. バリューチェーン • バリューチェーン 組織の製品やサービスに価値を   付加する一連の作業 • 会計担当者はバリューチェーン職能においてカギとなる役割をなす • 職能の全てが企業の成功にとって重要というわけではないので、経   営者はどの職能によって企業の競争を獲得・維持するのかを決定し なければならない • 会計担当者は、バリューチェーンの各段階で発生するコストと比較し  て、そこで生み出される価値に焦点をあてなければならない 3

  4. 組織における会計の位置づけ • 意思決定は組織の成功に重要なものである ↓ マネージャーを支援するために・・・ • 多くの企業で会計担当者を雇用している (彼らは様々な権限と責務を与えられている) 4

  5. ライン権限とスタッフ権限 • ライン権限 部下に対して下方に行使される ↓ 「命令」に近い意味 • スタッフ権限 「命令」ではなくアドバイスをする権限 ※どの方向に対してでも行使できる 5

  6. ライン部門とスタッフ部門 • ライン部門 組織が基本的な活動を行うことに直接 的な責任を持つ全ての組織構成単位 • スタッフ部門 ライン部門を支援・補助し、組織の基本 的な活動とは間接的に関連する ※ 企業の各補助部門は、製造部門が担当する ライン職能を支援している 6

  7. コントローラー • コントローラー 組織における会計の最高責任者 • ラインの役割を、販売担当役員や製造担当役員と彼らの部下が 務めるのに対し、コントローラーはスタッフの役割を担う • 会計部門は、ライン部門に対して直接に権限を行使することはない ↓ 会計部門の役割は、他のマネージャーに専門的なサービスを提供することにある (予算編成・差異分析・価格決定など) 7

  8. コントローラーの仕事・地位(1) • コントローラーの仕事は、主に外部報告目的のデータ収 集に限られることがある • コントローラーが全事業部において経営の計画とコント ロールを担う企業もある ※ 多くの企業では、コントローラーの地位は、これら両極端 の間のどちらかに相当する 8

  9. コントローラーの仕事・地位(2) • コントローラーは内部の「コンサルタント」としての役割を強めつつあり、マネージャーが意思決定に有用な情報を集めることを支援している • コントローラーは会計部門に対するものを除き、ラインの権限を持っていない • しかしコントローラーは、関連するデータの報告と分析によって、組織の目標と一致する論理的な決定に経営者を導く影響力を行使する

  10. ある製造業の組織図 (図表1-8) 10

  11. コントローラー職務 コントロールの計画 報告と分析 評価と助言 税務管理 政府報告 資産保全 経済的評価 コントローラとトレジャラーの相違 • トレジャラー職務 • 資本の調達 • 投資家対策 • 短期資金調達 • 預金管理 • 与信と回収 • 投資 • リスク管理(保険) ・多くの人々は、コントローラーとトレジャラーの職務を混同している ・管理会計は、コントローラー職務の上からの3つを提供する主たる手段である ・トレジャラーは財務的な事項、コントローラーは業務的な事項に関わっている ・しかし、会計と財務の正確な区分は企業ごとに異なっており、小規模組織では、  同一人物がコントローラーとトレジャラーを兼ねることもある

  12. 公認管理会計士 • 公認会計士(CPA) 企業経営者が提供する財務  情報の信頼性を、公衆に対し   て再保証する独立の監査人 • 公認管理会計士(CMA) 内部会計担当者のCPAであ   り、管理会計士協会(IMA)の      CMAプログラムに総括されて   いる ※ CMAの資格は、CPAの資格に相当するとされている 12

  13. トップマネジメント • 会計を学び、さらに管理会計担当者として働くことは・・・ ① 会計部門で職が得られる ② 経営における最高の地位に就くことができる ③ 複雑な組織でも、その全てを扱うので、幅広い 知識を多く得られる機会ができる • 近年の調査によると、マーケティング、製造、技術などの 他の分野ではなく、会計の部門からキャリアを積み始め たCEOが増加している 13

  14. 変化への対応 • 会計担当者は経営実務や技術の変化にシステムを適合 させなけ ればならない • 10年前までは、マネージャーの意志決定環境は変化していたのに、 会計システムは変わっていなかった • 今日、多くの先進企業は、複雑で技術的でグローバルな環境に合 わせて会計システムを変化させた • 会計担当者は、単に問題を指摘するだけでなく、問題解決の一部を 担うようになっている 14

  15. 最近のトレンド(1) • 主に3つの要因が、管理会計に変化をもたらしている ① 製造業中心の経済からサービス業中心の経済の移行 ② 激化するグローバルな競争 ③ 技術進歩 • サービス産業ではますます競争が激しくなっており、会 計情報の利用が増加している 15

  16. 最近のトレンド(2) • 経済変化に打ち勝つ競争力を維持するには、マネー ジャーは意思決定がコストに与える影響を理解し、会計 担当者はマネージャーの予測を支援する必要がある • マネージャーは意思決定プロセスにおいて、会計情報を 直接利用できるので、全てのマネージャーは以前より会 計情報をよく理解する必要があり、会計担当者は理解し やすいデータベースを作らなければならない 16

  17. ジャストインタイム思考 • マネージャーは (1)生産工程に製品が滞留する時間を減らす  (2)価値を付加しない活動(検査や待ち時間等) に製品が滞留する時間をなくす といったように、ムダを排除していかなければならない ↓ そこで採用された考え方が・・・ • ジャストインタイム思考 生産工程に製品が滞留する時間を減らし、 価値を付加しない活動に製品が滞留する 時間をなくすことで、ムダを排除する考え 17

  18. コンピュータ統合生産システム • コンピュータ支援設計(CAD) 効率的に生産できる製品の設計 • コンピュータ支援生産(CAM) 生産設備を指示・制御する • CADにより、製造コストが大幅に下げることができ、CAMによって、 遅延の少ない、効率的でスムーズな生産フローが可能となる • コンピュータ統合生産システム(CIM) ロボットやコンピュータ制御機械に加え、CADやCAMを利用するシ ステムで、完全なCIMシステムを導入した企業では、ほとんど労働   者を使用せず、日常作業は、ロボットとコンピュータ制御機がこなす 18

  19. 倫理的行動基準 • 管理会計担当者の倫理的行動基準 IMAが制定したCPAとCMAの行動規範で、能力、守秘、誠実さ、客観性からなる • 客観的で正確な外部・内部の財務報告をなすことは、基  本的にはラインマネージャーの責任だが、管理会計担当者もその報告に責任を負っている • 会計システム、手続、編集が信頼でき、不正がないこと を保証するのは、全ての会計担当者の責任である 19

  20. 倫理上のジレンマ • 非倫理的な行動 = 専門家の倫理基準を犯す行動であるが、基準 には個人の解釈と判断に委ねられるケースも多い • このジレンマに対する正しい答えはないが、重要なポイントは、倫 理的な側面を認識し、判断に当たってそれを考慮することである • 経営者が真に誠実で、倫理基準を明確に支持することは、組織全  体の倫理的な行動にとって、唯一最大の動機づけとなる • 最終的に、倫理基準は個人的なものであり、各人の価値観による 20

  21. 第一章のまとめ(1) • 会計情報の主な利用者について • 会計情報は、企業内部のマネージャーが、短期の計画   とコントロールの意思決定、非経常的意思決定、全社    方針と長期計画の作成を行うために役立つ • マネージャーは、会計情報を利用することにより、業績    報告、注意喚起、問題解決が可能となる 21

  22. 第一章のまとめ(2) •  会計システムの設計に関する諸問題 •  管理会計情報システムは、マネージャーに役立つよう    設計され、コスト便益基準(優れた決定による便益がシ    ステムのコストを上回ること)によって判断されるべき •  システムがもたらす便益は、行動上の諸要因(システム   がマネージャーとその意思決定にどう影響するか)に影  響される 22

  23. 第一章のまとめ(3) • 計画とコントロールにおける予算と業績報告の役割 • 予算と業績報告は、計画とコントロールに必須の手段 •  予算は計画プロセスで作成され、組織の目的を行動に    変えるための手段となる • 業績報告は実際の結果を予算と比較し、マネージャー    は業績報告を業績の監視・評価・報償に利用し、それ     によってコントロールを行う 23

  24. 第一章のまとめ(4) •  バリューチェーン職能での会計担当者が果たす役割 •  会計担当者は、計画とコントロールにおいてカギとなる    役割を果たす  •  会計担当者は、企業のバリューチェーン全体を通じて、    意思決定者のためにコストと収益の情報を収集・報告   する 24

  25. 第一章のまとめ(5) •  コントローラーとトレジャラーの役割の比較 • 会計担当者は、ラインマネージャーに情報と助言を提    供するスタッフ従業員である •  会計の責任者はコントローラーと呼ばれることが多い •  トレジャラーが主に財務業務に関わるのに対して、コン    トローラーは業務の実績を測定・報告する 25

  26. 第一章のまとめ(6) •  管理会計の最近のトレンドについて •  会計システムと会計担当者自身の将来的価値は、どれ    だけ素早く適切に変化に対応できるかにかかっている •  会計システムに影響する最近のトレンドとして、経済に     おけるサービス産業の成長、グローバルな競争、技術    の進歩などが挙げられる 26

  27. 第一章のまとめ(7) •  管理会計担当者の倫理的責任について •  外部・内部会計担当者は、倫理基準に従うことを期待さ    れている •  しかし多くの倫理上のジレンマは、価値判断を必要とし、    単に基準を適用すればよいというわけにはいかない 27

  28. 第一章のまとめ(8) •  企業において管理会計どのように利用されるか • 管理会計は企業の最終的な目標・目的を達成するため    に不可欠な役割を担っている • 管理会計情報は、製品・サービスのライフサイクル全体    を通じて、また活動のバリューチェーン全体を通じて利    用されている 28

  29. 参考文献 • Horngren,C.T., G.L.Sundem, and W.O.Stratton, Introduction To Management Accounting, Eleven Edition, Prentice Hall, 1999(渡邊俊輔監訳『マネジメント・アカウ  ンティング』TAC出版、2000年) 29