slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
~環境と調和した持続可能な循環型社会を目指す~ PowerPoint Presentation
Download Presentation
~環境と調和した持続可能な循環型社会を目指す~

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 24

~環境と調和した持続可能な循環型社会を目指す~ - PowerPoint PPT Presentation


  • 59 Views
  • Uploaded on

【 地球温暖化対策事例・節電事例紹介 】. ~環境と調和した持続可能な循環型社会を目指す~. 東鉄工業株式会社の取り組み. 平成 26 年 3 月 12 日 東鉄工業株式 会社. 1. 1.会社概要 東鉄 工業株式会社 本社:東京都新宿区信濃町 34 番地    従業員数: 1,500 名    事業内容:鉄道関連事業を主にした 総合建設業. コケ緑化. ホーム屋根緑化. 太陽光発電システム. 自然光を取り入れたコンコース、照明の LED 化. JR 四ツ 谷駅エコステーション化工事. 環境部門施工例. 2. 2.本社の取り組み

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '~環境と調和した持続可能な循環型社会を目指す~' - summer-dean


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

【地球温暖化対策事例・節電事例紹介】

~環境と調和した持続可能な循環型社会を目指す~

東鉄工業株式会社の取り組み

平成26年3月12日

東鉄工業株式会社

1

slide2

1.会社概要

東鉄工業株式会社

本社:東京都新宿区信濃町34番地

   従業員数:1,500名

   事業内容:鉄道関連事業を主にした 総合建設業

コケ緑化

ホーム屋根緑化

太陽光発電システム

自然光を取り入れたコンコース、照明のLED化

JR四ツ谷駅エコステーション化工事

環境部門施工例

2

slide3

2.本社の取り組み

(1)環境保全部が中心となり、環境と調和した持続可能な循環型社会を目指した、方針・目標を設定し、「環境保全計画」を作成

《 環 境 方 針 》

 『~安全はすべてに優先する~  当社は、鉄道専門技術の特性を活かした総合建設業として、安全で快適な交通ネットワークと社会基盤の創造に貢献いたします』の経営理念のもと、“事業ビジョン”及び“行動憲章”に従って、当社の事業活動及び環境保全事業が、地球及び地域の環境に深く関わっていることを認識し、環境と調和した持続可能な循環型社会を目指した活動を推進する。

《 行 動 指 針 》

東鉄工業株式会社は、以下に示す環境に関する活動を推進する。

1.廃棄物の排出抑制、資材の再使用・再生利用、熱回収、適正処理を推進する活動

2.建設事業等に起因する環境負荷を低減する活動

3.CO2削減や環境保全ニーズに応える環境事業の推進

4.環境関連法規制及び同意するその他の要求事項の順守

5.中期経営計画「アクションプラン/PDCA」の展開と環境マネジメントシステムの継続的な改善

東鉄工業株式会社は、本環境方針を実行し、維持し、当社で働く又は組織のために働くすべての人に周知すると共に、社外の要求に応じて公表する。

3

slide4

 ①地球温暖化対策

1)施工現場の軽油使用量削減

a)効率的な重機使用計画

b)建設発生土運送距離の削減

c)アイドリングストップ

   省燃費運転の実施

d)重機・車両の適正整備の実施

現場のCO2排出量の90%は軽油の使用による(平成24年度)

4

slide6

2)オフィス部門の電気使用量削減

a)空調機器適正温度の設定(夏季28℃ 冬季20℃ 室温管理)

b)照明やOA機器のスイッチオフ

c)クールビズ、ウォームビズ及びノー残業日(水)の徹底

d)上下1階の移動は階段使用

e)待機電力使用機器の電源オフ 

スイッチが多い

本社昼休み消灯状況

照明系統図の掲示

6

slide7

削減傾向

平成24年度は平成20年度比 マイナス26%

平成23年度比は電気使用制限令の反動で3%の微増

7

slide8

②産業廃棄物対策

a)発生抑制

b)最終埋め立て処分率の低下

産業廃棄物排出量

8

slide9

(2)組織横断的な推進体制

  環境保全部→各支店と連携

 ①環境保全部から各支店の総務担当者に伝達・指示

②各支店総務担当者から各社員へ連絡・説明

  年1回、環境保全部が各支店で「環境保全計画」の

説明会を実施

③各支店ではISO14001活動

 を念頭に5S委員会(部長、

 社員10名程度)を設置し、

 その中で節電・省エネに

 ついて議論、実施

④社内LANを使用して

 情報共有、社内省エネ

 掲示等実施

説明会実施状況

9

slide10

3.事業所の取り組み(駒込ビル)

(1)対象事業所

   東京土木、東京線路、東京建築

   の各支店使用

   駒込ビル(自社ビル)

    東京都豊島区駒込1-8-11

    地上6階 延床面積1,912m2

   平成7年8月竣工

JR駒込駅

駒込ビル

六義園

所在地

駒込事業所

10

slide11

 (2)設備導入(”エコビル化”平成21年)

  ①LED照明:25W(114本)、57W(10台)

 ②省エネ蛍光管(スカイライン):22W(426本)

   安定器と蛍光管の交換  G13ソケット 管径15.5mmHF型

 ③太陽光発電:屋上設置 1.17kW/h

 ④アドコン:追設コンデンサーをGHPエアコン室外機に設置(11台)

⑤屋上緑化:屋上苔緑化 30m2

 ⑥壁面緑化:1階の壁面苔緑化16m2

 ⑦遮熱フィルム:東面及び南面 100m2

 ⑧見える化:太陽光発電量モニター及び省エネ環境商材の展示

GHP

11

slide12

追設コンデンサー

太陽光発電

アドコン設置

屋上緑化

壁面緑化

12

slide13

モニター画面 人を感知してオンオフ

全景

ガスヒートポンプ使用

見える化

通常蛍光管、省エネ蛍光管、LEDの説明

13

slide14

(3)削減活動

①照明の1/2間引き

 ②日中窓際エリアの消灯

③不在時、昼休みの消灯

2/3間引き

消灯

1/2間引き

廊下1/2間引き

窓際の消灯

1/2間引き

14

slide15

④室温の適正化(夏28℃ 冬20℃)

⑤空気循環を考慮し、扇風機の活用

室温23.1℃ 湿度43%

20℃

室温、湿度の監視 12月5日

空調機温度設定

⑥自販機の消灯

⑦OA機器の電源オフ

自販機の消灯

15

slide16

総務部管理

 ⑧スイッチの総務部管理

 ⑨節電、省エネステッカー

 の掲示

 具体的な数値目標表示

節電、省エネステッカー

16

slide17

 ⑩エネルギー使用の見える化

  事務室入口に掲示

 月別の電気、ガス、水、コピー用紙の使用量・料金・単価

使用量

料金

単価

各エネルギーの月毎の使用量等をグラフ化して掲示

料金を表示することで削減活動を強くアピール

 ⑪啓発ポスターの掲示

17

slide18

(4)活動実績

①電気使用量

平成24年度はエコビル化前3年間の平均比 マイナス36%

18

slide19

 ②CO2排出量

37.7kg-CO2/m2

延床面積当り

平成24年度はエコビル化前3年間の平均比 マイナス30%

平成23年度比は電気使用制限令の反動で3%の微増

19

slide20

③平休日別電気使用量

平均137kwh

休日に平日の45%の電気を使用

1日から3日の平均137kwhと休日平均193kwhの差56kwhが休日出勤者による電気使用量

ノー休日出勤日の設定は、仕事の効率化、現場の支援対応等で難しい問題である(休日も現場は施工している)

20

slide21

④平休日時間当たり電気使用量

71kwh

18時から23時までの残業時間に71kwhの電気を使用し、休日より29kwh多く使用している。ノー残業日の拡大及び徹底により18時から23時までの電気使用量を削減する検討が必要。

施工現場の支援もあり難しい問題である。

21

slide22

4.オフィス環境の維持

 ・地球温暖化対策活動において順守しなければならないのは、

  事務所衛生基準

 ・過度な目標設定や指導は社員の反感を呼ぶ 

 ・サラリーマンの最後の安住の場所は個室トイレ

本社では暖房便座の温度設定は指導していない

駒込ビルの便座温度は

   夏季スイッチオフ、冬季最低温度に

   設定、社員に説明して理解を得る

・各種対策を実施するには社員の

 理解を得ることが大切

・室温17℃~28℃

・湿度 40%~70%

・照度 300 lx以上

22

slide23

5.今後の検討事項

①削減活動が定着して削減量が逓減しているので、エネルギー

 使用量が現状を超えないような指導・啓蒙の検討

②ブラインドの羽を横向きにするなどの有効活用の指導

③最大使用電力の監視及び消費電力の見える化の検討

④室外機やトランスの更新時は高効率機器への更新

23

slide24

      東鉄工業株式会社は、

環境と調和した持続可能な循環型社会を

目指した活動を推進しています。

ご清聴ありがとうございました。

平成26年3月12日

東鉄工業株式会社

24