重力・ 重力波 物理学 - PowerPoint PPT Presentation

slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
重力・ 重力波 物理学 PowerPoint Presentation
Download Presentation
重力・ 重力波 物理学

play fullscreen
1 / 58
重力・ 重力波 物理学
174 Views
Download Presentation
steffi
Download Presentation

重力・ 重力波 物理学

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 重力・重力波物理学 イラスト Tom Haruyama 安東 正樹 (京都大学 理学系研究科) GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  2. 第1章 : 重力波 「時空のさざなみ」 From presentation by B Schutz GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  3. 第1章 重力波 重力波による天文学 相対論と重力波 重力波の存在証明 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  4. 第1章 重力波 重力波による天文学 相対論と重力波 重力波の存在証明 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  5. 電磁波と重力波 J.C. Maxwell 電磁波 重力波 A. Einstein 光速で伝播する時空の歪み 光速で伝播する電磁場の変動 電磁気学から導かれる (マクスウェル方程式の波動解) 一般相対性理論から導かれる (アインシュタイン方程式の波動解) 1864年 : マクスウェルが予言 1888年 : ヘルツの実験で発見 1916年: アインシュタインが予言 1989年: 連星パルサーの観測          によって存在を証明 電荷の加速度運動により生成 物質による 吸収, 散乱 波源のスケール > 波長  画像情報 双極子放射, 2つの偏波 質量の加速度運動により生成 物質に対して 強い透過力 波源のスケール < 波長  バルクな情報 四重極放射, 2つの偏波 p s plus cross From presentation by Laura Cadonati GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  6. 重力波による天文学 宇宙を観測する新しい手段 重力波の特徴 電磁波と相補的・独立な観測 他では見ることの出来ない現象 ‘晴れ上がり’前の初期宇宙 激しい天体現象の内部 質量の加速度運動により生成 物質に対して 強い透過力 波源のスケール < 波長  バルクな情報 CMB Radio + IR x-ray GW ? g-ray GRBs GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  7. 重力波で宇宙を探る 一般相対性理論 宇宙線による 観測 強い重力場における 相対性理論 原子核理論 高密度物体の物理 ニュートリノ 高エネルギー      宇宙線 重力波による 観測 天文学 星形成 恒星進化 銀河 ガンマ線バースト 超新星爆発 高周波数    重力波 さまざまな 天体現象 電磁波による 観測 連星合体現象 ブラックホール 巨大ブラックホール 超新星爆発 低周波数    重力波 惑星 パルサー ガンマ線 X線 可視光 赤外線 電波 宇宙背景 放射 宇宙論 背景重力波 インフレーション ダークマター ダークエネルギー 背景画: NASA/WMAP Science Team GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  8. 地上重力波望遠鏡のターゲット 地上重力波望遠鏡 -- 10Hz – 1kHz の観測周波数帯 コンパクト天体, 高エネルギー天体現象 ブラックホール 初期宇宙 中性子星 パルサー 超新星爆発 連星合体 背景重力波 EMRI 軟ガンマ線リピーター 電磁波 長ガンマ線 バースト 短ガンマ線  バースト 星の 振動 モード ニュートリノ 高エネルギー宇宙線 準固有 振動 同時観測 数値相対論 高エネルギー天体 現象の総合的理解 相対性理論の検証 高密度天体の状態方程式 原子核物理 強い重力場での物理法則 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  9. 宇宙重力波望遠鏡のターゲット 宇宙重力波望遠鏡 -- 0.1mHz – 1 Hz の観測周波数帯 中間/巨大ブラックホール, 初期宇宙 中性子星・白色矮星 ブラックホール 初期宇宙 連星 多数天体の 重ね合わせ 原始背景 重力波 背景重力波 EMRI パルサー 定常的・ 準静的 な自転・ 公転運動 巨大ブラック ホールの合体 電磁波 ニュートリノ 準固有振動 同時観測 数値相対論 宇宙論,宇宙の誕生と発展 超巨大BHの形成過程 重力理論の検証 銀河形成史 ダークエネルギー・ダークマター GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  10. 初期宇宙の観測 Background: original figure by NASA/WMAP Science Team GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  11. 第1章 重力波 重力波による天文学 相対論と重力波 重力波の存在証明 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  12. 重力波 一般相対性理論  重力を時空の性質と解釈 "Mass tells space-time how to curve, and space-time tells mass how to move.“ John Archibald Wheeler アインシュタイン方程式 From presentation by Laura Cadonati 質量 (エネルギー・運動量) 時空の曲率 物質の変動, 形状の変化  重力場の変動  時空の歪みのさざなみとして伝播 重力波 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  13. 曲った時空 時空の幾何  微小距離離れた2点間の 時空距離を与える線素 に集約 (参考) 3次元空間 4次元時空 (平坦な時空) 計量テンソル (Metric Tensor) 4次元線素 座標変換によって不変 アインシュタイン テンソル も (アインシュタイン方程式の左辺) 座標変換, 慣性系の変換 (ローレンツ変換) に対して不変 計量テンソル を用いて表わされる GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  14. ニュートン重力との対比 定常的な弱い重力場の近似 4次元線素 重力ポテンシャル 質量Mの作る   重力ポテンシャル 計量の1階微分 : 重力 (時空の傾き, 計量00成分の空間微分) 計量の2階微分 : 潮汐力 (時空の歪み, 曲率) GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  15. 重力波とその伝播 平坦な時空からの摂動 波動方程式 (線形化されたアインシュタイン方程式) 平坦な曲率 微小な曲率 真空中の伝播 平面波解 (横波) plus cross 2つの偏波 : Plus mode, Cross mode GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  16. 質点の運動と重力波 測地線の方程式(Geodesic Equation) 重力以外に力を受けていない粒子(自由質点)の運動方程式 クリストッフェル記号の公式 4元速度 クリストッフェル記号 最初静止した質点と, 適当な座標系 (TTゲージ) を考える 重力波が入射したときの加速度 質点は静止したまま (同じ座標に留まり続ける) GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  17. 等価原理と局所慣性系 等価原理:   一様加速度と一様重力場は区別できない 自由落下している実験室での実験は(十分小さく十分短時間のとき) 無重力下の慣性系での実験とは区別できない 一様重力場中を自由落下する   エレベータ内での物理法則 無重力状態での物理法則 局所慣性系 : 無重力 (平坦時空) と同じ計量をもつ座標系 重力加速度 平坦な時空 計量の1階微分(重力) GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  18. 時空の歪み 潮汐力: 計量の2階微分 座標系の取り方では消すことができない 非一様重力場中を自由落下する   エレベータ内での物理法則 離れた2点間の潮汐力 固有距離の変化 重力源 重力加速度 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  19. 重力波の効果 GW z y X 真空中の伝播  平面波解 (横波) 2つの偏波 : Plus mode, Cross mode 自由質点に対する作用: 2点間の固有距離の変化 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  20. 重力波の効果 2つの自由質点間の固有距離の変化 (例) 地球-太陽間の距離変動 距離 1.5x1011 m 重力波振幅 10-21  1.5 x 10-10 m の距離変動 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  21. 重力波の発生 アインシュタイン方程式の線形化 重力波の発生 平坦な時空からの摂動 平坦な曲率 微小な曲率 四重極モーメントの 時間2階微分 Slow Motion 近似 波動方程式 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  22. 重力波の発生 波動方程式 遅延解 低速度, 十分遠方として近似 四重極モーメントの 時間2階微分 質量分布の四重極モーメント ※ 実際はトレースレスにした 四重極モーメントを用いる 波源のエネルギー・運動量保存側 (波源での双極子モーメントが0になる座標がある)  双極子放射はない GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  23. 重力波の振幅と周波数 重力波の振幅 重力波振幅 --- 波源の四重極運動エネルギーに比例 重力波の周波数 4重極モーメントの時間変動のスケール Rotate Mass 回転体の場合 --- 回転周期の2倍 Gravitational- wave radiation GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  24. 重力波のエネルギー 4重極公式 ここで という大きな値 連星からの重力波放射 連星の全質量 換算質量 軌道半径 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  25. 重力波の大きさ 人工重力波 Freq.: 10Hz ダンベルの回転による重力波の発生 mass: 1ton 質量 1 ton, 長さ 10 m 回転周波数 10Hz length: 10m Gravitational- wave radiation 連星からの重力波 Virgo Cluster (20Mpc) の中性子星連星 (1.4 Msun) M ~ 1030 kg, R ~ 20 km f ~ 400 Hz, r ~ 1023 m GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  26. (例) 連星からの重力波 ・コンパクト連星からの重力波 重力波振幅 Mass Separation 周波数 ・軌道半径が大きい時  準定常的は正弦波信号 ・合体の直前 ( )  1.4 Msolarの連星中性子星合体  fIsco~ 1.4 kHz GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  27. 主な重力波源 短時間 (重力波イベント) 長時間 (定常重力波) 波形 予測可能 連星の合体  チャープ波 ガンマ線 バースト パルサー, LMXB  連続波 波形が 予測できない ソフトガンマ線 リピータ 超新星爆発  バースト波 背景重力波  定常ランダム波 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  28. 第1章 重力波 重力波による天文学 相対論と重力波 重力波の存在証明 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  29. 連星パルサーの発見と観測 連星パルサーPSR B1913+16 (1974年 ラッセル・ハルス, ジョゼフ・テイラー) アレシボ天文台 (プエルトリコ) 公転周期: 7.75時間 質量 : パルサー 1.44 Msolar 伴星 1.39 Msolar 公転周期の変化率: (-2.4056±0.0051)×10-12s/s その後の継続的な観測 重力波の放出  公転エネルギーを失い, 互いに落ち込む (3×108年後に 合体する) 一般相対性理論による理論値: (-2.40242±0.00002)×10-12s/s 理論と観測の差は0.2%程度 重力波の存在の証明 (1993年ノーベル物理学賞: テイラー, ハルス) J.M. Weisberg, J.H. Taylor, and D.J. Nice, APJ, 2007, in preparation GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  30. 連星中性子星の発見 アレシボ天文台 (プエルトリコ) 連星パルサーPSR B1913+16 (1974年 ラッセル・ハルス, ジョゼフ・テイラー) パルス周期の規則的な変化を観測  伴星によるドップラーシフトの効果 Science 6 October 2006:Vol. 314. no. 5796, pp. 97 - 102 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  31. パルサー・中性子星 観測者 高速で回転する中性子星  強い磁場のため、磁極方向に   電波ビームを放射している  周期的な電波パルスが観測できる 自転 磁力線 自転周期 1m秒 – 数秒 程度 精度の良い 時計 となる PSR1855+09 5.36… msec PSR1937+21 1.55… msec             など、15桁の精度 中性子星 太陽質量程度, 直径 10km の高密度星 超新星爆発 (恒星の重力崩壊) により生成される GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  32. Lighthouse model Duncan R. Lorimer , Living Rev. Relativity 11 (2008) 8 Animation designed by Michael Kramer. http://www.livingreviews.org/lrr-2008-8 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  33. パルサー Manchester (2009) 1967年 ベル, ヒューイッシュ  によって最初に発見 現在までに 約1800個が発見されている •Most pulsars have dP ~ 10-15 •MSPs have dP smaller by about 5 orders of magnitude •Most MSPs are binary •Only a few percent of normal pulsars are binary •P/(2 dP) is an indicator of pulsar age •Most young pulsars are associated with supernova remnants GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  34. 軌道要素の決定 視線方向の速度曲線をもとに   ケプラー運動より軌道要素を決定 公転周期 7.75時間 (27908 ± 7 sec) 離心率 0.615 ± 0.010 視線速度の振幅 199 ± 5 km/sec 視線方向の軌道長半径 a1 sin i = 1.00 ± 0.02 太陽半径 中性子星とコンパクト天体 (中性子星・BH) の連星系  相対性理論の実験場 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  35. 相対論的効果 ポストケプラーパラメータの見積もり 近日点の移動 中村卓史 他  「重力波をとらえる」 より  重力赤方偏移 シャピロ時間遅れ 重力波放出による公転周期減少 質量 : パルサー 1.4411(7)Msolar 伴星 1.3874(7)Msolar 軌道パラメータとまとめて最小二乗法で決定 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  36. 重力波放射による軌道変化 連星系のエネルギー (運動エネルギー + ポテンシャルエネルギー) 重力波の放出  公転エネルギーを失い, 互いに落ち込む (ゆっくりとエネルギーを失い, 3×108年後に 合体) 軌道半径の変化 近日点が移動 一般相対性理論による理論値: (-2.40242±0.00002)×10-12s/s 理論と観測の差は0.2%程度 J.M. Weisberg, J.H. Taylor, and D.J. Nice, APJ, 2007, in preparation GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  37. 重力波の存在証明 連星パルサーPSR B1913+16 相対性理論の正しさ, 重力波の存在 を高い精度で証明 1993年ノーベル物理学賞 テイラー, ハルス 「重力研究の新しい可能性を開いた           新型連星パルサーの発見」 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  38. 中性子星連星の合体 中性子星連星 及びその候補 : 10組 そのうち, 寿命が宇宙年齢より短いもの : 6組 確実性が高い4組を見積もりに使用. H-T pulsar Double pulsar 最も最近に発見 (2006) 球状星団M15外周部 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  39. 中性子星連星の形成 Duncan R. Lorimer , Living Rev. Relativity 11 (2008) 8 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  40. 連星合体イベントレート ・合体レートの見積もり Kalogera+, ApJ (2004), Lorimer, LRR (2008), Kim+ (2008) - 宇宙年齢以内に合体するDNS 4つ - 各’種類’ 銀河系内の数を見積もる. 連星の寿命, 明るさ パルサー探査で見つけられる確率 銀河系内の分布モデル + その種類の連星系が 1つ見つかったという観測事実. 銀河系あたりの合体レート GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  41. 銀河の個数密度 ・近傍銀河の観測結果を外掃して見積もる Kopparapu+, ApJ (2008), Abadie+, CQG (2010) GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  42. Observable range Primary purpose of LCGT: Detection of GW  First target : Neutron-star binary inspirals Obs. Range280Mpc (SNR=8, Optimal sky pos. an pol.) Observable Range 280 Mpc 1.4 Msun NS-NS Mass of Star By N.Kanda GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  43. LCGTの観測確率 第一目標: 連星中性子星合体からの重力波の検出 観測レンジ 感度曲線 観測可能距離 280 Mpc 銀河あたりのイベントレート: (SNR 8, 最適方向・偏波) V. Kalogera et.al., ApJ, 601 L179 (2004) 銀河の個数密度 : R. K. Kopparapu et.al., ApJ. 675 1459 (2008) LCGTの観測レート9.8 events/yr (1年間の観測での検出確率 99.9%以上) GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  44. 重力波観測によるサイエンス ~ いくつかの例 ~ GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  45. 連星合体観測による知見 ・重力波の初検出 - 連星中性子星 : 存在が確実, 波形が予測できる. - 相対性理論/重力法則の検証. - 新しい天文学の創生, - ガンマ線バーストの起源, 未知の発見. ・高密度核物質の直接探査 - 中性子星の状態方程式の情報. - 潮汐変形/破壊, HMNSの形成など. ・宇宙論・銀河形成史に対する知見 - 宇宙論パラメータへの制限. - 超巨大ブラックホールの形成過程 - 連星の進化や分布の情報. From encyclopedia of science GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  46. 中性子星の構造 中性子星 - 太陽質量程度, 半径10km程度 の高密度天体. - 中心部密度 : ここで roは標準原子核密度 核密度以上の性質は ほとんど理解されていない. GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  47. 中性子星の状態方程式 ・高密度核物質の状態方程式 (EoS, Equation of State) - 高エネルギー天体現象の理解 (連星中性子星合体, 超新星爆発) - 核物理の理解 (ハイペロン, クォーク, 中間子凝縮) - 高密度EoSと質量‐半径が対応. - 各EOSに応じた最大質量     が存在 Lattimer+ (2010) 一般相対論的 静水圧平衡 GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  48. 中性子星と高密度EoS 核力入り 自由中性子 仏坂氏 資料より 圧力 最新の観測 質量 核力入り 一般相対論的 静水圧平衡 自由中性子 半径 密度 - 高密度EoSと質量‐半径が対応. - 各EOSに応じた最大質量     が存在 Lindblom (1992) Akmal,et al. (1998),Douchin and Haensel (2001) Glendenning and Moszkowski (1991),Pandharipande and Smith (1975), Alford et al. (2005) GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  49. 中性子星EoSへの制限 重力波の観測により、中性子星の状態方程式に制限を与えられる. ・連星中性子星の合体 Hotokezaka+, PRD (2011), Kiuchi+,PRD (2009) - 合体直前 : 中性子星の潮汐変形,重力波位相の変化. - 合体直後 : HMNSの形成, HMNS自転に同期した信号ピーク. ・中性子星-ブラックホールの合体 Kyutoku+, PRD (2011) - 中性子星の潮汐変形/破壊の様子. -合体後の信号カットオフ周波数 - 中性子星半径の相関. ・マグネターからの重力波 Kashiyama+, PRD (2011) - 非常に強い磁場(1014-16 G)を持つ中性子星. - ジャイアントフレア  軟ガンマ線リピータとして観測される. - 中性子星の振動が励起  重力波の放射. - 重力波の周波数, 周波数変化からEoS情報を得る. GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)

  50. Piercewise-Polytrope 多数のEoSモデル テーブル化されている. ・Piecewise-polytropicEoS 硬さ Read+, PRD (2009) - 高密度EoSを系統的に扱う    ための現象論モデル. - 核物理から予言されるEoSを 4つのパラメータで表現. 仏坂氏 資料より GCOE特別講義 (2011年11月15-17日, 京都大学)