mediaflo n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
モバイル端末への放送サービス導入の理想型 MediaFLO PowerPoint Presentation
Download Presentation
モバイル端末への放送サービス導入の理想型 MediaFLO

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 12
shad-mendez

モバイル端末への放送サービス導入の理想型 MediaFLO - PowerPoint PPT Presentation

57 Views
Download Presentation
モバイル端末への放送サービス導入の理想型 MediaFLO
An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author. While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. モバイル端末への放送サービス導入の理想型MediaFLOモバイル端末への放送サービス導入の理想型MediaFLO 2005年7月6日 クアルコムジャパン株式会社 取締役会長 松本 徹三 QUALCOMM Japan

  2. モバイル環境における「通信と放送の融合」の理想型-MediaFLOモバイル環境における「通信と放送の融合」の理想型-MediaFLO • モバイル環境でも「TVをみたい」というニーズは確実に存在する。しかし、ここでいう「TV」とは何かをよく理解する必要がある。 • 現在のTV放送の基本は「番組表」。人は「番組表」をベースに自らの行動プランを決めている。また、一旦TVの前に座れば30分-2時間程度はそこにいるのが普通。しかし、モバイル環境では状況は全く異なる。 • モバイル環境で人が最も視たい「TV番組」は「ニュース」と「スポーツの経過」、これらは何れも蓄積型のクリップキャストでなければタイムリーに提供出来ない。 • 但し、「積極的に情報をとりにいくインターネット型」ではなく「受身で情報が与えられるTV型」を求める人間の心理があることを理解しておくべき。 • しかし、一方では、「スポーツなどの大きなイベント」や「見落とせない連続ドラマ」などについては、「通常のTV放送を出先でもそのまま見たい」という欲求があることも忘れてはならない。 • 「蓄積型のクリップキャスト」と「リアルタイムのTV放送」のどちらもを、 • 状況に応じて自由に選択できることが、モバイル環境においては必須条件。 QUALCOMM Japan

  3. 米国のMediaFLO計画 • 全米で、携帯電話ユーザーが、「リアルタイムのTV放送」と「蓄積型のクリップキャスト」の双方を見られるようにするサービス • リアルタイム放送の隙間にクリップキャストを流すので周波数がフルに活用できる。 <キャパシティーの使用例> 蓄積型クリップキャスト 通信キャパシティー リアルタイム放送 0時        6時              12時              18時               24時 1日の時間 • 6MHzで可能になるサービスの例(平均データスループット6Mbps) • ストリーミングTV放送(H.26430fps QVGA)   15チャンネル (平均350Kbps) • ストリーミングステレオ音楽放送(AAC+ ステレオ)   10チャンネル (平均48Kbps) • 蓄積型クリップキャスト   40チャンネル (1日当り合計800分) • 定期/非常通報サービス等(Arbitrary IP Data-cast)  随時 QUALCOMM Japan

  4. MediaFLOのサービスの概念図 放送会社からの リアルタイム放送番組供給 1xEVDO端末 (各通信キャリア毎にUIを設定) 各通信キャリア毎に ユーザー管理を行い、 双方向サービス等も 提供 1xEVDOネットワーク 同一番組を放送 MediaFLO USA Inc. WCDMA端末 (各通信キャリア毎にUIを設定) 放送会社及び 他のコンテンツプロバイダからの クリップキャストコンテンツ供給 WCDMAネットワーク QUALCOMM Japan

  5. 米国におけるMediaFLOサービスネットワーク MCDS (Mobile Contents Distribution System) ソフトがNOC (National Operation Center)からユーザーの端末機にいたるまでの全ての情報処理をコントロール。 QUALCOMM Japan

  6. 米国におけるMediaFLOの事業化 • クアルコムは、オークション等により、全米の700MHz帯で、6MHzの単一周波数(716-722MHz)の操業ライセンスを取得。同時に、サービス会社「MediaFLO USA」を資本金8億ドルで設立し、ここからベライゾン、シンギュラー、スプリントなどの移動体通信事業者に対しサービスを供給する計画を進めている。 • 鍵管理、視聴者管理など、双方向通信を必要とするものは、全てCDMA2000またはWCDMAの通信ネットワークで処理するので、6MHzのMedieFLOチャンネルは完全に一方向のみの送信でよい。 • MediaFLOチャンネルでのコンテンツ送信(プログラムガイドを含む)と、CDMA2000/WCDMAチャンネルでの双方向データ通信を統合した「配信サーバソフト(MCDS-Mobile Content Distribution System)」を、現在クアルコムが開発中。 • MediaFLOサービスはCDMA2000とWCDMAの両方の端末機で受けられる。端末機には「OFDM受信機能を持ったMediaFLOチップ(20ドル程度)」を付加するだけでよいので、コスト増は軽微。 • クアルコムは2005年末までにMediaFLOチップのエンジニアリングサンプルを出荷予定。 • MediaFLOは全国を単一の周波数でカバーする。設備費を小さく抑える為に、出来るだけ高い位置のアンテナから出来るだけ高出力(50KW程度)で送信し、セルのサイズを出来るだけ大きくする計画。 • 全米で送信局は最終的に300-400局を予定。(セルの平均直径は平均20Km程度で、これでほぼ全国の主要地域をカバーできる見込み。)建物とアンテナは既存放送会社から借受ける。必要設備費は一局あたり50万ドル程度を想定。 • 全国均一のプログラムは、各セルサイトに衛星で配信。地域固有のプログラムは、各デベロッパーが有線でセルサイトに配信。 • 2006年夏にフィールド試験を開始。2006年末には一部都市でサービスを開始予定。 QUALCOMM Japan

  7. 米国MediaFLOサービスラインアップ計画 MLB WB ストリーミング TV ABC Discovery ESPN Weather Channel FOX CNN CBS Cartoon Network NBC MTV E! Disney Alternative News Classical ストリーミング 音楽 Metal Sports Jazz Comedy Business Hip-Hop Country R&B Rock TBD TBD TBD TBD 蓄積型 クリップキャスト TBD TBD TBD TBD TBD TBD TBD TBD TBD TBD TBD TBD TBD TBD TBD TBD 定期/非常通報サービス等 Arbitrary IP Data Cast and/or Special Content QUALCOMM Japan

  8. MediaFLOに使われる送信技術 FLO (Forward Link Only) 物理レイヤー 4000 Active Sub-Carriers Spectrum OFDMの採用 5.55MHz (4096 Sub-Carrier Span) • UHF/VHF帯の6MHzチャンネルを使用。 • 5, 7, 8MHzチャンネルへの適用も可能。 • 日本におけるデジタル放送システム(ISDB-T)等と同様に、OFDM方式を利用。 • OFDMサブキャリアには、QPSKもしくは16-QAM変調方式を適用。 • データスループットは6Mbps/6MHz程度。 • 標準品質信号の伝送と、拡張品質信号の伝送をレイヤー化して組み合わせる。 • 受信状況の良好なエリアでは、拡張された高品質画像を、受信状況が悪くなると、標準品質画像を提供する。(Layered Modulationのメカニズムを導入。) • 6MHzの一つのRFチャンネルで複数のロジカルチャンネルをサポートし、マルチチャンネルを構成。 • ストリーミングビデオの配信だけでなく効率的なIPデータ伝送も考えたプロトコル構造。 6MHz Channel 送信側 標準品質 伝送 拡張品質 伝送 受信状況の良好な場合のみ利用 2段階ののQPSKを階層構造で行う 受信側 Layered Modulationの概念 伝送内容に応じてサイズは可変 標準化 Video Transmission Protocol Data Trans. Protocol System Header • 世界規模で参加者を募り、「FLO Forum」を組成。ここで技術標準を策定した上でITU及び各国の標準化機関に提案予定。 • 必須特許については、クアルコムは公正無差別条件で供与。 Framing Protocol 効率的なIPデータ伝送も考えたプロトコル構造 QUALCOMM Japan

  9. MediaFLOと他のデジタル放送方式との比較 *  1 bps/Hz伝送時 ** 850mAhvのバッテリー搭載時の視聴時間 注1) 他技術については公開情報に基き記載 注2) 米国の地上波デジタル放送方式「ATSC」については、移動体をサポート出来ないので比較の対象外としている。 QUALCOMM Japan

  10. MSM MediaFLO端末 • FLO受信チップセット:MBD1000 + RBR1000 • 2005年末にクアルコムからエンジニアサンプルが出荷予定 • ビデオデコーダー、プレイヤー機能はCMDA2000/WCDMA用のクアルコムのモデムチップMSMにてサポート • コンテンツ配信システムのクライアントソフト及びユーザーインターフェースはBREWアプリケーションとして提供 但し、MediaFLO類似のサービスを日本に導入する場合は、上記に限らず、如何なるメーカーの開発する チップやソフトでもサービスが受けられるようにする。 QUALCOMM Japan

  11. MediaFLO のサーバー構成 QUALCOMM Japan

  12. MediaFLO類似サービスの日本への導入 • UHF帯 J53/J54(710-722MHz)が、現在「放送と通信の境界線にある帯域」としてリザーブされている。これを「両者の統合サービス」の為に利用することを、今こそ検討すべきである。 • ISDB-T規格による「1セグ放送」は「先駆者」として偉大な役割を果たしたが、将来の発展を考えると、下記の課題をかかえている。 • チャンネル当りの利用帯域が429KHzと細分化されており、30fps級の映像品質を得ることが困難。また、リアルタイム映像とクリップキャスト、緊急データ放送などの統合運用も難しい。 • 元来固定通信の為に考えられたISDB-T規格をベースとしている為、電力消費が大きく、携帯電話機への本格的な搭載には問題がある。 • 現在考えられている1セグ放送では、携帯通信事業者のメリットがなく、各事業者は積極的に搭載機器を売らないのではないかと危惧される。 (多数の携帯電話機に搭載されることにならないと経済規模が得られない。) • 日本だけの規格故、機器メーカーは海外市場の開拓が困難になり、端末機のコストダウンも不可能になる。 • 安定受信が出来る環境を拡大する為には、「ギャップフィラー」の施設が必要となるが、現状ではこのコストを誰が負担するかが明確でない。 • 上記より、現在のISDB-Tの1セグ放送が2006-2007年にかけて「先駆者としての役割」を果たした後は、1セグ放送とMediaFLO型のサービスが並存し、ユーザーは「1セグ放送のみを内蔵した端末」と「1セグ放送のコンテンツも包含したMediaFLO端末」の両者のいずれかを選べるようにするのがベストであると考える。 • 「移動体通信サービス」「TV放送サービス」「車載情報通信サービス」の三つの分野の全てで世界をリードする立場にある日本が、「統合サービス」になると米国等に遅れを取るというのでは問題。今こそ、業界の垣根を取り払い、且つ、自国のみで通用する規格にこだわることなく、世界に通じる「最強の統合サービス」を実現すべきである。 QUALCOMM Japan