applet n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
????? ( Applet) ???? PowerPoint Presentation
Download Presentation
????? ( Applet) ????

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 19

????? ( Applet) ???? - PowerPoint PPT Presentation


  • 170 Views
  • Uploaded on

アプレット ( Applet) について. 社会工学実習(社会経済)のゲーム画面 ( Gyerik Janos 君のプログラム). Applet とは?. ブラウザ( Internet Explorer など)で動作する Java のプログラム WWW サーバ から WWW クライアントに クラスファイルをダウンロードして実行. WWW サーバ. インターネット. HTML ドキュメント. Java クラスファイル. WWW クライアント. 目的の一つ : 静的コンテンツからの脱出. HTML による WEB コンテンツ

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '????? ( Applet) ????' - sandra_john


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
gyerik janos
社会工学実習(社会経済)のゲーム画面 (Gyerik Janos君のプログラム)
applet1
Appletとは?
  • ブラウザ(Internet Explorerなど)で動作する Javaのプログラム
    • WWWサーバ から WWWクライアントに クラスファイルをダウンロードして実行

WWWサーバ

インターネット

HTMLドキュメント

Java クラスファイル

WWWクライアント

slide4
目的の一つ:静的コンテンツからの脱出
  • HTMLによるWEBコンテンツ
    • (cf. 1学期の情報リテラシー実習)
    • 文字、静止画  止まったまま。動きがない。
  • クライアントサイドで動く動的なWEBコンテンツ アプレットで可能
      • 一時期は非常に注目された(Javaの初期の普及の一因)
      • 例:ネット上のアプレットをスクリーンで実演・・・

インターネット

slide5
Javaの仕組み:復習
  • 基本的な仕組み
    • コンパイル: ソースコード [javacコマンド]  バイトコード
  • バイトコード(classファイル)
    • 「Java Virtual Machine (仮想マシン)」が入っていれば基本的に動く。
      • Windows, Mac, Linux, …
slide6
Java アプレットの仕組み
  • ネットワーク経由でバイトコードがダウンロードされる
  • WEBブラウザなどに組み込まれたJava バーチャルマシンで実行される。

インターネット

slide7
Java アプレットの利点
  • 見ず知らずの他人が作ったネット上の

  プログラムを実行するのは危険。

  Javaアプレットはセキュリティがしっかり

    している。

  よって、セキュリティポリシーの制限内であればJavaアプレットでは何でも出来る。

    • ゲーム、ワープロ、アニメーション、・・・
3 steps
アプレットの作成手順 3 STEPS
  • ソースプログラムの作成
    • ***.java ファイルの作成
  • コンパイル(バイトコードへの変換)
    • ***.class の作成
  • htmlファイルの作成
    • appletviewerでテストをする
  • テストが終わったら、htmlファイルと

classファイルをWEBサイトにアップロード

slide9
1 & 2. ソースプログラム
  • 最低限必要なこと
    • Appletクラスを継承したクラスを作る(「extends Applet」と書く、と覚えておく)
    • コンパイルでclassファイルを作成する
      • javac Test.java  Test.class

import java.applet.*;

public class Test extends Applet{

}

slide10
例: 絵を描くプログラムを作ってみよう

import java.applet.*; // アプレットを使うため

import java.awt.*; // お絵かきをするため

public class Test extends Applet{

public void paint(Graphics g){

g.drawLine(100, 100, 200, 200);

g.drawLine(100, 200, 200, 100);

g.drawOval(300, 100, 100, 100);

}

}

Graphics gはGraphics gcで、g.drawLine()はgc.drawLineで置換えてもよい。drawOvalも同様。

3 html
3. HTMLファイルを作成する

<html>

<head>

<title>アプレットのテスト</title>

</head>

<body>

<applet code="Test.class" width="500" height="500">

</applet>

</body>

</html>

  • <applet></applet>タグを書く
    • applet code でclassファイルのファイル名を指定 ここで classファイルがブラウザに呼び出される。
    • width, height でウィンドウ幅を指定
  • 作成したhtmlファイルは、classファイルと同じ

  ディレクトリに保存する。

appletviewer
appletviewerでアプレットをテスト

  コマンド・プロンプトで

appletviewer Test.html

とタイプして起動する

  (10ページのアップレット・プログラムは

    13ページのように表示される)。

アプレットを終了する。

  • 右端上のXをクリック
slide14
※WEBサイトにアップロードする
  • 納得のいくアプレットが出来たら、WEBブラウザでアプレットが表示されることを確認する (netscape, InterneExplorer)。
    • WWWブラウザの場合、ソースコードの変更がすぐに反映されないことがあるので注意(appletがキャッシュされてしまうため)。
  • class ファイルと htmlファイルを自分のホームページにアップロードする。
    • cp Test.html Test.class ~/public_html/
slide15
余談
  • アプレットの現状
    • 当初予想されたほど現在は使われていない。
      • WEBコンテンツではMacromediaのFlashなど
      • 最近のWEBアプリケーションではAjaxなど
main javavm
アプレットには main メソッドがないJavaVMが自動呼び出しするメソッド
  • アプレットの読み込み init()が呼ばれる。
    • 最初に一度だけ呼び出される。
  • アプレットの開始 start()が呼ばれる。
    • ユーザが再びページに戻ったときや、ブラウザをアイコン化から元の大きさに戻したときに呼び出される。
  • アプレットの実行 paint(Graphics g) など
  • アプレットの停止 stop()が呼ばれる。
    • ユーザがページを離れた時やブラウザがアイコン化された時に呼び出される。
  • アプレットの解放 destroy()が呼ばれる。
slide18
アプレットのライフサイクル

import java.applet.*; // アプレットを使うため

import java.awt.*; // お絵かきをするため

public class Test extends Applet{

public void paint(Graphics g){

g.drawLine(100, 100, 200, 200);

g.drawLine(100, 200, 200, 100);

g.drawOval(300, 100, 100, 100);

}

public void init(){

System.out.println("Initialize");

setSize(500, 300); // サイズ

this.setBackground(Color.magenta);//背景色

}

public void start(){

System.out.println("Start!");

}

public void stop(){

System.out.println("Stop!");

}

public void destroy(){

System.out.println("Bye-bye!");

}

}

  • 右のように init, start, stop, destroy メソッドを定義してみよう。
  • AppletViewerを最小化したり、元のサイズに戻したりしてみよう。
    • 端末に何が表示されるかを確認せよ。