slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
防寒しよう

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 9

防寒しよう - PowerPoint PPT Presentation


  • 84 Views
  • Uploaded on

防寒しよう. 調べる理由. 寒いのが嫌い 冬になると重ね着の枚数がえげつない 寒いのが嫌い. 冷えやすい場所. 頭 足 腰 首 下半身に血流量の70%. 熱の基本. 熱は温度の高い方から低い方へ移動を続ける ( 温度差があるとき両方の温度が同じになるまで移動し続ける →体温>外気 ) ものによって熱伝導率 ( 熱の伝わりやすさ ) は違う Ex) 鉄と空気の熱伝導率は 3400 倍も違う. 基本は保温. 生きてるので体は発熱している つまり体温をいかに逃がさないかが寒さから身を守るこつ 空気は熱伝導率が低いので活用

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '防寒しよう' - salene


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide2
調べる理由
  • 寒いのが嫌い
  • 冬になると重ね着の枚数がえげつない
  • 寒いのが嫌い
slide3
冷えやすい場所
  • 下半身に血流量の70%
slide4
熱の基本
  • 熱は温度の高い方から低い方へ移動を続ける(温度差があるとき両方の温度が同じになるまで移動し続ける→体温>外気)
  • ものによって熱伝導率(熱の伝わりやすさ)は違う
    • Ex) 鉄と空気の熱伝導率は3400倍も違う
slide5
基本は保温
  • 生きてるので体は発熱している
  • つまり体温をいかに逃がさないかが寒さから身を守るこつ
  • 空気は熱伝導率が低いので活用
  • ダウンや羽毛毛布は空気を含んでいるので暖かい
  • 空気が素敵→重ね着素敵
slide6
防風について
  • 対流→加熱された物質が移動していく現象(空気や水の対流など)
  • 熱は温度差が大きいほど早く伝達される
  • だから風が吹くと寒い
  • というわけで防風も素敵
slide7
透湿性について
  • 生きているので汗をかく
  • 断熱性だけを考えると、発汗による水蒸気が外気に冷やされ水になる
  • 水は熱伝導率が高いので体温を奪う
  • 吸水してなおかつ外に湿気をさよならできると幸せ
  • それができるのがヒートテックらしい
slide8
ヒートテックについて
  • 吸湿発熱をするらしい
  • 吸湿発熱→気化熱の逆。繊維が吸湿すると発熱するらしい。綿や羊毛、レーヨンが吸湿発熱しやすい。
  • レーヨンによる吸湿発熱
  • ポリエステルによる速乾性
  • すてき
slide9
ここまでをまとめて結論
  • 足は靴下、頭は帽子と耳あて、首はマフラー、腰は腹巻でばっちり
  • ヒートテック的な下着を着る(タートルネックで首防寒)
  • 重ね着する。空気を含むセーターなどがいいかも。
  • アウターは風を通しにくいコートを
ad