slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
すばるプロポーザル審査について PowerPoint Presentation
Download Presentation
すばるプロポーザル審査について

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 10

すばるプロポーザル審査について - PowerPoint PPT Presentation


  • 98 Views
  • Uploaded on

すばるプロポーザル審査について. 千葉柾司 (東北大・すばるTAC). プロポーザルの公募要領. 1年に2度(2期)受付 S07A (07 年 2 月- 07 年 7 月、 06 年 9 月受付) S07B (07 年 8 月- 08 年 1 月、 07 年 3 月 ? 受付 ) Normal Program 最大5夜 / semester Target of Opportunity (ToO) Program も含む Intensive Program 6夜~最大10夜 / semester, 最大20夜 / 4 semesters

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'すばるプロポーザル審査について' - rumer


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

すばるプロポーザル審査について

千葉柾司

(東北大・すばるTAC)

slide2
プロポーザルの公募要領
  • 1年に2度(2期)受付
    • S07A (07年2月-07年7月、06年9月受付)
    • S07B (07年8月-08年1月、07年3月?受付)
  • Normal Program
    • 最大5夜 / semester
    • Target of Opportunity (ToO) Program も含む
  • Intensive Program
    • 6夜~最大10夜 / semester, 最大20夜 / 4 semesters
    • 異なるテーマであれば Normal Program にも応募可
  • Service Program
    • 4時間 / semester
    • Normal / Intensive から1月遅れの受付
slide4

Scientific Justification

2 pages

(Normal)

Scientific Justification

5 pages

(Intensive)

slide5
プロポーザルの審査
  • Normal Program
    • 19の分野カテゴリから8~9グループに仕分け
    • 5名審査員(2名程度外人) / グループ
    • 相対評価(5点)、絶対評価(4項目各3点)
  • Intensive Program
    • インタビュー(30分)
    • 不採択課題はNormal Program枠で再考慮
  • Service Program
    • TACメンバーによる審査
s06 s07
すばるTACメンバー (S06-S07)

Kouji Ohta (Kyoto University, AGN and Galaxies)

Masashi Chiba (Tohoku University, General) Tadayuki Kodama (NAOJ, Galaxies and Clusters of Galaxies) Tetsuya Nagata (Kyoto University, Star/Planet Formation

and Interstellar Matter) Tadashi Nakajima (NAOJ, Stars) Sho Sasaki (Mizusawa Observatory, NAOJ, Solar System

and Extrasolar Planets) Toshikazu Shigeyama (University of Tokyo, General) Masayuki Umemura (University of Tsukuba, AGN and Galaxies) Yuzuru Yoshii (University of Tokyo, Structure Formation

and Cosmology)

slide8
(技術的)注意事項
  • 公募要領を熟読する
  • 天体の観測可能時期・時間を正しく調査する
  • 分野カテゴリを正しく選択する
  • Minimum Acceptable Number of Nightsは、適当に書かずに熟慮して記入する
  • Schedule Requirementsは、天体の観測可能時期などから正しく記入する
  • Observing Method and Technical Detailsは、十分に考慮して詳細に記入する
slide9
一般的な指針
  • まず、内容が第一である。
  • オリジナリティを重視する。
  • レフェリーは、プロポーザルの課題分野を専門とする人だけではない。論文レフェリーとは違う。
  • ポイントがよくまとまったプロポーザルは、誰が読んでもわかりやすい。
  • 一度落ちただけであきらめない。
  • やはり、内容が勝負である。