slide1 n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
< 2 > インセンティブと社会 ~ < A > 経済 分析の 基礎 ~ PowerPoint Presentation
Download Presentation
< 2 > インセンティブと社会 ~ < A > 経済 分析の 基礎 ~

Loading in 2 Seconds...

  share
play fullscreen
1 / 25
Download Presentation

< 2 > インセンティブと社会 ~ < A > 経済 分析の 基礎 ~ - PowerPoint PPT Presentation

roanna-watkins
49 Views
Download Presentation

< 2 > インセンティブと社会 ~ < A > 経済 分析の 基礎 ~

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 題 <2> インセンティブと社会~<A>経済分析の基礎~ A「合理的主体」の行動原理  <N 序文・訳者あとがlき> 1 人間行動とインセンティブ(誘因) 2悩みの種は「フリーランチはない」 3★★数量選択モデルと限界原理

  2. Q読解力チェック p.17-21 • 経済学の基礎概念を理解できた? • 「希少性」とは? • 「選択」が必要になる理由は? • 「トレードオフ」とは? • ★「合理的無知」とは? P.12&19, 34 • ★「限界」の意味および「限界分析」とは? •  グラフの勾配 ≒ 1単位追加した場合の増分

  3. 1人間行動とインセンティブ • 人の目的・行動・悩み等は多様 but 共通点は? •  単純化した本質に注目:モデル(模型)思考 • 目的は多様でも,どんな主体も合理的に行動 • =主体の目的に最もトク(効率的)な行動を選択 • ∴ 最大の余剰・利得・純便益(≡便益Bー費用C) • 疑問: この仮定は現実的?,非合理な行動は? • 「科学的手続き」,「行動経済学・実験経済学」

  4. インセンティブ(誘因) • 経済学の核心  ランズバーグ L(04, p.18,30) • 人はインセンティブ(誘因)に反応する • =合理的  現実の予測力が大: 科学的 • ∴最大の余剰S(≡便益B - 費用C)を常に追求 • 意思決定に影響する費用C = 機会費用C • =その便益Bを得るために諦めた価値C • =直接的な金銭+次善の純便益 ≒ 次善の便益if

  5. Q1択一的選択のインセンティブ • 同じバイト・時給の太郎は講義に出席し,花子はバイトで欠席。経済学的に考えて • 各自の余剰Sは講義とバイトのいずれが大きい? • バイトや講義の便益Bとは? • ★太郎の講義出席の費用Cとは? 機会費用C • 埋没費用(サンクコスト):もう回収不能な費用 • 例: 授業料・定期代  出欠と無関係で回収不能

  6. A1択一的選択の費用は機会費用 • 太郎は講義,花子はバイトを選択 • 太郎は講義の余剰S,花子はバイトの余剰Sが大 • Why?  たぶん「太郎のB > 花子のB」 Why? • バイトのB=収入,講義のB=「将来収入 or 効用」 • 生産の便益B=収入, 消費の便益B=効用 • 経済学: 大学は人的資本への投資  B=将来収入 • 太郎の出席費用C = 交通費等+(バイト収入ー交通費等) ≒バイト収入 if 埋没費用は含まれない

  7. Q2サンクコストと択一的選択 • 1000円のチケットの落語に2000円の効用を感じ劇場前で紛失に気づいた,どうする? • その時1500円の効用を感じる漫才のチケットが1000円だと知る,どうする,その費用は? • 80億円投資したスマホ開発にまだ20億円かかり,収入予想も90億円に低下,どうする?

  8. A2機会費用・埋没費用と合理的選択 • 紛失券は埋没費用 C=1000で再購入 • 実際に再購入する人の割合は? 行動経済学 • 落語  落語の余剰の方が大きいから • ただし落語のC = 1000 + (1500-1000)=1500 に上昇 •  他に是非したい欲求が高いほど,費用も高い • 継続  投下した80億円は埋没費用 • B=90億円, C=20億円  余剰S=70億円 • ∴ C=20億でS=70億以上の投資があるか? という問題

  9. インセンティブと主体の行動 • 例:バイトしてた人が講義に出席する要因? • 出席の余剰Sの向上または「その主観的評価↑」 • 出席の便益B↑: 内容充実・将来収入,出席点 • 出席の費用C↓: 通学支援,but 授業料引下げは×  • バイトの余剰Sの低下 大学の外部ゆえ裁量外 • バイトの便益B ↓ : 時給低下・税率上昇 • バイトの費用C ↑ : 罰則・禁止令

  10. 2悩みの種は「フリーランチはない」 • 希少な資源: 天然資源,所得,時間,‥ • 希少性 欲求量>存在量,otherwise自由財 • トレードオフ: 出席すればバイトできない • 出席の費用 = 犠牲にしたバイト時間 収入 • 希少な資源を使う選択には常に機会費用 •  「フリーランチはない」

  11. 希少性は「数量選択」も悩ませる • 「時間」が希少 欲求時間 > 24時間 • 希少でないなら? • バイトY・学習X・睡眠等 • Y ≦ 14 ー X睡眠等10 • ∴フリーランチはない • 学習1時間↑  バイト1時間↓  時給が犠牲 Y A 選択不能 な領域 14 B X 14

  12. 選択の悩みへの2つの対処法 • 選択の悩み  希少性: 欲求量 > 存在量 • 宗教・禁欲的アプローチ  欲求の抑制・克服 • 希少性がなくなれば,選択の悩みからも解放される • But 「技術革新  経済成長」も低下するかも? • 経済学・効率的アプローチ  資源の効率的な利用 • 存在する資源を効率的に活用すれば,悩みは軽減 • But 経済成長は更に欲求を膨らませる無間地獄かも?

  13. 賢明な選択の重要性 • 現在の人生は「過去の無数の選択」の結果 • But 過去の選択は変更不可能 経路依存性 • ∴将来を見通し現在を選択 バックワードインダクション • 賢明な選択の必要条件  目標と選択肢 • 消費と投資の便益Bの識別 投資: 将来収益 • 選択の費用Cの認識 機会費用と埋没費用 • 択一選択と数量選択の識別  最適な数量選択

  14. 3★★数量選択モデルと限界原理 • 択一選択:大きな余剰Sを選択 • 数量選択:Sを最大化する数量Xを選択 • 余剰S(X) = B(X)-C(X) は,数量Xの関数 • X↑ B↑butC↑  S???  限界原理 • ★複数の数量選択  消費&生産の理論 • ★他人の意思決定の影響  ゲーム理論

  15. 学習する数量選択モデルの仮定 • 余剰S(X) = B(X) - C(X) は,単峰山型と仮定 • B(X)は逓減的増加: B’>0, B”<0 or 不変的増加:B”=0 • C(X)は逓増的増加: C’>0, C”>0 or 不変的増加:C”=0 • 関数・導関数・2階の導関数? 勾配(傾き・増分) • (1階)の導関数B’ 元の関数B(X)の勾配 • 2階の導関数B” 1階の導関数B’の勾配 • S’>(<)0  Sは増加(減少)関数:右上(下)がり

  16. 図解★余剰Sが単峰山型になる条件 単頂点山型の余剰S  可能なB・Cの形状 S B:逓減的増加 B C S(X)=B(X)-C(X) 不変的増加 S* S’>0 S’<0 S’=0 C:逓増的増加 X* X X* X

  17. ★★限界原理 • 単峰山型の余剰S(=B-C)を最大にするXとは? • 頂点S*をもたらす最適なX*を見つければ良い • 左図:頂点はS’= B’-C’= 0 右図:B’= C’ • ∴ 限界便益B’=限界費用C’となるX*が最適値 • 限界原理が成立する理由 • If B’> C’  X↑すればS↑  B’= C’ • If B’< C’  X↓すればS↑  B’= C’

  18. Q3 ★確認: 限界値と限界原理 • S, B, Cのグラフ  S’, B’, C’のグラフ • 余剰S(X)の限界値S’(X)のグラフ? • 横軸にX,縦軸に勾配値S’(X)をとると? • 最適値X*はグラフのどんな点? • 逓減的増加Bと逓増的増加Cのグラフ? • 限界値B’とC’のグラフ? 2. X*はどんな点?

  19. A3図解 限界原理 限界余剰S’(X*) = 0  限界便益B’と限界費用C’の均等 B’:限界便益 S’ C’:限界費用 B’ C’ S’(X) = B’(X) - C’(X) O X* X X* X

  20. Q4「B: 競争市場」の生産モデル • ビールX缶を売る収入B・費用C・余剰S • Bは 250, 500, 750,‥と不変的増加 1缶\250 • Cは 50, 200, 450, 800, 1250,‥と逓増的増加 • X = 0,‥,5の時のB,C,Sの値とグラフは? • 限界収入B’と限界費用C’の値とグラフは? • 最適数量X*とその最大余剰S*は?

  21. A4「市場価格=限界費用」まで生産 • 不変的増加B・逓増的増加C 単峰山型S • 略 Q6: Bは不変的増(直線) ,Cは逓増的増 • When X=0,1,2,3,4から1増えた場合の増分値 • 限界収入B’ = 250, 250, 250, 250, 250, ‥= 市場価格 • 限界費用C’= 50, 150, 250, 350, 450, ‥ • 限界原理 最適数量X*=2or3 S*=S(2)=300 • 整数では,B’(3) < C’(3) but S(3) = 300 = S(2)

  22. Q5「B: 競争市場」の消費モデル • ビールX缶を飲む効用B・費用C・余剰S • Bは 1000,1414,1732, 2000, 2236,‥と逓減的増加 • Cは 250, 500, 750,‥と不変的増加  1缶\250 • X = 0,‥,5の時のB,C,Sの値とグラフは? • 限界効用B’と限界費用C’の値とグラフは? • 最適数量X*とその最大余剰S*は?

  23. A5「限界効用=市場価格」まで消費 • 逓減的増加B・不変的増加C 単峰山型S • 略 Q6: Bは逓減的増,Cは不変的増(直線) • When X=0,1,2,3,4から1缶増えた場合の増分値 • 限界効用B’= 1000, 414, 318, 268, 236, ‥ • 限界費用C’= 250, 250, 250, 250, 250, ‥= 市場価格 • 限界原理 最適数量X*=3.?≒4 S*=S(4)=1000 • 整数では,B’(3) > C’(3) & B’(4) < C’(4)but S(3)<S(4)

  24. ★★Q6&A6関数例と厳密な値 • 関数の具体例: S(X) = B(X) – C(X) • 生産モデルQ3: S(X) = 250X ー 50X2 • 消費モデルQ4: S(X) = 1000X1/2ー250X • 限界原理B’=C’: X*  S* • Q3: 250 = 100X  X*=2.5 S*=312.5 • Q4: 500 / X1/2= 250  X*=4 S*=1000

  25. 本日のポイント 要点 • 人はインセンティブ(誘因)に常に反応する •  常に最大の余剰S(=B-C)を選択 • 選択費用C: 希少性 トレードオフ 機会費用 • 数量選択には限界原理「B’=C’」が便利 • <B> 生産:価格=限界費用,消費:限界効用=価格 • 次回準備: N4章 & <A1>