slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
今明かされる村中システムの全て・・・ 第135回ランチョンセミナー PowerPoint Presentation
Download Presentation
今明かされる村中システムの全て・・・ 第135回ランチョンセミナー

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 18

今明かされる村中システムの全て・・・ 第135回ランチョンセミナー - PowerPoint PPT Presentation


  • 72 Views
  • Uploaded on

今明かされる村中システムの全て・・・ 第135回ランチョンセミナー. 2004年10月27日(水) M1 高橋 充. っていうか,村中さんって誰ですか?. 鈴木研D3の村中陽子さんに決まってるじゃないですか~ 家族:夫1人,息子2人,犬2匹 出身は大分県 鈴木研のお母さん的な存在 東海大学健康科学部看護学科の講師です ※ 村中さんのホームページより抜粋. その村 中さんって,何を研究してるの?. 看護教育の中で 対人コミュニケーション・スキル の向上を目的とした,CAI教材の開発を行っている。

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

今明かされる村中システムの全て・・・ 第135回ランチョンセミナー


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

今明かされる村中システムの全て・・・第135回ランチョンセミナー今明かされる村中システムの全て・・・第135回ランチョンセミナー

2004年10月27日(水)

M1 高橋 充

slide2
っていうか,村中さんって誰ですか?
  • 鈴木研D3の村中陽子さんに決まってるじゃないですか~
  • 家族:夫1人,息子2人,犬2匹
  • 出身は大分県
  • 鈴木研のお母さん的な存在
  • 東海大学健康科学部看護学科の講師です

※村中さんのホームページより抜粋

第135回ランチョンセミナー

slide3
その村中さんって,何を研究してるの?
  • 看護教育の中で対人コミュニケーション・スキルの向上を目的とした,CAI教材の開発を行っている。
  • そのCAI教材の設計をするにあたり,エゴグラムと呼ばれる自己分析法を活用した。

第135回ランチョンセミナー

slide4
そもそも,なぜ今回村中さんの研究紹介してるんですか?そもそも,なぜ今回村中さんの研究紹介してるんですか?
  • 村中さんから,システム開発の委託の話があり,なかば強制的な教授のご指名により,僕がシステム開発をする事になりました。
  • いちお,M3の岡本さんと共同開発という話でしたが,気づいたら僕一人でやってました。。。

第135回ランチョンセミナー

slide5

冗談はこれくらいにして,ちょっとまじめな話に移ります。。。冗談はこれくらいにして,ちょっとまじめな話に移ります。。。

第135回ランチョンセミナー

slide6
村中さんの研究の動機

看護教育の中で対人コミュニケーション・スキルは・・・

 ①常に教育上の課題として取り上げられている。

 ②教育方法上,スタンダードなツ-ルをもたない。

 ③その評価は,評価者個々の主観的な要素が強い。

習得すべき基礎的能力と言われているが,

何がどこまでできれば良しとされるのかが不明瞭である。学生にとって,達成感が得難い学習課題である。

第135回ランチョンセミナー

slide7

卒業時

対人関係プロセスのダイナミクスを理解

対人コミュニケーションの柔軟性の獲得   

実習でのトレーニング

演習でのトレーニング

 シミュレーション型

CAI教材

Web教材

(制約なし)

3年終了時

直接的個人指導

(制約あり)

ロールプレイ(SP)

2年終了時

エンカウンターのプロセスを理解

意味・情報の伝達のためのスキルの理解

伝達のための態度の理解 

1年終了時

自己のコミュニケーション傾向の認識 ・ コミュニケーション理論の学習

入学時

対人コミュニケーション・スキルの包括的教育デザイン

第135回ランチョンセミナー

slide8
教材開発の意図
  • 看護基礎教育課程においては、コミュニケ-ション教育に、その重要性に見合うだけの時間を費やすことは困難である。そこで,コミュニケーションの「量」と「質」、「効率」と「効果」のあらゆる要素を含んだ教育方法が開発されるべきである。

CAI教材により,場や時間に制約されない個別学習を提供でき、かつ即時のフィードバックを与えることができる。

第135回ランチョンセミナー

slide9
コミュニケーションの客観的指標

エゴグラム

  • 「エゴグラムとは、それぞれのパーソナリティ(CP, NP, A, FC, AC)の各部分同士の関係と、外部に放出している心的エネルギーの量をグラフで示したものである。」(Dusay, J. M.)
  • エゴグラムは交流分析理論を基礎とし、性格・行動パターンを捉えるのに優れ、よりよい対人関係を構築するための有用性も認められている。
  • エゴグラムの活用によって、対人関係に関連する自己のパーソナリティとその変容や成長を知ることができる。
  • 日本では10数種類のエゴグラムが開発されている。            東大式エゴグラム(TEG)は科学的手順によって作成され、医療や教育・産業分野で広く利用されている。いかに少ない質問項目で精度をあげるかが検討されてきており、かつ実用的であるという利点をもつ。

第135回ランチョンセミナー

slide10
エゴグラムの基本的な解釈(1/2)
  • 5つの機能(5尺度)は肯定的にも否定的にも使われる(長所にも短所にもなる)ので、良い・悪いという見方はしない。
  • 不足と過剰に注目し、その部分を上げる努力や、コントロールする努力を示唆することができる。

5つの機能的な自我状態を分析していく

CP(Critical Parent) ・・・「批判的親」の心(価値付ける私)

NP(Nurturing Parent) ・「養育的親」の心(思いやる私)

A(Adult)・・・・・・・・・・・・・「大人」の心(考える私)

FC(Free Child)・・・・・・・「自由な子供」の心(ありのままの私)

AC(Adapted Child) ・・・「順応した子供」の心(合わせる私)

第135回ランチョンセミナー

slide11
エゴグラムの基本的な解釈(2/2)
  • つまり,村中システムにおけるエゴグラムの活用は,A・NP・CPの3つの尺度だけを利用します。
  • システム利用者は,自分がA優位,NP優位,CP優位なのかを理解し,システムによってコミュニケーション能力を向上する事が可能です。
  • 専門職としての対人援助に影響を与える自我状態では、やさしさや思いやりのこころを示す「NP」と問題解決を図る合理的なこころを示す「A」の要素は不可欠であり、この2つの機能が他の3つの機能よりも同程度に高いタイプが望ましい。

→状況により「NP」と「A」の心をコントロールして使うこと   が求められている。

  • 専門職としての対人援助に影響を与える自我状態では、CPの過剰は軋轢を招きやすい。つまり、厳しさのこころが過剰であるとコミュニケーションを阻む対応パターン(操作的・支配的)になりやすいため、CP優位タイプではCPを低くしてNPおよびAを高める努力を要する。

第135回ランチョンセミナー

slide12
開発した村中システムの概要(1/2)
  • システムを利用する人は,看護士の立場から,対応が難しいとされる患者と対話を進めていく。
  • 患者の発言や行動に対し,適切で思われる対応を3択の中から選択していく。

第135回ランチョンセミナー

slide13

START

20事例

診断

END

矯正

コミュニケーションが困難な,選りすぐりの患者の事例

今回開発した部分

村中システムの構成図

第135回ランチョンセミナー

slide14
開発した村中システムの概要(2/2)
  • その3つの選択肢にはそれぞれ,A,NP,CPが1つずつ割り当てられている。
  • さらに,AとNPにはそれぞれ,場面における応答の「良い(○)」と「どちらでもない(△)」の2つが存在する。
  • 数回(6~12回)の応答を選択していき,AやNP,CPを選択した回数より変化する,最後の画面(フィードバック画面)が表示される。
  • フィードバック画面は全部で5つある。

第135回ランチョンセミナー

slide15
では実際のシステムをご覧ください。

第135回ランチョンセミナー

slide16
今後の展開
  • 最後のフィードバックを元に,矯正プログラムへと移るので,その矯正プログラムの開発をする。
  • 矯正プログラムでは,システム利用者にもう一度同じ事例を提示し,自分の選択した応答を振り返る。
  • 自分が選んだ答えがA・NP・CPのどれだったかを自己評価してもらう。
  • 自己評価の判断と本来の判断が違っていた場合(本当はCPなのに,Aだと思っていた)は,システム側からアドバイスが提示される。

第135回ランチョンセミナー

slide17
システム開発に関してちょっと一言・・・
  • システムの構成やアルゴリズムなどは,電車の中で考えてました。
  • 思ったよりアルバイト代がもらえました!

第135回ランチョンセミナー

slide18
まとめ
  • プログラミングができると,こういうアルバイトもできます
  • スキルアップにもなります
  • 受託開発の大変さが分かります(ニーズに応えるシステム開発)

第135回ランチョンセミナー