slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
大規模アドホックネットワークにおける 階層的な名前解決法 PowerPoint Presentation
Download Presentation
大規模アドホックネットワークにおける 階層的な名前解決法

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 19

大規模アドホックネットワークにおける 階層的な名前解決法 - PowerPoint PPT Presentation


  • 87 Views
  • Uploaded on

大規模アドホックネットワークにおける 階層的な名前解決法. 理工学部情報学科 後藤研究室 1G02P050-7 鈴木 幹也. アドホックネットワーク. 無線端末同士で即席のネットワークを構築できる インフラストラクチャに依存しない 災害時などでの利用が期待される インターネットの技術が不十分な場面もある. 名前解決. IP アドレスを覚えやすい文字列に対応させる インターネットでは DNS 複数の固定端末が IP アドレスと名前の対応を管理 アドホックネットワークでは固定された端末の存在が保証されない アドホック特有の名前解決が必要.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '大規模アドホックネットワークにおける 階層的な名前解決法' - rafiki


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

大規模アドホックネットワークにおける階層的な名前解決法大規模アドホックネットワークにおける階層的な名前解決法

理工学部情報学科 後藤研究室

1G02P050-7 鈴木 幹也

slide2
アドホックネットワーク
  • 無線端末同士で即席のネットワークを構築できる
  • インフラストラクチャに依存しない
  • 災害時などでの利用が期待される
  • インターネットの技術が不十分な場面もある
slide3
名前解決
  • IPアドレスを覚えやすい文字列に対応させる
    • インターネットではDNS
    • 複数の固定端末がIPアドレスと名前の対応を管理
  • アドホックネットワークでは固定された端末の存在が保証されない
    • アドホック特有の名前解決が必要
slide6
提案方式(1)
  • 階層的
  • 名前を集約する端末をSNC (SubName Cordinator)、NC (Name Cordinator)として選出する
    • SNC・・・周囲の端末の名前とIPアドレスの対応を管理する
    • NC・・・SNCの端末の名前とIPアドレスの対応を管理する
slide7
提案方式(2)
  • 名前の登録

(1)SNC、NCは定期的に名前とIPアドレスをフラッディング

(2)各端末は自身のSNCの名前を自分の名前の後ろに“.”と共に付加して登録

(3)SNCはNCに自分の名前を登録

slide10
性能評価
  • NS2というシミュレーターを用いて測定
    • 名前解決にかかる時間(応答時間)を測定

測定1・・・1回の問い合わせにかかる時間

 (1)→(2)

測定2・・・2回の問い合わせにかかる時間

       (1)→(2)→(3)→(4)

測定3・・・3回の問い合わせにかかる時間

(1)→(2)´→(3)´→(2)→(3)→(4)

    • ネットワーク中を流れるパケット量の測定
slide13
結論
  • 大規模なアドホックネットワークでも十分短い時間で名前解決を行える
  • 名前から次に問い合わせるべきSNCがわかるため効率が良い
  • ベースになるプロトコルによって性能が異なる
slide14
今後の課題
  • 周囲の環境が無線に及ぼす影響
  • 既存のDNSとの共存
  • SNC、NC選出のための明確なアルゴリズム
  • 端末が他のSNCのゾーンに移ってしまった場合の処理