www2009 madrid query processing n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
WWW2009 MADRID! Query Processing PowerPoint Presentation
Download Presentation
WWW2009 MADRID! Query Processing

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 28

WWW2009 MADRID! Query Processing - PowerPoint PPT Presentation


  • 95 Views
  • Uploaded on

WWW2009 MADRID! Query Processing. 於 WWW 論文読み会( webkai ) 東京大学 岡崎直観(辻井研究室). 今回の発表資料. 以下の URL に置 いてあります http://www.chokkan.org/www2009/. 最適に整列された文書群に対する 転置インデックス圧縮及びクエリ処理. H. Yan, S. Ding, and T. Suel . (NYU & Yahoo! Research)

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'WWW2009 MADRID! Query Processing' - quiana


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
www2009 madrid query processing

WWW2009 MADRID!Query Processing

於 WWW論文読み会(webkai)

東京大学 岡崎直観(辻井研究室)

slide2
今回の発表資料
  • 以下のURLに置いてあります
    • http://www.chokkan.org/www2009/
slide3
最適に整列された文書群に対する転置インデックス圧縮及びクエリ処理最適に整列された文書群に対する転置インデックス圧縮及びクエリ処理

H. Yan, S. Ding, and T. Suel.(NYU & Yahoo! Research)

Inverted index compression and query processing with optimized document ordering, WWW2009, pp. 401-410.

slide4
転置インデックスの圧縮

文書ID

頻度

出現位置

d-gapは0から始まる

  • 転置リスト(inverted list; posting list)
    • “直観”: [[56, 1, [34]], [198, 2, [14,23]], [1034, 1, [43]]]
  • d-gapによる転置インデックスの圧縮
    • 文書IDの最割り当て
      • アイディア: 文書IDをうまく並べ替えて,転置リスト中の文書IDを互いに近い値にしたい
      • うまい方法: 文書のURLのアルファベット順に文書IDを再割当
        • ↑「直観」という語はwww.chokkan.orgドメインで頻出する
      • “直観”: [[56, 1, [34]], [57, 2, [14,23]], [60, 1, [43]]]
    • 文書IDの差分(d-gap)で転置リストを表現
      • “直観”: [[55, 1, [34]], [0, 2, [14,23]], [2, 1, [43]]]
      • d-gapは小さい値を取るので,圧縮しやすくなる
slide5
小さい整数の表現方法 (1/3)
  • Var-Byte Coding
    • 表現形式: fddddddd(f: 連結フラグ; d: 値)
      • fが1なら後に続く8bitの数値と連結する
    • 142 = (10001110)b→10000001 00001110
    • 2 = (10)b→ 00000010
    • デコードは速いけど,圧縮率が低い
  • Rice Coding
    • 表現形式: 1q0rrrr…(q個の1の後0,続いてm bitのr)
      • q = int(n / 2m), r = n % 2m
      • m = 4のとき,
        • 142 → (q = 8, r = 14) → 1111111101110
        • 2 → (q = 0, r = 2) → 00010
      • Var-Byte Codingよりはデコードが遅いけど,圧縮率が良い
slide6
小さい整数の表現方法 (2/3)
  • Simple9 (S9)
    • 表現形式: ssssdddddddddddddddddddddddddddd
      • 4 bitのステータスコードで,dの箇所に何個の数字が詰まっているかを表す(以下の9通り)
        • 0000: 28個の数(1bit),0001: 14個の数(2bit),
        • 0010: 9個の数(3bit),0011: 7個の数(4bit),
        • 0100: 5個の数(5bit),0101: 4個の数(7bit),
        • 0110: 3個の数(9bit),0111: 2個の数(14bit),
        • 1000: 1個の数(28bit)
    • (142217)をS9で表現すると
      • 01100100 01110000 00001000 00100010
    • ステータスコードの部分をビットマスクで取り出し,テーブルジャンプでデータを読み取れば,高速にデコードできる
    • S16という拡張は,16通りのデータ表現で圧縮率を向上
slide7
小さい整数の表現方法 (3/3)

例外は4バイトで表現

(逆順に並べる)

先頭の例外位置

これらの数字は5bitで格納

  • PForDelta
    • 数値をN個ずつエンコードする(例えばN = 128)
      • それらの数値の90%を格納できるビット長bを決める
      • 2b以上の数値は,例外として別に格納する
    • (23, 41, 8, 12, 30, 68, 18, 45, 21, 9, …)を格納する
      • 90%以上が25 = 32未満とし,m = 5と決定
      • |1 23 3 8 12 30 1 18 2 21 9 …|… 45 68 41|
    • 高速化のテクニック
      • 異なるb毎にハードコーディングしておく
      • キャッシュに載るようにブロック毎にデコードする
  • Interpolative Coding
    • 面白いけど省略
slide8
本論文の提案
  • PForDelta (PFD) を速度,圧縮率の面で改良する
  • 転置リストに含まれる頻度数値の圧縮方法を提案
    • move-to-front codingにインスパイアされた
  • 文書IDを並べ替えることの効果を調べる
    • TREC GOV2でインデックスのサイズを50%削減
  • 様々な圧縮方法の速度,圧縮率を調べる
    • 転置リスト毎に圧縮方法を適応的に決める方法を示す
  • TREC GOV2とは
    • 2004年にクロールされた.govドメインの2520万件のウェブページと,10万件のクエリ例
pfordelta
PForDeltaの改善法

S16でエンコードする

  • NewPFD
    • 既存のPFDの問題点
      • オフセットの値が2bに収まりきらないとき,2bよりも小さい数を例外扱いにして,オフセットのリストを連結しなければならない
    • 改善法
      • 例外を格納する配列,例外の位置を示す配列を分離させる
      • (23, 41, 8, 12, 30, 68, 18, 45, 21, 9, …)でm=5の場合
        • 下位ビット数値配列: (21 9 8 12 30 4 18 13 21 9 …)
        • 例外オフセット配列: (1 3 1 …)
        • 上位ビット数値配列: (9 4 13)
  • OptPFD
    • デコード速度と圧縮率はトレードオフの関係にある
    • インデックスのサイズとデコード速度の比が最小になるようにmを決める(詳細は省略)
slide11
頻度数値の圧縮方法
  • 単調増加ではないが…
    • 文書IDをURL順で整列すれば,似たような頻度が近くに出現
      • 同じドメインのウェブページの単語頻度分布は似る
  • 先頭移動法
    • Move-To-Front (MTF)
    • Burrows-Wheeler変換(ブロックソート)等と組み合わせて,データ圧縮に用いられる
  • Most-Likely-Next (MLN)
    • Q個の数値に対してQ×Qの行列を作り,i行j列が,数値iの後に(j+1)番目に出現しやすい数値を格納しておく
    • jのインデックス番号のみをエンコードする
  • これらの手法は同一,もしくは似たような頻度の数値が連続するときに有効

(5, 5, 5, 3, 2, 2)をMTF圧縮する例

ruralcafe
RuralCafe: 農村開発途上地域におけるウェブ検索

J. Chen, L. Subramanian, J. Li.

(NYU)

RuralCafe: Web Search in the Rural Developing World, WWW2009, pp. 411-420

slide14
背景
  • 世界にはWebに繋がりづらい地域がたくさんある
    • 100-1000人のユーザーが,128Kbpsの帯域を分け合っている大学や会社など
      • インドのBPO部門では,50-100人のスタッフが64Kbpsのインターネット回線を共有している
    • 携帯電話におけるデータ転送よりもSMSのコストが安いので,SMSベースで検索をやることがある
    • 巡回インターネット・キオスク
      • アジア,アフリカ,ラテンアメリカの農村部において,バスなどで巡回しているWiFiインターネット・キオスク
    • 停電が頻発する地域もある
slide15
南アの通信会社、データ転送速度で伝書バトに敗北南アの通信会社、データ転送速度で伝書バトに敗北
  • 2009年9月10日
    • BBC News (動画有り)
      • http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/8248056.stm
    • ITMedia News
      • http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0909/10/news075.html
  • 伝書鳩
    • 4GBのメモリースティックを装着した生後11ヶ月のハトが,80kmを1時間8分で飛ぶ
    • コンピュータとメモリースティック間のデータを転送する時間を含めても,2時間6分57秒だった
    • その間,通信会社大手のテルコムのデータ転送は,4%しか完了しなかった
slide16
目標
  • RuralCafeと呼ばれる検索環境を提案する
    • シンプルな検索インタフェースを提供
      • 従来の検索インタフェースは,断続的なインターネット接続環境に十分とは言えない
    • ローカルなキャッシュの検索をサポート
    • よく用いられる検索フレーズをローカルに保存
      • ユーザーのクエリは不十分だったり曖昧であることが多い
    • 断続的なインターネット接続環境の様々なケースに対応
    • 検索結果の先読みを行い,ローカルなキャッシュ上で検索できるように準備する
ruralcafe1
RuralCafeのインタフェース

クエリ拡張やクエリ訂正を行うペーン

検索ジョブの進行状況を表示するペーン

通常のクエリ,合成クエリ(OR連結),エンティティ絞り込み検索(電話番号など)

曖昧(たくさんの短い検索結果が返される),普通,深い(長めの少ない検索結果が返される)

「テキストのみ」「テキストと画像」「全部」

ruralcafe2
RuralCafeの構成

ローカル検索

データ転送制御

N-gramによるクエリ拡張・訂正

slide19
GPUを用いた高性能なクエリ処理

S. Ding, J. He, H. Yan, T. Suel.

(NYU & Yahoo! Research)

Using Graphics Processors for High Performance IR Query Processing, WWW2009, pp. 421-430.

slide20
本研究の内容
  • 情報検索システムは数千のサーバーでクラスター化
    • 1サーバーあたりの速度を向上させることも大切
  • 本研究では,以下のタスクにおいてGPUの利用を考える
    • 圧縮された転置リストのデコード
    • 圧縮された転置リストをデコードしながらjoinを取る
  • GPUの利用環境
    • NVIDIA GeForce 8800 GTS (640MB; 32 threds)
    • Compute Unified Device Architecture (CUDA)
parallel prefix sum
並列化計算の例:Parallel Prefix Sum
  • Inclusive parallel prefix sum
    • [a0, a1, …, an-1] → [a0, a0+a1, …, a0+a1+…+an-1]
  • Exclusive parallel prefix sum
    • [a0, a1, …, an-1] → [0, a0, a0+a1, …, a0+a1+…+an-2]
  • 普通に実装すると,並列化が難しい
    • for (i =1;i <= n;++i) s[i] = s[i-1] + a[i-1]
    • n回の加算演算でO(n)
  • CUDAによる実装は,以下の資料を参照
    • http://developer.download.nvidia.com/compute/cuda/sdk/website/projects/scan/doc/scan.pdf
    • 2*(n-1)回の加算,(n-1)回のコピーで,O(n)
      • 演算回数は増えているが,32個のスレッドを使うので高速
slide24
Rice符号列のデコード
  • Rice符号でエンコードされたd-gap列から文書ID列を復元
    • Rice符号をデコードしながらParallel Prefix Sumを取る
  • 文書ID列をd-gap列に変換しRice符号エンコード
    • 文書IDs: [143, 146, 164]
    • d-gaps: [142, 2, 17]
    • Rice符号 (m = 4 のとき)
      • q系列: 111111110010
      • r系列: 111000100001
  • 文書ID列のデコード
    • q系列のデコード
      • まず,q系列を1-bitで構成された数値列と見なしてparallel prefix sumを計算
        • [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 8, 8, 9, 9]
      • 元々のq系列で0が埋められていた箇所の数字を抜き出して配列に
        • [8, 8, 9]
    • r系列のデコード
      • 4-bitで構成される数値列と見なしてparallel prefix sumを計算
        • [14, 16, 17]
    • 最後にまとめる
      • [8*24+14+1, 8*24+16+2, 9*24+17+3] = [143, 146, 164]

通常のrice符号とは異なり,qとrを別々のビットストリームに格納

cpu gpu
CPUとGPUのデコード速度の比較
  • Rice符号
    • GPUよりもCPUの方が若干高速だった
    • ただし,CPUはd-gapから文書IDの復元を行っていないのに対し,GPUでは同時に行っている
  • PForDelta
    • CPUよりもGPUの方が高速だった
slide26
GPUを用いた転置リストマージ
  • 基本的なアイディア
    • 2つの転置リストをマージするとき,分割要素を適当に決めて,転置リストをセグメントに分割する
    • 分割されたセグメント同士でリストのマージを並列に行う
  • 実際には,転置リストを2分割する処理を分割統治で再帰的に行い,セグメントを細分化してマージする
slide28
論文でカバーされている他の内容
  • スキップポインタを用いた集合和・積
  • GPUを用いた並列スコア計算
    • 今回の実験ではBM25を利用している
  • GPUを用いたtop-k文書選択
  • OR検索のサポート
    • Term-At-A-Time (TAAT)で文書ID毎にスコアを計算
  • CPUとGPUを上手く組み合わせるスケジューリング