slide1 l.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
需要曲線の導出 PowerPoint Presentation
Download Presentation
需要曲線の導出

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 28

需要曲線の導出 - PowerPoint PPT Presentation


  • 103 Views
  • Uploaded on

需要曲線の導出. E. 前回の復習. 予算線と無差別曲線の 接点 が最適消費点. x 2. 最適な第 2 財消費量. x 1. 最適な第 1 財消費量. では、所得や価格が変わると、最適消費点はどう変わるか. 予算制約式とはこんなのだった. 一般に、所得が Y 、 第 1 財の価格が p 1 、 購入量が x 1 第 2 財の価格が p 2 、 購入量が x 2 とすると. 第 1 財の購入額. 第 2 財の購入額. ≧. Y. p 1 x 1. p 2 x 2. 右辺に移項すると マイナスがつく. グラフにするために変形.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '需要曲線の導出' - porsche


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide2

E

前回の復習

予算線と無差別曲線の接点が最適消費点

x2

最適な第2財消費量

x1

最適な第1財消費量

slide3
では、所得や価格が変わると、最適消費点はどう変わるかでは、所得や価格が変わると、最適消費点はどう変わるか
slide4
予算制約式とはこんなのだった

一般に、所得がY、第1財の価格がp1、購入量がx1第2財の価格がp2、購入量がx2とすると

第1財の購入額

第2財の購入額

Y

p1x1

p2x2

slide5

右辺に移項するとマイナスがつく

グラフにするために変形

予算を余らせてもしかたないから、等式で書くと

Y=p1x1+p2x2

p1x1+p2x2=Y

p2x2= −p1x1+Y

両辺をp2で割ると

x2= −(p1/p2)x1+Y/p2

slide6
グラフにすると

x2

x2= −(p1/p2)x1+Y/p2

傾き

切片

上昇

Y/p2

不変

切片

ここで、所得Yが増えると

−p1/p2

傾き

x1

slide7
所得が増えると

x2

x2= −(p1/p2)x1+Y/p2

Y/p2

傾き

切片

上昇

Y/p2

不変

予算線は右上に平行移動

−p1/p2

x1

slide9

E

E

こうなる

これは両財ともに上級財(普通財)の場合

x2

両財とも最適消費は増加する

x2#

x2#

x1

x1#

x1#

slide11

E

E

こうなるケースもある

第2財が下級財(劣等財)の場合

x2

第2財の最適消費は減少する

第1財がエアコン第2財が扇風機

第1財がホテル第2財が安旅館

x2#

x2#

x1

x1#

x1#

slide12
今度は価格が変化する場合

x2

x2= −(p1/p2)x1+Y/p2

傾き

切片

不変

Y/p2

緩やかに

切片

第1財価格p1が下がると

−p1/p2

傾き

x1

slide13
第1財価格が下がると

x2

x2= −(p1/p2)x1+Y/p2

傾き

切片

不変

Y/p2

緩やかに

予算線は切片不変で左回りにシフト

−p1/p2

−p1/p2

x1

slide14

E

すると、第1財価格が下落したら最適消費点はすると、第1財価格が下落したら最適消費点は

x2

x2#

x1

x1#

slide15

E

E

こうなる

通常、第1財の最適消費量は増加する

x2

x2#

x2#

x1

x1#

x1#

slide16
実際に数字をあてはめて考えてみよう

所得Y=600円第2財の価格がp2=10円のとき、第1財の価格p1がいろいろに変わったときの最適消費量を求めよう。

slide17

60

これが無差別曲線だとする

x2

予算線のx2軸切片は、600÷10=60

x1

p 1 100

60

p1=100円のとき

x2

予算線のx1軸切片は、600÷100=6

最適な第1財消費量

x1

6

p 1 60

60

p1=60円のとき

x2

予算線のx1軸切片は、600÷60=10

最適な第1財消費量

x1

10

p 1 40

60

p1=40円のとき

x2

予算線のx1軸切片は、600÷40=15

最適な第1財消費量

x1

15

p 1 30

60

p1=30円のとき

x2

予算線のx1軸切片は、600÷30=20

最適な第1財消費量

x1

20

p 1 20

60

p1=20円のとき

x2

予算線のx1軸切片は、600÷20=30

最適な第1財消費量

x1

30

p 1 15

60

p1=15円のとき

x2

予算線のx1軸切片は、600÷15=40

最適な第1財消費量

x1

40

p 1 10

60

p1=10円のとき

x2

予算線のx1軸切片は、600÷10=60

最適な第1財消費量

x1

60

slide25

60

今のをまとめると、

第1財価格p1が、100円、60円、40円、30円、20円、15円、10円となるにしたがって、

x2

点線矢印の先が最適消費量になる

x1

6

10

15

20

30

40

60

slide26

x2

60

100円

60円

40円

30円

20円

15円

10円

各価格と最適消費量との関係をグラフにとると、各価格と最適消費量との関係をグラフにとると、

x1

p1

この家計の個別需要曲線が出る

x1

slide27

100円

30円

15円

いろいろな家計の個別需要曲線を足し合わせるといろいろな家計の個別需要曲線を足し合わせると

p1

p1

p1

p1

x1

x1

x1

x1

slide28
このように、社会全体の個別需要曲線を水平に足し合わせて、このように、社会全体の個別需要曲線を水平に足し合わせて、

p1

D

(社会的)需要曲線が出てくる。

x1