a composition n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
A . Composition PowerPoint Presentation
Download Presentation
A . Composition

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 16

A . Composition - PowerPoint PPT Presentation


  • 110 Views
  • Uploaded on

A . Composition. 担当 : 阪大 井上研 崔 恩 瀞,山中 裕樹,後藤 祥. A1. Automatic Synthesis of Modular Connectors via Composition of Protocol Mediation Patterns. Paola Inverardi , Massimo Tivoli ( University of L'Aquila, Italy ). 担当 :崔 恩 瀞 ( 阪 大 井上 研 ). A1. 背景.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'A . Composition' - pilar


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
a composition

A. Composition

担当 : 阪大 井上研

崔 恩瀞,山中 裕樹,後藤 祥

automatic synthesis of modular connectors via composition of protocol mediation patterns

A1

Automatic Synthesis of Modular Connectors via Composition of Protocol Mediation Patterns

Paola Inverardi, Massimo Tivoli(University of L'Aquila, Italy)

担当:崔恩瀞(阪大 井上研)

slide3

A1

背景
  • ユビキタス・コンピューティングでは,異なるシステムを接続してサービスを提供する.
  • この際,異なるシステム間のプロトコル不整合を解決する必要がある.
  • プロトコル不整合を解決するためのコネクタの作成・保守が困難である.
    • 作成して終わりではなく,システムの改修に応じて,コネクタの保守を行う必要がある
slide4

A1

本論文の概要
  • コネクタを自動的に導出する方法を定義
    • 入力
      • 2システムのプロトコル
      • ドメイン・オントロジー
    • 出力
      • 複数のモジュール化されたコネクタ
  • ドメイン・オントロジーが変更された場合を想定し,提案する方法の有用性を議論

インターフェース・オートマトン

既存研究は,保守が難しい

モノリシックコネクタを導出

fig 4

A1

提案する方法の概要(Fig.4)

オントロジーを基に

プロトコル間の表記を統一

アクションの発生順序の変更や

入出力の追加・削除を行う

コネクタ群を導出

プロトコルの対

オントロジー

robust recon gurations of component assemblies

A2

Robust Reconfigurations of Component Assemblies

FabienneBoyer, Olivier Gruber, Damien Pous

(Université Joseph Fourier, France; CNRS, France)

担当:山中 裕樹(阪大井上研)

slide7

A2

研究概要
  • 再コンフィギュレーションプロトコルの提案
    • 安全に再コンフィギュレーションするための規約を定義
    • 規約を順守してアーキテクチャを変更

⇒ 再コンフィギュレーション中に発生する障害に対応可能

データベース

Apacheサーバ

Tomcatサーバ

再コンフィギュレーション

理想的なコンポーネントアセンブリ

(ターゲットアーキテクチャ)

現状のコンポーネントアセンブリ

(カレントアーキテクチャ)

slide8

A2

再コンフィギュレーションの規約
  • Architectural Invariants ( Definition 1 )
    • オペレーションを実行する際に満たすべきアーキテクチャの条件
    • 実行すべきオペレーションを決定するために必要
  • Reconfiguration Grammar (Fig. 1 )
    • 再コンフィギュレーションの際のオペレーションの文法

Construct/Destruct:コンポーネントの構築・破棄

Wire/Unwire:コンポーネント間の関連付け

Start/Stop:コンポーネントの開始・停止

再コンフィギュレーションに必要なオペレーション

状態遷移機械を満たすように

オペレーションを実行

Fig.1

slide9

A2

プロトコルの概要
  • カレントアーキテクチャとターゲットアーキテクチャのdiffを計算
  • diffから実行すべきオペレーションを決定・順序付け
    • Architectural Invariantsを満たすようにオペレーションを決定(Fig.3)
    • Reconfiguration Grammarに従ってオペレーションを順序付け(Fig.4)
  • オペレーションを順に適用(Down Phase → Up Phase の順序)
    • 安全にアーキテクチャを変更することが可能

オペレーション

diff

カレントアーキテクチャ (Fig.7)

Down Phase

Stop: A2, T2

Unwire: (T2,DB1)

Down Phase

Unwire(T2, DB1)

STEP2

STEP1

Up Phase

Construct(DB2)

Start(DB2)

Wire(T2,DB2)

Up Phase

Construct: DB2

Wire: (T2,DB2)

Start: DB2, T2, A2

ターゲットアーキテクチャ (Fig.7)

再コンフィギュレーション中の新たな障害へ対応可能(詳細は略)

slide10

A2

評価実験
  • プロトコルの性能評価
    • プロトコルのアルゴリズムを形式化
    • Coq*を用いてプロトコルのアルゴリズムを検証
  • ケーススタディの実施
    • ウェブアプリケーションサーバのアーキテクチャ変更例の紹介

*Y. Bertot and P. Cast´eran. Interactive Theorem Proving and Program Development. Coq’Art: The Calculus of Inductive Constructions. Texts in Theoretical Computer Science. Springer, 2004.

drag and drop refactoring intuitive and efficient program transformation

A3

Drag-and-Drop Refactoring:Intuitive and Efficient Program Transformation

Yun Young Lee, Nicholas Chen, Ralph E. Johnson

(University of Illinois at Urbana-Champaign, USA)

担当:後藤 祥(阪大井上研)

slide12

A3

研究概要
  • リファクタリングツールはあまり使われていない
    • UIの問題,設定項目が多い
  • ドラッグ&ドロップでリファクタリングを行うツールを提案
    • Javaエディター,パッケージエクスプローラ上で動作

Print文の引数を選択して

メソッドの外にドロップ

Extract Method

“Drag-and-Drop Refactoring:Intuitive and Efficient Program Transformation”, Fig. 1 より引用

slide13

A3

主要な貢献
  • Approach
    • ドラッグ&ドロップによるリファクタリング操作
  • Mappings
    • 被験者実験を行い,ドラッグ&ドロップとリファクタリングパターンのマッピングを作成
  • Tool
    • Eclipseプラグイン(DNDRefactoring)を公開
  • Evaluation
    • controlled user study で有用性を確認
slide14

A3

マッピング作成のための実験(RQ1)
  • D&D操作とリファクタリングのマッピングを作成
    • 74名の被験者へマッピングに関する質問を行った

被験者の解答を分類してマッピングを作成

“Drag-and-Drop Refactoring:Intuitive and Efficient Program Transformation”, Fig. 2, Table. 2 より引用

rq2 rq3

A3

ツールの評価実験(RQ2, RQ3)
  • Eclipseのリファクタリング機能と比較
    • 被験者にリファクタリングのタスクを与える
    • 作業を録画して,実験終了後に解析
  • RQ2 : Efficiency (作業時間)
    • Extract Method 以外は提案ツールの方が早い
  • RQ3 : Usability (作業中に障害に遭遇した回数)
    • 障害・・・作業の中断,間違った機能の呼び出しなど
    • 提案ツールを用いることで障害数は平均して半分になった
slide16

A3

所感
  • 提案内容の優れた点が上手く述べられている
    • 提案内容でいかに現状の問題点を解決できるか
    • 問題点の解決以外の利点
  • 多くのリソースが公開されている
    • ツール,実験タスク,実験結果