slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
L12  動物たちの嘆き PowerPoint Presentation
Download Presentation
L12  動物たちの嘆き

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 5

L12  動物たちの嘆き - PowerPoint PPT Presentation


  • 206 Views
  • Uploaded on

L12  動物たちの嘆き. 新しい言葉. シャンプーする: 洗毛。 カットする: 剪毛。 前もっ て: 提前。 たか が: 只。 ごと き (如 き ) : 像。 馬鹿馬鹿し い: 可笑的。 無理や り: 強制。 枠組 み: 架構、骨架。 得手勝 手: 任性的、剛愎自用。 押し売 り: 強行推銷。 例に取 る: 以此為例。 パートナ ー: 夥伴。 コンパニオ ン: 同伴。 アニマ ル: 動物。. 文法. 1、~ないでもない: 也不是沒有。. 解析.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'L12  動物たちの嘆き' - perry-pena


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide2
新しい言葉
  • シャンプーする:洗毛。
  • カットする:剪毛。
  • 前もって:提前。
  • たかが:只。
  • ごとき(如き):像。
  • 馬鹿馬鹿しい:可笑的。
  • 無理やり:強制。
  • 枠組み:架構、骨架。
  • 得手勝手:任性的、剛愎自用。
  • 押し売り:強行推銷。
  • 例に取る:以此為例。
  • パートナー:夥伴。
  • コンパニオン:同伴。
  • アニマル:動物。
slide3
文法
  • 1、~ないでもない:也不是沒有。
slide4
解析

栄養のバランスを十分に考えた食事が終わると、きれいな服を着せて美容院へ。シャンプーとカットの後は、病院で健康診断。病気のことを考えて保険にも一口。亡くなたら友人を集めてお葬式。その後は前もって購入しておいたお墓へ。犬の話である。たかが犬ごときにと、馬鹿馬鹿しく思わないでもないが、ペットブームはここまで来ている。 

寵物吃完均衡營養的食物後,穿上漂亮的衣服到美容院洗完澡剪完毛後,就去醫院健康檢查。考慮到寵物生病的事也買了保險。去世後找來友人舉行葬禮。然後再把牠放到事先買好的墓園裡。這是狗的故事。只不過是一隻狗,難免讓人不禁覺得可笑,但寵物風潮已經來到這種地步了。

slide5

動物を無理やり人間社会の枠組みに組み込み、得手勝手な、一方的な愛情を押し売りの対象として扱うことに疑問を抱き、社会の一員として受け入れ、共存を図ろうとする動きもある。例えば、犬を例に取れば、これまでのように番犬や警察犬、盲導犬として、人間の生活に役立たせるためだけに飼うのではなく、人間も犬も同じ動物だという立場からその権利を認め、社会生活における役割や楽しみを共有しようという人たちがいる。この人たちは、人間と動物の新しいパートナー関係を明確にするために、「ペット」の代わりに「コンパニオン.アニマル」という言葉を使い、動物と対等な立場で「共存.共生」することを目指している。動物を無理やり人間社会の枠組みに組み込み、得手勝手な、一方的な愛情を押し売りの対象として扱うことに疑問を抱き、社会の一員として受け入れ、共存を図ろうとする動きもある。例えば、犬を例に取れば、これまでのように番犬や警察犬、盲導犬として、人間の生活に役立たせるためだけに飼うのではなく、人間も犬も同じ動物だという立場からその権利を認め、社会生活における役割や楽しみを共有しようという人たちがいる。この人たちは、人間と動物の新しいパートナー関係を明確にするために、「ペット」の代わりに「コンパニオン.アニマル」という言葉を使い、動物と対等な立場で「共存.共生」することを目指している。

  但也有對把動物強制納入人類社會的組織,任意的單方面把動物當成傾注愛情的對象等事情抱持疑問,而試圖將牠當作社會的一員接受並共存。例如,拿狗來舉例的話,有人認為不是像之前一樣,只是為了對人類的生活有幫助而當作看門狗、警犬或導盲犬來飼養,而是從人類和狗同樣是動物的立場來認同他的權利,在社會生活中擁有相同的作用和樂趣。這些人為了讓人類和動物間新的夥伴關係更明確,以「動物夥伴」取代了「寵物」一詞,以與動物相同立場的「共存、共生」為目標。