slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
GSC EM の位置およびエネルギーの決定精度等に関する詳細な試験を実施した。  下図は芯線方向に10 mm 間隔で17.5 keV の X 線を照射した場合の位置指標値の分布である。 位置分解能は1 mm FWHM であった。 PowerPoint Presentation
Download Presentation
GSC EM の位置およびエネルギーの決定精度等に関する詳細な試験を実施した。  下図は芯線方向に10 mm 間隔で17.5 keV の X 線を照射した場合の位置指標値の分布である。 位置分解能は1 mm FWHM であった。

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 1

GSC EM の位置およびエネルギーの決定精度等に関する詳細な試験を実施した。  下図は芯線方向に10 mm 間隔で17.5 keV の X 線を照射した場合の位置指標値の分布である。 位置分解能は1 mm FWHM であった。 - PowerPoint PPT Presentation


  • 55 Views
  • Uploaded on

GSC Engineering Model. GSC EM の位置およびエネルギーの決定精度等に関する詳細な試験を実施した。  下図は芯線方向に10 mm 間隔で17.5 keV の X 線を照射した場合の位置指標値の分布である。 位置分解能は1 mm FWHM であった。  位置は電荷分割方式によって決定される。位置指標値とは芯線の片側で測定された電荷量( L) の全電荷量( L+R) に対する比である。.  バックグラウンド値は 2 x10 -4 cts/s/keV/cm 2 (2-30keV) であり、 設計段階での予測値通りであった。.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'GSC EM の位置およびエネルギーの決定精度等に関する詳細な試験を実施した。  下図は芯線方向に10 mm 間隔で17.5 keV の X 線を照射した場合の位置指標値の分布である。 位置分解能は1 mm FWHM であった。' - pello


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

GSC Engineering Model

GSC EM の位置およびエネルギーの決定精度等に関する詳細な試験を実施した。

 下図は芯線方向に10mm間隔で17.5keVのX線を照射した場合の位置指標値の分布である。

位置分解能は1mmFWHMであった。

 位置は電荷分割方式によって決定される。位置指標値とは芯線の片側で測定された電荷量(L)の全電荷量(L+R)に対する比である。

 バックグラウンド値は

2x10-4cts/s/keV/cm2

(2-30keV) であり、

設計段階での予測値通りであった。

SSCチップ と コリメータ

円弧状視野

板状コリメータで視野を円弧状に限る。

視野内の方向(矢印方向)のみの位置を

読み出す。他方向は複数ピクセルをチップ

上で加算し、読み出しスピードを上げる。

16チップで1カメラを構成。1カメラで100cm2

SSC EM chip により得られた、55Fe放射性同位体からのX線のエネルギースペクトル。Mn Kα と Kβが分離できている。 今後エネルギー分解能を120eV@6keV まで改善する予定。

→ 133 eV (2000.9)

浜ホト社製、1024x1024 pix、Al(2000A)蒸着、ペルチエで-60Cに冷却、Parallel sumで駆動