slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
GSC EM の位置およびエネルギーの決定精度等に関する詳細な試験を実施した。  下図は芯 PowerPoint Presentation
Download Presentation
GSC EM の位置およびエネルギーの決定精度等に関する詳細な試験を実施した。  下図は芯

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 1

GSC EM の位置およびエネルギーの決定精度等に関する詳細な試験を実施した。  下図は芯 - PowerPoint PPT Presentation


  • 55 Views
  • Uploaded on

GSC Engineering Model. GSC EM の位置およびエネルギーの決定精度等に関する詳細な試験を実施した。  下図は芯線方向に10 mm 間隔で17.5 keV の X 線を照射した場合の位置指標値の分布である。 位置分解能は1 mm FWHM であった。  位置は電荷分割方式によって決定される。位置指標値とは芯線の片側で測定された電荷量( L) の全電荷量( L+R) に対する比である。.  バックグラウンド値は 2 x10 -4 cts/s/keV/cm 2 (2-30keV) であり、 設計段階での予測値通りであった。.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'GSC EM の位置およびエネルギーの決定精度等に関する詳細な試験を実施した。  下図は芯' - pello


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

GSC Engineering Model

GSC EM の位置およびエネルギーの決定精度等に関する詳細な試験を実施した。

 下図は芯線方向に10mm間隔で17.5keVのX線を照射した場合の位置指標値の分布である。

位置分解能は1mmFWHMであった。

 位置は電荷分割方式によって決定される。位置指標値とは芯線の片側で測定された電荷量(L)の全電荷量(L+R)に対する比である。

 バックグラウンド値は

2x10-4cts/s/keV/cm2

(2-30keV) であり、

設計段階での予測値通りであった。

SSCチップ と コリメータ

円弧状視野

板状コリメータで視野を円弧状に限る。

視野内の方向(矢印方向)のみの位置を

読み出す。他方向は複数ピクセルをチップ

上で加算し、読み出しスピードを上げる。

16チップで1カメラを構成。1カメラで100cm2

SSC EM chip により得られた、55Fe放射性同位体からのX線のエネルギースペクトル。Mn Kα と Kβが分離できている。 今後エネルギー分解能を120eV@6keV まで改善する予定。

→ 133 eV (2000.9)

浜ホト社製、1024x1024 pix、Al(2000A)蒸着、ペルチエで-60Cに冷却、Parallel sumで駆動