Open Source ERP Users Group 第 13 回勉強会 - PowerPoint PPT Presentation

open source erp users group 13 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
Open Source ERP Users Group 第 13 回勉強会 PowerPoint Presentation
Download Presentation
Open Source ERP Users Group 第 13 回勉強会

play fullscreen
1 / 35
Open Source ERP Users Group 第 13 回勉強会
167 Views
Download Presentation
osmond
Download Presentation

Open Source ERP Users Group 第 13 回勉強会

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. Open Source ERP Users Group第13回勉強会 2014年5月10日 @オープンソース・ワークショップ

  2. 目次 • はじめに [5min] • お知らせ [5min] • 特別編 [50min] • オープンプロジェクト [60min] • モクモク会 [60min]

  3. 目次 • はじめに • お知らせ • 特別編 • オープンプロジェクト • モクモク会

  4. はじめに(勉強会の目的) 目的 ADempiereに関する知識を共有し、全般的な理解を深める。 想定参加者 ADempiereの利用に興味を持っている人 (当面はユーザ視点に立ち、ADempiereの標準機能を説明の中心とする。) 参加者の前提知識 特になし 勉強会の構成 ・業務編 ・システム編 ・特別編 参考資料 ●BayuChauyaPamungkas,“ADempiere 3.4 ERP Solutions “, PACKT ●湯浅和雄, 「この1冊ですべてわかる 物流とロジスティクスの基本」, 日本実業出版社

  5. はじめに(勉強会の目的) 本勉強会では、ADempiereの導入支援として、基礎となる体系的な情報整理とその共有を目指します。コミュニティ参加者には本勉強会の知識をベースとして、より高次の理解に取り組んで頂き、知り得た内容を、コミュニティに共有頂く、といった”お互いに教えあう場”となればと考えています。 理解度 実利用に求められる知識に対して、体系的な整理が行われていない 領域 以前の課題 理解度 連続勉強会により、 体系的な情報整理 ⇒勉強会の知識を基礎として、より高次の知見へ展開 領域 勉強会の目標

  6. はじめに(勉強会の注意点) 勉強会参加者の興味対象は、人によって異なるため、必ずしも参加者全員の知的欲求を満たせるとは限りません。 当活動はボランティアベースであるため、Bさん、Cさんの興味対象であるがAさんの興味対象外の事柄については、Aさんに期待するのではなく、各自で取り組んでみましょう。 Cさんの興味 Aさんの興味 Bさんの興味

  7. はじめに(ADempiereの紹介) ADempiereの概要 中小企業向けERPとして開発されたCompiereから2006年に分岐して、開発されているソフトウェアおよび、その開発コミュニティ。 Eric Raymondの著作、『伽藍とバザール』のバザール方式により開発がすすめられているプロジェクト。 ADempiereのシステム機能 • Enterprise Resource Planning (ERP) • Supply Chain Management (SCM) • Customer Relationship Management (CRM) • Financial Performance Analysis • Integrated Point of sale (POS) solution • Integrated Web Store

  8. はじめに(ADempiereの紹介)

  9. はじめに(ADempiereの紹介) 注文 発注指示 受注情報 注文 顧客 取引先 受注 発注 生産 入荷 出荷 在庫 商品 商品 商品 商品 生産・在庫管理 仕入 売上 販売管理 購買管理 財務 会計 請求書 請求書 債権 管理 債務 管理 財務会計 人事 給与 入金 支払 代金 代金 人事管理 債権管理 債務管理

  10. 目次 • はじめに • お知らせ • 特別編 • オープンプロジェクト • モクモク会

  11. お知らせ(リリース情報) • iDempiere Installation Script • http://www.chuckboecking.com/blog/bid/388672/iDempiere-Installation-Script-Now-Supports-Ubuntu-14-04LTS

  12. お知らせ(ADempiere/iDempiere Wiki更新) • iDempiere Wiki更新 • Xxx • ADempiere Wiki • Theme Management • http://www.adempiere.com/index.php?title=Theme_Management&oldid=53880 • Getting Started • http://www.adempiere.com/JP/Table_of_Contents#Getting_Started

  13. お知らせ(その他) • iDempiere is using ZK Community Edition • https://groups.google.com/forum/?hl=ja&fromgroups#!topic/idempiere/-9-QRzWeJwU

  14. 目次 • はじめに • お知らせ • 特別編 • 実運用導入事例 • Webサービスの概説 • Lightening Talk • オープンプロジェクト • 今後の活動

  15. 実運用導入事例

  16. Webサービスの概説(HTTP通信/静的HTML) ブラウザ Webサーバー

  17. Webサービスの概説(HTTP通信/HTTP Request- GET) GET/www.yoheim.net/?key1=value1&key2=value2 HTTP/1.1 Accept:text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8 Accept-Charset:Shift_JIS,utf-8;q=0.7,*;q=0.3 Accept-Encoding:gzip,deflate,sdch Accept-Language:ja,en-US;q=0.8,en;q=0.6 Cache-Control:max-age=0 Connection:keep-alive Cookie:utma=something; Host:www.yoheim.net User-Agent:Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_7_4) AppleWebKit/536.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/19.0.1084.54 Safari/536.5 参考) YoheiM.NET http://www.yoheim.net/blog.php?q=20120611

  18. Webサービスの概説(HTTP通信/HTTP Request - POST) POST /www.yoheim.net/ HTTP/1.1 Host: localhost:8080 User-Agent: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_7_4) AppleWebKit/536.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/19.0.1084.54 Safari/536.5 Accept: text/xml,application/xml,application/xhtml+xml,text/html;q=0.9,text/plain;q=0.8,image/png,*/*;q=0.5 Accept-Language: ja,en-us;q=0.7,en;q=0.3 Accept-Encoding: gzip,deflate Accept-Charset: Shift_JIS,utf-8;q=0.7,*;q=0.7 Keep-Alive: 300 Connection: keep-alive Content-Type: text/plain Content-Length: 23 key1=value1&key2=value2

  19. Webサービスの概説(HTTP通信/HTTP Response) HTTP/1.1 200 OK Date: Sun, 10 Oct 2010 23:26:07 GMT Server: Apache/2.2.8 (Ubuntu) mod_ssl/2.2.8 OpenSSL/0.9.8g Last-Modified: Sun, 26 Sep 2010 22:04:35 GMT ETag: "45b6-834-49130cc1182c0" Accept-Ranges: bytes Content-Length: 13 Connection: close Content-Type: text/html Hello world!

  20. Webサービスの概説(HTTP通信/動的HTML) ブラウザ DBサーバー Webコンテナ M C V Servlet JavaBeans JSP

  21. Webサービスの概説(HTTP通信/SOAP連携) ブラウザ DBサーバー Webコンテナ SOAP Serv M C V API Servlet SOAPサーバー JavaBeans JSP Func ターゲットメソッド

  22. Webサービスの概説(HTTP通信/RESTとSOAPの違い)

  23. Webサービスの概説(HTTP通信/RESTのトランザクション)Webサービスの概説(HTTP通信/RESTのトランザクション) HTTP Request GET /WebSite1/WebService.asmx/getHello?str=string HTTP/1.1 Host: localhost HTTP Response HTTP/1.1 200 OK Content-Type: text/xml; charset=utf-8 Content-Length: length <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <string xmlns="http://tempuri.org/">string</string>

  24. Webサービスの概説(HTTP通信/SOAPのトランザクション)Webサービスの概説(HTTP通信/SOAPのトランザクション) HTTP Request POST /WebSite1/WebService.asmx HTTP/1.1 Host: localhost Content-Type: text/xml; charset=utf-8 Content-Length: length SOAPAction: "http://tempuri.org/getHello" <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <soap:Envelopexmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:soap="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/"> <soap:Body> <getHelloxmlns="http://tempuri.org/"> <str>string</str> </getHello> </soap:Body> </soap:Envelope>

  25. Webサービスの概説(HTTP通信/SOAPのトランザクション)Webサービスの概説(HTTP通信/SOAPのトランザクション) HTTP Response HTTP/1.1 200 OK Content-Type: text/xml; charset=utf-8 Content-Length: length <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <soap:Envelopexmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:soap="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/"> <soap:Body> <getHelloResponsexmlns="http://tempuri.org/"> <getHelloResult>string</getHelloResult> </getHelloResponse> </soap:Body> </soap:Envelope>

  26. Webサービスの概説(HTTP通信/RESTのアクセススクリプト)Webサービスの概説(HTTP通信/RESTのアクセススクリプト) function requestRest(){ var endpoint = "http://ホスト名/WebSite1/WebService.asmx"; // 送信先 var param1 = "keywork"; // パラメータ // URLを生成 varurl = endpoint + "/getHello?str=" + encodeURI(param1) + "&dummy="+(new Date().getTime()); // XMLHttpRequestを作成 try { xmlhttp = new XMLHttpRequest(); // Netscape, Firefoxなど } catch (e){ try { xmlhttp = new ActiveXObject ("Msxml2.XMLHTTP"); // IE } catch (e){ try { xmlhttp = new ActiveXObject ("Microsoft.XMLHTTP"); // IE } catch (e){ // XMLHttpRequestの作成に失敗 } } } xmlhttp.onreadystatechange = method1; // レスポンスを受け取った時に呼ばれるメソッドを指定 xmlhttp.open('GET', url, true); xmlhttp.setRequestHeader ("Content-Type","text/xml; charset=utf-8"); xmlhttp.send(); // RESTで送信 } function method1() { if (xmlhttp.readyState == 4 && xmlhttp.status == 200) { alert(xmlhttp.responseText); // 結果をデバッグ表示 } }

  27. Webサービスの概説(HTTP通信/SOAPのアクセススクリプト)Webサービスの概説(HTTP通信/SOAPのアクセススクリプト) function requestSoap(){ var endpoint = "http://ホスト名/WebSite1/WebService.asmx"; // 送信先 var param1 = "keywork"; // パラメータ // SOAPメッセージを作成 varmsg = "<?xml version=\"1.0\" encoding=\"utf-8\"?>\n\ <soap:Envelopexmlns:xsi=\"http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance\" \n\ xmlns:xsd=\"http://www.w3.org/2001/XMLSchema\" \n\ xmlns:soap=\"http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/\">\n\ <soap:Body>\n\ <getHelloxmlns=\"http://tempuri.org/\">\n\ <str>" + param1 + "</str>\n\ </getHello>\n\ </soap:Body>\n\ </soap:Envelope>"; // XMLHttpRequestを作成 try { xmlhttp = new XMLHttpRequest(); // Netscape, Firefoxなど } catch (e){ try { xmlhttp = new ActiveXObject ("Msxml2.XMLHTTP"); // IE } catch (e){ try { xmlhttp = new ActiveXObject ("Microsoft.XMLHTTP"); // IE } catch (e){ // XMLHttpRequestの作成に失敗 } } } xmlhttp.onreadystatechange = method2; // レスポンスを受け取った時に呼ばれるメソッドを指定 xmlhttp.open('POST', endpoint, true); xmlhttp.setRequestHeader ("Content-Type","text/xml; charset=utf-8"); xmlhttp.setRequestHeader ("SOAPAction","\"http://tempuri.org/getHello\""); xmlhttp.send(msg); // SOAPメッセージを送信 } function method2() { if (xmlhttp.readyState == 4 && xmlhttp.status == 200) { xmlDoc = xmlhttp.responseXML; // 結果をDOMオブジェクトとして取得 } }

  28. Lightning Talk

  29. 目次 • はじめに • お知らせ • 特別編 • オープンプロジェクト • 今後の活動 • モクモク会

  30. オープンプロジェクト(セットアップの流れ/マスターデータ)オープンプロジェクト(セットアップの流れ/マスターデータ) • 勘定科目データの準備 • 初期クライアントセットアップ • 組織のセットアップ • 会計スキーマのセットアップ • 会計カレンダのセットアップ • 取引先のセットアップ • 銀行のセットアップ • 現金出納帳のセットアップ • 手数料のセットアップ • 通貨のセットアップ • プライスリストのセットアップ • 製品のセットアップ • 製品価格の自動設定

  31. オープンプロジェクト(セットアップの流れ/トランザクションデータ)オープンプロジェクト(セットアップの流れ/トランザクションデータ) • 補充レポートの登録

  32. オープンプロジェクト(補充レポートの作成/データモデル)オープンプロジェクト(補充レポートの作成/データモデル) 仕入対象とする製品ごとに、在庫補充 (purchase requisition)のルールを管理することができます。 在庫補充の設定に関連するERDを以下に示す。 M_Replenish (Replenish) M_Product (Product) M_Product_PO (Purchasing) M_Requisition (Requisition) M_RequisitionLine (Requisition Line) ADempiere ERD http://www.adempiere.com/technical/340/schemaspy/

  33. オープンプロジェクト(補充レポートの作成/設定値)オープンプロジェクト(補充レポートの作成/設定値) 補充レポートを利用することで、ユーザーが定義する在庫補充ルールに基づき、発注数量を自動設定させることができます。

  34. 目次 • はじめに • お知らせ • 特別編 • オープンプロジェクト • モクモク会

  35. 著作権・免責事項 著作権 本書の記載内容は、著作権の対象となっています。 本書の内容の全部または一部について、私的使用または引用等著作権法上認められた行為として、適宜の方法により出所を明示することにより、引用・転載複製を行うことができます。 免責事項 本書に記載されている情報の正確さについては万全を期しておりますが、利用者が本書の情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。 その他 本書は、予告なしに内容を変更またはSourceForge.jpからの公開の取りやめを行う場合がありますが、あらかじめご了承ください。 本書の記載内容に関するお問い合わせ先 Open Source ERP Users Group http://www.oss-erp.jp/