slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
日本の証券市場の              活 性 化について PowerPoint Presentation
Download Presentation
日本の証券市場の              活 性 化について

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 18

日本の証券市場の              活 性 化について - PowerPoint PPT Presentation


  • 128 Views
  • Uploaded on

日本の証券市場の              活 性 化について. Ri k kyo Univ. KITAHARA Seminer. 証券市場. 有価証券の発行と流通を行う場. 証券市場とは・・・. 証券市場の役割 ・・・. リスク分散. 株式市場. 債券 市場. 証券市場の 構造. リスク 分散. 証券化 市場. デリバティブ 市場. 証券市場. 証券市場の活性化の定義. リスク引き受け主体が 質・量ともに充実している 状態. 海外機関投資家. 国内 機関投資家. 証券市場 JAPAN. 結果として. 発行額↑. 株式市場.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '日本の証券市場の              活 性 化について' - osgood


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

日本の証券市場の

             活性化について

RikkyoUniv. KITAHARASeminer

slide2

証券市場

有価証券の発行と流通を行う場

証券市場とは・・・

証券市場の役割・・・

リスク分散

株式市場

債券

市場

証券市場の構造

リスク

分散

証券化

市場

デリバティブ

市場

slide3

証券市場

証券市場の活性化の定義

リスク引き受け主体が

質・量ともに充実している状態

海外機関投資家

国内機関投資家

証券市場

JAPAN

結果として

発行額↑

株式市場

売買高↑

3極で世界全体をカバー

債券

市場

国内個人投資家

海外個人投資家

企業数↑

資金需要

リスク

分散

証券化

市場

デリバティブ

市場

発行額↑

国際金融センターへ!!

残高↑

slide4

株式市場

日本の問題点

① 新規上場企業が少ない

② 新興市場に外国企業の上場がない

slide5

株式市場

行うべき施策

(1) 証券取引所の再編

(1)証券取引所の再編

(2) 東京AIMの強化

東京証券取引所グループ

メインボード

新興市場

デリバティブ市場

東京AIM

1部

2部

グロース

スタンダード

上場基準

J-Nomad

自主規制

法人

デリバティブ

東京証券取引所グループ

slide6

(2)東京AIMの強化

① VCとの連携

④ 英語開示の義務化

② J-Nomad枠の拡大

⑤ 新たな商品の創出

  個人投資家の関与

ETF

VC

IPOによる資金回収

③ 海外企業の上場誘致

  上場基準併用

AIM指数

ベンチャー企業情報

投資信託

上場誘致

個人投資家の

間接的参入

上場

上場支援

英語開示

J-Nomadの拡大

ASEAN

中国

slide7

債券市場

日本の問題点

① 発行流通規模が小さい

② ジャンク債市場が未発達

③国際化が進展していない

35.3 VS 60.6 VS 8.7

The US The UK JAPAN

slide8

債券市場

行うべき施策

(1) 個人向け社債の拡大

(2) プロ向け市場の創設

個人向け社債市場

プロ向け社債市場

投資家・・・魅力的な利回り

発行体・・・資金調達の多様化

アジア版ユーロ市場

ⅰ販売チャネルの拡大

銀行窓販 ETF 社債投信

ⅰ一般投資家の取引不可

ⅱ発行登録制の緩和

ⅱ流通市場の整備

ⅲ英文開示を認める

ⅳ現地通貨での起債促進

slide9

証券化市場

日本の問題点

① 発行額に拡大余地がある

② 高格付けへの偏重

③流通市場が未整備(行うべき施策で解説)

slide10

証券化市場

行うべき施策

(1) CMOの促進

RMBS・・・一般的に、日本では7年程度で償還されるといわれる。

(2) パススルー課税の認可

返済額

Investors in UK RMBS

(3) TBA取引の普及

42%

35%

4%

MMF

Banks

Pension etc.

time

3年未満

3年~10年程度

10年以上

合同会社にもパススルー課税を認める

投資コスト減

取引量増加

流動性向上

個別のプールを指定せず行う取引

クーポンと満期は指定

slide11

デリバティブ市場

日本の問題点

① 積極的な活用

世界のデリバティブはOTCを中心に拡大

我が国も同様

柔軟な設計が可能

CDSでは、取引の不透明性が問題に

一体的整備が求められる!

我が国でも今後の拡大を見込み整備を進める必要がある。

slide12

日本の証券市場の

更なる活性化のために

投資・金融教育

(1)日本版チャイルド・トラスト・ファンド(CTF)

(2)ライフステージ別投資教育

メリット

(1)日本版チャイルド・トラスト・ファンド

CTFの目的

① 保護者に金融の知識をつけられる

② 子供が金融教育において自らの

CTF数値を活用するなど、金融が

  身近に感じられる。

③ 長期的視点での投資が可能

 →長期債・ハイリスク商品への

  投資家という役割を担える

① 保護者に対する投資教育

② 子供本人の金融教育への活用

③ 投資家の育成

slide13

保護者に対する投資教育。

幅広い金融教育。教材としてCTFの活用。

保険、

余裕資金の運用方法

住宅取得の準備、

教育費準備

老後の準備。老後の

運用計画

(2)ライフステージ別投資教育

小学校入学

定年退職

出産・住宅

大学卒業

入社

結婚

なし

投資教育

(企業)

なし

(CTF)

金融教育

(学校)

≪CTF≫

≪401ketc.≫

具体的なライフイベントに合わせて投資教育を行うことで実際に金融をツールとして十分に活用できる能力の習得を実現できる

slide14

税制・政策

機関投資家とは異なるリスク選好を持つ

個人投資家を証券市場に導入することは重要!!

①個人投資家全体への優遇策

損益通算の範囲

納税者番号制度導入による金融所得の分離課税実現。

将来

株式・投資信託

債券・利息

株式・投資信託

(配当・譲渡損益)

現在

損益の繰り越し期間

3年

10年

②初心投資家への優遇策・・・投資家層の拡大

・毎年100万円程度の組み入れ

日本版ISA

・債券を含む、金融商品が対象

・譲渡損益、配当収益に対する課税を免除

slide15

税制・政策

【日本版金融サービス市場法の導入】

個別業法

銀行法

証券取引法

商品取引所法

保険業法

・・・

現状

導入後

金融サービス市場法

Ⅰ:法律間の隙間がなくなる

Ⅱ:法律間の整合性の確保

Ⅲ:法律の柔軟性

包括法

slide16

財産権取引所

金融商品版オークション市場

財産権取引所

¥10000

各種財産権

¥7500~

¥15000

¥15500

落札者

参加者

自由な時に多様な財産権を上場可能

継続的に取引される

       必要はない

特許権なども取引可能!!

実体経済

証券経済

slide17

株式

不動産

証券化

商品

債権

知的

財産権

財産権取引所

【不動産】

【株式】

不動産市場の市場化

未公開株の流動性向上

ベンチャー企業のexit多様化

【証券化商品】

中小企業の事業承継円滑化

流動性向上

【知的所有権】

【債権】

遊休資産の活用

個人向け社債市場

技術開発の進展

流動性リスク低減

slide18

ご静聴

 ありがとうございました。