slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
寿命と長寿 PowerPoint Presentation
Download Presentation
寿命と長寿

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 30

寿命と長寿 - PowerPoint PPT Presentation


  • 119 Views
  • Uploaded on

寿命と長寿. Life expectancy and Longevity. Current life expectancy. Current life expectancy based on birth. 20 世紀で寿命がのびた原因. 乳児死亡率が減った 妊産婦のケア、予防接種 衛生状態がよくなった ごみの収集、下水、水道の設備 感染の病気からの死亡率が減った 1940 年にペニシリンが使われる 急性の病気からの死亡率が減ったが、現在は慢性の病気が増えている. 死亡原因. 心臓病 癌 肺の病気 糖尿病 神経科

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

寿命と長寿


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

寿命と長寿

Life expectancy and Longevity

current life expectancy
Current life expectancy

National Vital Statistics Reports, Vol 56, No 10, April 24, 2008

current life expectancy based on birth
Current life expectancy based on birth

National Vital Statistics Reports, Vol 56, No 10, April 24, 2008

slide4
20世紀で寿命がのびた原因
  • 乳児死亡率が減った
    • 妊産婦のケア、予防接種
  • 衛生状態がよくなった
    • ごみの収集、下水、水道の設備
  • 感染の病気からの死亡率が減った
    • 1940年にペニシリンが使われる
  • 急性の病気からの死亡率が減ったが、現在は慢性の病気が増えている
slide5
死亡原因
  • 心臓病
  • 肺の病気
  • 糖尿病
  • 神経科
    • Alzheimer’s, Parkinson’s
  • インフルエンザ
  • 事故
slide6
長く生きるには
  • 禁煙、バランスのある食事をとり、肥満にならない
    • 肥満は糖尿病、心臓病や癌の原因につながる
    • 40歳で肥満の人は寿命が3-7年短くなる
  • 運動しながら健康な体重を保つていれば、年々癌の発生率が30-40%ほど減るといわれる (American Institute for Cancer Research)
  • 病気の予防
  • 事故の予防
slide7
事故
  • 転倒
  • 火傷
  • 交通事故
    • 運転手として、通行人として
slide8
事故ー転倒の予防
  • 毎日飲んでいる薬を主治医と相談する
    • 副作用
  • 毎日体を動かす
    • 歩く, 足腰をきたえる
  • Tai chi
    • 適度の運動の分野にはいる
    • 心臓・肺の機能がよくなる
    • 筋肉をきたえる
    • 姿勢とバランスをよくする
    • 転倒のリスクが下がる
slide9
事故ー転倒の予防
  • いい靴をはく: ハイヒール、ぞうりは避ける
  • 足のサイズにあう、すべり止め (nonskid soles) がついている靴を選ぶ
  • スリップオンの靴より靴紐のついた靴のほうが安全
    • 靴紐を結ぶことを忘れない
    • 靴紐を結ぶのが難しいようでしたら velcro を使った靴を買う
slide10
事故ー転倒の予防
  • 幅の広い靴を買う
    • 女性で幅の広い靴が探しにくかったら、男性の靴を探す
  • かがんで靴をはくのが苦手でしたら、

長い靴べらを使ってみてください

slide11
住宅の安全
  • 廊下からはコード、箱、新聞などを片付ける
  • コーヒーテーブル、植木鉢などをよく歩く所に置かない
  • ラッグには二面テープ、釘、又はノンスリップの裏付けを使う
  • 床板やカーペットがゆるんだらをすぐ直す
  • 日常生活に使う洋服、お皿、食べものを簡単に手が届くように置く
  • 食べ物や飲み物をこぼしたら、すぐ拭く
  • 風呂場にスリップ止めのマットを使う
slide12
照明

年配になると、光線が網膜 (色、動き)に届きにくくなります

  • 100ワット以上の電球を使うようにする
    • でもワット指定より多いワット電球を使わないように   火事のもとになります
  • 夜中に起きても困らないように手元にランプを置く
  • 電気のスイッチが見つけやすいようにする
  • 夜光のスイッチを使う
  • 廊下、トイレ、寝室に足元灯をつける
  • 階段がある場合、必ず階段を使う前に電気をつける
  • 上の階と下の階に電気のスイッチを備える
  • 停電に備えて、懐中電灯を手が届きやすい所においておく
slide13
介護用具
  • 杖又は歩行器
  • 浴槽に手すりをつける
  • 肘掛のついた高い便器を使う
  • シャワーチェア (プラスチック製) を風呂場に置く
  • 座ってシャワーが浴びれるように、ハンドシャワーを使う
  • 階段の両側に手すりをつける
  • スリップ止めを階段に貼る
  • 作業療法士(occupational therapist)に診てもらう
slide14
介護用具
  • 杖又は歩行器
slide16
介護用具
  • 浴槽に手すりをつける
  • 肘掛のついた高い便器を使う
slide17
介護用具
  • シャワーチェア (プラスチック製) を風呂場に置く
    • 背付きタイプと背なしタイプ
slide18
介護用具
  • 座ってシャワーが浴びれるように、ハンドシャワーを使う
  • 階段の両側に手すりをつける
  • スリップ止めを階段に貼る
  • 作業療法士(occupational therapist)に診てもらう
slide20
事故ー火傷
  • 家で起こることが多い
    • 寝室
    • リビング
    • 台所
    • トイレ
  • 多くが煙草、酒と不注意が原因
  • 料理の時も危ない
  • 主な原因
    • 熱湯 (58%), 接触 (27%), 火 (12%)
slide21
事故ー火傷
  • その他の原因:
    • 電気毛布, 電気カーラー, 熱いパイプ
  • 気をつけよう!
    • 寝煙草
  • Smoke detector を設置する
    • 毎年電池を取り替えるのを忘れずに
slide22
交通事故-運転手
  • 車の事故の死亡率が一番高いグループは15から24歳の人です(2000年)
  • 二番目に死亡率が高いのは65以上の人です
    • 特に男性
    • 年とともに事故からの負傷が死亡につながる可能性が高くなる
slide23
通行人の事故

高齢の方は子供とともに通行人として事故にあいやすい

  • 高齢の方のほうが死亡確率が高い
  • 通行人の事故で死亡するのが16%
  • 通行人の事故で怪我するのが6%

70歳以上

  • 10万人につき2.9人の率で通行人として死亡した (2005年)
  • これは70歳未満の人よりおよそ2倍の率です

70歳以上の通行人の死亡者の35%が交差点で起こった事故でした (2005)

  • 70歳未満の場合は21%
slide24
予防
  • 事故に気をつける
  • 病気を診てもらう
    • うつ病
    • 年がとっているからってうつになるのは正常ではありません
  • 毎日を楽しむ
    • 友達や家族と会う
    • ボランテイア
mayo clinic
楽天主義者になるーMayo Clinic
  • Mayo Clinic の研究
    • 839人 (女性529人、男性 310人) が人格テストで分類された
    • 124人が楽天主義
    • 518人が両方
    • 197人が悲観的主義
  • 30年後、悲観的主義者の人たちの方死亡率が19%高かった
    • 予測された寿命と実際の死亡年齢を比べて
  • 楽天主義者の人は鬱になりにいと思われる
  • 楽天主義者は物事をポジテイブにとり、自己嫌悪に落ちにくいのではないか
slide26
楽天主義者になるーオランダ
  • オランダの65歳から85歳の人を対象にした研究
  • とても楽観的な人は、とても悲観的な人と比べると、実験期間の9年の間、病死のリスクが後者の半分でした
  • 心臓病で死亡するリスクが後者と比べて23パーセント低かった
  • つまり、楽観的な人は、健康でも持病もちでも、長生きする傾向にある
slide27
楽天主義者になるーロンドン
  • ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジの研究
  • 幸福感を感じる気質の人
    • 心臓病になるリスクが減少した
    • ストレスのホルモンであるコルチゾールのレベルが低く、高血圧のリスクを低下するようだ
  • ロンドン大学の研究者の一人であるジェーン・ワーデル (Jane Wardle)は次のように語っている。「おそらく笑いが最良の薬です。」
slide28
笑いが最高の薬
  • 笑うことは体操になる
    • 顔と体の筋肉をストレッチする
    • 脈拍と血圧が高くなる
      • 1分の爆笑=10分のrowing machine
    • 呼吸が速くなる
    • 酸素が体内に広がる
  • 免疫が上がる
  • 血糖値が下がる
  • 痛みが軽くなる
slide29
うつ病
  • うつ病になりやすい
    • 慢性の持病を持っている人
    • 身の回りのことをするのが難しくなってきた人
  • 自立生活者のなかでは、1-5%がうつ病
  • 入院患者では11.5%がうつ病
  • ホームケアを受けている患者のうち13.5%がうつ病といわれる
  • シニアのうち、およそ 5 億人がうつ病傾向の症状をもっているといわれている
slide30
長寿のため大切な毎日の生活
  • 知的行動 
    • 本、新聞を読む、書き物をする、パズル、数独など
  • 身体行動
    • 水泳、散歩など
  • 社会活動
    • 劇場、演奏会、展覧会に行く、クラブに参加するなど
  • 創造的活動
    • 園芸、家事、調理、有給の労働、ボランテイア活動など
  • レクリエーション活動 
    • テレビを見る、ラジオを聴くなど