slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
FITS画像を全天に PowerPoint Presentation
Download Presentation
FITS画像を全天に

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 12

FITS画像を全天に - PowerPoint PPT Presentation


  • 178 Views
  • Uploaded on

FITS画像を全天に. JAXA/ISAS 宇宙科学情報解析センター (PLAINセンター) 海老沢 研. FITS WCS について. FITS=Flexible Image Transport System 天文学の研究に使われている標準データフォーマット 国際天文学連合( IAU )がフォーマット管理 http://fits.gsfc.nasa.gov http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~kanamitu/fits/index.html 各ピクセルの強度と天球上での場所 が保管されている イメージ以外にも使われている(X線イベントなど)

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'FITS画像を全天に' - odessa


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

FITS画像を全天に

JAXA/ISAS

宇宙科学情報解析センター

(PLAINセンター)

海老沢 研

fits wcs
FITS WCSについて
  • FITS=Flexible Image Transport System
    • 天文学の研究に使われている標準データフォーマット
    • 国際天文学連合(IAU)がフォーマット管理
    • http://fits.gsfc.nasa.gov
    • http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~kanamitu/fits/index.html
    • 各ピクセルの強度と天球上での場所が保管されている
    • イメージ以外にも使われている(X線イベントなど)
  • WCS=World Coordinate System
    • 天球上の位置とピクセル座標を結びつける規約
    • 二つの教科書的な論文にまとめられている
      • Greisen & Calabretta, 2002, Astron.&Astrophys., 395, 1061
      • Greisen & Calabretta, 2002, Astron.&Astrophys., 395, 1077
slide3
FITSフォーマットと「色」
  • 現時点で、FITSフォーマットでイメージの「色」を表現する標準的な規約は存在しない
  • 3つの異なる波長(エネルギー)のイメージがあれば、カラーイメージを合成できる
      • Red、Green,Blueのイメージ、各ピクセルに0-255の強度値を割り当てる
      • 256x256x256=1677万色が表現できる
fits wcs1
FITS WCSキーワードの例

CTYPE1 = ‘GLON-TAN’  :座標系、射影法、銀経をtangential射影

CRVAL1 = 2.8500000000000E+01 :基準点の銀経の値

CRPIX1 = 5.5337500000000E+02  :基準点のピクセルのX座標

CDELT1 = -5.4666666666668E-04 :X方向のピクセルの増加量

:負であることに注意

CUNIT1 = ‘deg ‘ :ピクセル増加量の単位

CTYPE2 = ‘GLAT-TAN‘ :座標系、射影法、銀緯をtangential射影

CRVAL2 = -8.2999996840954E-02 :基準点の銀緯の値

CRPIX2 = 5.5887500000000E+02 :基準点のピクセルのY座標

CDELT2 = 5.4666666666668E-04 :Y方向のピクセルの増加量

CUNIT2 = ‘deg ‘ :ピクセル増加量の単位

  • これらのキーワードを使って、天球座標⇔ピクセル座標の変換をする
  • そのための関数群が用意されている
slide5
天文アーカイブデータの例
  • ROSAT 全天サベイ(RASS)アーカイブス
    • http://www.xray.mpe.mpg.de/cgi-bin/rosat/rosat-survey
    • http://www.xray.mpe.mpg.de/rosat/survey/rass-3/main/help.html
    • ドイツのX線天文衛星
    • 全天を1378枚の6.4deg x 6.4degのイメージでカバー
    • 3つのエネルギーバンドRGBカラーイメージが描ける
slide6

赤緯

赤径

ROSAT全天画像のカラーイメージ

(Plate-carree射影法)

slide7
ROSAT全天サベイデータの一部(銀河中心付近)を自分のソフトに読み込みROSAT全天サベイデータの一部(銀河中心付近)を自分のソフトに読み込み
  • WCSキーワードがあるから、汎用ソフトが使える
slide8
天文アーカイブデータの例
  • すざく アーカイブスとJUDO
    • http://darts.isas.jaxa.jp/astro/judo
    • すざくの公開データのカラーイメージを全天に貼り付け
    • ユーザーはマウスで移動、拡大してデータをブラウズできる
    • デモムービー(DARTS of the month 2007/08)
slide9
色々な射影法
  • 天球を二次元に射影する様々な方法がある
  • WCSはそれらに対応。射影法を変換する様々なソフトが用意されている
    • wcslib:http://www.atnf.csiro.au/people/mcalabre/WCS/index.html

プラネタリウムに

用いられる?

TSC

CAR

PCO

AIT

BON

slide10
FITS全天画像をプラネタリウムに
  • たくさんのFITSWCS全天画像プラネタリウムで表示しやすい形式に
  • ROSAT(X線)、DSS(光)、2mass(地上赤外線)、あかり(スペース赤外線)、など
  • FITSアーカイブデータは無限にある
    • 手法を確立しておけばどんなデータにも使える
  • 波長を瞬時に切り替えて見たら面白い
  • 将来はドームの内面がディスプレイになる?
slide11

あかり全天画像

2007年7月11日プレスリリースより

slide12

あかりによるオリオン領域観測

2007年7月11日プレスリリースより