slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
第 12 章 貨幣の3つの機能 PowerPoint Presentation
Download Presentation
第 12 章 貨幣の3つの機能

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 32
nen

第 12 章 貨幣の3つの機能 - PowerPoint PPT Presentation

111 Views
Download Presentation
第 12 章 貨幣の3つの機能
An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author. While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 第12章貨幣の3つの機能

  2. 貨幣の歴史(p.215-) • 貨幣の歴史は文明の歴史と同じほど長い。 • 貴金属(特に銀)を貨幣として用いた記録(メソポタミアやエジプト、BC2000年) • 貴金属をコインとして用いたのは小アジア(現在のトルコ)のリディア王国が最初、金と銀の自然合金 • 公式の紙幣の最初は中国(1189年)

  3. 貨幣博物館(おすすめ) • 無料です • 休館日:月曜日、祝日 • 日本銀行の横です • いろんな貨幣が展示されています • リディア王国の最初のコインもありました http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/index.htm

  4. 貨幣の歴史(p.216-) • 西洋での最初の「紙幣」はスウェーデンの銀行券(1656年) • 西洋での、政府発行の最初の紙幣は、英領植民地のマサチューセッツが発行した信用手形(1690年) • 1971年まで、紙幣とは(建前では)「金や銀などの貴金属と兌換(=交換)を政府が保証していた」。⇒ニクソン・ショック(1971年)

  5. ニクソン・ショックの意味 • 1971年を境にして、巨大化する経済取引は、貴金属による価値の裏付けを持たない純粋な「信用貨幣」(=つまり、ただの紙切れ)に委ねることになった • なぜ「信用貨幣」が用いられるのに、こんな長い歴史(=4000年マイナス30年)が、かかったのだろうか? • 貨幣の経済的役割の検討

  6. Richard M. Nixon (1913-1994) • 第37代米国大統領1969-1974 • ニクソン・ショック • 中国訪問 • ウォーターゲート事件

  7. ちなみに、ウォーターゲート事件 • ウォーターゲート事件(Watergate Scandal)を知るための映画としてお薦めなのは「大統領の陰謀」(主演:ダスティン・ホフマン&ロバート・レッドフォード)

  8. 貨幣の3つの機能 • ①価値の尺度 • ②交換の媒体 • ③価値の貯蔵手段

  9. 交換の媒体としての貨幣 • 物々交換の経済では交換が実現するためには「欲望の二重の一致」条件が満たされる必要がある(ジェボンズ)。 • 欲望の二重の一致(Double Coincidences of Wants)とは?

  10. 欲望の二重の一致 私はバナナを持っていて、オレンジと交換したい 私はオレンジを持っているが、リンゴと交換したい 私はオレンジを持っていて、バナナと交換したい

  11. 欲求の二重の一致を満たすのは大変! • サーチ(search、探索)費用がかかる • 自給自足のほうがいい? • 特殊な財・サービスを生産すると交換相手が見つからない? • しかし、貨幣を媒介とした交換が可能になると、「欲求の二重の一致」条件が不要になる!

  12. さらに、 • 貨幣は保存がきくので、「価値の貯蔵手段」ともなる • この機能があるので、「所得を得る時点」と「支払いを行う時点」を分離することが可能になる • つまり、貨幣が存在するおかげで、「市場経済の発展」と「職業の専門家、分業化」を促進する

  13. 交換の媒体としての貨幣 • Kiyotaki and Wright (1993) • 交換経済に100人が存在し、それぞれが異なった財を生産している • 毎期、二人の者が偶然にでくわし、両者が納得したときだけ「物々交換」する • ある者にとっては全員のうち10%の人々が生産している財は欲しい • ある者が生産する財は全員のうち10%の人々だけが欲しい

  14. Kiyotaki and Wright (1993) • 二人(AとB)が出会うとき、Aが生産する財がBの消費に適する確率は10% • Bが生産する財がAの消費に適する確率は10% • 物々交換が成立するためには、上記の両方が起きる必要がある • そこで、交換が成立する確率は10%×10%=1%(厳しい!)

  15. Kiyotaki and Wright (1993) • 「貨幣」の導入 • Aは、他の99人が、ある確率で決済手段として「貨幣」を受け取ると予想し、その予想の下で、A自身が「貨幣」を受け取るかどうかを決めるとする • さて、Aは「貨幣」を受け取るべきか? • 極端な例から考えてみよう!

  16. Kiyotaki and Wright (1993) • 99人が受け取る確率が0%と予想した場合: 他の人が貨幣を受け取らないから、自分も受け取らないのが正しい(合理的な予想) • 99人が受け取る確率が100%と予想した場合: 他の人は貨幣を受け取るから、自分も受け取るのが正しい(合理的な予想) • だれもが貨幣を決済手段として認めた場合には、貨幣に信用が生まれて、決済手段として定着する • では、貨幣が決済手段として認められる場合には交換が成立する確率はどうなるか?

  17. Kiyotaki and Wright (1993) • 貨幣を使うので、Aが「Bの生産物」を交換OKと考えるか、もしくは、Bが「Aの生産物」を交換OKと考えるか、のどちらかが成立すればよい • つまり、100%-(AもBもお互いの生産物を拒否する可能性)になる • Aが「Bの生産物」を拒否する確率は90%、Bが「Aの生産物」を拒否する確率は90%、つまり、両方が拒否する確率は90%×90%=81% • であるから、貨幣による交換が成立する可能性は100%-81%=19% • 物々交換の1%から19%と増加した

  18. Kiyotaki and Wright (1993) • さらに、貨幣が「生産の分業化・専門化」を促進することを説明した(省略) • 「交換の媒体」としての貨幣の機能 • さて、「価値の尺度」という機能は、「交換の媒体」という機能の必要条件である • なぜ?

  19. Banerjee and Maskin (1996) • Aがアップルを生産し、Bがバナナを生産すると仮定 • 「欲望の二重の一致」の代わりに、Aはとにかくバナナをもらっておいて、後からバナナが欲しい人と交換をするというやり方は考えられないか? • このやり方は不可能になることをBanerjee and Maskin (1996)が考察した • 相手が持ってくる財について「品質に関する情報」を幅広く持っている必要があるから • 質がわかる人は、「高級品」を貯めて「低級品」のみを取り引きする⇒「低級品」のみ流通(逆選択問題)

  20. Banerjee and Maskin (1996) • 「低級品」のみ流通という問題を解決するには、品質の差が最も少ない一つの財を貨幣として採用するのがよい • 品質の差が最も少ないので、誰もが品質の評価が同じになる • つまり、貨幣1枚の価値はだれでも評価できるからである • 「価値の尺度」⇒「交換の媒体」

  21. グレシャムの法則 • イギリス人の財政家・貿易家 • 『悪貨は良貨を駆逐する』 • “Bad money drives out good.” • 「優良な硬貨」を見分けられる人は貯めこむので、「不良な硬貨」ばかりが流通することになるという法則

  22. Banerjee and Maskin (1996) • 硬貨の有用性 • 1)アルキメデスの原理を利用した鉱物の重量測定法の発達⇒まがい物のチェック • 2)コインの縁にギザギザを刻み込む鋳造術の発達⇒縁を削って量を少なくするとわかる • でも、わざわざ金や銀に貴重な労働力を使わなければいけない • 紙幣の印刷なら比較的容易! • 高度な印刷術により品質情報問題OK

  23. アルキメデスの原理(BC3世紀) • この法則が発見されるまでの故事: • ヘロン王が金細工師に金を渡し、純金の王冠を作らせた。ところが、金細工師は金に混ぜ物をし、王から預かった金の一部を盗んだ、といううわさが広まった。そこで王はアルキメデスに、王冠を壊さずに混ぜ物がしてあるかどうか調べるように命じた。アルキメデスは困り果てたが、ある日、風呂に入ったところ、水が湯船からあふれるのを見て、その瞬間、アルキメデスの原理を発見したと言われる。このとき浴場から飛び出たアルキメデスは「エウレカ(Eureka)、エウレカ」(分かったぞ)と叫びながら裸で走っていったという伝説も残っている。 • アルキメデスは金細工師に渡したのと同じ重量の金塊を用意し、金塊と王冠のそれぞれを、ぎりぎりまで水を張った容器に入れた。すると、王冠を入れると、金塊を入れたときよりも多くの水があふれ、金細工師の不正が明らかになった。金細工師の名は知られていないが、その後死刑になったと伝えられる。 • 偽造硬貨が容易にわかる

  24. Banerjee and Maskin (1996) • 貨幣を印刷するのが効率的なのだが、政府が生産費ほとんどゼロの「信用貨幣」を印刷する特権をもつと、悪用する可能性がある • 政府が信用貨幣を増発しすぎると、信用貨幣の価値が減少して、交換の媒体として所有している経済主体が損失をこうむる • 行き過ぎると、経済主体は物々交換に戻ることもある

  25. シニョレッジ(Seignorage) • 「信用貨幣」の発行権から得られる利益のことをシニョレッジと言う • 金塊・銀塊を鋳造貨幣にするときの手数料 • ところが、印刷された紙切れである信用貨幣には、「政府の信用」だけがその信用を支える • 政府が紙幣発行で自由にモノが買えるようになったのは1971年8月16日以来 • なぜ?

  26. Ritter (1995) • 信用貨幣の発行は一部の主体に限定されなければならない(誰もが発行するのは駄目) • 政府が信用貨幣を発行する場合 • ①「政府」の利益が国民全体の利益と合致する必要がある • 封建領主や専制君主は国民のことを考えなかった • ②「政府」は長期的視野を持つ必要がある • 政府の財政基盤が安定しないと長期的視野をもつことができなかった • じつは20世紀でも②は満たされないこともあった⇒ハイパー・インフレーション(第13章)

  27. マークシートのアンケート(HBの鉛筆を使用します)マークシートのアンケート(HBの鉛筆を使用します) 書き込んでください。 解答に使用します。 学年とクラスの指定を無視して、 10桁の学籍番号を左から埋めてください。 間違った場合には出席になりません!

  28. 問題① • ニクソン・ショックは何年に起きたでしょうか? 1.1951年 2.1961年 3.1971年 4.1981年 5.1991年 問題番号の1の下の1~5までの選択肢から一つをマークしてください。

  29. 問題② • 次の4つから貨幣の3つの機能にあてはまらない選択肢を選びなさい 1.価値の尺度 2.交換の媒体 3.価値の貯蔵手段 4.政府の収入手段 問題番号の1の下の1~4までの選択肢から一つをマークしてください。

  30. 問題③ • グレシャムの法則とは何ですか? 1.物体を水中に浸すと、物体はその水面下の部分と同体積の水の重さに等しい浮力を、周囲の水から受ける。 2.悪貨は良貨を駆逐する 3.欲求の二重の一致 4.ポンジーのゲーム 5.ケインズの美人投票 問題番号の1の下の1~5までの選択肢から一つをマークしてください。

  31. マークシート用紙を後ろから集めてください