図書館システムと日本語との 格闘の歴史(過去、現在、未来) - CALIS を中心にして- - PowerPoint PPT Presentation

calis n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
図書館システムと日本語との 格闘の歴史(過去、現在、未来) - CALIS を中心にして- PowerPoint Presentation
Download Presentation
図書館システムと日本語との 格闘の歴史(過去、現在、未来) - CALIS を中心にして-

play fullscreen
1 / 18
図書館システムと日本語との 格闘の歴史(過去、現在、未来) - CALIS を中心にして-
111 Views
Download Presentation
mirra
Download Presentation

図書館システムと日本語との 格闘の歴史(過去、現在、未来) - CALIS を中心にして-

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 図書館システムと日本語との格闘の歴史(過去、現在、未来)-CALISを中心にして-図書館システムと日本語との格闘の歴史(過去、現在、未来)-CALISを中心にして- 国際基督教大学図書館 黒澤公人

  2. 目次 • 1.ICU図書館の機械化の歴史(概略) • 2.日本の図書館の機械化の歴史 • 3.CALISの日本語環境 • 付録1.日本人の日本語環境 • 付録2.コンピュータの日本語環境

  3.  1.国際基督教大学図書館 コンピュータ化30年の軌跡(概略) 1.国際基督教大学図書館 コンピュータ化30年の軌跡(概略) •    1972年 図書館職員のプログラミング勉強会開始 (IBM360)   1974年 雑誌リスト作成(Tosbac40)   1975年 発注管理システムスタート (IBM370-115)   1980年 発注管理システムオンライン処理スタート (IBM4331)   1982年 UTLAS利用開始   1983年 貸出システムスタート(IBM4341) 9:00-16:00 までオンライン          それ以外の時間をパソコンでカバー   1991年 CALIS スタート(VAX3900) OPAC開始   1994年 Internet によるOPACの外部提供開始 (Telnet版)   1995年 CALISシステム更新 (DEC2100)   1998年 Z39.50による目録作業開始   2000年 自動化書庫との連動 新Web-OPACの提供開始   2001年 電子ジャーナルのWEB-OPACへの組み込み   2003年 多言語対応化へ

  4. 2.日本の図書館システムの機械化の歴史 • ローマ字(アルファベットだけの)システム • アルファベット、カタカナだけのシステム • JIS第1水準の時代(タブレット入力) • JIS第2水準の時代(カナ漢字変換の登場)    少ない漢字で、できるだけカバーする 旧漢字は新漢字に置き換える(NDL) • できるだけ書いてあるように入力する。(NACSIS) • すべて書いてあるようにする。(Unicode) • それでも、文字は足りない。(これからどうする)

  5. 2.DSM-CALISの日本語環境 • JIS第2水準 • EUC • VT端末 • かな漢字変換 • 日本語 分かち処理 • 自動カナふりシステム • JAPAN/MARC,TRC LC MARCの取り込み • LC 国際文字の入力 表示(ライン毎のモード変換)(web OPACではできず。)

  6. コーヒーブレイク自己紹介 CALISの魅力は、なんでも、できるということだった。器用で、華奢で、スマートな美人だった。大型コンピュータ以上の性能を出し、OPAC等の提供を可能にした。

  7. つづき • しかし、若い年下のGUI美人の登場と、NACSISという不連続フォーマット(和洋共通フォーマット)の登場によって、伝統的な食事(和食と洋食別々な作り方)しか作ってこなかったCALISは、突如新しいもメニューに加えることになり、データの共存と混乱に見舞われた。

  8. CALISシステムの歩んだ道 • 丸善が商品管理システムを開発 • そのノウハウを、図書館システム応用 • 小型ながら大型コンピューターに匹敵する性能をもち、カストマイズにも柔軟に対応 • 初期システムは JP/LCフォーマット • Nacsis,Web,Internetに翻弄され • 今日至る(Unicode化)

  9. VMSはオンラインシステム • DECマシンは、VMSとVT端末で、オンラインシステムを登場させた。 • MUMPS  それは、BASICのようなインタープリター言語 • DECあらゆる規模のマシンに対応していた。 • 現在、Cache’言語に移行中。

  10. VT端末

  11. CALISで日本語を扱う • パソコンの世界ではフロントプロセッサという概念が登場したが、VMSとVT端末の世界では、サーバー機が漢字変換機能を担っていた。 • 各プログラム言語が日本語ルーチンを呼び出す。 • 図書館システムでも日本語入力ルーチンを呼び出す

  12. %ZZIN • Zは、日本語等の拡張ルーチン名 • %ZZ2IN 変換モード先指定 • %ZZ3IN 後決め変換、パソコンFP入力可 • Cache’ 日本語変換機能は、パソコンに依存。VT端末からの漢字変換は不可能になった。

  13. CALIS EUCコード時代 • 内部コード EUC • エミュレーター EUC • WebーOPAC EUC

  14. CALIS Unicode時代 • CALIS内部 Unicode • Web-OPAC Unicode • VTエミュレーター  • プリンター問題

  15. 付録1.日本人の日本語環境 • 日本人だって日本語は難しい • 当用漢字は、漢字消滅のステップ • 音で文章をつくる時代に

  16. ベストセラー作家 京極夏彦の読めないタイトル集ベストセラー作家 京極夏彦の読めないタイトル集 • 絡新婦の理 • 大極宮 • 姑獲鳥の夏 • 鉄鼠の檻 • 魍魎の匣

  17. 日本語の読みをどのように考えるのか

  18. 付録2.コンピュータの日本語環境 • 日本語ワープロを海外の会社に依存していいのだろ?うか • ローマ字表は誰が決めるのか。  • 日本語文法は誰が決めるのか。 • 日本語辞書は誰が決めるのか。 • 文字入力方法は誰が決めるのか。 • 文字コードは誰が決めるのか。